「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

モモが好き☆

f0119179_23203860.jpgコタくんとのツーショット写真をパソコンに取り込んで、大きな画面でむぎちゃんの顔を見て、あ・・・と思い出したのが、2007年1月の記事にも使用したモモの写真。2002年11月、2歳になったばかりの頃に撮ったものなので、今のむぎちゃんと年齢が近いせいもあるのか、なんかよく似てると思うのです。犬種も性格も違うのに。ま、犬と言うのはどの子もこういう顔をしていると言われればそれまでなんですが・・・。
基本的にモモ母は短毛より長毛の子が好み。ラブも可愛いけど、ゴールデンの方がもっと好き。それは前から自覚してたんですが、某団体のニュースレターに載っていたD君の写真がすごくむぎちゃんに似た雰囲気で、ああ、こういう飾り毛があって、横幅が広く見える顔に惹かれるんだな、と気づいたんだけど、それって、つまりはモモみたいな顔が好きってことなんですよね。きっとモモを飼う前からこういう顔が好きだったワケではないと思うのです。だってモモとどっちf0119179_2343367.jpgを飼おうか迷っていたモモのお兄ちゃんのリュウ君は飾り毛はなく、もっと細長い印象の顔をしていました。リュウ君を選んでいたら、むぎちゃんはうちの子になっていなかったかも???モモを選んだから、むぎちゃんが今、傍にいてくれるんだなと思うのです。でも、顔は似てるけど、体型は全然違う、夏場あんまり食べなかったこともあって、コタ君と並ぶとスリムさが際立ちます。ま、モモもこの写真の頃は結構細かったんですが・・・。
[PR]
by mmcmp | 2013-09-28 23:34 | モモ | Comments(0)

小太郎くん

f0119179_22144425.jpgもう一週間近く前のことなんですが、朝のお散歩の途中で小太郎君の家の前を通ったら小太郎君がいたので、むぎちゃんとツーショット写真を撮らせてもらいました。
小太郎君、通称コタくんは2歳半の柴犬。普段は家の中にいますが、お散歩の前後は家の前で外の様子を眺めていることが多く、むぎちゃんと一緒に近くを通る時には、今日はいるかな?と確認することが多いです。よその犬がテリトリーに近づくと吠える子もいるけど、コタ君はウェルカム。お散歩中に会っても穏やかです。なので可愛いツーショット写真が何枚も撮れました。町内のMさんちの柴犬は気が強くてモモにもむぎちゃんにも常に激しく威嚇します。おんなじ犬種でも性格って随分違うもんだなぁと思います。家では畳をぶよぶよにしたり、イタズラf0119179_22335614.jpgすることもあるんだそうですが、いたずら盛りの若いオス犬だから当然ですよね。大人しくてとってもお利口さんの小太郎君、これからもこむぎと仲良くして下さいね☆
[PR]
by mmcmp | 2013-09-27 22:42 | よその犬 | Comments(0)

「お艶殺し」

f0119179_16394632.jpg谷崎潤一郎の「お艶殺し」を読みました。谷崎が好きなので、時々ふと読みたくなります。大好きな「細雪」なんかもじっくり読んでみたいのですが、全集を持ち歩くのは重いのと、全集の似合うカフェって少ない気がして、手軽な文庫本を読んでいます。
中公文庫には表題作と「金色の死」の2作が収められています。「お艶殺し」は奉公先の一人娘と駆落ちしてから人を何人もあやめ、転落していく新助と芸者になって変貌していくお艶との顛末を描いた作品。ヒロインの変貌に翻弄される男といった「痴人の愛」に通じる世界で、江戸らしい風情を漂わせているものの、「痴人の愛」への習作いった印象でした。続く「金色の死」は作家と少年時代からの友人である岡村との微妙な関係、彼らが展開する芸術論とや岡村の最期を作家が回顧する形で書かれています。華々しく文壇に登場した人気作家は谷崎自身を思わせ、芸術は人間の肉体美から生まれると身体の鍛錬に励む岡村は何となく三島を思わせると思っていたら、この作品を後の谷崎は嫌って全集にも収録しなかったのを、三島が谷崎の没後に発掘したんだそうです。絵画や彫刻は色彩や形態のみの効果によって観る人の頭に直覚されるべきもので、作品の背景にある歴史や知識は無用という岡村と、歴史を知っていれば余計興味が増すという私。これってモモ母もよく思うこと。例えば曾我蕭白が描く竹林の七賢とか寒山拾得を観た時、彼らのことをもっと知っていたら見方が深くなるんだろうな・・と思ったんだけど、反面、直感的に美しいと思えばそれで良いのだとも思う。いずれにしても全く違う空気の2作に谷崎の力感じました。
[PR]
by mmcmp | 2013-09-26 17:26 | カフェ読書 | Comments(2)

