<   2011年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「かたつむりたちの病室」

f0119179_0162187.jpg天王寺の一心寺シアター倶楽で27日~30日に上演された劇団往来・舞夢プロプロデュース公演「かたつむりたちの病室」を観に行きました。脚本はMCタレントから脚本家に転身された田中真規子さん。病院を舞台に、病気という不安を抱え、自分のことだけで精一杯と殻に閉じこもるかたつむりのような患者達の物語。重くなりがちなテーマだけど、明るいピアノのメロディで幕が開き、医者に隠れて井村屋のあずきバーを食べるおじさんたちの糖尿病トリオや看護師のお尻触りが趣味の病院長などが登場し、大阪らしい笑いを交えて明るく描いていました。
「一寸先は闇」ではなく、新しい発見や新しい出会いがある「一寸先は薔薇」だという患者の美波。そんな美波を「えらいやっちゃ」と褒めてくれた徳島出身の母。懸命に生き抜いた彼女をエンディングは阿波踊り連が踊りで締めくくる。再生医療が間に合えば、未承認の薬が使えれば救えた命がある、患者は待ってくれないと嘆く医師たち。医療に限らず、どの世界も法の壁や矛盾はあるけど、それでも、少しでも前に進もうとする思いがあるからこそ前進できるんですよね。この芝居は元々真規子さんがタレント時代にマネージャーから預かった3行ストーリーのようなものが原案になっているのだそう。前に歩み続けてそれを形にした真規子さんにも10数年ぶりに会えて嬉しかったです。かたつむり並みではあるけど、少しだけでも前に進んでいたいと思うモモ母です。
http://www.officeb1.net/kura/home.htm
[PR]
by mmcmp | 2011-10-31 01:09 | 観劇・鑑賞 | Trackback | Comments(0)

モモと北山ハロウィン2011

f0119179_0131086.jpg29日は国文祭の開会式が国際会館であったり、御池でパレードがあったようですが、朝の仕事の後はすぐに家の近くまで帰ったので、御所周辺に警察関係の人が多いなぁ~と思った程度。寧ろご近所さんは北山ハロウィンで盛り上がっていました。
モモと植物園沿いを歩いていると、前方に何やら電飾をつけたものを運ぶ人たちが。女性は服にも電飾をキラキラさせて怪しいメイク。仮装コンテストに出るんですね。既に薄暗く、陶板名画の庭前に並んだランタンに灯が点されていました。手づくり市も開催されて、すごい人だかり。モモが興奮して吠えるといけないので早々に退散したんですが、意外と大人しくてホッとしました。向かいに渡ると花屋さんで小さなカボチャが半額になってたので1つ購入。どれにしようか迷ってる時に通りかかった人たちがモモを可愛いと言ってくれたもんで、モモは立ち上がって愛想。「いくつですf0119179_0495396.jpgか?」と聞かれて「10歳です。来週には11歳になります」と言うと、例によって驚かれました・・・。本屋に行く前に雑貨屋Iの店頭にあった大きなカボチャの前で記念撮影。Sで翌日用の手土産を調達し、店の前で固定していたモモのリードを外していると、スパイダーマンやがい骨のコスチュームを着た親子連れが通り過ぎていきました。お菓子を売る屋台の横に置かれたランタンに首をつっこんで食べようとするモモ。すっかり定着した北山ハロウィン。お散歩しててもワクワクしました。
http://www.kitayama-halloween.com/
[PR]
by mmcmp | 2011-10-30 00:52 | モモ | Trackback | Comments(0)

シャンデリアのある町家

f0119179_0512924.jpg北大路堀川を下がったところにある「cafe箔屋」を一年ぶりに訪問しました。一番奥の席に座って有機ブレンドをオーダー。コーヒーは手づくり感あふれる陶器のカップに入れられていました。四角いソーサーが面白い。前回こちらを訪れた時に流れていたソニーロリンズがきっかけでコンサートに行くことにしたんですが、この日もジャズが流れて大人の町家カフェといった雰囲気です。
京都には町家カフェが至る所に出来てますが、それぞれ独特のテイストがあって面白い。こちらは天井にアンティークなシャンデリアが飾られています。行燈タイプの和風の照明器具や現代的なダウンライトを使う店が多いけど、シャンデリアってここだけじゃないでしょうか?モモ母が小学生の頃、シャンデリアはお金持ちの代名詞で、同級生のY君んちにとっても豪華なシャンデリアがあるのを見て、さすがだぁ~と思っておりました。お父さんがでっかい会社の社長でPTA会長もしていたY君は「ちびまる子ちゃん」の花輪君みたいな御曹司f0119179_1295925.jpgだったんですが、彼自身はどっちかというと「はまじ」のようなキャラでした。モモ母が風邪で学校を休むと、給食のパン(マーガリン付)を家まで届けてくれたっけ・・・。なんてことをシャンデリアを見て、久々に思い出しました。夕方遅い時間に行ったので、店を出る頃にはすっかり暗くなっておりました。
cafe箔屋
紫野西御所田町
075-411-1218
12時~18時 
日・月休
[PR]
by mmcmp | 2011-10-29 01:33 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)

