<   2011年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ヨダレが・・・

f0119179_17115639.jpgモモの晩ご飯はお肉に「手づくり食キット」のシリアルとお水を混ぜて3分火にかける手づくりフードです。お肉はこのところ鶏のささみを使っています。火をとめたところでフタをして蒸らしながら冷めるのを待ちます。モモ母たちが食べてる間に程よく冷めるので、モモ母の食事が済んだらフタをあけてオリーブオイルを垂らし、混ぜて出来上がり。「ごはんにしよか?」と言うと大喜びでドタドタ走って定位置に向かいます。
棚から食器を出す間も待ちきれなくて騒がしいモモをオスワリさせ、フードを容器に入れてやるんですが、カリカリのドッグフードと違ってねっとりしていて、スプーンについたものも残さず入れてやろうとすると、少々時間がかかる。見れば昨夜は大粒のヨダレを2回も畳にこぼしてました・・・。昔、何かの本で、食事の「待て」はあまり長いとイジワルになるので、早めに許可を出してあげてとか何とか書いてあるのを読んだ気がします。決してイジワルしてるつもりはないんですが、入りきるのがどうも待ちきれないようで、今晩は迅速を心がけたいと思います。
[PR]
by mmcmp | 2011-08-31 17:24 | モモ | Trackback | Comments(0)

遺伝子組み換えから有機100%まで

f0119179_23561594.jpgせっかく涼しくなったと思ってたのに、このところまた最高35度前後の京都。今年の夏は炭酸ソーダに大変お世話になってます。汗だくで帰宅した時やお風呂上りには、お茶よりもっと喉に刺激が欲しい。最初は「ゆずドリンク」を割ってたものの甘いので、ゆず果汁を探しました。でも近所であるのは塩入りのゆず酢くらい。それならレモン果汁でクエン酸補給をと思うのに、果汁100%をうたうPなんかもみ原材料は「レモン、香料」で、納得できるものがない。なので、新町一条のナチュラルフーズ店Eでヒカリ食品の「オーガニックレモン果汁」(504円)を買っておりました。こちらはイタリア産有機レモン、香料なしです。ただ、暑い時期は180ミリリットルなんて数日でなくなってしまう・・・。なので、堀川のIで柑橘館河田商店の瀬戸内産100%ストレート果汁(280円)を買ったりもしました。これは有機ではないけど、無添加だし、f0119179_037460.jpg90ミリリットルなので買いやすい。
なんて思っていたら、日曜に近所のショッピングセンターで店員さんがシチリアで手積みされた有機レモンを使ったケンコーオーガニックフーズの「有機レモン果汁」を並べてるではありませんかっ!250ミリリットルで298円は安い。今まで香料入りしか置いてなかったのに、どういう風の吹き回しでしょうか?だって、この店、よく見ると遺伝子組み換え不分別の低価格商品も売ってるんです。大型店って、ほんと幅広い客層に対応してるんだな・・と改めて思うモモ母でした。
[PR]
by mmcmp | 2011-08-30 00:48 | 京都でお買い物 | Comments(0)

毎日がマルシェ気分

f0119179_0322669.jpg「COCON MARCHE」で野菜や果物を買ったモモ母ですが、ご近所の「ワンドロップ」さんに買いに行くこともあります。こだわり農家の青果だけにどうしても割高なので、最近は近所だと、ついスーパーで安いものを買う頻度が増えるものの、行けば色々試したくなるものがあります。先週買ったのは「カラフルミニトマト」。北海道三笠市の「のみやまファーム」さんのものだそうです。ミニトマトって普段はそんなに買わないのに、赤、黄、緑とカラフルなミニトマトが袋詰めされているのを発見して一目ぼれ。食卓の彩りって大切だと改めて実感しました。味が濃くて食べていて楽しい。買って正解でした。
モモ母が知らなかっただけかも知れませんが、「ワンドロップ」が出来た頃って、有機野菜を扱う店といえば「ヘルプ」以外はちょっと宗教っぽいようなニオイのする自然食の店が多く、少々違和感を感じるところがほとんどだったように思います。それが今やカフェでも販売する店が増えているし、マルシェf0119179_153325.jpgがあちこちで開催され、こういうビジュアル的にもカワイイものが増えて、2~3年の間に随分と身近になりました。確かディスプレイはヨーロッパの市場みたいなイメージで考えてるとブログに書かれてたように思いますが、近年のオーガニック志向は全国的な流れではあるけど、京都では「ワンドロップ」さんの貢献が大きいように思います。
ONE DROP
小山初音町
075-493-5612
日・祝日の月休
http://onedrop-vege.jugem.jp/
[PR]
by mmcmp | 2011-08-29 01:15 | 京都でお買い物 | Comments(0)