西陣の隠れ家懐石

f0119179_10441498.jpg先月「フランジパニ」さんに行ったら、お店の方が傍の常連さんに「昨日あそこに行って来た」と話されてる会話が耳に入りました。後で伺ったら、お客さんが和食の店を始められたとのこと。ご主人は和久傳におられた方で、昼は2800円から食べられるそう。最近滅多に外食しないモモ母ですが、ヒメママさんと9月生まれ同士で食べに行くことになりました。先週「フランジパニ」を訪れた時に場所を確認、天神公園前のバス停の歩道橋近くの三叉路を上がって最初の角を左に曲がった南側とのことで、すぐわかりました。でも、住宅街の小さな店なので、知らないと絶対入らないロケーションです。
窓際に苔玉が飾られた素敵なソファ席へ。明石の天然鯛のお刺身やもずく、じゅんさいが入った酢の物など先付から華やか。器も素敵で豆腐が入ったベネチアングラスは思わず欲しくなりました。ミキサーでムースの様にした豆腐はジュレ風の出汁でいただきます。中には雲丹と海苔が入ってアクセントに。椀物は今年初の松茸と鱧の焼霜造がたくさん入っていました。当然ですが、家で食べる鱧とは全然違う。炭火で焼いた鰆と山科ナス、万願寺、しめじの餡かけにトッピングされてるのは大葉の新芽(カタカナの名前を言って頂いたんですが、忘れました・・・)。ナスが美味しい~とヒメママさん。確かにナスって煮浸しにすると食感が悪くなるけど、しっかりしてナスならではの味がしました。もち米の飯蒸しにちりめん山椒を乗せたご飯、ココナッツのシャベッートに梨と柿を添えたデザートも美味しかった。若夫婦f0119179_11155787.jpgらしい誠実さ、新規で頑張ろうという姿勢が感じられてとても好ましいお店でした。献立は月替わり。又是非行こうと思います。
★西陣ふじ義
堀川寺の内上る
432-5765
12時~14時
18時~21時
※お店のサイトはないようですが、施工店のサイトを参考に
[PR]
by mmcmp | 2013-09-24 11:27 | 京都でごはんたべ | Comments(2)

手づくり市で農産物を買う

f0119179_0472583.jpg手づくり市はアクセサリー、陶器、調味料、石鹸、苔玉、何でも売っています。今月は筆屋さんなんかも出てました。今回の目的は食べるものではなく、ネックレスでした。上賀茂でこれまで2回買って、両方とも気に入ったので、新しいのが欲しかったんですが、今回は残念ながら好みのものがみつかりませんでした。かわりに買い込んだのが農産物。上賀茂はお土地柄もあって、農産物の出店が多い印象です。
まず、1軒目では「ガトー・ド・ミエル」さんに向かう道で目にしたおもちゃかぼちゃ(50円)を。ハロウィン用に玄関に飾ろうとここ数日お花屋さんを見ていたら315円くらいが相場だったので、50円はかなり安い。続いて5月に店が出てなくて買えなかった宮崎産の原木椎茸(500円)も買えました。毎月1日には今宮神社のフリマにも出しているそうです。3軒目ではまずトマト(1山250円)を。先に買ったおじさんが「きゅうりなんかもすごく高いから(ここは安くて助かる)」と言うと、お店の方が「今、きゅうりは採れへんのよ・・」と。だから最近京都産のきゅうりが滅多にないのねと納得。「天ムキ」(200円)f0119179_1234893.jpgという可愛い唐辛子を前の方が買っておられるのを見て、モモ母も買ってみました。厄除けに吊るすんだそうですが、虫除けになりそうだなと思って。さらに乾燥して抜け落ちたものは料理に使うんだそう。1000円でたくさん買えました。
[PR]
by mmcmp | 2013-09-23 01:27 | 京都でお買い物 | Comments(0)

