美術館でブランチ

f0119179_23422696.jpg東京3日目は六本木の国立新美術館に行くことにしていたので、美術館の中のカフェでブランチをと思ったら、お目当ての2階は既に順番待ち状態。3階は高そうだし、1階のカフェテリア形式の「カフェ・コキーユ」へ。ロビー席に結構人が多かったのと、レジ待ちの間に見たテラスの様子が良さそうだったたので、外のテラス席に座ることにしました。緑を眺めながらのブランチは清々しくて気持ちよい。テラスにして正解でした。木々の向こうに六本木ヒルズの森タワーが見えるあたりが、いかにも東京らしい風景ではあります。
タンドリーチキンのサンド650円は高いと思ったけど、ものすごくボリュームがあって、おなかが一杯になりました。これなら、この値段も仕方f0119179_034269.jpgない。で、よく見たら、「グルメ」のサンドイッチでした。作ってるのは東京の工場ですが、「グルメ」といえば大阪のサンドイッチレストラン。こんなところで出会うとは、ちょっと意外でした。その後、見た「大回顧展モネ」は、平日なのになんで?と思うくらい人が一杯でした。
★カフェコキーユ
東京都港区 国立新美術館1階
03-5770-8164
10時~18時(金~20時)
火休
http://www.nact.jp/index.html
[PR]
# by mmcmp | 2007-04-26 00:16 | 東京のカフェ | Comments(0)

学生街の絶品中華!

f0119179_07264.jpg今日はとっておきの京都ネタを。本当はもっと早く登場させいと思いながら、なかなか行く機会がなかった百万遍の「華祥」さんに、久々にお邪魔しました。
持ち帰り中華の雄が「富三油」なら、イートインの雄は断然「華祥」です。カウンターとテーブル2席ほどの一見、学生街の小さな中華料理屋さんですが、出てくる料理は本格派! それもそのはず、ご主人の田口シェフは東京の高級中華料理店「華都飯店」で総料理長を務めた経歴の持ち主。モモ母は、すご腕なのに、決して偉ぶらないご主人の人柄が、大好きです。奥様もやさしくて良い感じ。気持ちよく美味しいお料理がいただける素敵なお店です。
「あんかけ焼きそば」は、太めの麺に海老やイカが入ったあんがたっぷりかかった、モモ母大のお気に入り。後ろに見えるのは、あまりの美味しさにf0119179_0315136.jpg無理矢理テイクアウトをお願いしたこともある「水餃子(ごまダレ)」。共にめちゃくちゃクセになる味です!
★華祥
左京区田中門前町
075-723-5185
11時~14時30分
17時~24時(日~22時)
10日、20日、30日休
[PR]
# by mmcmp | 2007-04-25 00:39 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

自分だけの空間

f0119179_23445696.jpg東京滞在2日目は銀座でランチ。
その前に少し時間があったので、大好きなコリドー街の「ガルリカフェ」に行きました。細い階段を上がった2階にある店は、ほの暗く落ち着いた雰囲気。特にモモ母が気に入っているのは、店内のあちこちが壁で仕切られていて、他のお客さんから遮られて個室に近い寛ぎを得られるところ。窓際だと席の一方が窓、もう一方がすぐ壁だし、この日座った席も、すぐ左と、テーブルの向こうの席の後ろに壁があって、とても快適でした。左壁手前のランプの傍には、さりげなく古い洋書が開いて置いてありました。こういう演出も素敵です。
f0119179_044835.jpg紅茶はポットサービスで650円。次回は看板商品の和栗のモンブランを食べてみたいと思います。
★ガルリカフェ
東京都中央区銀座
03-3573-7615 
11時~23時30分
(土12時~
日祝12時~22時30分)無休 
[PR]
# by mmcmp | 2007-04-24 00:23 | 東京のカフェ | Comments(0)

