タグ:カフェ ( 752 ) タグの人気記事

5種類の珈琲豆が楽しめる☆彡

f0119179_22395740.jpg朝のカフェオレは相変わらず「丸山珈琲」の豆を愛用しているモモ母ですが、ストレートは先月訪れた「Dongree」で買った京都五店舗のコーヒー豆セット「五焙」(1250円)を楽しんでいます。ご店主が5つの焙煎所から選び抜いた豆を30グラムずつパックにしたもの。色々な店の豆を試したいと思っても、大半の店が100グラムからだったりするので、いくつも試しにくい。だから1袋2杯ずつの小袋にして5つの味を楽しんでもらおうというもの。ご店主自身がこういうのがあればと思っておられた様で、飲み手の希望を叶えてくれる嬉しい商品です。
01のミディアムローストの「ウイークエンダーズ」エチオピアと05のフレンチロースト「サーカスコーヒーの」ケニアでは豆の色が全然違う。まだ2つしか飲んでないですが、このところ粉で購入してたから、久々に挽きたてを飲むと、やっぱり全然違うんですよね。03フルシティローストの「クアドリフォリオ」にお湯を落とした時のドームの盛り上がりには目を見張りました。02のミディアムロースト「大山崎コーヒーロースターズ」の天王山コーヒーはミルで挽いた時の油分のしっとり感が印象的。深煎り好きなので、好みの味ではないのだけれど、すごく美味しいと思う。先日買ったドリッパーの効果もあるのかも知れませんが、モモ母が淹れてもお店で飲んだ時の様な出来栄えでした。2杯分というのも便利。六波羅はあんまり行かないf0119179_002132.jpgけど、ネットでも買える様なので、リピしたくなったら利用するかもです。
★Dongree
東山区池殿町
075-746-2299
8時~17時(土日祝9時~18時)
火・水休+不定休
http://www.dongree.net/
[PR]
by mmcmp | 2016-11-29 22:38 | 京都でお買い物 | Comments(0)

また修学院へ

f0119179_058268.jpgツイッター検索中にこんな可愛い動画が。つい何度も見てしまいます。さて、また北8のバスで修学院に行きました。でも今回は「cafe Uchi」さんではなく、最近京都ブログでよく見かける「セイカツノガラ」を初訪問。「修学院道」が最寄駅です。
さりげなく置かれた看板を目印に建物奥に進んでドアを開けると、「いらっしゃいませ」の声。この手のカフェの主は男性だと勝手に思い込んでいたけど、ご店主は若い女性でした。オープンキッチンを囲むコの字型のカウンターのみのこじんまりしたカフェ。後で伺ったら、以前スナックだった店舗のレイアウトをそのまま活かしているそうです。奥の席に座って「キャラパリチーズケーキ」(550円)とコーヒー(400円)を。セットは100円引きだったと思います。目の前に型に入った美味しそうなチーズケーキがホールで2つあって、「これですか?」と尋ねると、その上にメレンゲのクリームを乗せて表面に砂糖をかけてキャラメリゼして出して下さるとのこと。下のしっとりチーズの酸味と上のクリームのふんわり食感が楽しめました。これは定番の様ですが、他にもお菓子が数種。店は6月にオープンされたそf0119179_1492828.jpgうで、静かに読書したい時は壁に向かったカウンター席で構成された「cafe Uchi」がおススメだけど、「セイカツノガラ」さんも新たなメニューや客層がどんな風に店の個性を作って行くか、発展途上で今後が楽しみです。ちなみに26日は岡崎公園で行われる「みちくさマルシェ」に出店される様です。
★セイカツノガラ
左京区修学院大林町
11時30分~16時
月・火・木休
https://ja-jp.facebook.com/seikatsu.no.gara/
[PR]
by mmcmp | 2016-11-17 01:51 | 京都のカフェ | Comments(0)

