<   2014年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

むぎちゃんとフランジパニへ

f0119179_18214839.jpg水曜は父が留守の間にちょっと遠出をしようと思っていたけれど、仕事が時間変更になって、日帰りで行くのが厳しくなり断念。代わりに近くで楽しいことをしようと思って、むぎちゃんを「フランジパニ」に連れて行きました。混んでいた前回、前々回も水曜だったし、また満員だったらご迷惑なので、遅めに出発。入口で15歳のダックスのくーちゃんに会い、先に入ると、店内は座敷に1組おられただけ。モモ母とむぎちゃんが階段下の奥まった席に座らせていただきました。
前回バナナジュースを頼んだのが遠い昔の様に寒くなって、この日はホットのカフェオーレ(450円)を。恋しいとまでは行かないかも知れないけれど、とっても飲みやすく、モモ母好みの味。モモ母の珈琲の好みは「フランジパニ」さんが基本になっているところがあるので、当たり前かな。昨年と同じモモのおさがりの洋服を着て、昨年と同じ席に座って同じものを注文したけれど、まだまだお店に慣れてなかった昨年と違って、あれからお外とは言え色んな店に行ったからか、一度来たことがあるのを憶えているのか、とってもリラックス。隣の席に座られたくーちゃんのお母さんに甘えに行っf0119179_18515257.pngて可愛がってもらったり、読書するモモ母のひざにあごを乗せて来たり、お手をしたりと構って構ってアピールをしてました。美味しい珈琲を飲みながら、むぎちゃんをなでなでしていると、大好きなヘレンメリルの「恋に恋して」が流れて来ました。大好きな場所で大好きなものに満たされて、シアワセなひとときでした。
フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
日・木休
[PR]
by mmcmp | 2014-10-30 18:58 | 京都のカフェ | Comments(0)

後世に残したいドリア

f0119179_1518627.png月曜から父がショートステイ。父がいない日の夜は外食か家で節約ごはんにしています。初日は外で。営業している間に出来るだけ行っておきたい東山安井の「やすい亭」に行きました。行く道で、今日はカキフライかオムライスだなと思っていたんですが、カキフライはセットにすると2000円をこえるので、また次回。確かエビマカロニグラタンが美味しいと伺ったので、寒くなって来たし、グラタンも良いなと迷いだしました。
オムライスかグラタンか迷ってグラタンを注文したら、この日はグラタンはやってなくて、「エビドリア」(1480円)になるんだとか。ドリアは最近テレビでも紹介された人気メニューで、おススメとのこと。「中に入ってるのはバターライスですか?」と聞くと、オムライスに入ってるケチャップライスで、鶏肉の代わりにハムを使っているそう。オムライスとグラタンと迷ってたモモ母には、どっちも食べられる感じで寧ろラッキー。300円プラスでサラダをつけて頂きました。丁寧に作られたホワイトソースに注文を受けてから剥くというたまねぎに新鮮さが感じられ、食べごたえも十分。ケチャップライスはどぎつさのない、ホワイトソースとよくマッチする味でしたが、卵だとちょっとインパクトがないかも知れないので、オムライスよりドリアにして正解だったかも。入る時によく見てなかったんですが、表にエビドリアの看板が出てました。どうやらABCの「後世に残したい秘伝の味! レシピ遺産」と言う番f0119179_16163581.png組で紹介された様です。この様子では、まだ暫く営業されるみたいですね。
やすい亭
東山区祇園町南側
561-4041
12時~
20時30分 
水休
[PR]
by mmcmp | 2014-10-29 16:17 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