中央線沿線の名曲喫茶

f0119179_0124251.jpg東京での一日目の夜は、吉祥寺で食事をした後、荻窪在住のNさんオススメの名曲喫茶「ミニヨン」へ。荻窪駅南口にある「ミニヨン」は、創業昭和36年と言う老舗。BGMにクラシックをかける店はよくありますが、純粋に音楽を聴くことを目的とした店に入るのは久しぶりです。椅子がテーブルの片側にしか置かれてない席が多く、静かに耳を傾ける場所だということがよくわかります。そういえば、ジャズ喫茶やクラシック喫茶は、向かい合って談笑する空間ではなく、一人静かに思索にふける空間だったと思い出しました。「ミニヨン]では、コンサートなども企画されているので、演奏が聴きやすいよう配慮されたレイアウトでもあるようです。
この日はチェロの音色を聴きながら、カプチーノをいただきました。京都の人にはわかりづらいと思うのですが、モモ母が感じたのは、「いかにも中央線沿線にある店だな」ということ。京都だと、百万遍あたりかなぁ・・・f0119179_0402150.jpgいや、ちょっと違うかな。そういえば、長いこと出町にある名曲喫茶「柳月堂」に行っていません。久々に行きたくなりました。
★ミニヨン
東京都杉並区荻窪
03-3398-1758
11時~22時(日曜19時]
水休
http://members.jcom.home.ne.jp/stmera/mignon/
[PR]
# by mmcmp | 2007-04-23 00:44 | 東京のカフェ | Comments(0)

飛び石・・・

f0119179_044263.jpg土曜は河原をお散歩。モモは鳩が一斉に飛ぶのが面白いのか、鳩に向かって突進したり、仔犬のようにはしゃいでいました。お散歩中のワンも多く、川面の飛び石をスコッチテリアとダックスフントが渡って行きました。
実は昨年の5月、犬を連れた人たちが対岸まで飛び石を渡って行くのを見て、同じように渡ろうとしたのですが、二つめ辺りでモモがいきなり川に落ちました! おまけに自分ではよう上がらんらしく、水の中からすがるような目でモモ母をみつめるので、抱き上げてやったら、チノパンの色が変わるくらい、びしょびしょに濡れました。いかにも落ちましたという濡れた毛のモモを連れ、北山橋を渡ってすごすごと帰ったのでした。
いくら短足とは言え、よそのコーギーちゃんはちゃんと渡れてるのに、モモみたいに途中ではまる犬は、今まで見たことがありません。今日も今度こそと思ってとりあえず水辺には下りてみたのですが、草むらやぬかるみの辺りをうろうろするだけで、飛び石に近づこうとしないので、無理に渡らせてまた落ちても格好悪いしなぁと戻ってきました。渡れるよう特訓した方が良いのかなぁ・・??
[PR]
# by mmcmp | 2007-04-22 00:28 | モモ | Comments(2)

雨の神楽坂

f0119179_2324323.jpg神楽坂に行ったのは、今回が初めて。メインストリートの神楽坂通りは活気のある商店街で、細い道に入るとチーズの専門店や洋菓子屋さんなどの小さな店が点在していました。路地裏には木造住宅も結構残っていて、おうちカフェなど個性的なカフェも多く、入ってみたい店ばかり。面白いと思ったのは、いかにも初めて訪れたという感じの年配女性たちが、若い子のようにお店探しをしたり、街散策を楽しんでいたこと。アンティーク小物の店なども高い年齢層に好まれそうな品揃えでした。その一方で、地元の方とすぐにわかるきれいにお化粧した和服姿の女性にも遭遇しました。
大学時代に下北沢に住んでいたモモ母は、お嬢様やマダムが好きそうな自由が丘よりも、演劇やアート系の学生が多い下北沢を愛していましf0119179_23451569.jpgた。最近はシモキタの街にたむろする若い子を見てると、清潔感のある自由が丘の方が好きな年齢になってきたかもと思っていたけど、寧ろ神楽坂がしっくりくる感じ。神楽坂には作り過ぎてない店が多く、手作りの面白さに出会えそう。ラジオのナツメロ番組を長年担当していたモモ母にとって、神楽坂といえば「はん子」しか知らなかったけど、住んだら楽しいだろうなぁ・・・と思わせる、魅力的な街でした。
[PR]
# by mmcmp | 2007-04-21 00:00 | 雑感 | Comments(2)

