タグ:カフェ ( 766 ) タグの人気記事

3月のフランジパニ

f0119179_0115714.jpgしょっちゅう顔を出してると思ってたお気に入りのカフェ「フランジパニ」。こうやってブログを書いてみると、月に1回ペースであることが判明。お座敷、一人席、テーブル席に、それぞれ先客があったこともあって、先月と同じ席に座りましたが、テーブルのピンクの花が、春らしい印象です。
オーダーしたのは、チーズケーキとアッサムティの「ケーキセット」(550円)。
こちらのチーズケーキは、めちゃくちゃ特徴的というわけではないので、あそこのが食べたい!と求めて行くことはないのですが、食べてみると手作りの良さが伝わって、しみじみ美味しい。お隣りの席の女性二人もケーキセットを注文された様子でした。f0119179_0445263.jpgこの日はチーズケーキだけだったけど、チョコレートケーキがある時もあります。よしもとばななの文庫本を読んでいると、ピアノ演奏による「ビギン・ザ・ビギン」が流れてきました。久々に耳にしたメロディが妙に懐かしく、心和みました。
フランジパニ
室町鞍馬口下る
tel 075-411-2245
10時~19時 日休
[PR]
by mmcmp | 2007-03-16 00:53 | 京都のカフェ | Comments(0)

「よーじや」のお約束

f0119179_2352857.jpg京都土産の定番のひとつに、「よーじや」のあぶらとし紙があります。昔は「よーじや」と言えば、
地味な老舗洋品店という印象だったのですが、今や幅広い世代に人気のメジャーな店になりました。金閣寺店、銀閣寺店など店舗数も増え、3ヶ所にはカフェも併設されています。
カフェの中でも、繁華街にあって、普段使いに重宝するのが、三条店。ここに来たら、やっぱりカプチーノ。特に初めて訪れる観光客の方は、誰か一人はオーダーしましょう☆f0119179_0101697.jpgデザインカプチーノはいろんな店でやってますが、お馴染みのトレードマークを描いてくれるのは、「よーじや」ならではです。注意深く運ばれてきたカプチーノ。飲むのも、気をつけて飲み始めたのですが、おすましさんだった顔が、なんだかすぐに性格が変わって、内気なキャラになっちゃいました・・・。f0119179_0221598.jpg
★よーじやカフェ三条店
三条通麩屋町東北角
tel 075-221-4501
11時~19時 無休
http://www.yojiya.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-03-08 00:32 | 京都のカフェ | Comments(2)

思い思いの午後

f0119179_031885.jpg日曜に父と北野天満宮に梅を観に行った後、「ひだまり」でお茶にしました。さすがに日曜は、ひっきりなしにお客さんが訪れます。満員で帰って行く人もあるほど。平日のゆるい雰囲気に慣れていたので、ちょっとビックリ。でも、奥の席はいつもののんびりムード。隣では、畳に寝転ぶお父さんの傍で、子供達がゲームに興じていました。普通の店なら「おいおい」と思うモモ母ですが、ここでは休日の午後っぽくて微笑ましい感じ。
モモ母はというと、父の写真を携帯で撮りまくりました。f0119179_0312261.jpgカフェでお茶してる写真を、携帯の待ち受けにする76歳って、ちょっと良いでしょ?
この日もお気に入りの「抹茶のブリュレ」を注文。温かいブリュレと冷たいアイスの組み合わせが、妙にクセになります。抹茶の味がしっかりしているのも、モモ母好み。父も気に入った様子でした。
★ひだまり
六軒町五辻通西入る
tel 075-465-1330
10時~日暮れまで
[PR]
by mmcmp | 2007-03-07 00:23 | 京都のカフェ | Comments(0)

人形の世界をのぞいてみると・・・

f0119179_23394469.jpg「昔人形青山」に、10数年ぶりに入ってみました。たくさんの市松人形や御所人形が飾られた独特の雰囲気は、以前と同じ。奥のギャラリーには現代の作家作品が並び、人形たちが異空間を創っていました。手前にはカフェスペース「にんぎょカフェ」があって、古い写真をあしらったメニューの中から、カルピスを注文。すぐそばでは、大きなメインクーンの看板猫が、気持ち良さそうに寝ていました。
ギャラリーで行なわれている「monthly K1-doll exhibition」の3月4日~31日は、碓氷東子さんの作品。初日だったので、碓氷さんも東京から来られていて、少しお話をうかがいました。人形作家というと、米原万理とかフジ子・へミングみたいなマダムっぽいイメージだったのですが、以前はイラストを描いていたという碓氷さんはまだ若く、f0119179_0355314.jpgカジュアルな感じ。人形作家の年齢は幅広く、10代で始める人もいるのだとか。普段のモモ母とは無縁の世界を垣間見せてもらって、なかなか興味深いものがありました。
★昔人形青山/K1ドヲル
室町北大路下る
tel 075-415-1477
1時~19時 木休