10月の上賀茂神社の手づくり市2014

f0119179_11581564.jpgもう火曜なのに、今頃日曜の話ですいません。第4日曜に行われる上賀茂神社の手づくり市に行きました。今回は何だかやけに人が多かった! このところずっと干椎茸を探しているんですが、今回も別の店はあったけど、お目当ての店は見当たらず。でもお野菜は色々買いました。
モモ母が行き始めた頃に比べるとアクセサリーを売る店が増えた印象ながら、上賀茂神社の手づくり市は上賀茂という土地柄もあるんでしょう、野菜を売る店が結構あります。しかも作り手さんが直接売るので、安価だったり、オーガニックだったりするのが魅力。この日まず買ったのは、エコファーマーさんの特別栽培野菜の看板が掲げられていたお店の小蕪。化学肥料は一切使ってない上に小蕪と言いつつ、かなり大きくて1個50円。もっと買えば良かったな・・。金時人参等と一緒に炊きました。その金時人参を買った所も無農薬、化学肥料を使っていない、自然に近い旬の野菜を食べて欲しいというポスターを置いておられました。前日198円の金時人参を買おうか迷ったけど、こちらはオーガニックで立派な葉付120円。葉を落としましょうかと聞いて下さったんですが、人参葉だってスーパーで買ったら200円前後します。勿論、つけたままで夜に胡麻和えにしました。かぼちゃは100グラム40円。巷では見かけない様な色の濃さ。試食したら茹でただけで甘みがある。半分欲しいとf0119179_12243151.pngころだけど、父が翌日からショートステイするので、4分の1にカットしてもらって140円でした。有機野菜って体に良いけど高いイメージですが、上の写真に写っている4つの野菜の合計は360円でした。
[PR]
by mmcmp | 2014-10-28 12:29 | 京都でお買い物 | Comments(0)

「凶刃~用心棒日月抄」

f0119179_22391579.jpg藤沢周平の「凶刃」を読みました。終わるのが勿体なくて未読だった「用心棒日月抄」の第四作。手持ちの「みをつくし料理帖」シリーズを読んだら、次は絶対これを読もうと決めていました。第三作「刺客」から16年の歳月が流れた、後日談の様な最終話で、これまでは短編連作で構成されていましたが、これは長編。相変わらず読み応えがあって、緊迫した場面など、ページを追うのもドキドキものでした。同じ時代小説でも魅力的な作品ながら若さゆえの脇の甘さが垣間見える高田郁の後に読むと、藤沢周平の成熟した筆致に心底感服します。
主人公の又八郎は今回も密命を帯びて江戸に赴くものの、若き日の様に脱藩した浪人ではなく、藩士として仕事をしている組織人。再会した口入屋吉蔵や細谷の姿に、気ままな用心棒暮らしをしていた日々がもう二度と戻らない遠い過去となった現実をみせつけられ、彼自身もう若くないことを自覚している。川本三郎の解説は「青春の終わりの確認である」と書いています。それは読むモモ母の周囲の人達の近年の零落や老いとも重なるところがあって、主人公の心情は一層リアル。今の様に数時間で東京に行ける時代と違って、終盤の二度と会うことのない別れが近づく場面の切なさは、胸に迫りました。でも、ちゃんと笑顔になれる結末が用意されていて、読後感は爽やか。ほんとに藤沢周平って良いなぁ・・・。
[PR]
by mmcmp | 2014-10-26 23:28 | カフェ読書 | Comments(0)

イノダの珈琲は美味しいか?

f0119179_2212544.png大丸の大北海道市に出ていた「ふらの牛乳プリン」が充分あるのを確かめた後、一旦1階に下りて「イノダ」に入りました。観光客で賑わう本店と違って、こちらの客層はほぼ地元。しかも年齢層は高め。昔ながらの京都人は百貨店好きで、それを証明する様に、ほぼ満員に近い賑わいでした。ホットの「カフェオーレ」(575円)をお願いして、しばしほっこりしました。
京都のガイドブックには必ずと言っていいほど登場するイノダ。遠方にもファンの多い老舗ですが、一方ではあそこの珈琲は不味いというアンチも意外と多い。某カフェの店主はあまりの不味さに、人からもらった豆を全部捨てたとおっしゃってましたっけ・・・。今はブラックが基本だけど、以前は砂糖とミルクが入った状態で出て来たこともあって、珈琲がまだ一般的でなかった時代だから通用しただけと酷評する友人もいます。モモ母は「ブレンドはさておき、カフェオーレは美味しいと思う」と言って来ました。で、久々に頂いてみると・・・うん、京都のとあるカフェで、よくこんなまずいカフェオーレを出せたもんだねと思った経験がありますが、そういうのと違ってちゃんとした味。でも、確かにあそこの味が恋しいと思うほどのインパクトはないかな。友人が言う様に近年は本当に美味しいと思う珈琲が増えたから、もっと感動するカフェオーレはあると思う。それでもモモ母は大丸のイノダが好きです。ロゴ入りのコップで出されるお水や使い込まれた食器。百貨店に行くことがお出かけだった頃からの空気が今も保たれているのが大丸イノダのf0119179_22493344.png魅力。今回はふらのプリンを買うから食べなかったけど、イノダのプリンも、又食べたいです。
★イノダコーヒ
コーヒーサロン支店
大丸京都店1階
241-7407
10時~20時 
元旦休
http://www.inoda-coffee.co.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2014-10-25 22:55 | 京都のカフェ | Comments(2)

