西賀茂橋を渡って☆彡

f0119179_16265814.jpg近畿財務局が森友側がまだ申請を出す前から認可の進捗状況を聞いてたって。なんでやねん! このツイートの画像、「ちちんぷいぷい」ですね。これも重要。一方、塚本幼稚園での講演会の前日、昭恵さんが大阪府私学審議会会長と会っていたことが発覚。更に伊勢志摩サミットが決定したことを公式発表前に籠池の奥さんに話していたとの情報もあり、事実なら国家機密漏洩。唖然とすることがあまりに次々出て来るもんで、感覚が麻痺して、ことの重大性が認識出来ない人もいるかも。
さて、鴨川河畔の「sumikura cafe」に行きました。西賀茂車庫からすぐですが、加茂川の堤防を走る北3号系統のバスに乗って「朝露が原町」で下車、西賀茂橋を渡って対岸の店を目指しました。途中、「昼行燈」の常連だったMさんに遭遇。新たな店はまだかなぁ・・・と話していました。ハンギングバスケットが可愛い入口から「sumikura cafe」に入って、加茂川に面したカウンター席へ。サーモンワッフルランチを頼んだものの、がっつり食べたくなってベーコンワッフルランチ(700円)に変更。ベーコン、オムレツ、ソーセージで食べごたえ十分。これにして正解でした。サラダ用にドレッシングも別添えで出して下さいます。スープ付だったから今回は頼まf0119179_17203872.jpgなかったけど、ソニアコーヒーのコーヒーなどはプラス200円です。店自体はどこの街にもありそうなカフェという印象ですが、ここは何といっても景色がごちそう。桜が満開になったらさぞかし見事でしょうね。近くの木に鳥の巣をみつけて、ちょっと嬉しくなりました。
★sumikura cafe
西賀茂柿ノ木町
075-3151-1759
11時~17時 火休
店のfacebook
[PR]
# by mmcmp | 2017-04-06 17:24 | 京都のカフェ | Comments(0)

夜のShizuku

f0119179_21501360.jpg安倍さんの恩師の宇野重昭さんが亡くなられたんですね。「どうしようもない」「他に選択肢がない」という言葉は、ソンタクにとって何よりの好物であるとのご指摘、納得です。ご冥福をお祈り致します。「昭恵さんは私人」に続いて、谷さんのファクスは「行政文書ではない」と閣議決定しちゃった現政権。谷さんは24日以降、出勤せず、公用パソコンに接続した記録もないそうで、籠池さんみたいに姿を隠せと言われたんでしょうか? 谷さんに全責任を負わせる昭恵さんと菅官房長官に腸が煮えくり返る思いと元経産省の飯塚盛康さんが言い、教科書問題にパン屋さんたちが怒り、和菓子屋さんも困惑。それぞれの立場で「おかしい」と感じることに声をあげるべきですが、教育現場からの反発って意外と聞かないんですよね。安倍さんの「日教組!日教組!」のヤジが怖いのか、休憩なし長時間労働でそれどころではないのかも?
さて、「華祥」を出た後、お茶をしようと御影通りから疎水沿いを歩いて、「Shizuku」に行きました。すごい久しぶり。「マザーウォーター」の頃は混んでるだろうからと避けていたら、そのまま足が遠のいてしまいました。夜だし外は暗いけど、窓際のソファ席に座って「カフェオレ」を。大好きな「木の実のキャラメルタルト」f0119179_23184579.jpgと「エスプレッソのチーズケーキ」を買って帰りました。どちらも冷凍保存可能。先ほど解凍したタルトを頂きましたが、ほろにが甘いキャラメルとナッツの相性が良くて相変わらず美味しい。知恩寺の手づくり市には今も抽選に当たれば出店しているそうです。知恩寺の手づくり市も長く行ってないなぁ~。
★Shizuku
北白川小倉町
075-702-2893
水、第1.3木休
[PR]
# by mmcmp | 2017-04-05 23:36 | 京都のカフェ | Comments(0)

