「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

おかゆスプーン、買いました☆

f0119179_17534712.jpg「kotori cafe」に行くたびに寺町の「ギャラリー直向」に寄っては「おかゆスプーン」が欲しいなぁ~と思っていたモモ母。「なちや」のサイトを見ると「カレースプーン」もあるようなので、お店を訪れてみることにしました。モモ母の母校M高校の裏門前にある漆器店。すぐ傍の「孤篷庵」がこの秋、特別公開していたので一緒にと思いつつ、気がつけば既に公開終了。「なちや」の方によると、9年ぶりの公開だそうで、次はいつになることやら・・・。
カレースプーンは国産、おかゆスプーンは輸入した木を使ってるそうですが、どちらも純漆だし、フォルムはおかゆスプーンの方が断然美しいので、やっぱりおかゆスプーンにしました。直向では定価の2100円だけど、なちやでは1680円になってました。口当たりが良いので、一度使ったらこれしか使えないというお客さんが多いのだそうです。ただ、このスプーンだけ素敵すぎて、うちにあるほかの器とのバランスがどうも・・・と思うのが長らく買うのを躊躇ってた理由のひとつでもあったんですが、お買い得コーナーに同じく純漆で食洗機対応の汁椀(2000円)があったので、一緒に衝動買い。そりゃ1万円以上する汁椀はもっと良かったけど、モモ母には分不相応だしね。購入後お店f0119179_1811135.jpgを撮影させてもらったんですが、デジカメを忘れて携帯で撮ったらロクな写真が撮れませんでした。残念・・・。
★なちや
北区紫野大徳寺町
075-491-3626
10時~18時 
水、第1.3火休
http://www.nachiya.co.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2011-11-29 18:16 | 京都でお買い物 | Comments(0)

濃厚かす汁、我が家のこだわり

f0119179_23152171.jpg寒くなってきたので、モモと一緒に大宮の「京永野」に醸造アルコール無添加の「純米酒かす」を買いに行きました。先々週のぞいた時はまだなかったんですが、さすがに今度はありました。いつもの形と違って、塊のまま袋詰めされていて、いかにも絞りたてな感じ。量り売りで、400円のと280円とどっちにするか迷ったけど、少ないより多めに買うことにしました。お店の人によると冷凍しなくても冷蔵庫で半年くらい持つとのこと。それなら安心です。
モモ母家の粕汁はよそよりかなり濃度が濃いので、酒粕が足りなくなると困ります。入れるのは大根と人参と油揚げの3種類。それ以上でもそれ以下でもありません。人参は真っ赤な金時人参。薬味は必ずせりを入れます。金時人参の代わりに西洋人参、せりの代わりに三つ葉にするくらいなら、その日は作るのをやめて、翌日に金時人参やせりを買ってから作ります。お椀に先にせりを入れてから粕汁を注ぐので、食卓に置く時にはせりf0119179_23345673.jpgは底に隠れて見えないんですが、写真は少しかき混ぜて、せりをのぞかせて見ました。あつあつの粕汁は体が温まります。この冬、何度も登場する予定です。
★京永野
紫竹上竹殿町
075-492-4010
10時~19時
http://www.kyonagano.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2011-11-28 23:38 | 京都でお買い物 | Comments(0)

上質な和菓子に触れる

f0119179_227518.jpg法事に持参する和菓子を買いに新町の「紫野源水」に行きました。法事用は前回同様「式部せんべい」にして、自分用には生菓子を買うつもりでのれんをくぐったんですが、今年の栗は終わったため欲しかった栗きんとんはなく、今年の「かぐや姫」も既に修了。おまけにこの日は大量注文が入っていて店舗販売の生菓子は2種類だけでした。ひとつはモモ母が苦手な白あんだったので、こしあんに刻んだ柚子が入った「水尾の里」(400円)にして、葛湯「月花の舞」の小豆(220円)を添えました。
紅葉の時期にはお茶会があちこちで開かれるようで、奥さんが用意をしてくださってる間にも生菓子の予約電話が入っていました。京都には小さな店構えながら茶道関係者に信頼される京菓子司がたくさんありました。でも、随分と減って、モモ母が愛したSも随分前に店を閉められましたね・・なんて話を奥さんとしていました。和菓子そのものは小さいけれど、大きな鍋で小豆を煮たり、和菓子職人の仕事は意外と重労働。腰を痛める職人さんも多いそうです。でも人の手でひとつひとつ丹精こめて作られる和菓子はf0119179_2236136.jpg上質で、良いものに触れることって大事だなと「水尾の里」をいただきながら思いました。ご主人が一人で作られるから、店頭に出る数が少ない日があるのは当然。後から来られたお客さんも事情をよく理解されてるので、お目当てがなくても笑顔で品定めしておられました。こういう感じが何とも良いなぁと思ったモモ母です。
紫野源水
小山西大野町
075-451-8857
9時30分~18時30分
日・祝休
[PR]
by mmcmp | 2011-11-27 22:39 | 京都でお買い物 | Comments(0)