手づくり市でついにGET!!

f0119179_15512882.jpgお店に行っても、手づくり市に行ってもほとんど完売で商品札の写真ばかり撮っていた「ガトー・ド・ミエル」。ついに今日の上賀茂神社の手づくり市で極楽チーズケーキ以外のお菓子を買うことが出来ました。今回のお目当ては別だったんですが、どうせ行くならとむぎちゃんの朝のお散歩を済ませたら、9時前のバスに乗って上賀茂神社へ。前回お店があった場所に行ってみると、まだ開店前なのに既に数人並んでおられました。その後に並んで商品を並べていかれるのを待ち、ふと見ると後ろには長い列が出来ていました。モモ母は5番目くらいだったでしょうか、念願の「抹茶ケーキ」(220円)のほか、「栗の焼き込みタルト」(360円)や「キャラメルモカタルト」(350円)等を無事に購入することが出来ました。
まだ「抹茶ケーキ」しか食べてないんですが、これはスゴイ!包装紙を開けてみると、いかにも濃厚そうな抹茶色。期待しつつフォークを入れて、まず一口。おおっ、しっとりと口当たりよく、上質な抹茶ならではの苦味がちゃんとあって、とってもモモ母好み。その分、砂糖もかなり使われてそうですが、混じりけのない美味しさ。普段並んで買うことは滅多にないけれど、珍しく並んだ甲斐がありました。これは自家製の栗の渋皮煮を使っているとf0119179_16133490.jpgいう栗の焼き込みタルトもかなり期待できそうです。
ガトー・ド・
ミエル

寺ノ内通り新町西入る
874-7973
10時30分~
18時 
土~木休
http://gateau-de-miel.cocolog-nifty.com/blog/
[PR]
by mmcmp | 2013-09-22 16:16 | 京都でお買い物 | Comments(0)

涼しくなったら

f0119179_230423.jpg暑い時期は場所的にちょっと足が遠のきがちになる鞍馬口の「フランジパニ」。涼しくなってきたので、また訪れる頻度が増えそうです。とは言え、一旦涼しくなって体が秋モードになっているので、気温が30度以上になると暑い。「アイスカフェオーレ」(500円)で喉を潤しました。たっぶりミルクが入っているけれど、しっかり苦くて美味しいアイスオーレです。さらに涼しくなったら、むぎちゃんを連れて来たいなと思っているのですが、まだもう少し先になりそう。
ところで、先月のことなんですが、某店の前で待ち合わせしていた友人達を待っていたら、「フランジパニ」のオーナーさんの姿が!実はこれまでも偶然お遭いすることが何度もありf0119179_2322338.jpgました。他の店のご店主と街で遭ったことは数えるほどしかないのを思うと、しょっちゅうお遭いする印象。どうやら行きたい場所の志向が似ているみたい。モモ母に限らず、ほかのお客さんともよく会うんだそうです。好みの近い人が好んでやってくるから、「フランジパニ」は居心地が良いのかも知れません。
フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
9月は日・木休
[PR]
by mmcmp | 2013-09-21 23:24 | 京都のカフェ | Comments(0)

