タグ:カフェ ( 779 ) タグの人気記事

日暮れまで

f0119179_23575552.jpg高校時代の友人達と西陣の「ひだまり」に出かけました。今年最初に来た時は2月だったので、こたつ席があったけど、今は庭先に風鈴が吊るされて、すっかり夏の気配。こうした季節のうつろいを感じられるのは、町家ならではです。注文した「みるくコーヒー」も前回は温かいのをお願いしましたが、この日は冷たいのをいただきました。飲み物には、いつもそばぼうろが添えられています。そばぼうろって、久々に食べると美味しいんですよね。
「ひだまり」さんの営業時間は日暮れまで。季節によっても違うだろうと思い、今は何時までやっておられるか電話f0119179_0122063.jpgで前日に確認したら、6時過ぎくらいまでとのことでした。なのに、すごく居心地が良かったのと、久しぶりの再会であれこれ話が弾んだのとで、気がついたら6時半をかなりまわっていました。どおりで満員だったお客さんが、誰もいなくなったはずです。長居をしてしまって、スミマセンでした・・・。
ひだまり
六軒町五辻通西入る
tel 075-465-1330
10時~日暮れまで
[PR]
by mmcmp | 2007-05-14 00:26 | 京都のカフェ | Comments(0)

感無量・・・

f0119179_23411339.jpg「ドトール」でアイスラテを飲みました。感動です。いや、別に繁華街ならどうってことないんですが、京大病院の中に「ドトール」があるのです。母が生前に入院・通院してた頃から郵便局やATMがあるのは重宝しましたが、病院内は薄暗くて独特の臭いがしてましたし、食堂や喫茶も垢抜けない間に合わせ程度のものしかありませんでした。それでも寝たきりで外出は病院だけという母にとっては、貴重な息抜きタイム。パサついたサンドイッチでも粗末なテーブルでも満足していました。職員は外に食べに行くから、利用者は患者と家族だけだったろうと思います。
今は玄関ロビーも明るく開放的。その一画に設けられた「ドトール」は、街中のそれと全く変わりません。飲み物の種類も多彩で、選ぶ楽しさが患者や家族f0119179_0175618.jpgにも提供されています。他のお客さんがいるからと商品しか撮影が許可されなかったので、店の様子を伝えられなくて残念ですが、医療機関はこうしたアメニティの充実を是非考えて欲しいと思います。レストランという言葉の語源は「回復する」「良い状態にする」だとか。良い状態になる必要が一番あるのは患者や家族。飲食業界の皆さん、医療施設への積極的な出店をよろしくお願いします!
★和進会ドトールコーヒーショップ
京都大学附属病院内
075-751-4089
7時~21時(土・日・祝7時30分~20時)
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/patient/map_service.html#P18
[PR]
by mmcmp | 2007-05-10 00:20 | 京都のカフェ | Comments(8)

路地奥に広がる絵本の世界

f0119179_04163.jpg西陣の「ペンネンネネム」は、細い路地の奥にある町家で週末だけ営業している珈琲と絵本の店。店内には宮沢賢治の童話をはじめ、「100万回生きたねこ」やモモ母が大好きだった「大きな木」などなどたくさんの絵本が所狭しと並べられています。本棚に置かれた小さなモニターからは、スノーマンの映像が流れていました。
この店を知ったのは、出来て間もなくの頃、ネットの「いい店みつけた」という書き込みでした。内緒にしときたいから店名は書かないけど、この辺を探してごらんというような内容だったと記憶しています。早速、書かれていた目印を頼りに歩きまわって看板をみつけ、入ってみたら本当に素敵なカフェで、一度で気に入りました。その後、雑誌などでも度々紹介されるようになり、営業f0119179_0222552.jpg日も変わって、ちょっとご無沙汰してたのですが、久々にのぞいたら満超員でビックリ!その時は入るのを諦め、辺りが暗くなってから、再び訪れました。夜には以前と変わらないゆるい雰囲気が戻っていて、のんびりできました。また混んでない時間帯を狙って、ちょくちょくのぞいてみようと思います。
★ペンネンネネム
下石橋南半町
075-431-0702
12時~21時
金・土・日・祝のみ営業
http://www.geocities.jp/nenemu_cafe/
[PR]
by mmcmp | 2007-05-05 00:24 | 京都のカフェ | Comments(2)

