「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

えっちゃんの教え

f0119179_2285665.jpgご近所の柴犬えっちゃん。京都市から表彰してもらったことがある17歳のご長寿犬です。数年前に靭帯損傷した経験があることもあって、足をひぎするような感じではあるけれど、それでもゆっくり歩いて家の近くをトイレ散歩しています。「ヨボヨボです」とお母さんがおっしゃるので、「でもそうやって自分で歩いて外に出られるから良いですよね」とモモ母。
むぎこがうちに来て半年以上経つけど、まだ一度も家でトイレをしたことがありません。来る前は初日からトイレトレーニングをしっかりしようと思っていたのに、粗相をしないように練習するのがトレーニングだけど、そもそも排泄しないから失敗しないかわりに成功もなし。トイレシーツにおしっこのニオイをつけたり、絶対にそこでしないといけない状況にさせてみてと連れて来ていただいた時にアドバイスしてもらったものの、きっと散歩もせずに3日くらいケージに閉じ込めておかないと「しないといけない状況」にならないだろうと思います。だって一泊二日の避妊手術の時、獣医さんのところでは排泄しなかったそう。出た途端に獣医さんの駐車場でしたから、ああ我慢してたんだな・・と思ったのでした。今は家が汚れなくて良いけど、年とって脚が弱ったりした時が大変とえっちゃんのお母さんに言ったら、「そうなったら、家でするようになるわよ」とお母さん。えっちゃんは常に神経はりつめたカンの強い子で、夜も物音とかにすぐ反応するし、トイレも絶対外でしかしない子だったけど、最近やっと家でも排泄するようになったんだそう。死んでるんじゃないかと心配になるくらいぐっすり寝るし、今年になって粗相もしちゃったとか。でも、粗相できるくらい張り詰めたものが緩んだんだとお母さんは寧ろ喜んでおられる様子でした。老の力って、犬を自然に適応させていくんですね。むぎちゃんもきっと大丈夫。安心しました。
[PR]
by mmcmp | 2013-07-31 13:50 | よその犬 | Comments(2)

バイエルン風と蜂の刺し傷

f0119179_22361863.jpg「じゃらん」から東京のホテルをネット予約してたまったポイントの有効期限が迫ってるから、ホットペッパーの食事券に交換した方が良いよというメールが届き、あら、そうなの?と思って京都で食事券を使える店を調べたら、大好きな「カフェ・ミュラー」があったので、おススメに従ってポイントを交換。日曜午後に遅めのランチを食べに行きました。
今回はプレートメニューにドリンクとデザートがついた2000円のセットを。メインは4種の中から選びます。前回の豚肉が美味しかったので、ちょっと心惹かれたものの、この日は鶏肉を試してみることに。「鶏肉の蒸焼 バイエルン風」です。お店の方に確かめなかったので、どういうのがバイエルン風なんだかわかりませんが、多分「蒸し焼き」にするのがそうみたい。(詳しい方、教えてください)。蒸すからなのか、鶏肉がとってもやわらかでジューシー。少しずつたくさんの種類の付けあわせが添えられていて、飽きることなくいただけます。デザートは「ビーネンシュティッヒ」というアーモンドキャラメルのケーキ。名前が覚えられないのでメモして帰り、ネットで確認したら、Bienenstichは「蜂の刺し傷」という意味で、デコボコのf0119179_23234587.jpg表面が蜂の刺し痕に似ているからだと書かれていました。華やかな見た目のフランス菓子と違って、ドイツのお菓子は派手さに欠けるけど、真面目な美味しさが魅力です。プレートだけでおなか一杯になってお菓子は食べられないかも・・と思っていたんですが、しっかり完食しました。
★カフェミュラー
吉田河原町
075-
752-4131
11時~20時
月休
http://www.goethe.de/ins/jp/kam/wir/caf/jaindex.htm
[PR]
by mmcmp | 2013-07-30 23:27 | 京都のカフェ | Comments(0)