800円×3=2400円

f0119179_2472312.jpgテレビでは幕引きムードの森友ですが、ネットにはアキエリークスの更新など新たな情報が上がっています。まず気になるのが、安倍さんの国会答弁の速記録に非公開のものがあるとの指摘。そのうち国民は忘れるから「総理も国会議員も辞める」発言をなかったことにするのでは? これはどこの街角調査か不明ですが、内閣府が公表した世論調査で「現在の社会に満足している」と回答した人が過去最高の65.9%になったのは、回答者の半数が60代以上だったそうです。そして昭恵さんが職員と一緒に自民党候補の選挙応援に行ったのは国家公務員違反という福島議員の指摘は重要です。
さて、木曜は細見美術館で「アール・ヌーヴォーの装飾磁器展」を観た後、4年ぶりに「華祥」に行きました。「華祥」は当ブログを始めた頃から行っていて、もう10年以上のお気に入り。相変わらず「あんかけ焼きそば」が大好きです。太い麺が良いんですよね。「青梗菜の炒め」も塩気が程よく、頼んで良かった。そしてヒメママさんが頼んだ「酸辣麺」を味見させてもらったら、これもすごく美味しかった。酸辣湯ではなく、麺が入って、他にはきくらげや卵、人参、片栗をつけた豚肉なども。ヒメママさんによると「七福家」の酸辣麺は酢豚の様な味だったそうですが、「華祥」さんのは酢豚とは全く違う複雑な味。甘味や酸味ではなく旨味が印象に残ります。ピリ辛なので、モモ母は全部食べられないから、少し味見させて頂いたのが適量で、とっても満足。で、値段はどれも800円で、計2400円、一人1200円の明朗会計でした。久々に田口シf0119179_329446.jpgェフとお話も出来たのも良かったです。
★華祥
田中里ノ内町
075-723-5185 
11時~14時 
17時30分~
21時30分 
水休
http://www.kasyou.jp/
[PR]
# by mmcmp | 2017-04-04 03:40 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

夜の引田天功!?

f0119179_155347.jpg教育勅語を教材にすることを否定しないと閣議決定したけど、閣議決定自体が憲法違反との見方も。新学習指導要領で中学の武道に銃剣道が入り、銃剣道の指導者は全国に2人しかいないそうで、自衛隊の天下り先確保との見方もあれば、 日本武道協議会の武道9種目を平等に入れただけで必修じゃないから問題ないという人も。でもね、森友みたいな私立学校が既に増えてる訳で、この一歩は思ってる以上に大きいと思う。今の空気がビンと来ない人は、美味しいものは人を幸せにすると言うこの記事を是非読んで欲しいです。そして辻元さんの記事も興味深い。彼女いわく「自民党のちゃんとした保守の人は今、弾圧されている」そうです。
さて、木曜は帰宅したのが9時半近かったので、夜のお散歩もいつもより遅く出かけました。途中、北山を渡るのが嫌なむぎちゃんが必死に抵抗。でも、北山を渡った所にある神社に行きたかったモモ母が強引に連れて行こうとしたら、夜道でチャリーンという音が。見ると、ハーネスが路上に落ちてました。で、むぎこは逃げる。と言っても疾走ではなく、しかも家の方向に向かっていたので、このまま行方不明になることはないだろうとは思いつつ、「待て!」を繰り返したら、止まってくれました。すぐに首輪にリードをつけて身柄を確保、ハーネスを付け直して帰宅したけど、一年前も抜けたことがあったし、「9689」さんで抜ける心配ないと推薦された胴と首に装着するタイプのハーネスを買いました。腕を通すタイプは抜けることが結構あるそうです。抜けたハーネスも長さを調節してもらったんですが、かなりきつめです。ゆるいと体にこすれて不快らしく、寧ろピッタリ体に装着してる方が犬も快適なんだそうです。
[PR]
# by mmcmp | 2017-04-03 02:54 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

類は友を呼ぶ??