「覚えていない」

f0119179_3333482.jpg佐野洋子の「覚えていない」を読みました。エッセイやコラムは買ってまで読むことは滅多にないんですが、元テレビディレクターOさんから薦められて読んだら、これがすごく面白かった。言葉に勢いがあるし、内容も痛快。佐野洋子って「100万回生きたねこ」の作者というくらいしか知らなかったけど、こんな文章を書く人だったとは・・・。
のっけから男は美人に弱く、女はお金に弱いという話。9歳の息子の友達に「美人とブスは入ってくる入口が違う」と言われ、目からうろこの洋子さん。殴られる前からシクシク泣く子を白い目で見、殴られたら殴り返すか相手をにらみつける娘だったというあたり、泣き喚きながらも向かっていく子だったモモ母は妙に共感。子供の頃、可愛い顔した大人しそうな女の子が近づいてきて、洋子ちゃんの腕をギュっとつねったので、ビックリして「やだっ」と言ったら、女の子は泣き出し、「どうしたの?」と寄ってきた男の子達は「あ~あ、洋子ちゃんが泣かした」と言ってその子をかかえて集団で一斉に睨む。ボー然とする洋子ちゃん・・・。彼女はその後もすげーかなわんわ・・と思って何十年生きてきたという。うん、世の中ってそうよね。泣いた女の子はそのことちゃんとわかってる。理不尽な男を作るのは母である女。病気で寝込んだ妻に「僕の食べるものは心配しないで良いよ」と言うけど、妻の食事は作らない、茶碗は洗わないと永久に同じところで埃をかぶってる、なんてうちの父を見て書いたのかと思う。でも、今の男は草食系だし、イクメンだし、世の中変わりました。これも女が作ったワケですね。最高だったのが女2人で突っ込みながら読む「山小屋の渡辺淳一」。こんな楽しみ方があったとは・・・。思わず、渡辺淳一の本、買っちゃいました!
[PR]
by mmcmp | 2011-10-28 04:20 | カフェ読書 | Trackback | Comments(2)

続けるということ

f0119179_2130235.jpg8月に「ちせ」でパンを買った後、大好きな「ノリズ」に行こうとしたら、「しばらくお休みします」の貼紙。いつから貼られているのか、暫くがどの程度なのかわからず、不安に思いながらお店を後にしました。あれから2ケ月、再開されてることを願いながら別当町でバスを降り、山中越えに向かう御蔭通を歩いていくと、小さなたて看板が見えました!営業されてる様子でほっとして店内へ。
最愛のスコーンは3つあるというので、お持ち帰りにしてもらって、一度食べてみたかったキッシュ(500円)を。紅茶はアッサムとニルギリのどちらが合うかうかがったところ、キッシュにしつこさがあるので、すっきりしたものの方が合うとのことでニルギリ(420円)をホットでお願いしました。キッシュはしつこいと言ってもよそのよりあっさり目な印象で、卵とベーコンの美味しさが相性良く口に広がりました。2ケ月近く休業されて9月下旬から営業を再開されたとのこと。長く休んでたので、やめたのかと思った人もあったそうで、モモ母もこのまま閉店されたらどうしようと心配でした。企業経営の店は定時営業が当然だと思いますが、「ノリズ」さんや「昼行燈」さんのように一店主一店舗の店は、家庭の事情で思うように営業できないことも。来る日も来る日も一人で続けてf0119179_21554944.jpgいくって大変です。でも、絶品スコーンと居心地の良い空間はとっても貴重。無理せずお休みしながらでも良いので、ずっとずっと続けて欲しいです。
ノリズ ティーハウス
左京区北白川別当町
075-712-5018
10時~18時 火休
[PR]
by mmcmp | 2011-10-26 21:56 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(2)