正しい雑種

f0119179_18334671.jpgむぎこが「どこかで見たことある犬」と思わせるのは、それだけいろんな犬種が混じってるからなんですね。預かりさんも「かなり混じりに混じってる正しい雑種」と書いておられました。
混じりに混じってることを如実に示すのが毛の色。尻尾の上だけ黒かったり、背中の茶色も結構濃淡があるし、長い目の毛が以前より黒っぽくなってきたりして、かなりまだらなこむぎさん。柴犬の飼い主さんから柴犬が入ってますねと言われたことがあるものの、サイズ的には柴犬よりやや大きめ。預かりさん宅で同居していたリンさんと並んだ写真を見ても、少し長いことがわかります。ブンブン尻尾はゴールデンみたいで、体の割りに随分大きく立派です。散歩で逢った人からシェルティーが入ってるんじゃないかと言われたことも。確かにシェルティも中型の割りに大きな垂れた(巻いてない)尻尾をしてますね。当ブログを見て下さってる方から「秋田犬の血が入ってるのかも」というコメントもいただきました。そんな風に外見から想像されるのは中型から大型の犬種ですが、お泊りの練習を兼ねてシャンプー&トリミングをしてもらった時には、お店の方から「毛がものすごく密集して生えてますね、ポメラニアンが入ってるんじゃないですか?」と言われました。見た目からポメラニアンは思いつかなかったけど、なるほど毛の感じが似てるかも。ポメとゴールデンが同時期ではないでしょうが、まさに大小混じりに混じっていそうです。お父さんとお母さんはどんな犬だったのかな??
[PR]
by mmcmp | 2013-07-28 19:07 | こむぎ(むぎこ) | Comments(2)

アイスティで寛ぐ

f0119179_22333297.jpg素敵なお店と言えば、河原町丸太町の紅茶専門店「ミスリム」もそのひとつ。ちょっと前になるんですが、久しぶりに訪れました。前を通ることは結構あるんだけど、こじんまりしたお店なので、先客が数組おられる様子だとまたにしようと思ってしまう。この日は空いてそうだったので、ドアを押してみました。上も空いてるようだったので2階へ。モモ母は断然2階が好きです。
この日は「シトロン」(750円)をアイスでお願いしました。ほんのりレモンの香がするフレーバーティです。テーブルには「当店の紅茶は独自の抽出方法で一からお湯を沸かし、一杯一杯丁寧に淹れておりますので、時間がかかります」と書かれたカードが置かれていました。時間のない時には不向き。時間がある時には本当にゆっくり出来るお店です。2階は吹き抜けの南側と西側に席が分かれているので、それぞれの空間を楽しむことがf0119179_2323721.jpg出来ます。窓に面した南側も快適だけど、階下を見下ろす西側の席もなかなか良いのです(下にものを落とさないよう要注意ですが・・・)。コロニアル風のインテリアですが、ここも町家をリノベーションしたカフェ。内装の感じは首都圏のターミナルなどにもありそうだけど、きっともっと大きなスペースでいつも混んでそう。ここはこの規模だから魅力的なんだなと、のんびり寛ぎながら思ったのでした。
MISSLIM
上京区河原町丸太町
075-231-4688
12時~20時 木休
[PR]
by mmcmp | 2013-07-27 23:03 | 京都のカフェ | Comments(0)

上質を感じる店

f0119179_1754047.jpg一週間前になりますが、小川一条の「コラソン」さんを訪れました。2月に初訪問してすごく気に入ったのだけれど、近くに行く日が定休日だったり、営業時間外だったりして、なかなか行く機会がなく、5ヶ月以上ぶりの再訪となりました。チーズケーキやアフォガートといったメニューが増えていて心惹かれたものの、前日もお菓子を食べていたので(しかも美味しくなかった・・・)、残念だけどこの日は自粛。コーヒーだけにしておきました。お願いしたのはケニアAAとは違う深煎りで、ちょっと記憶が曖昧なんですが、「ペルー・エルパルゴマウンテン」を。こちらも深煎りですが重たくならない、すっきりとした、きれいな味。雑味というのがどういうものか、いまひとつわからないモモ母ですが、後口にちょっと嫌な感じが残る珈琲もあって、それを雑味というなら、そうした雑味のない端正な味わいです。ちなみに15グラムほどの豆で180cc抽出されるそう。
お店の方の接客も印象的で、きちんとしてるけど決してスノッブではないし、説明が丁寧。珈琲通は勿論、年配のご近所さんも気軽に立ち寄れる雰囲気です。美味しい珈琲と素敵な雰囲気で上質な時間を過ごし、会計を済f0119179_18344679.jpgませたら、ご店主が当ブログを見たお客さんが数組来られたことを教えて下さいました。数ヶ月前に一度来ただけのモモ母のことを覚えていて下さったことも意外でしたが、ブログを見た方が何人もおられたことはお店の方に教えていただかないとわからないので、すごく嬉しかったです。励みになります。これからも素敵な店をご紹介できればと思います。
★カフェ・デ・コラソン
小川通一条上る
075-366-3136
9時30分~18時30分 
火休
http://www.cafe-de-corazon.com/
[PR]
by mmcmp | 2013-07-26 18:39 | 京都のカフェ | Comments(2)