秋のたわらや

f0119179_2245047.jpg月曜午後に「茶ろんたわらや」を訪れました。前回は3月で、向かいの宝鏡寺で春の人形展が行われてましたが、今は秋の人形展が行われています。俵屋吉富小川店脇の俵がデザインされたのれんをくぐって路地を進んで茶ろんへ。入口近くの木も色づき始めて、季節のうつろいを感じます。人形展開催中は混むことが多いので、どうかな・・・と思ったら、平日だったので最初は貸切状態。その後、おひとり様が入れ替わり来店。注文時以外は会話もなく、静かな時間が流れていました。
絵的には和菓子が映えるんでしょうけど、この日もやっぱりホットの「カフェオーレ」(594円)を。代わり映えしなくてスミマセン。俵を象った砂糖の入った器とおそろいの和風のカップで頂きます。モモ母の次に来られたおひとり様は外国人女性。「ZENZAI」について尋ねられた店の方が「sweet soup」と説明されてました。甘いスープ?? とちょっとビックリされてましたが、確かにジュースじゃないし、スープというのが正解かな。帰る時に「オイシf0119179_23254621.jpgカッタデス」とおっしゃってました。俵屋さんの善哉は適度な甘さだから、きっと外国の人の口にも合うのではと思います。紅葉が進むにつれてごった返す京都。少し色づき始めた今が、静かに京都らしさを味わえる良い時期かも知れません。
茶ろん たわらや
寺之内通小川西入る
075-411-0114
10時~17時 
火休
http://www.kyogashi.co.jp/b-2.html
[PR]
by mmcmp | 2016-11-14 23:32 | 京都のカフェ | Comments(0)

コーヒーにミルク

f0119179_22575882.jpg先週、西陣の「のばら珈琲」を訪れました。お店に向かう途中で雨が降り始めましたが、雨に濡れた路地もまた素敵。「エイギョウシテイマス」の看板を確認して店内へ。この日はシンプルに珈琲をお願いしました。
暫くして珈琲とミルクが運ばれて来ました。レトロなミルクピッチャーは同じものがモモ母の家にもありますが、もう長く使ってません。こんな風に現役なのが良いですね。珈琲に添えられるのがミルクかコーヒーフレッシュかで店の姿勢がわかる気がします。以前、北大路の某カフェでモーニングを食べた時のこと。メニューには当店は水出し珈琲にこだわり云々という説明が長々と書かれてるのに、添えられてるのはフレッシュ。そんなに自慢の珈琲なら、生クリームかミルクで飲んで欲しいと思わないのかな? と思っていたら、トーストはマーガリンかジャムを選べるとのこと。バターはないか確認すると、ないと言うのでジャムにしたら、機内食で出る様なパックに入った果肉の殆どないジャムが出て来ました。あ、珈琲のこだわりは単なる客寄せで、こういう店なのね・・・。その後、その店はインテリアはそのままでチョコレートカフェだの、さかなバルだのに変わった末に閉店しました。のばらさんは素f0119179_23582351.jpg敵な空間が一番のご馳走で、珈琲が有名農園の豆を使ったスペシャルティコーヒーでもなければ、パティシエさんが作る芸術的なスイーツもないけど、お菓子は手づくりだし、ドレッシングも自家製。そして珈琲にはこうしてミルクが出て来ます。モモ母にとって、非常に信頼出来るお店です。
のばら珈琲
上立売通浄福寺西入ル
075-406-0274
11時30分~19時 
月・火休
[PR]
by mmcmp | 2016-11-02 23:57 | 京都のカフェ | Comments(0)

