「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

御所西のちびノドカちゃん

f0119179_21541623.jpg久しぶりに「ぱんだより ノドカ」でパンを買って行こうと丸太町から烏丸通りを北上していたら、ちいさな看板を発見!以前は烏丸通りにこんな目印なかったので、みつけた時はちょっと嬉しかった。お店のブログを見ると先週あたりに登場した模様です。道の向こうに見えるのは京都御所。椹木口のあたりです。
この日買ったのはモモ母の定番「抹茶あんぱん」のこしあん(150円)と初めての「トマトとバジルのタルティーヌ」(180円)。タルティーヌはコーンとアンチョビのとどっちらするか迷ったんですが、真っ赤なプチトマトが抹茶ふんぱんの緑が色目的良いんじゃないかという見た目の理由でトマトとバジルソースに。このペア、こしあんが暑い時期にf0119179_22121622.jpgはちょっと甘く感じたので、適度な塩気のタルティーヌがちょうど良く合って、美味しくいただきました。ノドカさんのタルティーヌを食べたのは初めてだけど、適度な大きさで、噛み応えもGOODです。次はコーンとアンチョビも試してみたいと思います。
ぱんだより ノドカ
上京区養安町
075-231-3315
8~19時 
日・月休
(その他不定休)
http://pandayori.exblog.jp/
[PR]
by mmcmp | 2012-08-31 22:14 | 京都でお買い物 | Comments(0)

極上カプチーノ

f0119179_1422325.jpg所用で市役所前に行き、御幸町御池下るの「ウニール」を訪れました。前回デジカメを持ってなかったので、今回はしっかり持参。カウンターでカプチーノ(450円)とトマトチーズのパン(200円)をオーダー。席で待って、呼ばれたら取りに行きます。
とにかくカプチーノがむちゃくちゃ美味しい!前回も見事な出来だなと思ったけど、豆自体はモモ母の好みではないと思ったんですよね。今回は豆もすごく好き。ふんわり具合も素晴らしく、こんなに満足度の高いカプチーノは久々にいただきました。三条に今年出来たOのカプチーノも期待以上に好印象だったんですが、一緒に頼んだマフィンがまずくてげんなり・・・。その点、この日頼んだ長岡京「サンク」のトマトチーズはカプチーノによく合って完璧。・・・とは言え、カプチーノだけでもじっくり味わいたかったから、飲みきってしまわないよう、後半からパンは水でいただくことにしました。帰りに伺ったところ、この日の豆はブラジル産のカップオブエクセレンスになったものとかで、数日前から販売を始めたばかりだそう。次回もあると良いな☆f0119179_14404785.jpgkotori cafe」がお休みの水曜、木曜に市役所前界隈に行ったら、断然「ウニール」に寄りたいモモ母です。
★Unir
京都御幸町店
中京区御幸町通
御池下ル
075-748-1108
http://www.unir-coffee.com/
[PR]
by mmcmp | 2012-08-30 14:42 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)

予兆

f0119179_2248857.jpgモモが虹の橋を渡って3ヶ月。もう3ヶ月な気もするし、まだ3ヶ月な気もします。水曜に新聞の集金のおばさんが来られ、インターホンに気づかないこともあるので、「ワンちゃんがいたら吠えてくれるんやけどね」とおっしゃってました。
さて、前日まで元気で突然逝ってしまった印象のモモですが、予兆はあったのです。まず年末の脱毛と体重減少。おなかポコポコも、昔からならそういう性分なんでしょうけど、急に始まったのはやはり機能低下のせいだったよう。ただ、おなかポコポコだけでは治療対象にはならないとのことで、あの時受診したとして、腎不全を発見して点滴することになったかどうか。寧ろ何もしなかったら「せっかく早めに連れて行ったのに」と獣医さんを恨むことになったかも。そしてある夜のお散歩で立ち止まって、動こうとしなかったこともありました。そういうことは珍しく、リードで合図するとたいてい歩き始めるのに、その時は以前横転した辺りに行くまでに立ち止まり、合図しても少し行って立ち止まる、の繰り返し。不安になってお散歩を中止して担いで帰ったのでした。そんなことがあったので、そろそろシャンプーの時期だけど、店まで歩けるか事前にお散歩して確かめました。問題なく歩けたので、店に予約をと思っていたら、突然の嘔吐。汚いまま逝かせてしまってモモには申し訳なかったけど、シャンプーに連れて行かなくて本当に良かった。シャンプーって思いのほか体力を使うから、それで体調が急変したらお店の方もショックだったはず。写真は動画を撮ったのと同じ日に撮ったもの。いつもキレイにしていただいて、有難うございました!
[PR]
by mmcmp | 2012-08-29 23:06 | モモ | Trackback | Comments(0)

