<   2018年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

☆当ブログはコメント承認制です☆

f0119179_045403.jpg当ブログはコメント承認制です。コメントいただいてから、確認して承認するまでに少々お時間をいただいておりますが、どうぞよろしくお願いします。他のサイトに誘導するアドレスが書かれたもの等、不適切と判断したコメントは承認を控えさせていただいております。ご了承ください。
尚、fc2の「Kyoto Comugi Cafe 」もご愛顧よろしくお願いいたします!!!
      モモ&こむぎ&モモ母
[PR]
by mmcmp | 2018-01-17 00:34 | Comments(17)

新幹線車中の定番

f0119179_2357016.jpg「東京でお買い物」のカテゴリに入れていますが、正確には東京ではないですね。新幹線でどこを走ってる時にワゴンサービスが来たか覚えてないないけど、名古屋より前だったと思う。東京から帰る車内でいつも買っているのが、「オーボンヴュータン」のクッキー「プティ・フール・セック」。京都から東京に向かう時に買うこともあります。京都から西に向かう新幹線でも買えるのかな? 新大阪まではジェイアール東海だから買えるかも。
以前は日本橋高島屋の「オーボンヴュータン」でも販売してたのに、今はこのミニサイズは扱っていなくて、2950円からの缶入りだけになり、気軽に買えなくなってしまいました。車内販売限定のこのサイズも590円に値上がりしてるけど、上質なクッキーが6種類が1つずつ入っていて満足度が高いので、自分用のお土産に買っています。中でも一番好きなのが「コルネ」。角笛みたいな形の生地にプラリネを入れた上にピスタチオが散りばめられていて、このお菓子の為に買っている様なもの。赤スグリを煮詰めたコンフィズリーをあしらったサブレ「ディスク」もちょっと懐かしい味わいが素敵。薄くて長い「プレオール」も軽やかで大好き。6種類それぞれに個性があります。食べるのが勿体なくて、まだ開封していません。
https://www.jr-cp.co.jp/services/wagon?space=1
[PR]
by mmcmp | 2018-01-17 00:25 | 東京でお買い物 | Comments(0)

東京駅での新定番

f0119179_059064.jpgこれまで東京から帰る時は「つばめグリル」の駅弁が定番だったモモ母。昨年6月「あほんだらすけ」を観た時に買った「志乃多寿司」がそれに代わって、新たな定番になりつつあります。natsunoさんのブログで鈴木信太郎のお人形の絵の包装紙が使われていると教えてもらって、昨年6月の包装紙も残してあるんですが、やっぱり心惹かれて今回も買ってしまいました。八重洲の大丸地下で「鈴波」や「テラセゾン」のプリンを買うのと一緒に買いやすいということもあります。
今回は太巻きとしのだのセットにしようかなと迷いつつ、きゅうり巻きが好きなもので、前回と同じ「お新香・しのだ」を。税込972円ということは昨年より値上がりした模様。包装紙目当てだから新幹線の中では食べずに京都まで持ち帰って食べました。谷内六郎の挿絵が昭和を感じさせます。いなり寿司を食べたら、シャキッとした食感のものが入っていて、どうやら蓮根みたい。関東では蓮根がいなり寿司に入ってるのが当たり前なんでしょうか?京都では入ってたf0119179_1501292.jpgことないので、ちょっと不思議な感じがしたけど、蓮根は好きなので、美味しく頂きました。そういえば、関東の人って蓮根のこと「はす」って言いますよね。京都では昔は「おの実」が入ってたもんですが、今は少なくなりました。
★神田志乃多寿司 大丸東京店
東京都千代田区丸の内
10時~21時(土日~20時)
http://www.kanda-shinodasushi.co.jp/frame.htm

[PR]
by mmcmp | 2018-01-16 01:55 | 東京でお買い物 | Comments(0)

CAFE1984初訪問

f0119179_21575184.jpg日曜は起きたら庭に雪が残ってましたが、問題なく女子駅伝が開催されて良かった。東京滞在中、丸の内の「Cafe 1894」を訪れました。オープンは2009年だそうで、その頃にもオススメされて行ったことはあるんですが、満員だったので断念。それからもう10年近く経っての初訪問です。
三菱一号館美術館にあるカフェで、明治時代は銀行の営業室だった場所。この日もお客さんで一杯だったけど、天井が高くて開放感があるのと、席と席が離れているので、ゆっくり過ごすことが出来ました。「ジヴェルニーのガーデンサラダ」はモネが描いた庭園をイメージしたものだとか。昼は高い窓から陽光がさして、さらに美しいそうですが、夜でも華やかで量もたっぷりあって素敵。イチゴもf0119179_2234137.jpg入っていました。ビーフシチューも柔らかいお肉が良い感じ。パン盛り合わせと共に頂きました。カフェの域をこえた料理はさすが東京でも人気の店ですね。美術展とコラボしたメニューが登場することもある様です。デザートも食べてみたかったけど、またの機会に。
★Cafe 1894
東京都千代田区丸の内
03-3212-7156
11時~23時
http://mimt.jp/cafe1894/
[PR]
by mmcmp | 2018-01-14 22:36 | 東京でごはんたべ | Comments(0)