ビビリプリンセスは相変わらず

f0119179_221742.jpgなんだかすっかり2階のベッドがお気に入り場所になっているむぎちゃん。今夜も寒そうなので、こたつ代わりになりそうです。
路地では今日も威勢よく飛び跳ねて元気一杯のむぎこですが、相変わらずのビビリん坊。特に最近は河原に行こうとしても嫌がって帰ろうとしたり、途中で動かなくなって反対方向に全力で逃げようとするので、何かと思ったら彼方に幼稚園児の列が見えたり。犬は近眼と言うけれど、動くものはかなり遠くでもよく見えるんですね。今夜はワンちゃん、ワンちゃんと言って近づいてきた女の子が手を出して撫でようとしたら、思い切り頭を引っ込めて拒否しました。ごめんね・・・。こういうことで犬が嫌いになったら申し訳ないなぁと、むぎこのリアクションに残念な気持ちになったモモ母です。預かりさん宅で、レジ袋をまとめている箱が落ちてきて恐怖のどん底だったというむぎちゃん。うちに来た当初、フライパンに野菜を入れた時のジュ~ッと言う音にも逃げていたのが、ちょっとマシになったかなとは思うんですが、蚊が飛んでるのをパンッ!と叩くと、その音が怖くて、向こうに逃げて行くのは変わらず。いちいち逃げんでええから・・と呆れますが、まぁ、突然傍で手を叩いたらビックリするのも、わからなくはないですね。そろそろ蚊もいなくなる頃。むぎちゃんが隣りの部屋に逃げて行くのもあと少しです。
[PR]
by mmcmp | 2014-10-24 22:52 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

7年経っても・・・

f0119179_22374996.jpg大丸で昨日から「秋の大北海道市」が始まり、ここ最近は買ってなかった「フラノデリス」のふらの牛乳プリン(324円)を買いに行きました。プリンと言えば「ウオレ」が好きなモモ母ですが、ふらの牛乳プリンも同じくらい美味しかったはず。ワケあって、最近プリンを食べる機会が多く、京都で入手できるなら是非と思ったのでした。
確か北海道展でふらのプリンを買った記事を昔書いたなぁと思って調べたら、2007年8月。もう7年も前のことでした。で、読み返してみると、今回書きたかったこととほぼ同じ事が書かれていて、思わず苦笑。北海道展ではいろんな店のプリンを見かけるので、今日もY牧場なる店のミルクプリンを試しに1つ買ってみました。単独で食べたらこちらもそれなりに美味しいのかも知れませんが、食べ比べるとフラノデリスの方が卵味が強くて、バニラビーンズもたっぷりで断然好みです。遅めの時間に行ったので売切れてないか心配してたけど、さすが北海道の物産展の定番だけあってショーケース一杯に並んでました。「スナッフルス」のチーズオムレットは残りわずかでした。チーズオムレットを買いたいのを今回はグッと我慢して、催事場を後にしました。
http://shop.le-nord.com/
[PR]
by mmcmp | 2014-10-23 23:39 | 京都でお買い物 | Comments(0)

流行ってる?