三宮に行ったら・・・

f0119179_2392742.jpg木曜は珍しく神戸でお仕事。帰りに三宮ビル南館地下の「ブーランジェリー コムシノワ」でパンを買って帰りました。午後5時を過ぎていたのに、店内にはたくさんの種類が並んでいました。食パンだけでもいくつもあって迷ったけど、チョコ好きなので「パンドミー シトラス ショコラマルブレ」を2分の1(420円)。柑橘系の香りとチョコがマッチして、そのままでもトーストしても美味しい。数日なら冷凍しない方が良いと言われたので、金曜夜にナイフを入れたら、翌日とは思えないしっとり具合でした。
見ただけで上質とわかる「ドゥミバゲット コムシノワ」(158円)もはずせない。コムシノワオリジナルブレンドの粉を使っているそうで、予想通りの美味しさです。はしっこのこんがり具合がたまりません。下の写真の三角は「キーマカレーパン」(241円)なんですが、これは残念ながらモモ母の口には合いませんでした。ちなみにモモ母は東京だと「ビストロ喜楽亭」、京都だと「グランディール」の今は見かけないけど、フランスパン生地りのカレーパンが好きでした。似た好みの方には、ここのカレーパンはおススメしません。写真には写ってないけど、自家製ベシャメルソースとロースハム、ミッf0119179_23494966.jpgクスチーズと全粒粉が複雑な味わいの「クロックムッシュ」(347円)が良かった。この店から独立したと言うN氏の店は駅からちょっと離れてるので、また今度。
★ブーランジェリー コムシノワ
神戸市中央区御幸通
8時~19時 水休
http://www.comme-chinois.com/Boulangerie/index.htm
[PR]
by mmcmp | 2013-09-20 23:50 | 京都・東京以外の店 | Comments(0)

台風の落とし物

f0119179_17364071.jpg朝晩涼しくなって、朝の散歩時間を遅くしても平気になって来ました。今朝は久しぶりに訓練士Nさんに出会ってむぎこは甘えまくっていました。
京都のいたるところに爪痕を残した台風18号ですが、北山付近の加茂川は翌日にはすっかり水かさが減っていました。冠水した北大路橋の下はまだ通行止めになってましたが、あと数日もすれば飛び石が見えてくるんじゃないでしょうか?中州も復活してるけど、なんか様子が違う。流されてきた大量の土砂が堆積していました。でも芝生が青々と茂った河原は普段と変わらず。むぎちゃんは何事もなかったようにピョンピョンはねて楽しげです。ただ、水が押し寄せた北山橋の下には見慣れぬ大きなものが・・・。上の写真は台風が通過した当日のものですが、左上にひょっこりひょうたん島みたいに、水の中から三角のものが出てるのがわかるでしょうか?上流から運ばれてきた流木です。下の写真は今朝、その前で撮ったもの。大雨特別警報が出た時、既に浸水していたという嵐山と違って随分と平和な北山ですが、それでも「これまでf0119179_1823243.jpg経験したことのない」状況だったんだなとオブジェのように橋の下に残された流木を見ながら、実感しています。被災された方々が一日も早く元の生活を取り戻せますように・・・。
※今夜お散歩に行ったら、北大路橋下の通行止めが解除され、飛び石も姿を現してました。
[PR]
by mmcmp | 2013-09-18 18:09 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

大雨特別警報

f0119179_14524940.jpg台風18号の影響で嵐山や福知山は大変なことになってますね。モモ母にも被害を心配するコメントやメールをいただき、有難うございました。うちは大丈夫です。午前5時過ぎに大雨特別警報発令の緊急速報メールが届いて目が覚めると、確かにすごい風雨。でもまぁ寝てるしかないよね、と思っていたら、一度家が揺れました。なるほど、台風で揺れるなんてこれまで経験したことないですね。ほんと、屋根工事しておいて良かったです。
朝の散歩は無理かもと思っていたら、9時頃になると小ぶりになったので、むぎちゃんを連れ出してみると加茂川はものすごい濁流。河原のゴミ箱が倒れ、北山橋の下は水が河原まで押し寄せてました。散歩に出ようとしたら事務所のS君が6時半頃の北山橋付近の様子をメールで送って来て、飛ばされそうになったと書いてたけど、特別警報出てる時に何やってるんだか・・・。それでも北山橋をくぐってきたという柴犬の小太郎君のお母さんから嵐山と伏見が浸水してると聞いてビックリ。通りには小枝や落葉が散乱してるものの、北山界隈は停電などもなく平和でよかった。と思って帰宅したら、普段むぎこがまったりしているカーペットの上に欄間にはめられた障子の桟がひとつ落下してるのに気づきました。こんなでかいのが落ちてきたらさぞかしビf0119179_1455627.jpgビリプリンセスは恐怖のどん底だったと思うけど、明け方様子を見に降りた時は父のベッドの傍にいたから、避難して大丈夫だったのかな?落下の瞬間、どこにいたかはむぎちゃんのみぞ知る。
[PR]
by mmcmp | 2013-09-16 14:55 | こむぎ(むぎこ) | Comments(6)