ちょっと贅沢

f0119179_22224649.jpg3年ぶりに虎屋一条店の「虎屋菓寮」を訪れました。オーダーしたのは「葛仕立水羊羹」に抹茶グラッセを付けたセット(1113円)。吉野葛を使った菓寮だけで味わえる7月8月限定のメニューです。虎屋の和菓子は甘すぎて苦手だけど、羊羹だけはさすが虎屋だよね~といつも思っていたモモ母ですが、この水羊羹は甘さ控えめで、口当たり滑らかで、まさにモモ母の好みにピッタリ!抹茶らしい苦味が爽やかな抹茶グラッセと共にいただいたこともあって、甘ったるさが口に残らないのが素晴らしい。夏に虎屋菓寮を訪れる楽しみが増えました。
店の前はよく通るけど、普段使いするにはお高めなので、滅多に入ることはないんですが、病院のお見舞いって、何をするワケでもないのに妙に疲れるし、洗濯物などのかさばる荷物を持って往復する日々に気分転換は絶対必要。最近は病院のアメニティも随分充実したけど、父が入院している病院の喫茶は旧来のタイプ。それでも貴重な存在ではあるけれど、日常を忘れる空間と時間が患者や家族には大切で、そのための贅沢は惜しんではf0119179_22462779.jpgいけないと思ったのでした。訪れて正解!庭の緑は安らぐし、広々とした店内はお客さんが多いにもかかわらずゆったり寛げるし、適度な甘みは疲労回復に役立ちます。何より美味しいメニューに新たに出逢えたのが嬉しい。通院や介護中の方は、息抜きタイムを積極的にとってくださいね☆
★虎屋菓寮
一条通烏丸西入
075-441-3113
11時~18時
(土日祝10時~) 
無休
http://www.toraya-group.co.jp/shops/sho04.html
[PR]
by mmcmp | 2012-08-28 22:50 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(2)

「ブルーもしくはブルー」

f0119179_2348453.jpg山本文緒の「ブルーもしくはブルー」を読みました。山本文緒は数年前に読んだ作品がイマイチだったので、以来、読んだことがなかったのですが、「切なくいとおしい恋愛ファンタジー、万華鏡のように美しい小説」という裏表紙の紹介にひかれて読んでみることに。で、まるでそんな風には思えない作品でした・・・。
東京で広告代理店勤務の男との冷え切った結婚生活を送る蒼子Aと福岡で板前と結婚して地味な主婦として生きる蒼子B。実は蒼子Bは蒼子Aのドッペルゲンガーという設定。退屈だった前作と比べ、ちょっとサスペンスタッチで一気に読み進められる展開や内面の描き方は巧いけど、設定が子供っぽいと思ったら、山本文緒ってジュニア小説出身だったんですね。なるほど納得。読み物としては確かに面白いです。しかし、蒼子Bは良いとして、本体の蒼子の決着のつけ方が、なんだそこ?という感じだし、テレビドラマ化された時に脚本家が「女性なら誰もが感情移入できる」と書いてるけど、全く感情移入できない。そもそも登場人物の誰一人として好きになれないい、居心地の悪さを感じました。現代女性の多くはこういうのに共感するのかな?では、男性はこの作品を読みたいと思うんだろうか?読んだらどう思うんだろう・・・?と、他の人々の読後感に興味がわくモモ母でした。
[PR]
by mmcmp | 2012-08-27 23:46 | カフェ読書 | Trackback | Comments(2)