美術館でブランチ

f0119179_23422696.jpg東京3日目は六本木の国立新美術館に行くことにしていたので、美術館の中のカフェでブランチをと思ったら、お目当ての2階は既に順番待ち状態。3階は高そうだし、1階のカフェテリア形式の「カフェ・コキーユ」へ。ロビー席に結構人が多かったのと、レジ待ちの間に見たテラスの様子が良さそうだったたので、外のテラス席に座ることにしました。緑を眺めながらのブランチは清々しくて気持ちよい。テラスにして正解でした。木々の向こうに六本木ヒルズの森タワーが見えるあたりが、いかにも東京らしい風景ではあります。
タンドリーチキンのサンド650円は高いと思ったけど、ものすごくボリュームがあって、おなかが一杯になりました。これなら、この値段も仕方f0119179_034269.jpgない。で、よく見たら、「グルメ」のサンドイッチでした。作ってるのは東京の工場ですが、「グルメ」といえば大阪のサンドイッチレストラン。こんなところで出会うとは、ちょっと意外でした。その後、見た「大回顧展モネ」は、平日なのになんで?と思うくらい人が一杯でした。
★カフェコキーユ
東京都港区 国立新美術館1階
03-5770-8164
10時~18時(金~20時)
火休
http://www.nact.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2007-04-26 00:16 | 東京のカフェ | Comments(0)

自分だけの空間

f0119179_23445696.jpg東京滞在2日目は銀座でランチ。
その前に少し時間があったので、大好きなコリドー街の「ガルリカフェ」に行きました。細い階段を上がった2階にある店は、ほの暗く落ち着いた雰囲気。特にモモ母が気に入っているのは、店内のあちこちが壁で仕切られていて、他のお客さんから遮られて個室に近い寛ぎを得られるところ。窓際だと席の一方が窓、もう一方がすぐ壁だし、この日座った席も、すぐ左と、テーブルの向こうの席の後ろに壁があって、とても快適でした。左壁手前のランプの傍には、さりげなく古い洋書が開いて置いてありました。こういう演出も素敵です。
f0119179_044835.jpg紅茶はポットサービスで650円。次回は看板商品の和栗のモンブランを食べてみたいと思います。
★ガルリカフェ
東京都中央区銀座
03-3573-7615 
11時~23時30分
(土12時~
日祝12時~22時30分)無休 
[PR]
by mmcmp | 2007-04-24 00:23 | 東京のカフェ | Comments(0)

中央線沿線の名曲喫茶

f0119179_0124251.jpg東京での一日目の夜は、吉祥寺で食事をした後、荻窪在住のNさんオススメの名曲喫茶「ミニヨン」へ。荻窪駅南口にある「ミニヨン」は、創業昭和36年と言う老舗。BGMにクラシックをかける店はよくありますが、純粋に音楽を聴くことを目的とした店に入るのは久しぶりです。椅子がテーブルの片側にしか置かれてない席が多く、静かに耳を傾ける場所だということがよくわかります。そういえば、ジャズ喫茶やクラシック喫茶は、向かい合って談笑する空間ではなく、一人静かに思索にふける空間だったと思い出しました。「ミニヨン]では、コンサートなども企画されているので、演奏が聴きやすいよう配慮されたレイアウトでもあるようです。
この日はチェロの音色を聴きながら、カプチーノをいただきました。京都の人にはわかりづらいと思うのですが、モモ母が感じたのは、「いかにも中央線沿線にある店だな」ということ。京都だと、百万遍あたりかなぁ・・・f0119179_0402150.jpgいや、ちょっと違うかな。そういえば、長いこと出町にある名曲喫茶「柳月堂」に行っていません。久々に行きたくなりました。
★ミニヨン
東京都杉並区荻窪
03-3398-1758
11時~22時(日曜19時]
水休
http://members.jcom.home.ne.jp/stmera/mignon/
[PR]
by mmcmp | 2007-04-23 00:44 | 東京のカフェ | Comments(0)

神楽坂茶寮に行きました☆

f0119179_1524338.jpg週前半に東京に行っていたので、暫く東京ネタが続きます。東京ネタにご興味のない方もヨロシクおつきあいください。今度上京したら是非行ってみたいと思っていた「神楽坂茶寮」本店に行きました。満員なのでちょっと気後れして、辺りをうろついてから再びのぞいてみたのですが、空く気配がないので入ることに。午後1時半までの昼食メニューにギリギリ間に合いました。好きな2品は鶏肉のトマト煮と大根と水菜のじゃこサラダをセレクト。それに赤だしとごはん、とろろと香物、有機栽培アイスオーレで1000円のセットをお願いしました。
さすが人気のカフェ、お客さんが後から後から入ってくるのですが、奥に座ったせいか、さほど混雑は気にならず、ゆっくり落ち着くことができました。お客さんの大半は女性でしたが、年齢層が意外と幅広いのは、お土地柄でしょうか。若いスタッフの店にありがちなf0119179_2152052.jpg接客の悪さもなく、丁寧な対応に好感が持てました。また行きたいお店です。
★神楽坂茶寮本店
東京都新宿区神楽坂
tel 03-3266-0880
11時30分~23時
(土・日・祝~22時)
http://www.saryo.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-04-20 02:19 | 東京のカフェ | Comments(0)

