<   2012年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

酒粕の真実

f0119179_2325935.jpg先日スーパーで酒粕を見かけたので、「京永野」に醸造アルコール無添加の酒粕を買いに行くことにしました。モモがいないとなかなか行けない遠さですが、あちこちにまだ残る紅葉を見ながら楽しく到着しました。
レジでお店の人に「これは何という銘柄のお酒の酒粕ですか?」と聞くと、「まつもとです」と。伏見の観光名所にもなっている寛政3年創業の老舗、松本酒造のものでした。「桃の滴」は一般的ですが、「澤屋まつもと」という純米酒は扱う店が少ないそう。「この酒粕はお酒を絞って出来たものです」とおっしゃるので、そりゃそうでしょうよと思ったら、なんと最近は融米造りといって水を含んだお米を溶かしてお酒を造る製法が多く、酒粕は出ないんだそう。なるほどウィキを見ると「かすは酒粕として使えず産業廃棄物として処理される」とあります。でもって、スーパーで見かける酒粕はホントは酒の粕ではなく、お酒とは別工場で最初から酒粕を作る目的で製造されたものだそう。知らんかった・・・。モモ母が子供の頃は確かに酒の粕だったはずなんだけど、いつから酒粕は酒の粕でなくなったんでしょ?京永野さんで売られているのは酒の粕ですが、最近はお酒を飲む人が減ったためf0119179_23305931.jpgに酒粕も減って、入荷時期も以前より遅くなっているそう。でも2月頃まではあるようです。貴重な酒粕で金曜夜は濃厚な粕汁にしました。
★京永野
紫竹上竹殿町
075-492-4010
10時~19時
http://www.kyonagano.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2012-11-30 23:32 | 京都でお買い物 | Comments(2)

ブームは去った?

f0119179_2254596.jpgそろそろ来年のカレンダーが気になるところ。うちでは年末にモモをシャンプーに連れて行って毎年ペットショップで動物カレンダーをもらってたんで、あんまり市販の犬猫カレンダーに興味がなかったんですが、来年のカレンダーが近くのショッピングセンターのペット用品売り場に並び出した頃、何気なく見てかなりビックリしました。犬種別の鼻デカカレンダーがいくつも並んでる中にウェルシュコーギーが見当たらない!気になって詳しくチェックしたら、コーギーのもあるようなんですが、置いてもあまり売れないと判断されたのか売り場にはなかった。かつてコーギーといえば鼻デカ写真の代表みたいだったのに・・・。
2008年の人気犬種ランキングというのを見ると「2001年からベストテンの常連だったウエルシュ・コーギー・ペンブロークが、11位という結果に」とあり、そんな前からブームは去っていたようです。トイプー、チワワ、ミニチュアダックスは相変わらず人気のようですが、小型犬の中でも特にこの3種が好まれるのって、ファッションの流行色が流行する前から仕掛けられてるようにどこかが仕掛けてるんでしょうか?シベリアンハスキーとかモモ母が子供の頃に大好きだったコリーとか、今は滅多に見かけない。シェルティの方が小型で飼いやすいからコリーはいなくなったんだと思ってたけど、今じゃシェルティーすら時代遅れなのか若い人は連れてないよね。胴長短足が何とも愛らしいコーギーも、いずれ巷から姿を消すんでしょうか・・???
[PR]
by mmcmp | 2012-11-29 23:17 | モモ | Trackback | Comments(2)

