紅葉2017

f0119179_17465951.jpg逮捕状が発行されながら総理のお友達だから警察幹部が逮捕状を握りつぶした詩織さん事件。漸く超党派の議連のヒアリングが行われたり、福島議員柚木議員が追求し始めた様ですが、報道は相変わらず相撲ネタ。さすがに多くの人は怪しさに気づいてますよね?
さて、あっという間に師走になりました。有名社寺の紅葉は盛りを過ぎた様ですが、観光客が滅多に訪れないマイナーなお寺が地味にライトアップしていたり、近所の住宅街の塀から赤や黄色の鮮やかな木々が顔を出していて、ここにこんな楓があったのか・・・などと見とれることもしばしば。とは言え、有名どころでは上賀茂神社、真如堂、大徳寺の紅葉を撮影に行きましたが、今年は全体としてはそれなりの鮮やかさはあるものの、よく見ると葉が汚れていたりして、それほど色づき具合が綺麗な年ではない様に思います。10f0119179_1814445.jpg年以上前の息を呑む様な美しさに見とれた、あの年は凄かった・・・とここ数年いつも思うんですが、それは頭の中で勝手にそう思ってるだけかも知れません。今年もあともう少し、紅葉を楽しみたいと思います。
[PR]
# by mmcmp | 2017-12-02 18:20 | 雑感 | Comments(0)

あ、英勲の酒粕だ!

f0119179_2284686.jpg久しぶりのミサイル発射ですが、宇宙空間を越えて日本から2000キロ離れた所に落下した時はJアラートが鳴って、日本から250キロの所に落ちても鳴らさないんだって、不思議。250キロって結構近いと思うけど。まぁ安倍アラートでわかるけどね。
さて、「京都府農林水産フェスティバル2017」で塩ぽん酢を買った後、軽く1周りしている時に、ふと見ると「英勲」の文字。もしかして酒粕があるかも・・・と思って行ってみると、ありました。しかもサイトでしか見たことがない銀紙で包装された純米大吟醸酒粕( 600円)。春に「津之喜」さんで買ったものがまだあるけど、こんな機会は滅多にないから、一つ買うことにしました。春のものも見た目におかしな所がなければ、まだ使えるし、新たに買ったものは冷f0119179_22413017.jpg凍保存すればもっと日持ちするとのことで、帰宅後すぐに冷凍庫に入れました。暑い時期は作る気にならなかった粕汁を、古い方の酒粕を使って数ヶ月ぶりに作りました。さすがに香りは失われていたけど、粕汁好きだから、あっという間になくなりました。冷凍した新たなものの香りはどうかな~、今から楽しみです。
★英勲
http://moromine.shop-pro.jp/
[PR]
# by mmcmp | 2017-11-29 22:46 | 京都でお買い物 | Comments(0)

パルスプラザまで

f0119179_222532.jpg今日も日馬富士の暴行事件が報道されたけど、星のまわし合いに応じない部屋の力士に焼きを入れたという八百長体質にはマスコミは触れないんですよね・・。
さて、大丸の催事で購入してハマった難波醤油醸造の塩ぽん酢。そろそろ残り僅かになって来たので、11月25日と26日にパルスプラザに出店すると聞いていたから、買いに行くことにしました。以前は竹田駅から無料のシャトルバスが出ていたのに今はなくなった様で、市バスでパルスプラザへ。両日のイベントは「京都府農林水産フェスティバル2017」。亀岡牛コロッケや京都かめよしをはじめ産地直送の野菜、生花、木製品などが多数出店していて、大勢の人で賑わっていました。客層はかなり高めです。お目当ての「ひしほの匠庵 難波醤油醸造」の場所を入口でチェックして、まずは塩ぽん酢をゲット。遠くまで出かけて売り切れだと残念なので、前日電話で予約して2本取り置きしてもらっていました。まろやかな味の塩ぽん酢にオリーブオイルを数滴落として、コショウを加えたドレッシングがお気に入り。家に帰って早速生野菜にかけて頂きました。これからの季節は鳥の水だきなどに使ってもさっぱりしてf0119179_2250436.jpg美味しそうです。2本買ったから当分あるし、なくなったら、店に連絡してお取り寄せも出来る様なので、安心です。
★ひしほの匠庵 難波醤油醸造
亀岡市突抜町
0771-22-0204
9時~18時
http://www.wanogakkou.com/0jyusyoroku/020/020_00090.html
[PR]
# by mmcmp | 2017-11-28 22:54 | 京都でお買い物 | Comments(0)