あの子に似た犬

f0119179_015372.jpg日曜の選挙は朝のお散歩途中に行きました。犬って投票所に入れるんだろうか?ダメならむぎちゃんはちゃんと待ってられるかな?と思っていたら、出口調査の人がいたので、出口につないで見ててもらいました。共同通信さん、有難うございました。
いつでも里親募集中」でむぎちゃんを見た時、心引かれたのは顔の感じがモモに似てると思ったんですよね。はぴねすさんのブログにも載ってる写真だったと思います。でも、気になる子がいると話をしたヒメママさんには似てると同意してもらえなかったので、そうか似てないのか・・と思ったんですが、その後、預かりさんが、こむぎのことをみんなが「どこかで見たことある犬」と共感と懐かしさを憶えるルックスと書いておられて、なるほどと納得したのでした。確かに散歩していると、前に飼ってた子に似てるとか、○○さんちの○ちゃんみたいとよく言われます。近所のリサちゃんはモモ母が見てもそっくり。お母さんが姉妹では?と思われたそうですが、リサちゃんは上賀茂出身らしいので泉佐野出身のむぎちゃんとはつながってなさそう。シロくんのお母さんに「顔はシロとおんなじやね」と言われたこともあります。ちなみに春に某動物愛護団体から送られてきたニュースレターに里親さん達から届いた年賀状や写真がたくさん載っていて、むぎちゃんと似た顔立ちの、ひときわ可愛いと思うワンコに目が行き、よく見たら、里親になりたかったD君でした。我ながら、こういう顔の子が好きなんだなと自覚。D君、幸せそうで良かったです。
[PR]
by mmcmp | 2013-07-24 00:30 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

岡崎の小さなケーキ屋さん

f0119179_23283147.jpg日曜は国際交流会館で行われていたブルース・リー没後40年記念のコレクション展に行きました。ブルースリー研究家でもある水墨画家の王石明さんが企画されたもので、実際に使われていた名刺や契約書などマニアにはたまらない貴重なものが並び、幅広い年代のファンで賑わっていました。死亡遊戯の黄色いウェアを来てポーズをつれるミッキーマウスのTシャツが可愛かった。その後は動物園北側の「菓子・茶房チェカ」へ。前回のブルースリー展の後でのぞいた時はオープンしたばかりで、まだカフェの営業をされてなかったので、今回は是非と思っていました。
急な階段を上がって2階へ。奥の席に座って「焼き栗のモンブラン」(450円)とアイスコーヒー(450円)を頂きました。飲み物はすぐ傍に置かれた茶釜のお湯で一杯ずつ入れておられるそう。すっきりした苦味で飲みやすいf0119179_024055.jpgアイスコーヒーでした。紙に包まれて出てきたモンブランは、開けてみると和菓子のようなドーム型に焼き色がついて、「焼き栗」のモンブランでなく、焼き「栗のモンブラン」。ほんのり洋酒を聞かせたマロンペーストと生クリーム、中には栗が1個入っていました。こじんまりとした店らしい手づくり感が可愛いお店でした。
★菓子・茶房チェカ
岡崎法勝寺町
075-771-6776
10時~19時
月・火休
[PR]
by mmcmp | 2013-07-23 00:03 | 京都のカフェ | Comments(2)

折れゆばと東寺ゆば

f0119179_14101951.jpg「フランジパニ」に行った帰り、いつものように「鞍楽ハウディ」に寄ったんですが、残念ながら「ゆば長」の「折れゆば」は品切れ。ほぼ同じ大きさ、同じ見た目の某店の「割れ湯葉」はひとつだけ残っていて、それを買おうかと一度は手に取った思ったものの、値段がかなり違うので再び棚に戻しました。
その数日後、室町通りを歩いて今出川に出たところで、すぐ先にある「ゆば長」さんのお店をのぞいてみる気になりました。お店の前はよく通るんですが、店の前の看板を見ても折れ湯葉は書いてないし、置いてないのかなと思っていたので、中に入るのは初めて。やっぱり「おはらぎゆば」や「切小巻ゆば」といったキレイな湯葉しか並んでなかったけど、せっかく入ったので折れゆばはないか伺ったところ、1つだけあるとのこと。切れ端だったり、割れたりしたものなので、数が少なく店頭にあんまり出ないようです。昨日は「時待ち食」で買ったはたけしめじと炊いて湯葉しめじにしました。そして一緒に「東寺ゆば」も買ってみました。百合根・銀杏・キクラゲをひきあげゆばで包んで揚げたもの。「北見」さんで炊いたものを買ったことはあるけど、家で炊くのは初めて。でも「うね乃」のだしやだし醤油でシンプルに炊くだけでとっても美味しかった。京都らしい東寺ゆば、お使い物にするなら北見だけf0119179_14441684.jpgど、家で食べるなら5個525円のこちらが気に入りました。お店を訪れる機会これから増えそうです。
★ゆば長
室町今出川上る
075-417-1245
http://www.yubacho.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2013-07-21 14:45 | 京都でお買い物 | Comments(0)