「おひとりさまの老後」

f0119179_21565594.jpg上野千鶴子の「おひとりさまの老後」を読みました。おひとりさまのモモ母は、骨折後も自宅に戻れた父のような家族介護はアテに出来ないから覚悟はしてるけど、この本を貸してくださったタレントTさんは既婚者。なんで?と思ったけど、いずれおひとりさまになるから、無関心ではいられないそう。死別、離婚、非婚で80歳以上の女性の80パーセントは配偶者がいないそうだし、子供がいても上野さんいわく90代で60代のわが子を亡くすといった高齢逆縁が最近は増えてるから、おひとりさまの老後は独身女性だけの心配事ではないんですね。
面白かったのは、そういうもんだと思ってることが案外思い込みに過ぎないということ。持ち家を担保に借金が出来るリバースモーゲージがさほど浸透しないのは、日本人が先祖代々の土地に執着するかららしい。でも京都の山鉾町でさえ3代前に流入したヨソモノが多く、田畑だって幕末以来頻繁に売買されてるそう。お墓だって先祖代々の墓になったのは幕末らしい。一緒にいて楽しいと思われるには面白い人や話題が豊富な人にならないとと思うのも勘違い。話題が豊富な人とは自分から喋ってばかりいる人の代名詞で、こんな人が好かれるわけがないし、座を盛り上げようと次から次へと面白い話をする人のノリに周囲はくたびれると。へぇ~大人数の女子会より親しい友人2~3人で会食する方がストレスなくてよっぽど快適と思うのはモモ母だけじゃないんですね。一緒にして「楽しい」より一緒にいて「気持ちが良い」人は穏やかで他人の話をよく聞き、要所でピリッと反応する人。うちとけた話をするのに大人数はいらない、寂しい時に寂しいと言える相手を調達しておこうというのは大いに同感。おひとりさまの老後は思ってる以上に楽しそう。ただし福祉サービスが今よりもっと充実してくれないと困るんですよね。
[PR]
by mmcmp | 2012-11-28 23:01 | カフェ読書 | Trackback | Comments(0)

これぞプリン!

f0119179_2249950.jpg日曜は寺町のギャラリーヒルゲートで「黒田暢 冨紀子二人展」を観た後、「kotori cafe」へ。「マドレーヌ会」以来約2ヶ月ぶりの訪問です。新たに「kotoriのおやつ」に加わったプリンがずっと気になっていたのですが、父の退院で生活リズムが変わり、なかなか伺えませんでした。漸く行けそうなのに、慌てて家を出たのでデジカメを忘れた!取りに戻ってると美容室の予約時間に遅れそうだったため諦めて地下鉄に。携帯でうまく撮れないと申し訳ないので今日は別の店にしようかと迷ったものの、既にプリンと珈琲をいただく気満々だったのでやはり訪れることにしました。(下の写真は8月に訪れた時に撮ったものです)
コトリさんの優しいおやつをいただく時は紅茶を飲みたくなるんですが、プリンはきっと珈琲が美味しいはず。コクのブレンドと苦味のブレンドのどっちが合うかお尋ねしたら、どちらもOKとのことでコクのブレンドに。しっかり目に落としましょうか?」と言っていただいたので、そのようにお願いしました。一口飲んでその美味しさに感動。お目当てのプリンも期待以上に素晴らしく、多くの人が思い浮かべるであろうプリンの味を最高レベルに極めた感じ。卵を感じるプリンです。トッピングされた生クリームにf0119179_23292041.jpg顔がついてるあたり、芸が細かい☆ぷくちゃんなのかな?でもスノーマンにも見えるよね?と思ったけど、やはりことりさんらしいです。
kotori cafe
御幸町御池上る
7時30分~19時 
水・木休
http://ameblo.jp/kotori--cafe/
[PR]
by mmcmp | 2012-11-26 23:33 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)

紅葉三昧

f0119179_19255963.jpg本当に今年は見事なので、3回連続で紅葉ネタです。土曜午後に上賀茂に出かけたんですが、途中の加茂街道の色づき具合の鮮やかなこと!特に上賀茂橋付近はこの辺りってこんなんだっけ?と驚くほど。上賀茂神社では駐車場から赤、黄、緑の木々が見えて心がはやります。早速撮影していたら、白無垢姿の花嫁さんと紋付の花婿さんの行列が通りがかって映画の1シーンみたい。計算して作庭された鷹が峰のお寺の庭、人工林と自然林が作り出す御所の森、そしてご神体である神山に続く森に点在する社が神域を感じさせる上賀茂神社の境内、それぞれ違った紅葉を満喫することが出来ました。
その後は楢の小川から続く明神川沿いに並ぶ社家の家のひとつ西村家へ。長くこの地に住むモモ母ですが、中に入るのは初めてです。禊に使われたf0119179_2064981.jpg井戸が残る庭園の紅葉は残念ながら盛りを過ぎていたのですが、奥にある池の庭は木々に光が当たって息を飲む美しさ。まさに神様が作る光景でした(モモ母、無宗教です、念のため)。回遊式の庭園は落ち葉で埋め尽くされ、池にも無数の葉が浮いていて、それがまた輝く織物のよう。しかも夕方とあって、池の庭にはモモ母一人。庭そのものは地味だけど、観光客でごった返す有名社寺では味わえない贅沢です。今年はどこを訪れてもハズレがないですね。そろそろ終わりかけてるところもあります。お早めにお出かけ下さい!
[PR]
by mmcmp | 2012-11-25 20:10 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