「つゆのあとさき」

f0119179_23442558.jpg季節外れなタイトルですが、永井荷風の「つゆのあとさき」を読みました。谷崎が絶賛した作品なので、谷崎で卒論を書いたモモ母としては学生時代に読んでおくべき作品なんですが、読んだのはこれが初めてです。
銀座のカフェーで女給として働く君江やパトロンの作家清岡や妻の鶴子、君江を取り巻く男性たちを通して1930年代の東京の風俗を描いたもの。ドンフワン、アルプスといったいかにもそれらしいカフェーの名前や茶の間にあった「到来物の羊羹」、入梅の空に「仁丹の広告」など、何気ない言葉が、今、読むと新鮮。到来物なんて言い方、久々に読んだ気がする。「急がないでもよう御座います」ってのも、いかにも東京人。下北沢のマンションの大家さんがこんな物言いしてたっけ・・と本編と関係ないところに反応しながら読んでいました。君江に嫌がらせをする清岡は今でいうストーカーみたいだったり、華やかさの裏に刹那的な欲望があったりで、「つゆのあとさき」という爽やかさなタイトルとは印象が違うと思ったら、当初は「夏の草」という仮題をつけていたそうです。この文庫本は父のもので、家には父の蔵書が山の様にあるけど、とても読みきれないし、荷風の作品を学生時代に読んでいた友人達とも読書量に雲泥の差がある訳で、今からどのくらいの本が読めるんだろうか、本だけでなく観た映画も読んだ漫画も圧倒的に少ない自分のキャパの少なさを思い知るこの頃です。読書と学力の関係について、「読書をしたから学力が高くなったのではなく、学力が高い子が本を読んでいるという可能性がある」と中室牧子さんが初耳学で解説してたのに、なるほど・・と目からウロコだったんですが、あの言葉に妙に納得する今日この頃です。
[PR]
# by mmcmp | 2017-11-27 00:36 | カフェ読書 | Comments(0)

一緒なら平気

f0119179_23261882.jpgGoogleがAndroid搭載スマホの位置情報を収集してたって。まあそうだろうなとは思うけど、位置情報サービスがオフの時も収集ってのが怖いですね。さて、「勤労感謝の日」にヒメちゃんと一緒に「リブラ」さんに行ったむぎちゃん。車内でもハイテンションだったど、車から降りると8歳とは思えない跳躍力で坂を跳ね上がり、お店の階段を軽やかに上がってテラス席へ。植木鉢を倒すといけないので向こうへ避けると、下にたまった水を飲もうとしたりしてました。
その後、真如堂近くのヒメちゃんちにむぎこもお邪魔させてもらいました。紅葉見物で賑わう真如堂付近では人の多さにビビって、尻尾が下がりまくっていたむぎちゃんだけど、ヒメちゃん宅では初めて来た所なのに、ゴロンしてお腹見せたり、いつもヒメママさんがヒメちゃんと使っている毛布に乗ったり、予想以上のリラックスぶり。やっぱりあちこちにヒメちゃんのニオイがするから居心地が良いんでしょうね。モモ母が30分程、不在にさせてもらってる間もf0119179_0333897.jpgお利口にしていた様です。それでもモモ母が帰ってきて安心したのか、途端に水を飲み始めました。更にヒメママさんが試しに出してくれた缶詰にも食べたのにはビックリ。傍でヒメちゃんが美味しそうに食べていたから、自分も食べたいと思ったんでしょうね。モモ母が東京に行く時は家で留守番したり、事務所で預かってもらってるけど、案外、ヒメちゃんと一緒に過ごす方がリラックスするのかも。はぴねすの預かりさん宅でもピケ王子リンさんとかニコラくんと暮らしてたもんね。
[PR]
# by mmcmp | 2017-11-25 00:42 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