通りがかった幸運

f0119179_1624410.jpg六波羅蜜寺近くでの仕事を終えて、一旦は営業マンKさんの車に乗り込んだものの、気になる店を発見。滅多に来ないエリアなので、覗いていくことにしました。「Dongree」という小さなコーヒースタンドと暮らしの道具店。5つの焙煎所から1つずつ選び抜いた豆を使っています。その5つとは、浅煎りで果実の様な「ウイークエンダーズコーヒー」のエチオピア、ご店主はこの焙煎所と出会ったことがターニングポイントになったという「大山崎コーヒーロースターズ」のコスタリカ、バッハ系列「クアドリフォリオ」のグァテマラ、京都の焙煎所では古株という「珈琲工房てらまち」のドミニカ、深煎が美味しい「サーカスコーヒー」のケニア。行く機会がなさそうな西七条にあるクアドリフォリオのグァテマラと、「チェリッシュ」の洋梨のタルトを頂きました。
バッハ系の人達は飲み物としての珈琲には浅過ぎず深過ぎもしない中深が最適と考えているそう。「コラソン」さんもそうですね。飲んでみると、なるほど中深とはこういうものかと実感する味わいでした。5つの焙煎所は皆、自分の珈琲でなく広く珈琲そのものの普及に努めているそうで、ご店主はその中でもこれはという豆を集めて、豆によって淹れ方も変えているそう。間欠的にのの字を描くのが一般的なのに、ある店で極細でエンドレスにお湯を落とし続ける女性がいて、どっちが良いのか聞いてみると、豆によるとか。美味しい淹れ方の答えは1つではないんですね。失礼ながらこんな目立たない場所でやってけるのかと思うけど、ビジネス優先で観光地や繁華街に店を出すとゆっくり話せない為、こうした出会いを大f0119179_17274966.jpg切にしたいそう。まさしくこの日のモモ母は偶然この店に出会ったおかげで、良い時間を過ごすことが出来ました。
★Dongree
東山区池殿町
746-2299
8時~17時(土日祝9時~18時)
火・水休+不定休
http://www.dongree.net/
※23日は「糺の森ワンダーマーケット 2016」出店の為、お休みの様です。
[PR]
by mmcmp | 2016-10-22 17:28 | 京都のカフェ | Comments(0)

バナナジュースをカスタマイズ

f0119179_16522197.jpg大好きな「フランジパニ」を訪れました。先月にも伺っていて、その時は手前のスペースにしたんですが、今回は先客がおられたので、奥まった階段下のスペースへ。すぐ傍の畳席はグループで賑わっていたけど、壁で隔たってるので全く気にならず、ゆっくり寛ぐことが出来ました。
この日お願いしたのは「バナナジュース」(480円)。「氷はどうしましょうか?」と尋ねて下さいました。涼しくなって来るといつも冷たさの好みを聞いて下さるのが嬉しいです。前回みたいに少なめにしてもらおうかと思ったものの、歩いて来たので冷たいものが欲しかったから普通に入れてもらいました。寧ろ可能なら少し甘さを抑えて欲しいので、「甘味少なめは出来ますか?」と聞くと、可能とのこと。「甘味は入れないでおきましょうか?」とも言って下さって、一瞬迷ったけど、少しだけ入れてもらうことに。「気持ち入れておきました」とのこと。丁度良い感じでした。先日「サラメシ」で山口洋子が愛した代官山「小川軒」が紹介されていて、山口さんは「最高の贅沢とは自分の好みを知り尽くされること」とおっしゃってたとか。なるほど、確かに。旬の食材を使って最適な味付けで、最適な量を提供されていたそう。そういうシェフとの長年のf0119179_17213616.jpg関係って素敵ですね。モモ母は外食は殆どしないけど、いつの頃にか珈琲にミルクと砂糖は添えられなくなったし、甘味抑え目のバナナジュースを飲めるし、大好きな空間で好みに合わせた飲み物を提供して下さるカフェがあるのも、結構贅沢だなと思うのでした。
★フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
日・木休
※10月19日(水)は臨時休業される様です。ご注意下さい。
[PR]
by mmcmp | 2016-10-15 15:55 | 京都のカフェ | Comments(0)