http://www2.odn.ne.jp/k1-aoyama/
碓氷東子さんのサイトhttp://www.geocities.jp/toko_usui/
[PR]
by mmcmp | 2007-03-05 00:40 | 京都のカフェ | Comments(0)

これぞ京の町家カフェ

f0119179_23414642.jpg獣医さんにモモの薬をもらいに行った帰りに、西陣の町家カフェ「ひだまり」に寄りました。初めて訪れたのは、2年ほど前だったでしょうか。お客さんはたしか学生風の一人客とご近所さんらしき男性二人。奥の席でお茶していると、「検査の数値が悪うてなぁ・・・」などという話がきこえてきました。お年寄りが病院帰りなんかにカフェに寄って、カフェめしやスイーツを食べながらお喋りするって、素敵ですよね。繁華街のカフェにはない西陣ならではの魅力を感じました。その雰囲気は、いつ行っても変わりません。今日は表のこたつ席に座りましたが、外から差し込む光が優しくて、「ひだまり」という言葉がぴったり。
f0119179_23402781.jpg日暮れまでという営業時間も、とてもこの店らしい気がします。おまけに今日は、大好きな「蘇州夜曲」や「星影の小径」が流れて、モモ母には理想的なカフェタイムでした。
★ひだまり
六軒町五辻通西入る
tel 075-465-1330
10時~日暮れまで
[PR]
by mmcmp | 2007-02-25 00:32 | 京都のカフェ | Comments(0)

ひとりでほっこり☆

f0119179_23482690.jpg仕事の打ち合わせ、友人との談笑、一人で読書など、さまざまな場面でカフェを利用しますが、仕事半分、気分転換半分で出かけることも多いです。資料に目を通したり、原稿のリライトなんかもパソコンの前とは視点が変わるので、思いのほかはかどります。今日はお気に入りの「フランジパニ」で資料作成。お気に入りと言いつつ、2月になってから行ったのは、今日が初めてでした。
注文したのは、バナナジュース。ストーブの置かれた冬のカフェには不似合いなセレクトみたいですが、トロピカルな植物があちこちに置かれたこの店では、違和感なく味わえます。f0119179_033052.jpg今日、モモ母がいる間に来られたお客さんは、全員ひとり客。誰もが長居して、それぞれの時間を過ごしていました。ひとりで入りやすいことって、カフェの大事な要素ですよね。ひとりが心地良い店は、二人でも心地良い。「フランジパニ」は、まさにそんなお店です☆
フランジパニ
室町鞍馬口下る
tel 075-411-2245
10時~19時 日休
[PR]
by mmcmp | 2007-02-22 00:20 | 京都のカフェ | Comments(0)

ウエストに行きたい!

f0119179_23205748.jpg4月に渋谷で観る「写楽考」のチケットが届きました。まだ2ヶ月も先なのに、気分は東京。早く行きたいです。吉祥寺の「くぐつ草」や下北沢の「タス・ヴァリエ」など、東京には大好きな喫茶店やカフェがたくさんあるので、行く度にあちこちはしごしています。中でも年齢と共に「ウエスト」が、どんどん好きになってきました。銀座ウエストとして知られる洋菓子舗で、もちろん銀座店もよく行くのですが、モモ母が一番好きなのは、青山店。店内が広いこともあって、いつも賑わっている銀座店より、ゆっくり過ごせる気がします。(銀座でも長居しちゃいますけど)
いつ、どのウエストのお店に行っても印象的なのが、ピカピカの銀食器。なんだか「日の名残り」の主人公を思い出してしまいます。白いテーブルクロ
f0119179_23325976.jpgスやお店の人の清楚な制服のせいでしょうか、レトロというよりクラシカルな雰囲気。写真はほぼ1年前、「労働者M」を観る前に寄った時に撮ったもの。「写楽考」に「労働者M」、昨秋の「タンゴ・冬の終りに」。モモ母は、堤真一の舞台が大好きなのです。
★洋菓子舗ウエスト 青山店
東京都港区南青山
tel 03-3402-6901
9時~23時 (土日祝 12時~21時)
http://www.ginza-west.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-02-21 00:00 | 東京のカフェ | Comments(2)