涼しくなったら「みずいろぱん」2011

f0119179_029948.jpg鴨川を後にして、足が遠のいていたすぐきの公園を目指しました。公園からすぐの「みずいろぱん」にも寄りました。暑い時期はとてもじゃないけど、行く気がしませんでしたが、この時期はちょうど良いお散歩コース。休憩を兼ねてモモを外で待たせておいても、寒くないのが助かります。入口の黒板に「お知らせ」が書かれていて、11月から定休日が水曜のみになるとのこと。
夕方だったので、パンの数はちょっと少なめ。「ぷちクリームチーズ」(45円)や「ふんわりぶどう」(65円)をトレイに乗せました。どちらもこぶりで、お値段も安い。小さいからいろんな種類のパンが試せるのが嬉しいです。ふと冷蔵棚を見ると今までと違う「ゴロゴロマカダミア ほろにがキャラメルのタルト」が・・・。ひとつひとつ独立した丸いタルトだったのが、カットタイプの三角になっていました。どんどん新作を作っていくパン屋さんは多いけど、従来のものも工夫してマイナーチェンジされてるんですね。「知らない間に形が変わったんですね」と言うと、「はい、すみません」とご店主。なんですいませんなんだろ・・・と思っf0119179_134543.jpgたけど、よく考えたら値段が290円に。前の記事を見ると230円と書かれているから、サイズを変えて値上げされたんですね。小麦の高騰、バターの品薄等々、皆さん苦労されている様子。ゴロゴロマカダミアはでっかいマカダミアが名前の通りゴロゴロ入ってお気に入りだから、値上がりしても買いますよ☆
★みずいろぱん
上賀茂向縄手町
075-708-2477
8時~19時  
水休
[PR]
by mmcmp | 2011-10-25 01:07 | 京都でお買い物 | Comments(0)

うつろい

f0119179_0342315.jpg日曜は加茂川の河原から上賀茂あたりをお散歩。先月下旬あちこちで見かけた彼岸花は、再度撮影する間もなくすぐに姿を消し、今はセイタカアワダチソウがたくさん咲いています。驚いたのは、随分と鴨の姿が増えたこと。つい最近まではサギがほとんどで、鴨はたまにいるくらいだったのに、日曜は群れてました。土手にもいたけど、モモが近づいたんで一斉に川へ。モモと鴨を一緒に写してみたら、モモの額の上あたりに点在する鴨が黒いゴミのようにしか見えないので、アップでも撮ってみました。川面が西日に照らされてとってもキレイ。周囲に広がる波紋も見事で、自然の造形ってすごいなぁと感心しました。
いつまで続くのかと思った夏が去り、木々が少しずつ色づいて、確実に季節はうつっています。思えば、ここ数年はバスで堤防を通ったり、出かけた際に川を横切ることはあっても、モモを連れずに土手を歩くことはほとんどf0119179_1291470.jpgありません。モモ抜きに果たしてこうした動植物の変化に気づくことが出来ただろうかと、鴨たちを見ながら思いました。いつかモモがいなくなったら、河原を歩くことなんて滅多にしなくなるかも知れません。まだまだずっとこうして、モモと季節を感じていたいです。
[PR]
by mmcmp | 2011-10-24 01:36 | モモ | Trackback | Comments(0)

カキフライの季節

f0119179_0305867.jpg牡蠣ってそんなに好きではありませんでした。カキフライも鍋に入った牡蠣も何となく生臭い。でも生牡蠣を食べてみると熱を通したものより寧ろ生臭みがない!牡蠣って生の方が好き・・とずっと思ってました。ところが、九条の「ビストロ上野軒」で食べたカキフライの牡蠣は半生で、そのクリーミーさにビックリ。その後、「グリル小宝」で食べたカキフライもそんな感じで、子供の頃から食べてきたカキフライと洋食屋さんで食べるカキフライは全然違うのだということに初めて気づきました。牡蠣は火が通り過ぎると味が落ちるのに、デパート等の惣菜売り場で売られているカキフライは、味より腐敗を恐れて加熱しすぎるんでしょう。
「Hifi cafe」の帰りに久々に入った「MED」で鳥羽浦村の牡蠣を使ったカキフライ(680円)があるのを見て、あ、ここなら洋食屋のカキフライが食べられるかもと思いました。お店の人に温め方法を聞いて、オーブントースターで、下にだけアルミホイルを敷いて2~3分チン。取り出してみると表面が黒く焦げたところがあって、わっ、せっかくのが台無しになったかも・・・とショックを受けつつ食卓に並べたんですが、いやいや、臭みがなくやわらかf0119179_1444476.jpgジューシーでした。元が良いものは多少失敗しても美味しいんですね。添えられたタルタルソースも、妙に気に入りました。
京洋惣菜MED
河原町通竹屋町上る
075-231-1984
11時~20時 
月休
http://med-deli.com/
[PR]
by mmcmp | 2011-10-23 01:48 | 京都でお買い物 | Comments(0)