個性派パンでブランチ

f0119179_23352610.jpg6月に下北沢のスズナリで「あほんだらすけ」を観た時に毎年ご一緒しているHさんから「シティベーカリー」のパンを頂いたのでした。梅田にも店がある様ですが、行ったことないので食べるのは初めて。ホテルで食べたものの・・・うーん、何かベトッと油っぽい。いつも美味しいものを教えて下さるHさんオススメのパンなのになぁ、ホントはこういうんじゃなくて、時間が経って味が落ちたのかもと思って看板商品のプレッツェルクロワッサンを食べるのを中断。持ち帰って翌日オーブントースターで温めたら、おおっ! 同じパンとは思えぬ美味しさ。Hさんがオススメして下さったのはこれだったのか!と思ったのでした。
そんな訳で、今回は銀座の東急プラザ地下にあるお店に行って、イートインすることにしました。しかしどれも大きい! そして高い。サンドにしようと思ってたのに、野菜たっぷりは嬉しいけどパンも量があって、とても食べきれそうにないので、プレッツェルクロワッサンとカプチーノに。普通のクロワッサンもありましたが、やはりこの店はこれですね。ちょうど焼きたてだそうで、サクッとして食感も良いし、塩気が効いて、カプチーノとの相性も良く満足度高かったです。持ち帰ったわらじの様なクロックムッシュもトマトが入ってるせいかよそのクロックムッシュとはちょっと違う印象。6月に食べたフレンチトーf0119179_044351.jpgストにもハムが入ってたし、プラスアルファのある個性的なパンが多いですね。下の写真はHさんに頂いた「ガラムマサララスク」。ガラムマサラ味のラスクなんて初めて食べました。軽くてちょっと癖になる味と食感です。梅田のグランフロントにある店も機会があれば行ってみようと思います。
★THE CITY BAKERY東急プラザ銀座店
中央区銀座 東急プラザ銀座
03-6264-5201
7時30分~22時
http://www.thecitybakery.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-06 00:12 | 東京のカフェ | Comments(0)

21時過ぎからの銀座ウエスト

f0119179_1646344.jpg当初は日帰り観劇の予定だったけど、土曜まで父が施設にいたので前夜から一泊することにしました。むぎちゃんのお散歩を済ませて家を出た為、東京に着いたのは夜9時頃。山手線で有楽町に出て、「銀座ウエスト」を訪れました。深夜営業のチェーン店は京都にもあるけど、クラシックが流れる様な正統派喫茶店は比較的早く営業終了するので、23時までやってるウエストはお酒を飲まないモモ母には有難い。青山や横浜は20時までらしいから、銀座というお土地柄なんでしょうね。
店に入ると「今は選んで頂けるケーキの種類が非常に少ないのですが、よろしいでしょうか?」と尋ねられました。席についてから「それはありません」と言われるのでなく、前もって言ってもらえるのが良いですね。それでも5種類以上ありました。ケーキセット(1296円)で生クリームとカスタードが入った「ハーフ&ハーフシュー」とロイヤルミルクティにしました。生クリームとカスタードが入ったシュークリームは繊細なつくりなので店内限定だそうです。当然でしょうけど、「ひとつめ小僧」より断然美味しかったです。セットの飲み物に珈琲、紅茶以外が選べるのが嬉しい。単品で972円は高いと思うけど、セットで1296円は銀座だと寧ろ安い印象。お代わりも出来て、上から継ぎ足しでなく新たなカップで改めてサーブして頂けるのが気が利いています。しっかり煮出したロイヤルミルクティは表面に膜が張ってました。寛いでるとユーモレスクが流れて来ました。ユーモレスクって久しf0119179_17321984.jpgぶりに聴くなぁ・・・。奥の席でオーダーストップ後までゆっくりしました。そうそう、深夜のウエストと言えば、「あすの朝刊」の時だったかに流れていたレトロなテレビCMは今はやってないんでしょうか? 下北沢に住んでる頃はウエストのCM後、そのまま日テレのクロージングまでテレビをつけてることが多かった。また見てみたいです。
ウエスト銀座本店
東京都中央区銀座
03-3571-15547-3-6
9時~23時
(土日祝11時~20時)
http://www.ginza-west.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-02 17:50 | 東京のカフェ | Comments(0)

