タグ:カフェ ( 752 ) タグの人気記事

修学院まで

f0119179_23221140.jpg昨日の記事に書かなかったのですが、「クロア」さんからの情報で「熾火」が9月22日で閉店されることを知りました。実は7月に行こうとしたのですが、別の店に変更。あの絶品の地鶏の塩焼きがもう食べられないと思うと残念です。群馬に移住されるそうで、お店のサイトを見ると同じ店舗で新たにイタリアンがオープンする様です。
さて、鷹峰も行こうと思わないと、つい足が遠のいてしまいますが、カフェでわざわざ行く店と言えば修学院の「cafe Uchi」さん。連休もゆっくり出来そうだと思い、北8のバスに乗って行ってみました。案の定、ひっそりと営業されていて、本を読むのにぴったり。窓際の席に座って、「ブレンドコーヒー」(480円)と「キッシュ」(480円)をお願いしました。こちらは窓や壁に向かったカウンター席ばかりで、完全におひとりさま仕様。2人並んで座ることも出来ますが、お喋りはちょっと迷惑になりそうな雰囲気です。当然この日も全員一人客ばかり。ビジネスとしてはグループ客向けの店作りの方が良いかも知れませんが、レイアウトにご店主のこだわりを感じます。この空f0119179_23471650.jpg間と手ごねパンにはまる人も多い様で、「食べログ」でもかなり高評価。みんな修学院まで、わざわざ一人で出かけてるんですね。角切りベーコンとほうれん草が入ったキッシュは、すべてがちょうど良い味と食感。大きさもナイフとフォークでなく、直接手でいただくのに適したサイズでした。
★cafe Uchi
山端森本町
11時~18時
木・第1.3水休
http://kyotocafeuchi.blog.fc2.com/
[PR]
by mmcmp | 2016-09-19 23:52 | 京都のカフェ | Comments(0)

名残りの冷柚子茶

f0119179_002610.jpg9月も半ばを過ぎたので、栗餅の販売が始まってるだろうと思って「出町ふたば」に行ったら長蛇の列。並びながら新たな栗餅が運ばれるのを確認したんですが、瞬く間に売れて行き、モモ母の2人前で完売。「次のが出来るまで待ちます」と言ったら、「今日はこれで終わりです」とのこと。豆餅はあったけど、何も買わずに列を離れました・・・。
次の目的地は当ブログをご覧の方にはお馴染みの李朝喫茶「李青」。オーダーしたのも毎度お馴染みの柚子茶(600円)です。なつめ茶やとうもろこし茶などの韓国茶や珈琲、シフォンケーキなどメニューはたくさんあるのに、いつも代わり映えしない柚子茶の写真で申し訳ありません。今回は底に柚子がたまった様子がわかる側面から撮った写真を載せてみます。ガラスの器に氷を浮かべ、下には青々とした葉を敷いて涼しげな感じ。でもテーブルに飾られた花はコスモスやわれもこうなど秋の訪れを感じさせ、庭にはf0119179_031493.jpgススキが見えてすっかり秋です。「李青」さんの季節の花をいつも楽しみにしているモモ母ですが、トイレの花も素敵なのです。今回は赤い実が可愛いなと思ったら、すずばらの実だそうです。バラにこんな実がなるなんて初めて知りました。みのりの秋ですね。心地よい時間を過ごして、栗餅が目の前で売り切れた鬱憤が晴れました。
李青
河原町今出川下る
075-255-6652
11時~18時 月・火休
[PR]
by mmcmp | 2016-09-16 23:59 | 京都のカフェ | Comments(2)

京都駅でも

f0119179_214561.jpg茶道資料館で久しぶりに抹茶を頂いたと書きましたが、正確には「久しぶりにお茶席でお点前を頂いた」ですね。8月に京都駅に行った際に「京都茶寮」で「抹茶セット」(1029円)を頂いてました。京都茶寮って目立たないし、値段設定高めだし、営業時間が短くて前を通っても営業してない印象だし・・・で、一度も訪れたことがなかったんですが、平日の夕方だからか、目立たず高めなのが功を奏してるのか、混雑する駅ビルにあって意外と空いていて、落ち着けました。暗めの照明にジャズが流れる和風モダンな店内は、窓の外の喧騒から隔絶された感じ。
8月だったので、抹茶は冷たいお薄にしたのですが、初心者向けに飲み方の作法を書いたものが添えられていて、親切。お菓子は老松の「晩涼」を選び、こちらも名刺サイズの解説が添えられ、「夏の着物の絽や紗を元に創作したもので、残暑の中、涼しげで凛とした着物姿のように気品漂うお菓子です。滑らかなこしあんを錦玉羹で包んでいます」と書かれていました。老松のデータも載っていて、京都の玄関口らしく京菓子や宇治茶のアンテナショップ的な要素が強い様です。抹茶セットの生菓子も「亀屋良長」や「千本玉壽軒」など複数から選べるのが嬉しい。季節を少しずつ先取りするのが京生菓子の魅力。9月は初秋らしさ漂う和菓子が楽しめることと思いf0119179_243228.jpgます。さすがに行楽シーズンは混むんでしょうけど、ゆっくりしたい時に覚えておきたいお店です。今は外国人観光客向け「おみやげ街道×京都伝統産業ふれあい館」のオープンが話題ですが、京都茶寮ものぞいてみて下さい。
★京都茶寮
京都駅ビル南北自由通路 駅ビルインフォメーション横
075-342-2170
12時~19時 
無休
http://www.kyoto-saryo.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-09-08 02:50 | 京都のカフェ | Comments(0)