f0119179_222804.jpg赤旗がスクープした籠池さんの手紙はノートに書いたのをコピーしたもの。アキエリークスに載せられた文面には「安倍総理」の名前も。ノートには他のやりとりも残っている様です。籠池さんを偽証罪の疑いとした自民党に籠池さん代理人の山口弁護士が抗議文。偽証の疑いがあるとされた点に反論するだけでなく、政府が「百万円の授受そのもの」を「偽証」とは言ってないと鋭い指摘。山口弁護士は証人喚問の時の補佐人ぶりも光ってました。柳原信郎さんは大阪府の立入検査が違法だと指摘。籠池証言を裏付ける根拠などが続々出る一方、辻元議員についてのデマを拡散した軽率な人たちの中に総理大臣がいて、しかも国会で答弁しちゃったとは、かなり恥ずかしい。知性の差は歴然です。
さて、少し前ですが、新町の「カマタミセ」を訪れました。3度目のこの日は奥の階段下にあるソファ席へ。これまでとは違った角度から店を眺められて新鮮でした。手前には小学校の教室に並んでいそうな机があったり。お隣のタバコ屋さんからもらったという花が飾られていたり。「カフェオレ」を飲んで寛いでいると、お客さんと店の人たちとの会話が聞こえてきました。前日「クロア」さん夫妻が来られたとか。他にもワンドロップなどモモ母のよく行く店が話題に出ていて、やっぱりこの店に寄ってくる人たちって嗜好というのか、行動スタイルが似てるなと思ったのでした。後日クロアさんに伺ったら、行f0119179_2339062.jpgきつけの店を出た後、カマタミセをみつけて、ふら~っと入ってみたのだとか。カマタミセって何か惹きつけるものがあるんですよね。
★kamata mise
北区小山下初音町
080-1408-2108
12時~23時 火休
http://www.kamatasyouten.com/
[PR]
# by mmcmp | 2017-04-01 23:59 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)

街なかのパン屋さん

f0119179_224464.jpg森友問題で民進党は谷さんの上司の今井尚哉総理秘書官の証人喚問を要求。ネットでは安倍さんの大阪での会食で今井氏の隣にいた大石吉彦秘書官が国会で答弁する佐川理財局長の傍にいることも注目されています。因みに籠池夫人は雑誌のインタビューで昭恵さんが名誉校長辞任すると総理の秘書から連絡があった後で昭恵さんと話したら、昭恵さん自身は辞任を知らず、残念がっていたと答えています。「私人」の連絡を総理の秘書がするんですね。こちらの記事も要チェック。この事件は「右翼対左翼」でなく「反知性対知性」だと言った人がいましたが、反知性政権の主張を市民が知的に崩していくのが実に興味深いです。そしてこの可愛い「祈ります」にも注目!
さて、「ポケット」が混んできたので店を出て、ヨドバシの地下から御池通りに移転したAを初訪問して文庫本を読み進めた後、「ファイブラン」に寄りました。Aもパン屋さんだけど、ファイブランのパンの方が断然好き。調理パンやサンドの種類が豊富なのが魅力です。タルティーヌ茄子と挽肉のボローニャ風(300円)にシュガートースト抹茶、日替わりサンドをセレクト。日替わりのサンドイッチは卵やレタスなどポケットで食べたサンドと似たものが入ってても、印象は随分違います。ポケットは具の充実ぶりを、こちらは食パンのしっかりした味わいを楽しむ感じ。烏丸御池界隈は移転して来たAをはじめ「HANAKAGO」や「フリップアップ」などパン屋さんf0119179_2463345.jpgの激戦区。でも京都には和菓子屋さんも多いから、道徳教科書的にはOK? パン屋さんの多い街・京都がモモ母は好きです。
★fiveran
中京区行者町
075-212-5696
9時~19時 火休
[PR]
# by mmcmp | 2017-03-29 02:50 | 京都でお買い物 | Comments(4)