「原発のウソ」

f0119179_18361586.jpg京都大学原子炉実験所の小出裕章さんにラジオの番組に電話出演していただく前に「原発のウソ」を読みました。既に読まれた方も多いと思うけど、とてもわかりやすく、共感する部分が多かったので、小説ではないんですが、レビューを。世界に原発はたくさんあるけど、地震が多発する地帯に建てているのは日本だけ。アメリカの100基をこえる原発の多くは東海岸で、大地震が起こる可能性のある地域はきれいに避けて建てられているそう。150基の原発があるヨーロッパは非常に地震の少ない地域で、ほとんど地震は起こらない。そう言えばボストンの語学学校の教師は西海岸には地震があるから絶対住みたくないと言ってたっけ。世の中には生まれてから一度も地震を経験したことがない人が大勢いる、そんな当たり前のことを今更のように思い出しました。
石油が枯渇すると言われるけど、石油や石炭よりウランの方が先に底を尽きそうなことや、原発を止めても火力発電所だけで電気が足りると政府統計局が発表していることなどを読むと、一般向けの情報がいかに都合よく出されてきたかがよくわかる。そもそも節電にはエアコン止めるよりテレビを消す方が効果があるようだけど、そんなことテレビは言わないもんね。火力発電所も止まってるから電力不足には違いないんでしょうが、生真面目に節電して熱中症で亡くなったお年寄りを思うと心が痛みます。この冬もどうか石油ストーブなどの事故が増加しませんように。小出さんの明快な原発解説、とても勉強になりました。
[PR]
by mmcmp | 2011-11-26 19:04 | カフェ読書 | Trackback | Comments(4)

アップルパイはなかったけれど・・・☆

f0119179_21382933.jpg御池の「kotori cafe」さんのブログに書かれていたアップルパイ。是非とも食べてみたいものだと思って、金曜に出かけました。ただ、毎日あるわけではなさそうで、なかったらおにぎりにしようかな、でも、食事を食べるほどおなか減ってないのよね・・なんて思いながら、ちょっとドキドキしてエレベーターで5階へ。いつもの気持ちの良い空間に入ったところで早速尋ねてみると、この日は焼いてないとのこと。残念・・・。でも、バターケーキタイプの「りんごケーキ」はあるとのこと。前から一度食べたかった「抹茶と小豆のシフォン」も食べたいし・・・と思って、この2つをいただくことにしました。飲み物はおやつに合わせて「軽さのブレンド」(500円、セット100円引)を。普通は飲み物との相性でおやつを選んでもらう「kotori がchoice」(600円)なんですが、おやつに合わせて飲み物を選んでいただく妙な客でスミマセン・・・。
抹茶と小豆のシフォンはふわふわ生地に抹茶と小豆が優しくマッチした逸品。バラの花のようなりんごケーキはモモ母お気に入りのパウンドケーキ風の生地に温めた中にリンゴが入って、これまた穏やかな美味しさ。注文する前はちょっと多すぎかもと思ったけど、くどさが全くないので、あっというf0119179_225239.jpg間にお腹の中へ。珈琲もお店の中では酸味が一番あるそうですが、酸味とコクがうまく調和して良い感じ。最近は珈琲をブラックでいただくモモ母だけど、コトリや木が描かれた可愛いお砂糖にいつも見とれてしまいます。お菓子と飲み物のバランスが絶妙で、アップルパイはなくても、とっても満足しました!
kotori cafe
御幸町御池上る
7時30分~19時 
水休
http://ameblo.jp/kotori--cafe/
[PR]
by mmcmp | 2011-11-25 22:09 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(2)