ハイチコーヒーが自家焙煎に☆

f0119179_2355560.jpg御所南の「Hifi Cafe」を4ケ月ぶりに訪問したら、ハイチコーヒー(400円)が自家焙煎になってました。「かぼちゃケーキ」(400円)と共にオーダー。ケーキは一口食べて「ああ、かぼちゃのケーキだ」と。いや、かぼちゃケーキなんだから当たり前ですが、パンプキンケーキではない「かぼちゃ」のねっとり優しい甘さ。85%はかぼちゃだそうで、所々入った緑の粒々はカボチャの皮でした。
で、自家焙煎の話。珈琲店の自家焙煎は意外と仕上がりが良くないという話を最近複数の人から聞いたので、どんな風にしてるか伺ったところ、ドラム缶みたいな機械を手回しして焙煎し、2日以上寝かせてから出しているそう。焙煎専門店は何十種類という豆の適した温度と時間を見極める作業を毎年繰り返すから大変だけど、僕は好きな豆1種類だけ満足いくように出来れば良いからとご店主。他の豆もマスターしたくなったらまた新たに練習を重ねるんだそう。ほんのわずかでも前進すると、今までこんなので満足してたなんて・・と驚いてしまうんだとか。それって新たな発見で、今までとは別の人間になってるってことですよね、と思わず「ディスカスの飼い方」の話をしてしまいました。シンプルな方程式をみつけたいというのも同じみたいです。でも、豆の産地や農園の差は大事らしい。モモ母が「炊飯器の魚沼産コシヒカリより達人の土鍋ヒノヒカリだと思いません?」と言ったら、「でも多分、その達人が土鍋で魚沼産コシヒカリを炊いたら、さらに美味しいはず」とごf0119179_0393118.jpg店主。そりゃそうだ・・・。珈琲はネルもペーパーもある程度のセオリーがあるから、ブレはそんなにないらしい。土鍋でご飯を炊いたことも、お湯の落とし方に神経使って珈琲を入れたこともないモモ母。一度美味しい煎れ方にチャレンジしてみようかな?ディスカスを繁殖させるより簡単そうだし・・・なんていうと珈琲通に殴られるかも知れませんね。
Hifi Cafe
新烏丸通夷川上る
075-201-6231 12時~19時
http://hificafe.exblog.jp/
[PR]
by mmcmp | 2011-10-22 00:47 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(2)

初めてのマグカップ

f0119179_1234657.jpgすっかり秋らしくなって、新大宮の「昼行燈」まで歩いて行きました。お隣にはスパゲティの「Anri」が。9月初めの移転オープンだったから、もう2ケ月近くご無沙汰していたことになります。過去2回は満員で相席だったけど、この日は久々に先客はお一人だけ。誠ブレンドの深煎りをマグカップでお願いして、長居を決め込みました。
こちらのブレンド珈琲は中煎り、深煎りともに400円ですが、プラス100円でマグカップにたっぷり入れてくださいます。「昼行燈」さんに通って随分なるのに、マグカップでいただくのは初めてです。さすがに冷めても美味しいことにこだわった誠ブレンド。時間が経っても最後まで美味しくいただきました。添えられているかりんとうは先客のカメラマンHさんが持って来られたもの。Hさんが撮影された梅田の野良猫達の写真も見せていただきました。ところで最近は品種だけでなく産地や農園にこだわったスペシャリティコーヒーを売りにする店やうんちくを語る通?を見かけますね。でもモモ母は焙煎の仕方や煎れ方といった扱う人の技術による差が大きいのではないかと思ったりするワケです。例えばお米なら炊飯器で炊く魚沼f0119179_1494995.jpg産コシヒカリより、料理の達人が土鍋で炊くヒノヒカリとかの方が美味しいのではないかと。で、ご主人からネルとペーパーのお湯の落ち方の違いやハンドミルと機械の差などを伺うにつけ、モモ母はやっぱりプロにお任せしたいと思うのでした。ちなみに「昼行燈」さんは電動グラインダー、ネルドリップだそうです。
★CAFE昼行燈
紫野下門前町
075-204-8816
11時~16時30分 
土日休 不定休あり
※臨時休業されることがあります。遠方から行かれる方は事前に電話で確認されることをおススメします。
[PR]
by mmcmp | 2011-10-21 02:02 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)