冬の間に食べてみたい!

f0119179_23423197.jpgいずれ必ず有名店になるとモモ母が断言した松井山手駅前の「パティスリー・ナチュール・シロモト」。先日は生ケーキの写真を載せたのですが、パンやタルト、焼き菓子などもある多彩な品揃えで、どれを選ぼうか目移りしてしまいます。
今日の写真は、ベリーのタルトとアップルパイ。このアップルパイ、事務所のS君におすそ分けしたので、モモ母は食べなかったのですが、「リンゴがたくさん入ってて、美味しかったわぁ~」と報告してくれました。確かにはみ出そうなくらいたっぷりのリンゴで、見るからに美味しそうでした。次はf0119179_035695.jpg絶対食べてみたいと思うけど、今度松井山手方面に行くのは、2月末か3月初めになりそう。アップルパイの販売は秋冬限定らしく、入手できるか、ちょっと微妙です。
★パティスリーナチュールシロモト
京田辺市山手東
tel 0774-65-2635
10時~19時30分 火休
http://www.n-shiromoto.com/
[PR]
# by mmcmp | 2007-01-24 00:19 | 京都でお買い物 | Comments(2)

川沿いの陶工房カフェ

f0119179_23445294.jpg予期せぬ雨にコンビニで傘を買うはめになったけど、久々に大きな虹を見ました。天気雨も悪くないですね。上賀茂神社近くの御薗橋から賀茂川の左岸を少し下がったところにある陶工房「賀茂窯」で、ちょっと休憩。こちらは奥が陶芸教室、手前がカフェになっていて、カフェエリアにもたくさんの作品が並べられています。使われている器はもちろん、こちらで作られたオリジナル。白を基調にした店内は、河原に面していることもあって、時雨模様の今日も、まるで日が差したように明るい印象でした。f0119179_2345735.jpg
看板犬のジンベイ君も、お気に入りの場所でのんびりしています。これまで何度か行きましたが、どちらかと言うと一人でカフェ読書というよりは、談笑向きかも知れません。仲の良い友人と散策の合間に立ち寄りたいカフェです。
★陶工房 賀茂窯
上賀茂御薗口町
tel 075-723-0554
10時~18時 水休
http://www.kamogama.com/
[PR]
# by mmcmp | 2007-01-23 00:19 | 京都のカフェ | Comments(0)

なぎちゃん☆

f0119179_0245963.jpg昨日のモモの遊び相手は、生後4ヶ月のゴールデンのショーンちゃん。多分、最年少のお相手です。とほほ・・・。そんな近所のワンたちの写真が撮れたら、「よその犬」シリーズをやろうと思ってたのですが、先ごろ届いた猫の写真がとっても可愛かったので、先に「よその猫」シリーズを始めることにしました。
トップバッターは、福岡在住のなぎちゃん。お母さんのベッドが大好きな7歳のメス猫です。彼女はとってもフォトジェニック。写真を撮るときは、必ずカメラ目線なのだとか。モデルさんみたいな表情に、モモ母まいってしまいました☆「なぎちゃん」というのは通称で、本名は「くさなぎ」。ほかに「なかい君」「しんご君」という姉妹もいます。ちなみに、「キムタク」と「ごろうちゃん」は、かなり前に家出したそうです。なかい君としんご君にも、いつか登場してもらおうと思っています。
[PR]
# by mmcmp | 2007-01-22 00:40 | よその猫 | Comments(2)