モモタロウくんとコタロウくん

f0119179_18385759.jpg先にヴィックス君の記事を書いたので、実際に訪れてから随分と日が経ってますが、北大路堀川の「カフェ箔屋」にもワンちゃん達がいました。既に記憶が曖昧だけど、ポメラニアンのモモタロウ君(6歳)とコタロウ君(2歳・・・だったと思う)です。
いわゆる看板犬として常に店にいるのではないようで、平日の夕方で常連さんが一人おられただけだったので、店内で自由にさせておられた様子。入った時に「犬は苦手ではないですか?」と聞かれたから、犬が好きではないお客さんがいる時は奥にいるようです。そういえば、以前、うちにもモモという犬がいるとおっしゃってました。それが下の写真の子だったんですね。よく見るとちょっと大きめで毛色がやや白い方がモモタロウくんです。いずれにしても小型犬だからか、若いからか、2匹一緒だからかわかりませんが、椅子に飛び乗ったり、とにかくとっても元気ではねまわってる感じ。モモがまだf0119179_18532885.jpgペットショップにいる頃、リュウ君と転がるようにじゃれあってたのを思い出しました。若いコタロウ君はモモ母が注文したものが気になるのか、テーブルをのぞこうとして立ち上がる。若い小型犬と暮らすってこんな感じなのか・・・ととっても新鮮でした。モモもたいてい大人気ないですが、こうしてみるとやっぱり年を重ねた分、ちょっとだけ落ち着いてますね。ま、モモも立ち上がってテーブルに置いたものを食べようと試みるあたりは、相変わらずなんですが・・・。
[PR]
by mmcmp | 2011-11-23 18:56 | よその犬 | Trackback | Comments(0)

ドイツパンといえば・・

f0119179_22302975.jpg「カフェ・ミュラー」がとっても気に入ったモモ母。そういえば涼しくなったことだし、「ユノディエール」に行ってみよう・・と思ってモモと出かけました。錦鯉を見たのはその帰り。ドイツやフランスのパンが充実する「ユノディエール」ですが、モモ母にはピタサンドなどのサンドイッチが美味しいお店。ただ、家から中途半端な位置にあるため、暑い時期にはとても歩いて行く気になれず、ご無沙汰してしまいます。今回も2月以来の訪問です。
ショーウィンドウの人形がトナカイのかぶりものをしてるのを初めて見ました。横にはクマのツリーもあってクリスマスムード。手にしたボードに書かれた今月のパンは「ラウケン・ブレッツェル」(180円)。「カフェ・ミュラー」の食事メニューに白ソーセージとブレッツェルのセットもあって、心引かれていたのでした。サンド類は「チョリソートルティーヤドック」(350円)と「クロックムッシュ」(350円)を買って、銀紙に包まれたクロックムッシュは帰宅後そf0119179_22523678.jpgのまま冷凍庫へ。大好きな「アップルクラウン」(480円)も買いたいところをグッと我慢して、またの機会とすることにしました。ブレッツェルは塩味が効いて、かみ締めるほどに味わいがあります。ただ、翌日食べたら硬さが増してました。それでもシンプルに作られてるから美味しさはさほど変わらないんですが、当日に食べる方がおススメです。
ユノディエール
左京区下鴨松ノ木町
075-722-8714
7時30分~19時 日休
[PR]
by mmcmp | 2011-11-22 22:55 | 京都でお買い物 | Comments(3)

鴨川に錦鯉!?

f0119179_1912156.jpg気温が下がってお散歩日和だというのに、このところ十分な時間がとれずにいたので、月曜は久しぶりにちょっと遠くまでモモと歩いてみました。鴨川の河原ではボーダーコリーがボールで遊んだり、地面に体をすりすりしたりしていました。モモも走ったり、よそのワンチャンに興味を示したりして楽しそう。
で、北山橋を渡って帰ろうとしたら、橋の下にたくさんの鴨がいました。鴨川にはこんなに飛来しているのに、自然の宝庫である深泥池にはほとんど来てないそうで、鳥って不思議だなぁ・・などと思っていると、ん?なんか鴨の傍に赤いものが・・・。どうやら錦鯉のようです。野鯉がいるのは知ってたけど、錦鯉を見るのは初めて。よく見ると2匹いて、1匹は白と黒、もう1匹は白、赤、黒をしていました。証拠写真を撮ることにしたものの、橋の上から目一杯望遠にして撮ろうとしたため、リードをひっぱられてブレるとまずいから、モモに「動かんといてや」と言って撮ったんですが、おかげで大人しくしてくれてたので、無事に撮影。2匹が近づいた写真がないので、写っf0119179_1929459.jpgてるのは赤い方だけです。鴨と錦鯉が一緒にいる図ってなんか不思議。でも、錦鯉に気を取られて、モモの写真を撮るのを忘れてしまいました。なので下の写真は先月河原で撮ったもの。画面左上にはサギらしき鳥さんがいます。
[PR]
by mmcmp | 2011-11-21 19:33 | モモ | Trackback | Comments(0)