秋の絶景を楽しむ

f0119179_23241775.jpgニュースで指定席を導入する通勤電車が増える話題をやってました。座って行きたい人の支持を集めそうですが、要は旧国鉄の一等車が復活する様なもの。皆が満員電車に乗る時代から、貧乏人は立って行けという時代になるという話。
さて、岩倉の「カフェリブラ」が年内で閉店と知って、今月は2回訪れました。お店の人によると12月24日で今の経営者は営業を終えるけど、後継者がみつかったので、改装などで暫く休んだ後、再開予定だそうで、安心しました。2度目の訪問となった勤労感謝の日は犬連れでテラス席へ。眺めの良さは相変わらずで、今月初めより紅葉が進み、鳥のさえずり、雲の流れ、風ではらはらと舞い散る落葉と自然を満喫。途中、通り雨もありましたが、すぐに日が差して濡れたf0119179_23551350.jpg木々が輝きを増しました。温かいカフェオレ(510円)を頼んで、ほっこり、街中の混雑とは無縁の祝日です。久々の遠出でむぎちゃんもはしゃいでました。営業を再開を楽しみにしています。
cafeリブラ
上賀茂本山
200-8438
9時30分~17時30分(冬季は日没17時頃まで) 
月~木休
http://libura.web.fc2.com/cafelibra.html
※12月24日で一時閉店
[PR]
# by mmcmp | 2017-11-23 23:58 | 京都のカフェ | Comments(0)

普通が良いね☆彡

f0119179_1915323.jpg近畿財務局が森友の黒塗り文書を全面開示する決定をしたそうですね。早く開示して頂きたいと思います。
さて、「カフェマーブル智恵光院店」の帰りなどに前を通って気になっていた「空まめ」に始めて入ってみました。素朴なお惣菜の店で、出来てもう9年になるそうです。この日のお昼の定食(880円)は「さんまの一夜干し」でした。ほかに好きなお惣菜を5種選べるお惣菜ランチ(880円)もありました。
お昼の定食は好きなお惣菜を2種選びます。トマト肉じゃがやマカロニサラダ、セロリと魚の南蛮漬などの中から「ずいきとあげのくずひき」と「マーボー豆腐」にしました。これにごはん、味噌汁、おつけものが付きます。ごはんは大盛りも出来る様でしたが、普通で十分。美味しい一夜干しで、なかなか良い感じでした。と言っても、特に印象に残るほどではないから、わざわざ行くほどの店ではないですね。やっぱり「かね忠」は素晴らしかったと改めて思い出してしまいました。でも、この普通さが貴重だなと思います。「ヒトテマ」みたいなオシャレな感じじゃなくて、街角の普通の定食屋f0119179_21182.jpgながら、お惣菜が豊富なので、飽きない感じ。近くにあったら通いそうです。
★空まめ
上京区今出川智恵光院下る西側
075-441-3673
テイクアウト11時30分~20時
ランチ12時~14時
ディナー17時~20時(要予約)
[PR]
# by mmcmp | 2017-11-22 21:02 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

確かに良い店☆彡

f0119179_23301158.jpgテレビは日馬富士のことばかり連日報道、新聞はといえば加計学園が学生募集の全面広告を読売に出したとか。1000万円程の広告料は前川さんの出会い系バー記事のご褒美と指摘する人も。
さて、初訪問がとても好印象だった「ヱントツコーヒー舎」を再訪しました。注文したのはメニューで目についた「マンデリン リントン ラスナ」(680円)。マンデリンの原種だそうで、普及しているマンデリンはここからどんどんハイブリッド化したものだそうです。深煎り好きのモモ母ですが、冷めると嫌な苦味を感じることもあります。でもこれは最後まで美味しく頂きました。ここの珈琲、かなり好みです。持ってきて下さった時にご店主が「いつも有難うございます」と一言。前回は最初に色々な豆の説明がありましたが、ちゃんと初めてのお客さんかリピーターか憶えておられるんですね。珈琲も接客も「質の良さ」を感じます。鳥の声が混じったBGMも良い感じ。人気な理由がよく分かります。北野天満宮のライトアップを見に来たという他府f0119179_23573049.jpg県の方など、やっぱり今回もお客さんが一杯だったけど、夜7時を過ぎると2組だけになった為、店内写真を撮らせて頂きました。よく考えたら、まだブレンドを頂いてないので、次はブレンドを。
★まぼろし小路東入ル
ヱントツコーヒー舎
上京区佐竹町
075-464-5323
12時~20時
水・木休
http://entotsukohisha.favy.jp/
[PR]
# by mmcmp | 2017-11-18 23:59 | 京都のカフェ | Comments(0)