派手さはないけれど・・・

f0119179_22512565.jpg先月、寺町二条の京都労演に会費を納めに行った後、「百春」に立ち寄りました。看板もさほど目立つ感じではなく、街に溶け込む様な、まるでずっと前からあった様な佇まい。中も決して広くないけど、いつ訪れても必ず先客がいて、後からも必ず新たなお客さんがやって来る。店のファンが着実に増えている様子です。そして窓側のカウンターから席が埋まっていきます。複数で店に入るとテーブル席に座ることの方が多いと思うのですが、カップルだったり、女性の2人客だったりが既にカウンターにおられて、一人のモモ母がテーブルやソファ席に座ることが殆どです。寺町を眺められるこの店の窓側カウンターは確かに魅力的。でも、今回座った奥のテーブル席もなかなか落ち着きした。
暑かったこの日はアイス珈琲にドーナツを添えました。自家焙煎の珈琲はアイスも飲みやすい。ドーナツはいかにも自家製という感じでした。初めてこの店を訪れた時にはタマゴサンドを食べましたが、その後この店のタマゴサンドを頻繁に目にする様になりました。今はだし巻タイプのサンドがブームなんですね。でも、「あそこはタマゴサンドが美味しい店」的な位置づけにされるのは、ちょっと違うのではないかと思います。そういえば、京都でタマゴサンドが有名な某カフェの知り合いから、それはちょっと・・・という話を聞き、そういう裏話って雑誌等では紹介されないけど、看板メニューで客寄せする店って、どうもあざとさが目に付く様になりがf0119179_03085.jpgち。百春さんは突出したメニューより、店全体の雰囲気を売りにされた方が良いなと個人的には思っています。
★百春
寺町二条上る
708-3437
11時~19時 
木休
[PR]
by mmcmp | 2016-09-04 00:06 | 京都のカフェ | Comments(0)

この充実が素晴らしい!!

f0119179_14402829.jpg押小路の「ポケット」に行きました。前回の記事が1月。暫く行かないと、こちらのモーニングが恋しくなります。11時迄のモーニングは2種類あって、Aがコーヒー&トーストorサンドで420円。Bがコーヒー&トーストorサンド&サラダ&玉子で500円。てことは、サラダと玉子が80円か・・・そりゃBにするでしょう。サンドは玉子、トマト、レタス、きゅうり、ハム入り。しかも玉子の茹で具合が絶品。なのでトーストを頼んだことは一度もなく、常にサンドです。週末は暑さが和らいだとは言え、歩いて来たからアイスコーヒーでお願いしました。アイスは50円アップの店が多いけど、値段は変わらず500円でした。この日のフルーツはバナナ。飾り切りにつまようじが刺さって、子供の頃のお弁当に入ってたバナナみたい。サラダもたっぷり、ゆで玉子もついて、本当に素晴らしい。クロワッサン等のモーニングをよく見かけますが、こちらは生野菜入りなうえに雑穀パンを使ってるのでヘルシーです。
ポケット」は流行りのサードウェーブコーヒーでもなく、カフェめしを出すイマドキのカフェでもないレトロな喫茶店。イノダやスマートほどマスコミに登場しないから、観光客はたまにしか見かけず、大半が地元のリピータf0119179_15195792.jpgーで賑わっています。でも、この日はお客さんは誰もおられず、すぐ後に1組来られただけ。今日は意外と空いてるなと思っていたら、そのうちどんどん増え続けて10時前には満席になった為、モモ母達は店を出ました。今回はこれまでより早い時間に入店したから空いていたのでした。
★COFFEE ポケット
中京区押小路通烏丸東入
075-231-2660
8時~18時 
日休
[PR]
by mmcmp | 2016-08-28 15:26 | 京都のカフェ | Comments(0)