ホワイトフードでお取り寄せ

f0119179_14503792.jpg明日は参院選挙。原発再稼動を争点にしたくない政党が街頭演説で取り上げるのを意図的に避けてるそうで、投票の際に考慮する人は少ないようです。以前義捐金を送ったNPOからニュースレターが届きました。被災地の現状がマスコミでほとんど紹介されなくなって、資金が集まりにくくなっているんだそうです。話題に上らないと人は忘れてしまうようです。
暑い中を重たい目をして買ってきてもすぐになくなる飲み物類をお取り寄せすることにしました。水と牛乳は商品の放射能検査をしている「ホワイトフード」から。水は同じものが近くのスーパーで半値近くで入手できるので、そこで買うつもりが売り切れ。割高だけど、応援する意味で再度取り寄せることにしました。WHOの基準値が10ベクレル/kgに対してホワイトフードは0.5ベクレル、日本の基準はなんと100ベクレルです。震災から数ヵ月後、知人の従兄弟が地元スーパーに並ぶ農産物を線量計で測ると高い値が出たそうで、うちの県産のその農産物は食べるなと言っていたそうです。自らチェックした人は避けられるけど、知らない人は普通に買って食べている・・・基準値は消費者ではなく生産者を守るためのもの、命より経済を優先する国に生きていることを実感しました。今は知りませんが、昨年はまだ従兄弟は京都から野菜を取り寄せていると知人は言っていました。お断りしておきますが、それは東北ではなく、もっと京都に近い県。東北の農産物がスケープゴートになっていると書いたのはそのためです。基準値以下という曖昧なものでなく、いずれは数値が表示されるようになるだろうと言われましたが、実現していません。今回は水だけでなく、牛乳もオーダーしました。会社のサイトによるとウクライナの内部被爆の80%が牛乳だったそうです。うちで牛乳を主に飲むのは80代の父なので気にする必要はないんですが、子供達を守ろうと取りくむ企業を応援し、子供が身近にいる方に紹介する意味で買ってみました。ちなみに滋賀県のしいたけ原木が基準値ごえとの報道を確認していて、こんなツィッターをみつけました。なかなか興味深いです。
http://www.rakuten.co.jp/food-connect/
[PR]
by mmcmp | 2013-07-20 15:46 | 宅配・お取り寄せ | Comments(0)

フランジパニでコダマカフェの本を読む

f0119179_22305987.jpgこれも先週の話ですが、鞍馬口の「フランジパニ」に行きました。暑い日だったので、すっきりしたものが飲みたくてアイスティ(450円)を。ニルギリとアールグレイがあって、ニルギリをお願いしました。
フランジパニ」には本や雑誌も置かれていて、雑誌を見ることもたまにあるんですが、持参した文庫本を読むことがほとんど。落ち着いて、ゆっくりと読書を楽しむことが出来ます。この日はサリンジャーの「ナイン・ストーリーズ」を読んでいました。これ、「コダマカフェ」の閉店セールで50円で買った2冊のうちの1冊。タイトル通り9つの作品を収めた短編集です。サリンジャーと言えば「ライ麦畑でつかまえて」くらいしか読んだことないので、興味を持ったんですが、まだ全部読んでないけど、ライ麦畑に大した共感を覚えなかったモモ母は、やっぱりサリンジャーって好みじゃないなという印象。これはライ麦畑にもいえるけど、多感な思春期に読むとまた違ったのかも知れません。あるいは「フラニーとゾーイ」を先に読むべきなのかも。f0119179_2233881.jpg寧ろ興味を持ったのは、これがコダマさんの本棚にあったこと。サリンジャーやライ麦畑って今も若い人に支持されてるのかな・・と。2年半の営業だったという「コダマカフェ」さんの閉店セールもいよいよ明日まで。大好きな「フランジパニ」さんにはこれからもずっとずっと素敵な空間と美味しいものを提供し続けて欲しいと思います。
フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245
10時~18時 
日・木休
[PR]
by mmcmp | 2013-07-19 22:36 | 京都のカフェ | Comments(0)