移転後も通ってマス

f0119179_0435659.jpg事務所のS君は粉もん好き。近くにあった「季りん」によく行っていました。上堀川に移転して事務所からはちょっと遠くなったけど、相変わらず出かけています。ここは鉄板焼きと韓国料理の店。でも我々の認識は、どっちかって言うと「お好み焼き屋さん」なんです。
今夜食べたスジコンのお好み焼きや豚肉入り塩焼きそばのほか、九条ネギのチヂミも大好きでよくオーダーします。塩焼きそばはガーリック風味が基本ですが、モモ母は焼きそばはガーリック抜きで食べたいので、いつも塩だけでお願いしています。そういうわがままにも、ちゃんと対応してくださるのが嬉しい。f0119179_0442989.jpg
昨年秋、某グルメライターさんが絶賛していたすじネギ焼きで有名なKに行ったのですが、S君もモモ母も首をかしげて出てきました。確かに昔は美味しかったはずなのに、味が落ちたのか、よそにもっと美味しい店が増えたからか??Kからの帰り道の二人の感想は、「やっぱり『季りん』は美味しいなぁ・・」でした。
★季りん
紫竹下本町
tel 075-492-3570
17時~1時 火休(祝日の場合は翌日)
[PR]
# by mmcmp | 2007-01-21 01:04 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

クセになります★

f0119179_056572.jpgにら饅頭がラジオのうまいもん第一位に輝いた「富三油」さん。ほかにも美味しいものがたくさんあります。中でも「豚肉れんこん炒め」は、味噌を使っているような見た目ですが、醤油ベース、でもしっかり中華の味。蓮根って今まで意識したことがなかったけど、シャキシャキ歯ごたえが良くて、これにハマってからは筑前煮やきんぴられんこんなど、和風でも蓮根を使ったものをよく食べるようになりました。でも、やっぱり「富三油」さんのが恋しくなるのです。豚肉も柔らかくて、しっかり味がついています。
豚肉といえば、先日うかがった時にちょうど角煮ができたて。柔らかアツア
f0119179_103237.jpgツの角煮に、モモ母は舌がとろけそうでした。角煮包(バーガー風の角煮まん)をお正月に伏見稲荷で売ったそうですが、なんと3000個売れたとか。昨年買った人がまた食べたくなったみたい。やっぱり「富三油」はクセになります。
★富三油
西ノ京池ノ内町
tel 075-812-4058
9時30分~21時頃 日休
[PR]
# by mmcmp | 2007-01-20 01:14 | 京都でお買い物 | Comments(0)

実は二度目です・・・

f0119179_2338331.jpgモモは今日も、1歳半のボーダーコリーちゃんに遊んでもらって大はしゃぎ。例によって飼い主さんから「まだ赤ちゃんですか?」と言われました。
気になるものは、何でも行って確かめたいモモ。首輪が抜けたのは、昨秋が初めてではありません。2歳頃にしていた2代目の赤い首輪は、一番きつく締めてもまだ大きい。でもワンサイズ下だと小さく、そのうちもっと首が太くなるかもと思ってつけてたら、郵便局の前で気になるものを追いかけようとした拍子に抜けてしまいました。広い通りだったので、車に轢かれたり、迷子になっては大変と必死で捕獲。見ていた人が「あらあら大丈夫」と言ってカバンを渡してくださり、通帳や財布の入ったカバンを置いて行ったことに気づきました。気が動転していたとは言え、なんてバカなことをと落ち込み、合わない首輪を放置したこともあって深く反省しながら帰ったのでした。でも、モモ母はお金よりも何よりも、モモを失うことを恐れたんですね。石原都知事的に言うなら「余犬をもって代え難い」。これは、犬は勿論、ペットと暮らす多くの人が、実感することだと思います。
[PR]
# by mmcmp | 2007-01-19 00:24 | モモ | Comments(2)