小宇宙に魅了される☆

f0119179_1284829.jpg金曜に御池の「kotori cafe」に行きました。午後の訪問は初めて。「kotori のおやつ」(600円)と「一番摘みのダージリン」(500円、セット100円引)をアイスでお願いしました。おやつはポイント制で4点選びます。チョコ好きなのでガトーショコラ(2ポイント)と、見るからに美味しそうなシフォンケーキ(1ポイント)で3点。もう1点は多すぎる気がしたけど、オマケでマドレーヌ(1ポイント)を選びました。
程なくして運ばれてきたアイスティにモモ母、釘付けになりました。底に泡の入ったグラスに注がれた紅茶の何と美しいこと・・・。見事な水色の中に浮かぶ氷。グラスの中にひとつの小宇宙ができていました。シフォンケーキは優しく美味しさが口に広がり、もううっとり。ガトーショコラは単独で食べるならもう少しチョコの強さが出たものが好きですが、そういうのだと多分この量は食べられない。この量にはこの味が丁度良いようです。そして特筆すべきはマドレーヌ。今まで食べた中で一番好き。勿論、美味しいマドレーヌはほかにもたくさんあります。でも味が濃厚すぎて、くどいものが多い。フランス菓子としてのマドレーヌはそういうもんだと思ってましたが、こちらのものは穏やかf0119179_232157.jpgで、レユニオン島のバニラをはじめ上質な材料を使って丁寧に作られているのがよくわかる。そして、あの紙で包んだ円形型を思わせる懐かしい柔らか味も感じられます。今までで一番ってことは、天下の「エシレ」より「kotori」さんが好きってことです。でもモモ母が3つの中で一番気に入ったのは、シフォンケーキ。どんだけ美味しいんやっ!?って感じですね。
kotori cafe
御幸町御池上る
7時30分~19時 水休
http://ameblo.jp/kotori--cafe/
[PR]
by mmcmp | 2011-08-28 02:37 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(7)

韓流ごはんの友

f0119179_0143873.jpgクロア」も恋しいけど、帰りに寄る「チャヂャンナム」の「じゃこ」も恋しい!でも行くならセットで・・と思って2つの店の定休日を避けるとなかなか行けません。なので徒歩圏内のキムチの店にも似たようなのがあるかも、と「おか家」をのぞいてみました。残念ながらおじゃこはなかったんですが、珍しい「ヤンニョン明太子」(300円)というのがあったので、キュウリキムチ(180円)と一緒に買ってみました。
これが予想以上にモモ母好みの味!熱ごはんに乗せて食べると、ごま油の香りが食欲をそそって、クセになるおいしさ。辛子明太子のルーツとも言われているそうですが、薬味が入って辛子明太子とはまた違う味わい。あんまり辛いのは苦手だけど、適度な辛さだし、量が加減できるから少しずつ乗せてるうちに、どんどんいけちゃいます。たまらず数日後に再訪問。お店の方によると、ヤンニョンというのは醤油ベースのタレで、そうめんのf0119179_0455968.jpgつゆなどにもするそうです。2つ買って、1つを「昼行燈」さんにお持ちしたところ、ご主人が定食を食べておられたお客さんにもおすそわけ。「美味しい」と好評でした。韓国ドラマは滅多に見ないモモ母ですが、「じゃこ」と言い、この「ヤンニョン明太子」と言い、韓流のごはんの友にはハマッております☆
★キムチ おか家
小山下内河原町
075-495-3155
11時~19時 
月休
http://www.kimuchi-okaya.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2011-08-27 00:51 | 京都でお買い物 | Comments(2)