3年ぶりMISSLIM

f0119179_15551271.jpg寺町二条の「船はしや総本店」に行く前に、河原町丸太町の紅茶専門店「ミスリム」を3年ぶりに訪れました。紅茶好きの恩師M先生がきっとお好きだろうなと思い、いつかご一緒したいと思っていたんですが、漸くその機会に恵まれました。シフォンケーキやスコーンなど、お菓子のメニューも充実していたけど、とにかく蒸し暑い日で甘いものを食べる気がせず、ロイヤルミルクティに。アッサムCTC、ドアーズ、アールグレイの3種から選ぶことが出来、アッサムに。M先生はポットサービスの屋久島紅茶にされ、とても美味しかったそうです。どちらもウエッジウッドのカップで運ばれて来ました。
店名はユーミンのアルバムからとM先生に説明して、吹き抜けから見下ろすと入口横にレコードプレーヤーが見えました。ここはレコードなんですよね。ハイレゾが普及する一方で、「家日和」みたいに最近はまたレコード愛好家が増えてる様ですね。うちにはプレーヤーがないから聴けないけど、「ミスリム」はじめユーミンやカーペンターズ、SHOGUNのアルバム等はf0119179_16322854.jpg捨てられずにいます。SHOGUNって知らない人が多いと思うけど、松田優作の「探偵物語」の曲とかよく聴いてました。ちなみに2011年に訪れた時に書いた近所の元文房具屋さん、今はこんなポップコーン専門店になっています。
MISSLIM
上京区河原町丸太町
075-231-4688
12時~19時(10月から13時~)
木、第1.3金休
https://twitter.com/Misslimteaplace
[PR]
by mmcmp | 2016-09-29 16:37 | 京都のカフェ | Comments(0)

朝食をどうぞ

f0119179_2339070.jpg京都会館改め京都ロームシアターの2階でモーニングが食べられるというので行ってみました。高い天井と上品なインテリアがホテルみたいで落ち着けます。パンも2種類あったけど、和食が食べられるのが貴重なので、ご飯に。お魚に京都産コシヒカリ、お味噌汁、ごはんのお供がついた「モダンテラスの朝御膳」(1000円)と迷いつつ、「薩摩赤鶏の玉子かけご飯」(550円)にご飯のお供(150円)を2品選ぶことにしました。「うちだのおんぶ漬」も興味あったんですが、「たきものゑびすのちりめん山椒」と「うちだの長芋わさび」をセレクト。長芋わさびはシャキッとした食感に味がしっかりついててご飯が進みます。ちりめん山椒はたきものゑびすのものを使ってるのが、ちょっと嬉しい。
ご飯はおかわりすると有料だけど、最初から大盛りにするのは無料とかで、お供を2品追加するなら大盛りにした方が良いのではと店員さんに勧められ、そんなに食べられるかなと思いつつ、食べきれなかったらヒメママさんに食べてもらうことにして大盛りに。最初は白いご飯にしたらと言うヒメママさんのアドバイスに従って、前半は白ご飯で漬物を頂き、後半に玉子かけご飯に海苔で食べたら、大盛りでもちゃんと完食出来ました。テラス席は犬連れOKらしく、今度はテラスに来てみたい。但し、ちょっと気になることが。適度な混み具合で広い店内に空席はかなりたくさんあるのに、なかなか案内してもらえず、先に到着したヒメママさんによると3組待ちだったそう。スタッフはそれなりにいるし、なんで空いてるのに待たせるのか不思議。モーニングのパン(800円)は珈琲は別料金だし、ランチ等も値段設定はf0119179_0224139.jpg高め、休日などで混雑して長時間待つと不満が残りそうです。ちなみに運営は伊右衛門サロンと同じ会社みたい。モモ母が好きな個人経営店のクオリティはないけど、ロケーションはなかなか良いので、空いてる朝に和食を食べるのがオススメです。
★京都モダンテラス
岡崎最勝寺町ロームシアター京都パークプラザ 2F
075-754-0234
8時~23時
http://www.cafecompany.co.jp/brands/kyoto_modern_terrace/index.html
[PR]
by mmcmp | 2016-09-23 00:25 | 京都のカフェ | Comments(0)