「近松心中物語」

f0119179_18402910.jpg長らく更新出来てなくてスミマセンでした。東京・初台の新国立劇場中劇場で10日から始まった「近松心中物語」を観て来ました。蜷川幸雄の演出で知られる作品をいのうえひでのりの演出、堤真一、宮沢りえの出演で挑む話題作。蜷川演出を観てないから違いはわからないけど、往来を何人もの役者が行き交ったり、大勢を効果的に配置して物語世界を表現したり、とっても「いのうえひでのり」してました。江戸時代の人はそんなに早く歩かないでしょとか、音楽と拍子木のタイミングがずれたよねとか、気になる点もあったけど、それを上回る圧倒的なパワーを感じる舞台で、楽しめました。
堤・りえちゃんの忠兵衛・梅川ペアの様式美としての心中と池田成志、小池栄子の与兵衛・お亀の格好良くない心中の対比が良いですね。忠兵衛と梅川が出会ったと思ったら、もう心中したくなるほど恋仲だったりするけど、りえちゃんの美しさや健気さを観ると納得(でも、太地喜和子の肉感的な梅川も観たかったと思う)だし、美男美女の心中場面は絵になる。でも、実際はそんなに美しくいかないし、与兵衛・お亀の方がリアルで、コミカルさが切ない。池田成志はまさに適役。小池栄子は以前観た地味な女性と打って変わっておきゃんな(死語?)嫁っぷりが可愛い。休憩中、トイレ待ちの後ろにいたお客さんたちが「小池栄子って気がつかなかったけど、うまいね」と話してるのが聞こえてましたが、モモ母は前から気づいてました。彼女は舞台で観たいと思う女優さん。堤真一ファンのモモ母は舞台が彼の力を最も発揮出来る場だと思っていて、今回もそれを強く感じました。エンディングテーマに石川さゆりを使ったり、本当に贅沢な公演でした。
https://www.chikamatsu-stage.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-01-13 19:32 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

サービス満点と思ったら・・・

f0119179_23564981.jpg5日の「DEVILMAN crybaby」のCMに続いて6日には「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」に田中亮一さんが出演との嬉しい情報。「DEVILMAN crybaby」よりこっちが見てみたい。もっと観たいのは舞台ですが・・・。
さて、これまた年末ネタで恐縮ながら、最近「グランディール」がやけにサービス満点。土日に税込540円以上買うと「パン・オ・ルバン」と「角食パン」の半額券を各1枚もらえて、500円ごとに1回スタンプカードに捺印してもらえて12個で300円の金券になり、平日に使える「割れチョコブラウニー」のプレゼントシールをもらえて、いつだったかはサンドイッチ類を買うとラスクを1枚もらえるという気前の良さ。新聞の折込広告にも週替わりの割引券がついてるし。あまりの大盤振る舞いに「もしかして半額券がなくなるのでは?」とヒメママさんが心配したのでお店の人に確認したら、「大丈夫です、続けます」と秋に言われたので安心していたら、昨年末に「大晦日で半額券の配布を終了します」との告知が店内にさりげなく貼られていました。ヒメママさんの予感的中、大晦日にも続けて買いに行き、2月末まで有効の半額券をゲットしました。上の写真は平日にもらった割れチョコブラウニー。しっとり柔らかで濃厚なf0119179_1423412.jpgチョコの味わいがたまりません。「パン・オ・ルバン」のハーフサイズも登場して、買いやすい工夫はされてるとは言え、半額券がなくなったのはショックが大きい。同じ気持ちの常連さんが多いのではと思います。2月から新たにクーポンを始めると書かれていたけど、どんなシステムになるのか気になります。
★グランディール堀川店
紫竹東高輪町
075-493-8077
7時~19時
[PR]
by mmcmp | 2018-01-08 01:43 | 京都でお買い物 | Comments(2)