御所の秋

f0119179_22101663.jpg金曜夕方、堀川今出川からバスに乗ったら東大路の三条あたりから七条あたりを走るバスは30分遅れて運行中との無線連絡が流れていました。連休の東山界隈は車と人で溢れているようです。
紅葉を見たいけど混雑は苦手・・と言う方は広々とした京都御苑散の散策がおススメです。今年は本当にあちこちで息を飲むような光景に度々出会いますが、御所でも何度おおっ!と思ったことか。鷹ヶ峰のお寺の造園の美しさも日本人の粋を感じるけれど、大木が多い御所の森の美しさも魅力的です。イチョウの木の下で写真を撮っていたら、ハラハラと葉が落ちてきました。幹は相当大きいのに、葉がちっちゃくて可愛い。砂利の上に落ち葉が積もってまさに黄色い絨毯。御所東の梨木神社も地味ながら秋らしい光景が広がっています。モモ母がカメラを構える横で男性が拍手を打つ音がf0119179_22423983.jpg聞こえてきて、観光でなく信仰の場という感じ。境内の「染井の井」は名水として有名です。御所も例年にない見事さだったので、出来るだけあちこちで写真を撮っておこうと午後は上賀茂神社界隈に行ってみたんですが、これまた驚くような鮮やかさ。手作り市に興味がある方は、是非明日の上賀茂神社の手づくり市に行かれることをおススメします。モモ母は「みずほ製菓」さんのお餅が買いたいから来月にしますが、一の鳥居横の真っ赤なカエデや楢の小川の野趣溢れる趣は感動ものです!
[PR]
by mmcmp | 2012-11-24 22:44 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

錦繍の京都

f0119179_2215055.jpg今年は紅葉の当たり年とか。確かに加茂川の色づき具合が近年にない美しさです。せっかくなので紅葉の写真を撮っておこうと鷹ヶ峰を訪れてみました。さすがいつも「クロア」に行く時に利用するバスがいつになく混んでいます。光悦寺は参道入口から見ただけでも既に見事な紅葉。「去年と全然違うなぁ~」の声が聞こえてきました。モモ母はいつも参道だけで引き返すんですが、それでも十分に満喫できました。
源光庵は中にも入りました。血天井と迷いの窓、悟りの窓で有名なお寺です。こちらも大勢の参拝客で賑わっていました。お寺の方が「今日が一番良いですね」とおっしゃるように、庭園の紅葉はまさに今が見ごろといった感じです。昨年は色づく前に枯れていく感じだったけど、今年は赤みf0119179_222241.jpgが際立っています。秋は毎年やってくるけれど、この鮮やかさは来年もあるとは限らない。秋の京都を訪れるなら、今年が断然おススメです。光悦寺でも源光庵でもみんな撮影に夢中。モモ母は一眼レフを持ってないので、いまいちシャープさに欠ける出来ですが、道具と技術のなさはセンスでカバー。今年は誰もが名カメラマンになれそうです。残念ながら今日は「クロア」は定休日だったのですが、鷹ヶ峰で紅葉狩りを楽しんだ後は「クロア」や「松野醤油」にも是非お立ち寄りください!
[PR]
by mmcmp | 2012-11-21 22:29 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