週末の朝ポケットにて

f0119179_18401758.jpgあらま、よく見たら昨日リンクしたツイートの下にクイズの大きなヒントになる相関図が載ってました。この図にある教科書改善の会の教科書はこんなに採択されてます。パン屋が和菓子屋になって驚いてる場合じゃない!
で、土曜に久々に「ポケット」にモーニングB(500円)を食べに行きました。サンドにはきゅうり、卵、レタス、ハム、トマトが入る充実ぶり。500円でここまでクオリティの高いモーニングって京都に他にあるでしょうか? 食べ終わって珈琲を飲みながら文庫本を読んでたら、テレビで籠池さんの証人喚問について大阪のおばちゃん達に聞いてました。「籠池さん、あんなけ大きな嘘をようつくなぁ」「昭恵さんが言うてることが正しいと思う」との感想。インタビューしてたアナウンサーは「僕は籠池さんの言うのを信じてしまってましたけど・・・」。さすがにおばちゃんの発言はヤラセじゃないでしょうから、これが実態なんですね。更にこれを見た人は「私も信じかけたけど、昭恵さんが正しいんか」と印象操作されそう。ネット上では弁護士達が証拠や発言の信頼性を検証したり、学校の経理に携わる人が「100万円の寄付なんて滅多にない」など、専門知識を持った人たちの視点でつぶやきやブログが発信されてるけど、そういうのを見ないでテレビや新聞だけが情報源の人は、あの喚問でこういう印象を持つのか、まるで壮大な社会実験をしてるみたい・・・とポケットで思ったモモ母。でも、多分こうした効果は既に実験済みで官邸は情報流してるんでしょうね。喚問で枝野さんがFf0119179_1920786.jpgAXで重要なのは2枚目と言ってたし、菅野さんも指摘してるけど、2枚目に注目してるメディアって見事にないよね。皆さんもFAXの取り上げ方に是非ご注目下さい。なんかせっかくの「ポケット」モーニングの満足度がテレビのガッカリ度で半減した週末の朝でした。あ、テレビカメラが入ってないこの講演、かなり見ごたえありますよ。
COFFEE ポケット
中京区押小路通烏丸東入
075-231-2660
8時~18時 日休
[PR]
# by mmcmp | 2017-03-26 19:31 | 京都のカフェ | Comments(0)

おてらかふぇ&まるしぇ

f0119179_23423330.jpg昭恵さん付職員の谷さんからのFAXにある「当方」とは誰のことかとの問いに「谷さん個人」と答弁した菅官房長官。んなわけないでしょ。谷さんは首相官邸の中に部屋を構えてたと言われるのに。そして今日話題になったのは道徳教科書の初検定で、「パン屋」が「和菓子屋」に変更された話題。「パン屋」では「国や郷土を愛する態度」を学ぶのに不適切というのが理由。アスレチックは和楽器屋に変更って、今どき和楽器屋みつけるの大変じゃない?このツイートが指摘する様に日本の森友化は既に進んでいます。これ、先日のクイズにも関連してますよ。文科省も忖度したんでしょうか? ほんと、今のヤバさを可視化してくれて有難う。
さて、「六堀」の後、西本願寺の「 おてら かふぇ&まるしぇ AKARI」に行ってみました。国宝の飛雲閣や書院が特別公開される「伝灯奉告法要」に合わせて5月31日まで大阪「リュミエール」のオーナーシェフ唐渡泰氏が監修するカフェが期間限定オープン。まあカフェというより休憩所みたいですが、広々としてるのでゆっくり出来るのが良いですね。地元の野菜を使った週替わりのワンプレートランチは完売だし、そもそもお腹一杯だけど、食後は珈琲だけだったのでデザートとしてソフトクリーム(540円)を食べることにしました。バニラ、チョコバニラ、チョコがあって、コーンに惹かれてチョコを。満腹でも別腹で美味しく頂きました。周囲のまるしぇでは金平糖の緑寿庵清水や半兵衛麩、小川珈琲などが出店していて、木乃婦さんなどのお弁当も日替わりで販売されてました。観光客の方はのぞいてみては? f0119179_0412948.jpg
★本願寺おてらかふぇ & まるしぇ AKARI
278-0164
9時~17時 無休
http://www.hongwanjicafe.jp/index.html
[PR]
# by mmcmp | 2017-03-25 23:42 | 京都のカフェ | Comments(0)