駅チカのコーヒースタンド

f0119179_16541336.jpg20年以上使った洗濯機が壊れまして、京都駅前のビックカメラで新しいのを購入。その後、西に歩いて「Kurasu」さんに行ってみました。このところ京都はコーヒースタンドブーム。街のあちこちに新たな店がオープンしています。ここもそのひとつで、今月11日に出来たばかり。表には胡蝶蘭が飾られていました。
エスプレッソに使っている豆はオーストラリアのシングルオリジンロースターズのもので、東京の焙煎所から入れているそう。ドリップコーヒーの方は苦楽園のタオカコーヒーの豆も使っているとのこと。サイズは2種類。カプチーノのスモール(400円)をお願いしました。スタンドは席数があまりなくて既に何人かおられたので、「テイクアウトで」というと熱いからと紙コップを二重にして下さいました。こういう心遣いが良いですね。オムロン本社脇の広場? で頂きましたが、フォームミルクのクリーミーさがとても印象的。カプチーノとしては先日の「スロージェットコーヒー」よりこちらの方が好みです。ただモモ母は店で本を読んだり、原稿チェックしたりしたいので、ゆf0119179_17415959.jpgったりした席が好き。なので昨今のコーヒースタンドブームは、嬉しいようなそうでないような・・・。とは言え、こちらはかなりわかりづらい場所にるあるから駅ビルほど混んでないし、コーヒーそのものも美味しかったし、表にゆっくり飲める場所があるから、京都駅に行ったらまた寄りたいと思います。
★Kurasu
下京区東油小路町
075-744-0804
8時~17時 月休
http://kurasu.kyoto/
[PR]
by mmcmp | 2016-08-27 17:45 | 京都のカフェ | Comments(0)

新本店に行ってみた☆彡

f0119179_23455780.jpg相次ぐ台風の影響で東日本は各地で被害が相次いでいますね。まだ暫く警戒が必要な様です。お気を付け下さい。京都は夕方少し小雨がぱらついた程度。大きな虹が出ていました。
さて、先週木曜に一度行ってみたいと思っていた長岡京市の「ウニール」新本店に行ってみました。「畑のみえるお昼ごはん」を食べるつもりで出かけたんですが、駅から離れているにもかかわらず、そして平日にもかかわらず満員。到着が12時半を過ぎたせいか、ランチは既に売り切れていました。なので、順番待ちのリストに名前は書かず別の店に行ったら夏休みで臨時休業。仕方なく戻って期間限定の「マンゴタルト」(550円)と「カプチーノ」(520円)でお昼にしました。「ウニール」のカプチーノは久しぶりだけど、やっぱり美味しい。向こうの席でランチを食べてたお客さんに食後のデザートが運ばれるのを見かけましたが、デザートやドリンク(カプチーノもf0119179_036349.jpg可)で1500円はお得そう。次回はランチが食べたいものです。上の写真はヒメママさんが注文した「アフォガート」(610円)。味見させてもらったらアイスクリームに心地よい苦味のエスプレッソがかかって、なかなか美味でした。さすが人気店、1時をかなり過ぎても混んでたけど、2時前には空席も出来て落ち着いて来ました。
★Unir 本店
長岡京市今里
075-956-0117
10時~19時 水休
http://www.unir-coffee.com/
[PR]
by mmcmp | 2016-08-23 00:39 | 京都のカフェ | Comments(0)

高台寺でサードウェーブコーヒー

f0119179_2302666.jpg16日の送り火は雨の中、むぎちゃんを連れて堤防に上がったのに、大文字が全く見えず。びしょ濡れのむぎちゃんを連れ帰ってタオルで拭いてから、モモ母だけ再び堤防に出たら、上賀茂橋から船形がキレイに見えました。堤防から大文字が見えなかったのは初めて。明日の新聞も船形が載ることになりそうです。
さて、自家焙煎珈琲の「スロージェットコーヒー」が京都市動物園に出店してるんですが、閉園時間近くまで中にいてカフェには入らなかったので、大谷祖廟にお盆のお参りに行った帰りに高台寺店に寄ってみました。高台寺御茶所としての外観は観光地によくある店っぽいんだけど、中はイマドキのサードウェーブコーヒーっぽい感じ。境内にあるからあまり知られてないのか、高いとこに上がるのが面倒なのか、界隈の賑わいの割にはさほど混んでなくて、落ち着く雰囲気でした。カプチーノはモモ母的には割と普f0119179_23305344.jpg通かな・・と思うし、期間限定という妖怪シュークリーム「ひとつめ小僧」もイマイチだったのでオススメしませんが、穴場的に寛げるのと見晴らしが良いのが何より魅力です。階段上った甲斐がありました。テイクアウトも出来るので、混んでたら外でのカフェタイムも良いんじゃないでしょうか?
★SLOW JET COFFEE
高台寺
東山区高台寺下河原町
075-533-7480
9時~21時30分
http://www.slowjetcoffee-kodaiji.com/
[PR]
by mmcmp | 2016-08-16 23:32 | 京都のカフェ | Comments(0)