f0119179_21573588.jpg先日、近所の書店に行ったら、エルマガの「京都 こっとうを買いに」と言うムック本が大量に山積みされてました。カフェ本やランチ本はよく見かけますが、骨董本が目立つ位置に並んでたのにちょっとビックリ。最近トレンドにとんと疎いんですが、骨董って流行りなんでしょうか?観光客が新門前辺りを散策するのは昔からあったけど、そういえば街中にアンティークものの店が増えていますね。
モモ母が行くのはムック本に掲載されてる店よりもっとお手頃価格のところ。最近買ったのは「COM」では明治の型押(900円)と大正の印判(400円)の小皿。「婆沙羅」では木の器(100円)と明治の染付小皿(480円)。型押は独特の色に惹かれました。染付は職人によって同じ皿でも印象が違う。下の写真左に写っている小皿は両方共同じ図柄なのに、上は中心のぐるぐるした所に色が塗ってあって、下は塗ってないのが面白い。見ようによっては(無理矢理?)ロイヤルコペンハーゲンを彷彿させるモダンな仕上がりが気に入っています。大きな木の器は店頭に特価品として出ていたもの。似たものが店内には高い値段で売られていて、どうしてこっちは安いのか聞いてみたら、箱がないからとのこと。家用だし、箱は不要。サラダボウルf0119179_2232857.pngにと買い求めました。骨董というと金持ちの贅沢というイメージがありますが、生活骨董はリーズナブルなものでも探せばお値打ちが結構あって楽しめます。これから更に流行るかも?
★Pro Antiques"COM"
http://www.old-mall.com/com/
★婆佐羅
http://www2.ocn.ne.jp/~basara/
[PR]
by mmcmp | 2014-10-20 22:36 | 京都でお買い物 | Comments(0)

日替わりもあったんですね☆

f0119179_2137234.jpgカツサンドが有名な御所南の「はふう」。以前ラジオのうまいもんコーナーでカツサンドを紹介して以来、ずっとお店のご案内を頂いてるんですが、コースがメインで、お値段もそれなりだし、お肉系ばっかりそんなに食べられないし・・と行く機会がないままでした。ところが最近お昼に店を訪れたヒメママさんによると日替わりランチがあって、995円で食べられるとのこと。それなら是非一度、と父のショートステイ中に本店でランチをしました。
この日の本店の日替わりは焼き肉でした。すぐ近くの御所南店もランチをやっていて、同じ値段だし同じメニューなんだと思っていたら、そちらは鶏肉だったそうです。「はふう」と言えばお肉。久々だったこともあって、やっぱり牛肉が食べたいと予定通り本店に。近いので、その日のメニューを比べて、好みの方に入れるのが嬉しいです。味噌汁にサラダ、小鉢、ごはん、漬物に食後の飲み物がついて1000円でおつりが来るのはお得感があります。味がしっかり濃いのでごはんもすっかりなくなり、お腹一杯になりました。カツサンド以外のテイクアウトが充実していて、そちらも興味津々f0119179_228532.pngです。
★肉専科
はふう本店
麩屋町通夷川上る
257-1581
11時30分~
13時30分
17時30分~
21時30分
水休
http://www.hafuu.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2014-10-18 22:11 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

秋? 冬? それとも春?

f0119179_2291892.png何だか急に寒くなりましたね。そのせいかどうかわかりませんが、むぎちゃんが2階に上がることが増えています。夜、寝る時に階段下に衝立をするのを忘れたら、案の定上がって来てベッドの上に。なかなか下りないのでモモ母も横になると、こたつ替わりであったかいもんで、ついそのままうとうと・・・。朝、目が覚めたらまだ傍らにいました。一緒に昼寝したことはあるれど、夜は初めて。人畜共通感染症を研究するM先生はペットと一緒に寝てはいけないと言っておられたから、暖房を入れるくらい寒くなったらやめるつもりではありますが、寒かった一昨日、昨夜と2日にわたって添い寝。でも、モモ母の傍にいたいというより、2階のベッドが気に入った様で、モモ母が1階に下りていても、上にあがったままだったりもします。
で、最近はあんまり河原に行ってないんですが、今朝久し振りに行ってみると、何故かピンクのアカツメクサがたくさん咲いていました。先週も少しf0119179_22284598.jpg見かけたけど、今日はかなりたくさん。もう少し行くとシロツメクサも。そして河原から堤防に上がったら、黄色いタンポポまで。北山橋の西詰にはオレンジの柿の実がたくさんなっていました。う~ん、春と秋と冬が一緒になったみたい。日本の四季もおかしくなってきたんでしょうか? 上の写真は今朝のむぎちゃんとアカツメクサ。下の写真はベッドの上のむぎちゃんです。布団をめくったら、まるまっていました。手前にフサフサ尻尾が写っています。
[PR]
by mmcmp | 2014-10-17 22:31 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)