「春秋の檻~獄医立花登手控え(一)」

f0119179_012952.jpg5日から配信が始まった「DEVILMAN crybaby」のCMが登場、ナレーションを田中亮一さんが担当していて、テンション上がりました。(本編は多分見ないけど・・・) 亮一さんといえば、こんなツイートも。当時の亮一さんの授業、受けてみたかったです。
さて、年に最低一冊は読みたい藤沢周平の時代小説、昨年は「春秋の檻」を読みました。何だか腐女子向けの陵辱小説みたいなタイトルだね、と思ったけど、7つの短編からなる連作はどれも人情味あふれる良質な娯楽作品でした。主人公の立花登は牢獄に勤める青年医師。叔父の様な立派な医者になりたいとの志を抱いて江戸に出てきたのに、叔父はどうもやる気が感じられないし、居候先の年下の娘に呼び捨てにされたり、こき使われたり、正義感が強い主人公タイプながら、いまいち颯爽としてないところが良いですね。大好きな「用心棒日月抄」と共通する設定もあって、細谷の様な存在が柔道仲間の新谷弥助。今後もこのシリーズに出てくるんでしょうね。立花が獄中で出会った囚人たちの人間模様にジーンとしたり、7作目「牢破り」で叔父の娘のおちえが誘拐されてハラハラしたりで楽しめました。藤沢氏が江戸時代の医学史や経済関係の資料をとても深く読み込んでいるという佐藤雅美の解説も興味深い。シリーズ2作目も楽しみです。
[PR]
by mmcmp | 2018-01-06 00:26 | カフェ読書 | Comments(0)

今年のマロッキーノ

f0119179_2331921.jpg三が日もあっという間に終わり、大量に作ったいもぼうや栗きんとんも完食。年末の買い物に出かけた出町で小芋を買った後、「ライトアップコーヒー」に寄りました。寒い時期限定の「マロッキーノ」(550円)がこの冬も始まっていて、今年はダリKのチョコを使っているとのこと。店に入るまでは普通にラテを頼もうと思っていたけど、進化したマロッキーノを飲んでみたくなりました。
運ばれてきたのを見ると、見た目が昨年と全然違う。チョコが細かくなって全体に散りばめられています。中にも溶かしたものが入っていて、チョコとエスプレッソがうまく混じって、ラテとココアの中間の様な味。ビジュアル的には全体に粉がかかってるのより、クリーミーなラテに削ったチョコがトッピングされてる昨年の方が可愛いと思いますが、味を重視した今季のバージョンもなかなか良い感f0119179_034540.jpgじ。ところでライトアップコーヒーさんって吉祥寺だけでなく、下北沢店も出来たんですね。下北沢と言いつつ、お店は世田谷代田駅前。「らくだ屋」の近くだと思ったら、らくだ屋は閉店している模様。新しい店も増えてるみたいだし、今度シモキタに行ったら、世田谷代田辺りも散策せねば。
★LIGHTUP COFFEE KYOTO
上京区青龍町
075-744-6195
8時~19時
http://lightupcoffee.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-01-04 23:56 | 京都のカフェ | Comments(0)

出町とヘルプと寝正月

f0119179_16121311.jpg今年のお正月用品は主に一乗寺のヘルプで買いました。長年棒だらを買っていた新大宮の魚屋さんが一昨年閉店して今はパンケーキの「 gram 」になったので、昨年は錦で購入。今年は初めてヘルプで買ってみましたが、なかなか良い感じ。今後はヘルプで買うことにしたいと思います。小餅もヘルプで。500グラム800円は高いなといつも思うけど、化学肥料不使用、残留農薬一切なしの近江羽二重餅米を使っているので、安心の美味しさ。予約すると780円になるんですね、来年は予約しようかな。いもぼうに入れる小芋は出町商店街で。いつも出町で買ってた昆布はヘルプで既に買っていたので、レタスやきゅうりなどの野菜を調達しました。
三が日は寝正月。例年通り格付けチェックやウイーンフィルのニューイヤーコンサートを見たほか、ユーミン&玉三郎のスイッチインタビューや玉三郎の「越路吹雪に魅せられて」を視聴。玉三郎が越路吹雪やグレタ・ガルボが好きでユーミンがマレーネ・ディートリッヒやフランスのレジスタンス運動頃の芸術家が好きというのが興味深かった。越路吹雪の歌って子供の頃は全く良さがわからなかったけど、大人になってみると、岩谷時子の日本語訳が秀逸なんですよね。「愛の讃歌」の歌詞は一日で出来たって。さっきはチャンf0119179_16464728.jpgネル回したら「ポプラの秋」をやってました。おばあさん役を原泉で見てみたかったなぁ。原泉は野球選手じゃなくて中野重治の妻だった女優さん。今年はシャンソンや戦前の映画に親しんでみようかな?
[PR]
by mmcmp | 2018-01-03 16:51 | 京都でお買い物 | Comments(0)

謹賀新年2018

f0119179_22191778.jpg新しい年を迎えました。今年は戌年。むぎちゃんと一緒の時間を大切に、相変わらずビビリんぼうでなかなか遠出をしたがらないけど、おでかけの機会が増えます様に。
写真は両千家お家元の近くにある茶道具の店に並んでいた犬の香炉です。茶道具屋さんの前を通る度に目の保養をさせて頂いていますが、新しい年も数多くの良いものに触れられたら良いなと思います。今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by mmcmp | 2018-01-01 22:42 | Comments(0)