ドイツに触れる

f0119179_21415411.jpg色づき始めた御所を抜け、荒神橋を渡って川端の「カフェミュラー」に行きました。ドイツ文化センターが「ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川」となって、1階に今春ドイツカフェがオープン。壁側の席に座って「ニュルンベルガーソーセージ3本、ジャガイモのサラダ、パン」(840円)と「ダルマイヤーセイロンティー」(450円)をお願いしました。ニュルンベルガーソーセージは適度な香草風味でとっても気に入りました。焼いてあるせいもあると思いますが、良い意味で硬くていかにもお肉が詰まった感じ。これを食べると、どうも日本の一般的なソーセージって、ブヨブヨしてて余計な混ぜものが多そう・・。
パンは岡崎のドイツパン専門店「ペルケオ」のもの。こちらのカフェは「ペルケオ」がプロデュースしているんですね。「ペルケオ」には一度行ったけど、臨時休業で買えなかったので、食べるのはこの日が初めて。さすがドイツパン、がっしりしてるけど、中はやわらかで、シンプルな味わい。ピクルス入りのジャガイモのサラダととってもよく合います。このパンはもしかしたら家で食べるとこんなに美味しくないかも知れない・・・このソーセージとジャガイモとの相性が素晴らしいからこその味わいのような気がしました。店内で使用しているドイツ製の食器や家具の解説がテーブルに置かれていました。この週末、一体、何人がボジョレーヌーボーを飲んだんでしょう?今年の新茶は飲まなくても、ボジョレーは真っ先に飲みたがる日本人って、ドイツの人は不思議に思うかも知れませんね。私達、もっとドイツ文化に触れf0119179_22151034.jpgても良い気がしました。「カフェ・ミュラー」で食べられるほかのソーセージも是非、試したいと思います。
★カフェ・ミュラー
吉田河原町
075-752-4131
11時~18時30分
(日12時~18時) 
月・祝休
http://www.goethe.de/ins/jp/kam/wir/caf/jaindex.htm
[PR]
by mmcmp | 2011-11-20 22:16 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(2)

プラシーボ効果2

f0119179_057655.jpg前回「プラシーボ効果」の記事を書いてから9ケ月以上も経ってしまいました・・・。様々な分野の研究者の方々とお仕事をさせていただいています。巷でコラーゲン入りの化粧品や食品を見る度に思い出すのが、コラーゲン特異的分子シャペロンを発見した細胞生物学者で、歌人としても知られるN教授。コラーゲンが肌に弾力性を与えるのに関係しているのは事実だけど、だからといってコラーゲンを摂取しても、直接それがその人のコラーゲンになる保証はない。食事でいえばバランスのよい蛋白源を摂る方がはるかに大事だし、化粧品は保湿効果は期待できるけど、ワセリンを塗っても効果は同じ。さも美肌効果があるように高額商品を売りつけるのはけしからん!とお嘆きでした。
でもね、N先生・・とモモ母は思うのです。残念ながら先生は女心をご存じない。コラーゲンで美肌になると思う、安いものより高いものの方が効果があると思う、その信じる心で、オンナの肌は美しくなることだってあるワケです。現にコラーゲン商品でお肌がプルプルになったとモニター記事を書くブロガーさんの多いこと・・・。ピンキー飲んだお婆ちゃんの不眠が解消されたのと同じですね。以前、モモ母が試供品を見せた高い自然派シャンプーにその値段ほどの価値がないと話してくれた美容師Mさんが「でも、プラシーボ効果はあるかも」と言ってましたが、まんざら冗談でもなさそうでした。高い方が良いものだと思わせることを意図して価格設定された商品も多いようです。そんなワケで、コラーゲン商品で潤い肌になった貴女。それはコラーゲンの力でなく、貴女の信じる力のおかげなのです。ちなみに写真のつくねは撮影のために買ってみましたが、モモ母にはプラシーボ効果は働かないので、単なる「つくね」としていただきました。
[PR]
by mmcmp | 2011-11-19 01:33 | 雑感 | Trackback | Comments(0)