神楽坂茶寮に行きました☆

f0119179_1524338.jpg週前半に東京に行っていたので、暫く東京ネタが続きます。東京ネタにご興味のない方もヨロシクおつきあいください。今度上京したら是非行ってみたいと思っていた「神楽坂茶寮」本店に行きました。満員なのでちょっと気後れして、辺りをうろついてから再びのぞいてみたのですが、空く気配がないので入ることに。午後1時半までの昼食メニューにギリギリ間に合いました。好きな2品は鶏肉のトマト煮と大根と水菜のじゃこサラダをセレクト。それに赤だしとごはん、とろろと香物、有機栽培アイスオーレで1000円のセットをお願いしました。
さすが人気のカフェ、お客さんが後から後から入ってくるのですが、奥に座ったせいか、さほど混雑は気にならず、ゆっくり落ち着くことができました。お客さんの大半は女性でしたが、年齢層が意外と幅広いのは、お土地柄でしょうか。若いスタッフの店にありがちなf0119179_2152052.jpg接客の悪さもなく、丁寧な対応に好感が持てました。また行きたいお店です。
★神楽坂茶寮本店
東京都新宿区神楽坂
tel 03-3266-0880
11時30分~23時
(土・日・祝~22時)
http://www.saryo.jp/
[PR]
# by mmcmp | 2007-04-20 02:19 | 東京のカフェ | Comments(0)

1時間かかって漸くゲット

f0119179_23503373.jpg東京での最終日は、いつもお菓子やパンのお買い物デー。恵比寿にあった頃から一度行きたいと思っていた「トシヨロイヅカ」が、東京ミッドタウンにオープンしたというので、ミッドタウン見物も兼ねて行きました。・・・は、良いんですけど、平日の午後というのに、店の前に行列。寒空の中、中に入るまで45分、店内でオーダーしてお会計して出るのに15分ほどかかって、新幹線の指定席に間に合いませんでした・・・。
京都出身の鎧塚シェフは、ヨーロッパの三ツ星レストランのシェフパティシェを務めた人物。出来たてのデザートをイートインできるデザートサロンとしてミッドタウンのオープン時にマスコミで度々紹介されたせいか、イートインは2時間以上待ちみたいでした。持ち帰った生菓子のうち、モモ母はピスタチオのプリンを食べましたが、素材の味がいきていて、待った甲斐ありました。f0119179_022725.jpgS君が食べたカスタードも美味しいと言ってました。ただし、いつでも行ける人は、もう少し経ってから行く方が、混んでなくて良さそうです。
★トシ ヨロイヅカ
東京ミッドタウン 
イースト1F
03-5413-3650
11時~23時
http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/index.jsp
[PR]
# by mmcmp | 2007-04-19 00:11 | 東京でお買い物 | Comments(0)

お休みします

f0119179_8372376.jpg

不在のため、更新をお休みします。
せっかく来ていただいたのに、
スミマセン。
良ければ、コメントなど残していって
ください☆
[PR]
# by mmcmp | 2007-04-17 00:00 | Comments(0)

お湯を注いで出来上がり

f0119179_23433079.jpg東京の友人へのお土産に本田味噌に「一わんみそ汁」を買いに行きました。東京の人って味噌汁のことを「おみつおけ」と言うけど、あれって「御御御汁」って書くんですね。単なる汁に「御」を3回もつけたら味噌汁になるのかと驚きましたが、汁でなく、「御御御付」とも書くようです。
それはさておき、「一わんみそ汁」は、江戸時代から続く味噌の老舗・本田味噌の社長が懐中しるこをヒントに考案した、一人前のお味噌汁。コンビニとかで売ってるインスタント味噌汁とはワケが違います。3種類あって、豆腐は赤みそ、油揚げは合わせ、なめこは赤だしなので、その日の気分で三つの味が楽しめます。丸い麩焼きに包んだ見た目も可愛い。ただし、フリーズドライした味噌汁にf0119179_04431.jpgさらにお湯の量を足すことになるので、入れすぎると薄味になります。初めて食べる時は、お湯を少なめにして、好みの濃さに調整することをオススメします。
★本田味噌本店
室町一条
075-441-1131
10時~18時 日休
[PR]
# by mmcmp | 2007-04-16 00:06 | 京都でお買い物 | Comments(0)