もはや隠れ家ではないけれど・・・

f0119179_21585495.jpg秋限定の栗餅がそろそろ終了するせいか、「アルチザナル」の後にのぞいた時も「出町ふたば」は結構な行列が出来ていました。まぁ100人は並んでなかったから、並んでも良かったんですが、またの機会にして「李青」へ。秋の「李青」は特に素敵なので、美しく飾られた草花の様子を一度は確かめに行きたくなります。
奥の丸テーブルにもその手前の席にもお客さんがおられたので、入口近くのテーブル席へ。大好きな温かい「柚子茶」(500円)をお願いしました。家で柚子果汁を炭酸水で割って飲むようになってから、よそで飲む柚子茶や柚子ソーダの甘さが気になるんですが、「李青」では柚子茶を頼むことが一番多いです。柚子茶の美味しさを知ったのはこの店だったかも知れません。最近は混んでいることが多く、以前の静けさが失われたという声を聞くことがあります。店のオープンは1988年だそうで、確かにその頃は客はモモ母だけということf0119179_22291131.jpgも少なくなかったけれど、最近はそうしたことは滅多になく、楽しみにしていた丸テーブルの秋の花も近くで確かめることができませんでした。もはや隠れ家ではないかも知れませんが、暗めの照明に伽耶琴の音色が響く店内、センスの良い調度品に季節の野の花をあしらった空間は、相変わらず五感を刺激してくれます。
李青
河原町今出川下る
075-255-6652
11時~18時 
月・火休
[PR]
by mmcmp | 2012-11-20 22:32 | 京都のカフェ | Comments(0)

食べ応え十分!

f0119179_19314282.jpg先週タレントTさんが「出町ふたば」に行ったら、ものすごい行列。数えたら126人だったそうで諦めてパンを買って帰ったそう。今出川のEと、もう一軒新しい店が出来ていて、手作りソーセージがずっしり重たいくらいの大きさだったとの情報。早速、モモ母ものぞいてみました。寺町今出川を東に少し行った北側。庶民的な出町界隈には不似合いともいえるオシャレな外観、中もとってもスタイリッシュです。
パンたちがキレイに並んでいて、チーズが見るからに美味しそうなコンテ(200円)と父用にバニラビーンズたっぷりのカスタードが入った「パティシェール」(200円)、おすすめと書かれていた「あんばん」(160円)を選んで、冷蔵棚も要チェック。ありました、Tさんがおっしゃってた「手づくりソーセージ」(430円)。太いソーセージはパンを卸しているレストランに作ってもらっているのだとか。ハード系の生地に食べ応えのあるソーセージ、そしてザワークラウトが絶妙です。中でもザワークラウトがモモ母好みでクセになりそう。店名が難しくて読めなかったんですが、「アルチザナル」というそうで、ご主人が修業されたフランスのお店の名前をもらったそう。「職人気質」というような意味f0119179_1949319.jpgだそうです。8月にオープンしてたなんて知りませんでした。近いうちにまた行きます!
★Artisan'Halles
今出川通寺町東入
075‐744‐1839
8時~19時 
水休(木不定休)
[PR]
by mmcmp | 2012-11-19 19:52 | 京都でお買い物 | Comments(2)

囀市に行ってみると・・・

f0119179_22111469.jpg京都の紅葉は今が見ごろ。有名社寺はすごいことになってるんでしょうね。モモ母は人ごみを避けて、上御霊神社に行ってみました。毎月18日に囀市(さえずりいち)が行われているんですが、知恩寺や上賀茂神社の手づくり市と違って規模も内容もしょぼいので、敢えて行くほどではないけど、そろそろ「みずほ製菓」さんのあられが欲しくなったのでした。
近づくと何やらお神楽が聞こえ、境内に入ると人だかりが。ちょうど湯立神楽を奉納されてるところでした。今日は五穀豊穣と無病息災を願う火焚祭だったんですね。そういえば、うちの町内でも氏神さんの護摩木を配ってたっけ。境内の木が色づき、本殿には菊が飾られて秋らしい光景。「みずほ製菓」さんではいつもの3つ500円のf0119179_22454655.jpgほかに海苔のついたものも購入しました。こちらは1つ150円!羽二重餅を使った良質なあられがこの値段は本当に素晴らしい。お餅も販売されてましたが、お正月用には少々早いので今回はパス。お正月まで持つようですが、少し多めに持っていくから来月の天神さんか上賀茂神社で買ったらええよとお店の方。今月の上賀茂神社をのぞこうと思っていたけど、来月にしようと思います。
みずほ製菓
滋賀県多賀町 
0749-48-0135

http://mizuhoarare.blog133.fc2.com/
[PR]
by mmcmp | 2012-11-18 22:50 | 京都でお買い物 | Comments(0)