経験者に学ぶ

f0119179_10010.jpg17日で阪神大震災から12年、母が亡くなって11年でした。写真は大谷祖廟の門に施された彫物です。
モモ母が担当するラジオ番組に、先日、震災の語り部をされている80歳の女性に出ていただきました。アンケートを取ると災害に備えて懐中電灯やラジオを枕元に置いて寝る人が多かったのですが、語り部の女性は、ただ置くのではなく、安全ピンで留めているとか。重さ数キロのテレビが飛ぶような激しい揺れだと、軽いものは簡単にどこかへ飛ばされ、辺りが真っ暗では探しようがないからです。頭で考えてるのと、実際に体験した人の差を痛感しました。うちはベッドの下の引き出しに非常持ち出し袋を入れています。これなら飛びはしないと思うのですが、ものが散乱すると、引き出しが開かない可能性があります。おまけに袋の中には使い方のわからない防災グッズもあって、実際どこまで役立つか疑問です。語り部が常備しろと言った水は用意しましたが、笛は捨ててしまったので、早急に買わないと。想像力の乏しい者は、経験者から学ぶしかありません。
[PR]
# by mmcmp | 2007-01-18 01:47 | 雑感 | Comments(5)

やっぱり好きです☆フランジパニ

f0119179_23481898.jpg今年初めて「フランジパニ」に行きました。外はあいにく雨が降り出しましたが、お店の中は相変わらず穏やかな空気に包まれていて、心地良い時間を過ごしました。流れる曲は耳障りの良いインストだったり、ジャズだったり、日本家屋にトロピカルな植物が置かれていたりと、いろんなテイストのものが、実にうまく調和していて、行くたびにどんどん好きになっていきます。どうやら今年もまた、頻繁に通ってしまいそうです。
今日はいつものカフェオレに、初めて杏仁豆腐をオーダーしてみたのです
f0119179_23485495.jpgが、とっても口当たりが良くて、すぐになくなってしまいました。ちなみにコーヒーは「カフェ・ド・ガウディ」の豆を使っているそうです。
★フランジパニ
室町通鞍馬口下る
tel 075-411-2245
10時~19時 日休
[PR]
# by mmcmp | 2007-01-17 00:16 | 京都のカフェ | Comments(2)

こんな店があったとは・・・

f0119179_0046100.jpg「動物の演劇」を観た帰りに、「片山文三郎商店」に行ってみました。京都の呉服屋さんらしいお店に入ってビックリ!無数のツノが突き出た唄絞りという技法のスカーフやクッションに一目で魅了されてしまいました。老舗が現代風の商品を手掛けることは珍しくないのですが、なんかちょっとね・・・というのも正直少なくありません。でも、こちらの絞り染めは伝統と新しさが見事に融合、MoMAでも紹介されたそうですが、いかにもニューヨーカー好みです。
衝動買いしたネックレス、モモ母の拙い写真では、深みのある色が伝わら
f0119179_043578.jpgないのが残念です。それにしても、今までよく通っていた場所なのに、その存在を知らなかったなんて、オドロキと同時に京都人として恥ずかしい思いがしました。
★片山文三郎商店
蛸薬師通り烏丸西入る
tel 075-221-2666
10時~18時30分 (土日11時~17時)
http://www.joho-kyoto.or.jp/~shibori/
[PR]
# by mmcmp | 2007-01-16 00:40 | 京都でお買い物 | Comments(2)

「動物の演劇」

f0119179_23503365.jpg2007年最初の観劇は、京都芸術センターフリースペースで行なわれた「動物の演劇」。作曲家の野村誠が、動物と向き合いながら即興で作り上げた「ズーラシアの音楽」に、ダンサー・振付家の山下残が、構成、振付、演出をした作品です。大好きな「山海塾」のダンサーである岩下徹が出ているというだけで、詳しく知らないまま出かけたのですが、思った以上に楽しめました。
山下残の「即興を作る」という試みは、上演に至る過程に意味があるのだろうけれど、その結果として披露されるパフォーマンスは、鍛えられた肉体の時に美しく、時に奇妙な動きを見ているだけで面白い。最初は岩下徹と若手のキャリアが違いすぎるので、ギャップが気になりはしないかと思ったけれど、対等に関わり、作品を作り上げていたのが見事でした。特に女性二人が予想以上の熱演。コミュニケーションとしての即興ダンスの可能性を探る岩下氏らしいステージでした。2月、3月にも彼のステージがあるようで、今から楽しみです。
[PR]
# by mmcmp | 2007-01-15 00:28 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)