ミルクも重要

f0119179_2245538.jpg文科省が加計学園を正式に認可。審査委員は「忸怩たる思い」と審査会の忖度を暴露。そもそも石破4条件を満たさないのは閣議決定違反のはず。前川さんの実家の前川製作所に官邸が嫌がらせしてるなんて噂まであるし、何が何でも感満載です。
さて、通称ラテアートの店を訪れました。ブラジルモンテアレグレを使ったカフェラテ(540円)を頂きました。作業を見たいと言ったら、ミルクを最初から挿れ直して下さったのですが、とても鮮やか。見た目もキレイだし、美味しいです。某店で見た目はキレイだけどミルクの味が好みでなかったと話すと、実はミルク選びはとても難しいのだとか。見た目が美しく決まるミルクと味の良いミルクは別だし、泡の多いフォームミルクか、しっとり感のあるスチームかでも印象は違う、器を持った手に伝わる温もりから判断して仕上げていくそう。オーナーさんの神業を見ながら、もっとうまくなりたいと研鑽を積んでるそうです。奥が深いですね。そうそう、「シアターコーヒー」を教えてくれた名前も知らない通称C君に美味しかったと伝えてもらおうと思ったら、名古屋? に就職しちゃったとか。ラテアートの店にはもう来ないのかな? f0119179_23245219.jpgC君、シアターコーヒー美味しかったです、お仕事頑張って下さい!
★Latteart Junkies Roastingshop
紫野宮西町
075-200-3355
10時~18時 
水休
http://junkies-cafe.com/
[PR]
# by mmcmp | 2017-11-14 23:28 | 京都のカフェ | Comments(0)

わかった気がする★

f0119179_21245926.jpg政府が座間の事件を受けてツイッターの規制を検討とか。ホントにそんな動きになったら言論の自由は、いよいよ風前の灯。そんな中、渡辺弁護士のナイスなコメントに「禿同」いたします。
さて、「ルビノ堀川」裏にあったブックカフェ「ことばのはおと」が、8月「西陣ふじ義」さんの近くに移転。どんな様子か行ってみたら新しい店も相変わらず満員で入店制限されてたけど、雨の日に立ち寄ってみると意外と空いていたので、一番奥のカウンターで「柚子ソーダ」(540円)を頂きました。すぐ傍には石油ストーブ、その上には土鍋が乗ってました。目の前に並ぶ本の中にエルマーのシリーズがあったのが懐かしい。かつての「ペンネンネネム」を彷彿とさせます。前はさほど良いとも思わなかったのに、雑誌などに頻繁に紹介されて行列が出来ることもある人気店。にゃんこバフェがインスタ映えするからなんだろうなと思ってましたが、トイレが縁側の向こうにあることを聞いた女の子が「わ~」と言うのを聞いて、ああ、そういうのが新鮮なんだなと気づきました。石油ストーブといい、トイレの配置といい「ハイファイカフェ」と共通する点もあるものの、ハイフf0119179_22105432.jpgァイさんとは明らかに客層が違う。勿論、読書を楽しむ一人客はどっちもいますが、主流は若い女の子のペアやカップル、そして外国人です。確かに彼らにはこういう店が物珍しくて魅力的でしょう。人気の理由がわかった気がします。前の店より近くなったので、人が少なそうな日にはカフェ読書に行きたいと思います。
★ことばのはおと
上京区天神北町
075-414-2050
11時30分~19時 月・火休
http://www.kotobanohaoto.net/contents/
[PR]
# by mmcmp | 2017-11-12 22:16 | 京都のカフェ | Comments(0)