素材本来の味がするお漬物

f0119179_23164649.jpg久々に京都駅に行ったので、伊勢丹地下の漬物売り場をのぞいてみました。お目当ては勿論、「茎屋」です。モモ母、今まで観光客も手軽に立ち寄れる「スバコ」をおススメしていましたが、お時間のある方は「伊勢丹」まで足をのばされることをおススメします。というのも、伊勢丹地下の漬物コーナーは試食が出来る!好みの味を選べるワケです。
モモ母もいつもの「京みぶ菜」のほかに食べたことないものも試してみようといくつか試食。気に入ったのが「からしなす」でした。数年前、食通として知られる小説家I氏がひいきにしていた店を紹介した本に、漬物店Nの千枚漬が載っていました。初めて聞く名前でしたが、他の京都の店が結構良いラインナップだったので、そんなところに漬物の名店があったのか・・と思って訪れました。千枚漬と、名物という小粒丸茄子のからし漬を買って帰ったんですが・・・千枚漬はそこそこ美味しかったけど、わざわざ再訪したいほどでもなく、からし漬に至っては、人工的な味がして、ちょっとショックでしf0119179_2342297.jpgた。ま、I先生がお好きだった頃は無添加で美味しかったのかも。そんなことがあったので、「茎屋」のからしなすの自然な味がとても印象的です。材料は茄子と食塩、米麹、和がらし、醤油、味醂、砂糖と記載され、茄子本来の味が口に広がります。ただ、和がらしが贅沢に使われてるので、麹をたくさんつけたまま食べたら、あまりに辛くて涙目になりました。以来、しっかり取って食べています。
http://homepage3.nifty.com/kukiya/index.html
[PR]
by mmcmp | 2012-08-25 23:45 | 京都でお買い物 | Comments(0)

あれから一年

f0119179_23392156.jpg最近記事の更新が滞りがちで申し訳ありません。ネタは結構たまってるんですが、京都駅の「祇園辻利」へ冷煎茶を買いに行った日曜の夜、父が近所で転倒して骨折したため、ゆっくりパソコンに向かう時間がとれない日が続いています。
手術の前日、帰宅してテレビを見ていたら上善寺の六地蔵めぐりの様子が紹介されていました。22日、23日は六地蔵めぐり。昨年、山科駅前が異常に混んでいてビックリしてから、ちょうど一年経ったんだ・・・とテレビを見て気づきました。そういえば、お隣の町内は地蔵盆をやってたっけ。で、翌日、父の手術がひとまず終わったので、今年も上善f0119179_012834.jpg寺をのぞいてみました。
六斉念仏は前日終わっていて、今年もやっばりひっそりとはしているけれど、ぽつりぽつりとは言え、参拝者は絶えず訪れ、線香のにおいが漂うお堂は独特の雰囲気です。地蔵堂脇にたくさん並んだ石のお地蔵さんたちには所どころにろうそくやお賽銭が供えられていました。祇園祭も五山の送り火も、年中行事はみんなあれから一年なんですが、一昨年までほとんど無関心だった六地蔵めぐり。なんだか妙に感慨深いです。
[PR]
by mmcmp | 2012-08-24 23:39 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