朝のフランジパニ

f0119179_0454415.jpg4月になってはじめての「フランジパニ」です。いつもは午後に訪れることが多いのですが、この日、初めて午前中に立ち寄りました。朝の清々しさは、穏やかな午後とはまた違った魅力があります。築80年以上になるという町家らしく、畳席の奥の坪庭が、陽光に照らされて良い感じ。テーブルの緑に四季のうつろいを感じつつ、卵トーストで朝食にしました。程よい焼き加減のトーストに卵と野菜をはさんであって、食べ応え十分でした。
夜のイメージが強いジャズを朝に聴くのも良いものです。この店の心地よさは、大好きなピアノジャズがよくかかるf0119179_133298.jpgせいもあるのですが、オーナーさんはチェロがお好きだそうで、レジの奥の棚にはヨーヨーマのCDもたくさん並んでいました。モモ母が行くとたいていピアノがかかっているのは、嬉しい偶然のようです。ちなみにジャズの選曲は、オーナーさんのお兄様だとか。ヨーヨーマもMJQも、すんなり溶け込む日本家屋って、素敵ですよね。
フランジパニ
室町鞍馬口下る
tel 075-411-2245
10時~19時 日休
[PR]
by mmcmp | 2007-04-15 01:23 | 京都のカフェ | Comments(0)

今後に期待

f0119179_140539.jpg銀行に行ったついでに、建設中から気になっていた「ホテルモントレ京都」をのぞいてみました。1階のカフェは英国の邸宅の書斎をイメージした「ザライブラリー」。書斎というよりアイリッシュパブなんかに共通する色調だと思ったけど、程度な暗さで落ち着けます。団体客もそんなに気になりませんでした。窓際だとさらに良いかも。
ただ、まだ慣れてない上に、混み合ってたせいだと思うけど、「片付けますのでお待ちください」と言われて待ってたら(後ろのおば様も「時間がかかるのねぇ」なんておっしゃってました)、後から入って来た男性が先に席についてもスタッフは何も言わず。普通、「お待ちのお客様がおられます」って言いません?それとも一度先に来てたのf0119179_153865.jpgかなぁ・・・。見本のケーキも後から席についたおば様たちに先にもってくし。その都度、「大変お待たせしました」と言って、接客の感じは決して悪くないだけに残念。ホテルのカフェはどうしても値段に見合うホスピタリティを期待してしまいます。新しいもの好きだけど、新参者に厳しい京都でやっていくには、プロ意識をさらに磨いてほしいところ。雰囲気は良いので、今後に期待したいです。
★ザライブラリー
烏丸三条南
075-212-3911
カフェ10時~17時 バー17時~23時
http://www.hotelmonterey.co.jp/kyoto/index.html
[PR]
by mmcmp | 2007-04-05 02:10 | 京都のカフェ | Comments(0)

市中の山居

f0119179_0193127.jpg烏丸三条界隈でゆっくりしたい時は、「素夢子古茶家」によく行きます。10種類の漢方を入れた十夢母茶や高麗人参茶などの漢方茶がいただける店で、略して「そむし」と言ったりします。「そむしこ」と言ってた人がありますが、あれは「マクドナルド」を「マクド」とヘンなとこで切ったりする関西ならではの言い方ですね。
奥まっていて落ち着くテーブル席、寒い時期はオンドルになった床が心地良い座卓席など、ほの暗い店内は、エリアによって様々な表情をしています。この日は、以前から一度入りたかった奥の畳席に初めて入りました。襖で仕切られ、その中にいた客はモモ母たちだけだったので、f0119179_032371.jpgすっかり個室気分で寛いでしまいました。モモ母がオーダーした柚子茶は、体のバランスを整え、気分をリラックスさせてくれるとか。市中の山居で、まさにリラックスさせていただきました。
★素夢子古茶家
烏丸三条西入
075-253-1456
10時~21時 水休
http://www.somushi.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2007-03-30 00:41 | 京都のカフェ | Comments(2)