HOTOKI AGAIN

f0119179_21532093.jpg岩倉の「HOTOKI」を再訪しました。前回行った時にちょっと迷ったんですが、京都バスを「長代南橋」で降りて「エヴァンタイユ」の所から川沿いに下がり、最初の角を曲がると、すぐに看板が見えました。楽しみにしていたのが「obese」の小長谷英之さん監修の鮎のピザ。1日限定10食なので、もうないかなと思ったけど、最後の1つがまだありました。芽ジソやトマトをあしらった華やかなピザで、鮎のペーストが独特のテイストを醸し出す大人の味。添えられたみょうがとキュウリもさっぱり夏らしい美味しさでした。みょうがは高知産、きゅうりは大原で採ったもので、新鮮さを活かす様にドレッシングは味を控えめにしているそう。ぶぶあられが散らされていたり、見た目にも食欲をそそります。8月末までの限定メニューだそうで、食べることが出来てラッキーでした。
1階が工房、2階手前が器のお店、奥がカフェになっているHOTOKIさん。カフェからは1階の工房を見下ろすことができます。陶芸は殆どしたことないけど、母が油絵をしていたから、アトリエとか工房の持つ空気がとても好き。気になっていた店名の「ほとき」とは、古くは湯や水を入れる土器を指す言葉で、漢字で書くと「缶」。今は陶器の「陶」という字の中に残っているf0119179_2236209.jpgとお店の人に言われ、あ、確かに、と気づきました。下の写真に小さくしか写ってないけど、アイスコーヒーの入った素焼きのマグカップ、シンプルだけど手になじむ感じが素敵でした。夜8時まで営業されてるのも暑い時期には重宝します。
★HOTOKI
岩倉西五田町
075-781-1353
10時~20時 
水休
http://hotoki.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-08-12 22:46 | 京都のカフェ | Comments(0)

本当に大事なお店

f0119179_23325219.jpg耐震工事が始まった当初、長時間の騒音がむぎちゃんのストレスにならない様に、ちょっと長めのお散歩に行ったり、父が短期入所している高齢者施設に連れて行ったりしていました。暑さも今ほどではなかったから、鞍馬口の「フランジパニ」にもお邪魔しました。いつもの奥の席にお客さんがおられたので、窓に近い席へ。近くのお客さんに迷惑かけないか心配したけど、着物姿の女性がむぎちゃんのことを気に入って下さったのでホッとしました。暫くしたら、いつもの席が空き、お店の方が「向こうに移動されますか?」と声をかけて下さり、奥まった席へ移動。安心して長居させて頂きました。帰る前にトイレに行ったら、途端にむぎちゃんがピーピー不安そうな声で鳴き出したそうで、モモ母が戻るまでお店の方がずっと相手をして下さった様です。
この日お願いしたのは「ケークサレ」のキャベツのチーズ巻きとツナのケーク。玉ねぎもありますが、モモ母は専らキャベツの方を選んでいます。グリーンサラダもたっぷりで、珈琲も美味しく、大好きな「フランジパニ」の中でも特に好きなメニュー。好きな空間で愛犬と一緒に好きなものを食べて過ごせるというのは、本当にシアワセなことです。以前大事なお店と題して「クロア」さんの記事を書きました。その気持ちは今も変わっていませんが、モモ母にとって大事なカフェをあげるなら、このフランジパニと北白川の「ノリズ」と新大宮の「昼行燈」。一昨日の記事に書いた様にノリズは閉店し、昼行燈も長期休業から再開ならぬまま、ご一家は転居されましf0119179_23571698.jpgた。ご店主は新たな場所での再開を希望されていますが、かつて店だった場所がもぬけの殻になってるのを見るのは寂しいものです。「フランジパニ」は珈琲の美味しさを教えて下さり、認知症の父や犬連れでも歓迎して下さる、モモ母にとって本当に大事なお店。良い店が近くにある有難さを改めて痛感しています。
フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
日・木休
[PR]
by mmcmp | 2016-08-07 23:31 | 京都のカフェ | Comments(0)