冷煎茶ならコレ

f0119179_0241980.jpg夜には虫の声がするようになったものの、まだまだ暑いですね・・・。久しぶりに京都駅に出たので、祇園辻利の「水出し冷煎茶」(1785円)を買いに行きました。昨年パッケージデザインが変わってお値段も1785円になっています。この日は京都駅に出店しているIでも水出しタイプの煎茶の試飲をしていたので、飲んでみたんですが、うーん、期待はずれ。お店の人に飲んでみたいとお願いして試飲させてもらったので、断るのが申し訳なかったけど、買わずに失礼しました・・・。
そして八条口の辻利へ。買って帰って飲んでみて、改めてこの水出し冷煎茶は値打ちがあると思いました。宇治茶らしい美しい水色。水出しならではのまろやかさに鼻に抜ける香り。これぞ煎茶を飲んでいるという感じがします。勿論、モモ母は例年通りかなり濃い目に淹れるので、Iのも濃くすればまた違った味がするのかも知れませんが・・・。ちょっと贅沢をして、日田天領水を使って淹れています。ちなみにIの水出しタイプはお湯で淹れると苦味が出てしまうとの説明でしたが、こちらはお湯でもOKです☆
祗園辻利京都駅八条口店
京都駅八条アスティロード
075-681-0001
8時30分~21時
http://www.giontsujiri.co.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2012-08-22 23:46 | 京都でお買い物 | Comments(0)

さくらちゃんに会いに行く

f0119179_2265276.jpg先週、お留守番中のさくらちゃんに会いに行きました。ご一家がお留守の時はペットシッターさんがお散歩とご飯の世話をしてくれるので、お利口に待っているさくらちゃん。でも時々長いリードが体にからまって、ぐるぐる巻きになっていることがあるそうなので、様子を見に行きました。ひとりで人恋しいのか、モモ母の顔を見ると尻尾をフリフリしてハウスから出てきました。ご機嫌そうで安心しました。モモ母も遠出をするとモモがどうしているか気になったので、さくらちゃんの元気な写真をお母さんにメールして安心してもらいました。
大きなワンちゃんの里親になれないか考えていた時に、ある方が大型犬は1軒だけで飼おうと思わないで、いざという時に力になってくれるご近所さんを何軒か持っておくと良いといったようなアドバイスをしてくださいました。確かに中型犬だったけどモモもモモ母家で寝泊りはしていたものの、通院は事務所のS君が担当してくれていたし、大好きなお兄さんえっちゃんのお母さんなど、逢えば必ず大歓迎してくれる周りの人たちにも飼ってもらっていたようなところがあります。複数の人がフォローしながら、どの人もその子にシアワセな気持ちにしてもらえるゆるやかなネットワークって良いですよね。犬恋しいモモ母、さくらちゃんをいい子、いい子して笑顔になりました☆
[PR]
by mmcmp | 2012-08-20 22:32 | よその犬 | Trackback | Comments(0)

リハーサルカフェ体験

f0119179_21462443.jpg夷川柳馬場の「カフェモンタージュ」に行ってみました。カフェの形をした小さな劇場で、クラシックコンサートや演劇などの劇場としても使われるそうですが、普段はカフェとして営業されているとか。お店のサイトのスケジュールにリハーサルカフェと書かれている日はプロの演奏家のリハーサルが始まったりもするらしく、何やら面白そう。
夷川通りに面したドアを開けるとすぐ階段になっていて、店は地下。入ると既に弦楽合奏のリハーサル中でした。パンフを見ると、18日にアルティで行われる「香西先生を囲む会2012~喜寿お祝いコンサート~」のメンバーのようです。フォッカチャサンド(250円)の具材は日替わりらしく、この日はひじきやきんぴら、大葉など和の素材とのことで、アイスコーヒー(500円)と共にお願いしました。やや硬めのフォッカチャにきんびらなどが入って噛み応え十分、お腹一杯になりました。間近で聴くと弦楽器も意外と大きな音がするんですね。こんな近くで大勢の演奏を聞くのは初めてかも。翌日が本番なので、演奏しながらの確認作業といった感じで、その傍でお茶を飲むのはちょっと不思議な体験でしf0119179_2210419.jpgたが、高校時代は合唱部だったモモ母は違和感なく楽しめました。こんなに大勢でのリハーサルはこの日が初めてとのことで、明日18日はピアノとフルートのリハーサルを予定しているそうです。オープンは今年3月とのこと。また訪れてみようと思います。
★Cafe Montage
夷川通柳馬場
075-744-1070
13時~22時 
木・不定休
http://www.cafe-montage.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2012-08-17 22:12 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)