「昼行燈」の夏の午後

f0119179_1112242.jpg位置的に暑い時期は足が遠のきがちな「フランジパニ」と「昼行燈」。特に「昼行燈」は営業時間が平日の午後4時半までになって、モモ母には行き難さ倍増。2ヶ月ぶりに訪れました。休業中からお隣りが工事中だったけど、久々に行ったらスパゲティ「Anri」の看板が!9月3日に北大路堀川から「昼行燈」の南隣に移転オープンするらしいです。中に入ると、この日も満員。前回同様に奥の席で相席となりました。次から次へとお客さんが来て、入れずに帰る人もあるくらい。この日は特に混んでたそうで、以前のようにひっそりとした日もあるようですが、「Anri」が越してきたら、さらにお客さんが増えそうです。
定食も興味あるものの食事は済ませていたので、「誠ブレンド」(400円)の深煎りを。毎度のことながら、このクオリティを400円で飲めるのがスゴイ。材料費が高騰したにもかかわらず、価格改定の予定はないそうです。暫くすると日本茶とあられも出してもらったし、相変わらず良心的。お値段同様、雰囲気もずっと変わらずにいて欲しいものです。悪戦苦闘中の本f0119179_1271775.jpgを1章読み進んで外に出たら、以前サツキが置かれてた窓のところにほおずきが飾られていました。ああ、夏ですね。涼しくなったら、また行きます!
CAFE昼行燈
紫野下門前町
075-204-8816
11時~16時30分 
土日休
[PR]
by mmcmp | 2011-08-26 01:32 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(4)

要求顔

f0119179_0392761.jpg夜中に2階から下に降りるとたいていは床に寝ているモモですが、モモ母が階段から降りてくる音を聞きつけて、下で待っていたり、トイレから出てくるのを待ち構えていることがあります。そういう時はたいてい、独特の笑顔でモモ母をみつめます。何かして欲しいんですね。「シーシーする?」と聞くと、トコトコと玄関まで来る。玄関のドアを開けると真夜中でも路地に出て用を足します。
かと思うと、玄関のドアを開けても出ようとしないことも。トイレに行きたいワケではなかったようです。その場合は間違いなく水のみボウルが空になっています。お水が欲しかったんですね。入れてやると喜んで一気飲みします。昼間に降りて行った時も同様にやって来て要求顔をすることがあり、この時も部屋に父がいるにもかかわらず、水のみボウルが空になっています。一方、モモ母が昼間降りて行ってもまるでお構いなしの時もあります。それは父が何かを食べている時。横にお座りして、満面の笑顔で父をみつめています。「そんな顔しても、くれはらへんよ!」と釘を刺す。これはモモに言うだけでなく、父に余計なものはやらないで、という意味でもあります。
[PR]
by mmcmp | 2011-08-25 00:56 | モモ | Comments(0)

心地よい場所で嬉しい時間

f0119179_1482869.jpg鞍馬口地蔵をお参りした後は、そのまま鞍馬口通りを西に向かって「フランジパニ」へ。奥の一人席に座ってニルギリのアイスティ(450円)をお願いしました。蒸し暑い日だったので、冷たい紅茶が喉に心地よい。すっきりしたお味も気に入っています。席に着くまでにお座敷をチラッと見たら、机に可愛い緑が飾られていました。さりげなく置かれた様子が美しい空間の中に映えて素敵。奥さんのセンスの良さにうっとりです。
カフェにはたいてい読みたい本持参で入り、この日も読まないといけない本があったにもかかわらず、本棚の雑誌をチェック。気になった2冊を手に席に戻って読み始めると、「男の隠れ家増刊~遺しておきたい古典喫茶」に荻窪「邪宗門」が、「dancyu~心躍るパン」に鷹ヶ峰「クロア」が載っていました。カフェに置かれた雑誌って、その店の個性が出ますが、大好きな「フランジパニ」で、大好きな店の奥さん達の写真を見ると、しかも渋めの全国誌に出ておられるのを見ると、なんだか妙に嬉しくなりました。「クロア」は「わざわざ買いたい、どうしても食べたい」パンとして京都で唯一登場してました。大半の雑誌はPMを出すと思うけど、dancyuさん、やりますね。「古典喫茶」は行ってみたい店がいっぱい。「邪宗門」のf0119179_2202338.jpg奥さんは79歳と紹介されてました。2009年の発売だったから、今年で81歳?ああ、またすぐにでも行きたいです・・・。
★フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245
10時~18時 
日休
[PR]
by mmcmp | 2011-08-24 02:22 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)