チョコも良いけど、コーヒーもオススメ!

f0119179_03855.jpgまたまた岡崎の「kyoto 生chocolat」さんに行きました。バレンタイン前に近くを通りがかった人から、表に行列が出来ていたと聞いたので、まだ混んでるかもと思いましたが、夕方だったこともあって、待たずに入れました。
日本家屋を使った「オーガニックティーハウス」は、どこか知り合いの家を訪れたような雰囲気。昔は京都のあちこちに、こんな感じの家があったなぁと、懐かしく思い出させてくれます。中西シェフが作る生チョコやケーキも、勿論美味しいのですが、モモ母はグァテマラ産の豆を使った「オーガニックコーヒー」の大ファン。特に初めて訪れた昨年夏にいただf0119179_0155466.jpgいたアイスコーヒーは、感動的でした。珈琲通ではないモモ母は、どこのアイスコーヒーが美味しいとか、特別意識したことはなかったのです。それが、一口飲んで、「これは違う!」と。今はさすがにホットでいただきますが、普段はミルクを入れるのに、ここではデザートをいただきながら、ブラックで飲んでみたくなるのです。
kyoto 生chocolat
岡崎天王町
tel 075-751-2678
12時~17時 月・火休
http://www17.plala.or.jp/kyotochocolat/
[PR]
by mmcmp | 2007-02-19 00:21 | 京都のカフェ | Comments(0)

老舗珈琲店の人気ホットケーキ

f0119179_23493437.jpg寺町の事務用品店に行く前に、久々に「スマート珈琲店」に寄りました。雑誌などの影響でしょうか、新聞を読んだり商談を交わすおじさん達に混じって、若い女性客も多く、朝から賑わっていました。
ドイツプロパッド機で自家焙煎した珈琲のファンも多いけど、お客さんの注文をきいてから粉を計って焼き上げるというホットケーキもかなり有名。運ばれてきた焼きたてのホットケーキからは美味しそうなにおいが漂って、食欲をそそります。
大きなバターとたっぷりのシロップ。卵や牛乳などごく当たり前のものを使って、昔から変わらぬ作り方で真面目に焼いたこちらのホットケーキは、確かにいつ食べても美味しい。プリンも同様の魅力があります。でも、ジモティのモモ母にとっては、どちらも昔からの正統派の味。それが近年特に脚光を浴びるということは、今やそれだけf0119179_23511183.jpgちゃんと作って出してくださる店が、巷に少なくなっているんですね。いつまでもこちらのホットケーキとプリンが食べられますように・・・。
★スマート珈琲店
寺町三条上る
075-231-6547
8時~19時
(ランチ11時~14時30分)
http://www.smartcoffee.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-02-18 01:06 | 京都のカフェ | Comments(2)

洋館で過ごす午後

f0119179_23594220.jpgモモ母が好きなカフェのひとつに護王神社近くの「カフェ・サラ」があります。大正時代に建てられた洋館を使ったお店で、手前にはカウンター席もありますが、いつも奥のテーブル席でゆっくり寛がせていただきます。暖炉のある部屋にはアンティーク家具が置かれ、クラシック音楽が流れていて、落ち着いた雰囲気。過度な装飾もなく、シンプルなところが気に入ってます。
でも、好きな割には行く機会が少ない。長年仕事ですぐ近くまで毎週通っているのですが、週末や夕方に行くことが多いので、その時間は閉まっていることがほとんど。たまに足を運んでみても、既にオーダーストップだったり、臨時休業だったりで、ガッカリすることも少なくありません。f0119179_018133.jpgそれゆえ、打ち合わせの間に時間ができた時などにのぞいてみて、営業中だったらとってもラッキー。ホットケーキやクッキーと共にいただくお茶に、しばし和んでしまいます。
★cafe SALA
室町出水上る東側
tel 075-451-4741
11時~16時30分(LO16時)
土・日休 その他不定休
http://www.kyoto-sala.com
[PR]
by mmcmp | 2007-02-13 00:31 | 京都のカフェ | Comments(0)