「むとう」から「六堀」へ

f0119179_2315856.jpg昨日の証人喚問で籠池さんが昭恵さん付の政府職員だった谷さんからFAXを受け取ったと証言。昭恵さん付職員には籠池さんと懇意な住吉神社の権宮司の娘さんがいるとかで、もしかしてと思ったけど、谷さんではない方の女性の様ですね。でも大阪に昭恵さんが来た時に住吉神社に谷さんも同行していた模様。喚問で枝野さんが酒井弁護士の証人喚問を求めた時には、思わず拍手してしまいました。そうなのよね、土地取引や認可のことはこの人に聞かないと話になりません。でも与党は全員の証人喚問を拒否したとか。命懸けで証言した籠池さんと同じ土俵で話してもらわないと、全く納得出来ないんですけど・・・。
さて、好きだった「むとう」が昨年「六堀」としてリニューアル。気になってましたが予約一杯だったりして、月曜に漸く出かけました。いただいたのは「大人のお子様ランチ 弥生」(2890円)。京都レストランウインタースペシャルの一つとして提供されてたものが好評だったので定番化したそう。えんどう豆と空豆、菜の花の一口ポタージュに始まり、地場野菜のバーニャカウダ、2つのメイン、パンまたはライスに一口カレー、珈琲と盛りだくさん。小海老のバーニャカウダで頂くほたるいかや芽キャベツなどの春らしい前菜は華やかで、素材の味を強く感じました。メインの丹波牛を使ったハンバーグにはワサビと温泉卵が添えられ、上には玉ねぎ。さくさくエビフライにも大きなクレソンが乗って、見るからに美味しそう。ただ、締めに出てきた一口カレーがモモ母には少々辛すぎで、お茶碗に入ったごはんも別にあったからお腹が一杯になりすぎました。帰る時に大好きだった「抹茶バター」のことを確認したら、抹茶とアf0119179_0171954.jpgンチョビのバターは今は作ってなくて、プレーンのみだそう。うーん、残念・・・。
★六堀
堀川通六条下る
354-8117
11時30分~22時30分
水、第2・第4木休
http://www.roku-bori.jp/
[PR]
# by mmcmp | 2017-03-24 23:56 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

「雪のひとひら」

f0119179_0273615.jpg昨日のクイズに興味を持って下さった方もありますが、火曜は菅野さんも課題を出してました。こういうのにすぐにリツイートが来るのがすごいよね。維新の会が森友学園建設会社から献金を受け取っていたという府議の指摘もあったそうです。
さて、書くタイミングを逃してるうちに3月も下旬になりましたが、ポールギャリコの「雪のひとひら」を先月読みました。「スノーグース」や「ジェニイ」を買った頃に購入したものの、未読のままだった為、今年こそ雪の季節にと思ったのでした。ある寒い日に生まれた雪のひとひらが地上に舞い降り、山の中腹の村里で雪だるまの一部になったり、雨のしずくと結婚して子供が生まれ、火事を消化する水となって火に立ち向かい、夫が亡くなり、子供たちが独立して行き、ひとり海に流れ出て、やがて天に帰る。女の一生を比喩的に描いた名作と評価されているギャリコの代表作です。日本でもファンが多い様ですが、1953年に出版されて半世紀以上経つせいか、この手の寓話があまり好みではないせいか、ちょっと複雑な気持ちで読みました。子育てを終えた女性が、ふと人生の意味を考える頃に読むと、平凡でも懸命に生きて来た我が身を「それで良いんだよ」と肯定されている様で、感動するんだろうな。作者が男性であることも、男性がそうした女性の生き方を素晴らしいと言ってくれてる様で、じーんとなるんでしょう。50年代アメリカのキリスト教国家らしい作品だと思います。多宗教、独身の女性が増えた今のアメリカでは、どのくらい評価されているんでしょう? 今の日本に生きるモモ母には、美しい言葉で綴ったこの作品が、こんな風に生きろという教訓めいて見えてしまいます。14日のシンポジウムで菅野さんは森友問題は女性差別問題だと言ってます。これ、とても興味深い。(こちらも面白いのでリンクしときます)。なるほどなぁ~自分の考えが何に由来するのか、何に影響されて、そう考えるに至ったのか、一度振り返ってみると良いかも知れません。
[PR]
# by mmcmp | 2017-03-22 02:14 | カフェ読書 | Comments(0)