京の夏のお地蔵さん

f0119179_21461100.jpg22日は夕方から山科で取材。乗る予定のバスの約20分前に山科駅に到着し、のんびり待ってたんですが、予定時刻を過ぎてもバスは来る気配なし。30分前に比べてやけに交通量が増え、大きな通りまで出るのにも時間がかかりそうだったので、三条通りから慌ててタクシーをひらって取材先へ。運転手さんによると22日、23日はお地蔵さんで露店が並び、六地蔵巡りの人で道路は渋滞、夜はさらに混むとのこと。帰りのバスも遅延状態だったので、駅まで歩きました。途中、浴衣を着た子供達とすれ違い、旧三条通りは両側に延々露店が並んでかなりの賑わい。京都の中心部から北のエリアでも地蔵盆はあるけど、最近はたいてい土日に済ませてしまうし、町内ごとにやるから、山科の街をあげての盛り上がりにビックリしました。山科観光プロジェクトのサイトに四の宮の地蔵盆のことが書かれていて、なるほどと思いました。
京の六地蔵巡りは800年以上続くひとつ伝統行事だそうですが、そのひとつの鞍馬口地蔵はモモとの散歩で何度も前を通るものの上善寺には入ったことがなかったので、23日に行ってみました。こちらも前夜には六斎念仏が行われ、露店が並ぶそうです。でも、今日は露f0119179_22105623.jpg店は1つだけでひっそりした雰囲気。それでも地蔵堂にはたくさんのお供え物が奉納されていました。今日はどこも大体午後10時くらいまで開門しているそうですが、常盤地蔵は早く閉まってるかも、とのこと。長く京都に住んでても、初めてのことがまだまだたくさんあります。
[PR]
by mmcmp | 2011-08-23 22:25 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

イチジクと梨も買いました☆

f0119179_1251758.jpg今月のCOCON MARCHEは、行く前に「ロトス」でお菓子を買っていたし、前日パンも買ったので「ブルージュ洛北」はパス。代わりに「べジフォレ」さんのフルーツを見てみました。先月、美味しそうな桃を売る店があったのですが、スルーして帰ってココンのサイトを見たら、「7月はあらかわの桃が登場!というようなことが書かれていました。その日の目玉をよく吟味しなかったことを後悔、8月は「フルーツショップが新登場」というのをチェックしてから出かけました。
ブースにあったチラシを見ると、フルーツショップというより毎朝集荷した野菜と果物の生産者直売所のようです。でもこの日のメインはやはり桃やブドウ、梨などのフルーツ。いちじくは無農薬と低農薬があって、無農薬は皮ごと食べられると書かれていました。ただ少々お高めだったので、まぁ皮は食べなくて良いから低農薬のいちじく(480円)と同じく低農薬の丹波のf0119179_1493577.jpg梨(170円)を買いました。無農薬は「もねこや」さん、低農薬は木村農園さんという城陽の農家さんのもの。京都でいちじくと言ったら、昔から城陽産が有名です。5個入りだったんですが、気に入ったようで、4個は父が食べました。
★べジフォレ
http://ameblo.jp/vegefore/
[PR]
by mmcmp | 2011-08-22 02:02 | 京都でお買い物 | Comments(0)