タグ:コメディ ( 7 ) タグの人気記事

京都労演「田茂神家の一族」

f0119179_0422295.jpg京都労演2月例会東京ヴォードヴィルショー公演「田茂神家の一族」を観ました。劇団創立40周年記念興行第五弾として2015年新宿で上演された時のポスターから客演の伊東四朗が石倉三郎に替わっただけと思ってたけど、人数も8人から6人になってました。初演は佐藤B作の故郷・福島。芝居の舞台は東北の杁(えぶり)村公民館。「えぶり」はevery、バカバカしくデフォルメされてはいるけれど、これはどこにでもありうる話ということ。歌で情勢を伝えるコロスが4人から6人に増え、導入も町長選挙の合同演説会の準備から始まる等、マイナーチェンジしていて、二度目の観劇ならではの面白さがありました。
三谷幸喜が劇団の為に書き下ろしただけあって、次男の健二が佐渡稔、三男の三太がB作、町長の弟常吉が石井愃一と登場人物がいかにも役者にアテ書きされたキャラ。その中で前町長の嘉右衛門は演者によってガラリと雰囲気が変わっていました。更に選挙コンサルタントの井口は前回山口良一が演じてたのを忘れていたほど、まいど豊がハマってました。会報によると三谷が第一稿をB作に見せると「人間が描けてない」と厳しいダメだしをされ、B作の顔を思い浮かべて書き直したら「とても良くなった」と褒められたそう。一見良さそうに見える候補が話す、何かよくわからないけど耳障りの良い政策に要注意。初演時に今の世相にぴったりだと思ってから2年経った今も、やっぱり同じことを思う。そういえば「その場しのぎの男たち」も92年の初演から何度も上演されたけど、その度に今の世相を表してる様だと言われるとか。三谷&ヴォードヴィルの社会性のあるコメディには普遍的な魅力があるということでしょうか。奈良、兵庫、大阪、和歌山、滋賀とまわった後は、石川や新潟でも上演される様です。
http://www.vaudeville-show.com/
[PR]
by mmcmp | 2017-02-12 01:40 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「WILL」

f0119179_102338.jpg東京・築地の築地本願寺ブディストホールで2日まで上演中の劇団大富豪第9回公演「WILL」を観ました。大富豪って全然知らなかった劇団ですが、7月にこんなツイッターを発見。続いてこんなツイッターも。どうやら宮原弘和さん主宰の声優さん達の劇団に田中亮一さんが客演される模様。これは行かねば!と出かけました。劇団芸協以来20年以上ぶりに亮一さんの舞台が観られて感激でした。
若くして的屋の組長になった寅吉が生前葬をやると言い出し、親族関係者が集まって来る。その席が婚約者の紹介を兼ねていたり、弟の大河も大事な人を一緒に連れて来たり。いろんな事情を抱えているけど、いろんな「家族」があって良いよね、と思えるハートフルコメディでした。緒方賢一さんや山口勝平さんといった客演陣を含めた出演者が20代から70代まで幅広く、それこそ家族の様に一緒になって作品を作り上げてる感じが伝わってきて、素敵な座組だなと温かい気持ちになりました。若手のツイッターを拝見してると、豪華なメンバーと共に舞台に立てる喜びや良いものにしようという一生懸命さが綴られ、今まで全く知らなかった劇団なのに、当日には殆どの役者さんを昔から観続けてる気になってました。宮原さんちの茶瑠ちゃんもすっかり身近な存在に。子役の大出美結ちゃんは逸材ですね、「あほんだらすけ」の愛情物語にも出て欲しいくらい。同じ座組での新作があれば、又、観てみたいです。ちなみに亮一さんと言えば、こんなニュースも。いよいよ今夜から放送だけど、関西は9日からなんですよね・・・劇団大富豪といいタイガーマスクWといい、気軽に見られる関東の人が羨ましいです。公演は明日まで。当日券もある様なので、関東の方は是非!
http://www.geocities.jp/gekidan_daifugo/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-01 11:25 | 観劇・鑑賞 | Trackback | Comments(0)

「俺たちは天使じゃない」

f0119179_2216199.jpgロームシアター京都サウスホールで28日、29日上演された無名塾公演「俺たちは天使じゃない」を観ました。京都労演4月例会として行われたもので、京都会館から生まれ変わったロームシアターを訪れるのも楽しみでした。ちなみにサウスホールは昔の京都会館第二ホールです。岡崎界隈は大勢の人で賑わっていて、連休気分も味わえました。
原作は1950年に書かれた「天使の台所」。52年にパリで初演され、日本では56年初演、74年にはいずみたく音楽でミュージカルになっているそう。今回は台詞のみのストレートプレイとして上演され、一番前の席で観ることが出来てラッキーでした。池辺晋一郎の音楽で幕があき、雑貨屋を経営する夫婦や三人の囚人が登場するんですが、演技が古典的で、なんか演劇を見始めた頃によく観たタイプの芝居だなという感じ。原作自体も古いけど、芝居のスタイルもクラシックな印象でした。とは言っても、マクベスみたいな重いものではなく、軽妙なコメディ。詐欺師ジョゼフ役の仲代達矢の飄々とした演技がとても受けてました。とぼけた様な声の調子で喋る台詞は、そのイメージとは裏腹にとてもよく通って聞きやすい。コミカルな動きも発声も、実はかなり計算されているのが分かります。他の囚人役2人も好演していて面白かった。ただ、雑貨店一家の窮地を救うのは別の方法でして欲しかった。客席からの笑いと拍手でエンディングというのにモモ母は少なからず違和感がありました。「天衣無縫のヒューマニズム」、「殺人行為さえ、ユーモアを交えて、まるで善行そのもの」と機関紙に解説されてたけど、殺人は善行じゃないでしょ、命が軽すぎるよ・・・と。三人の囚人の活躍で適役アンリと甥のポールを追い出しちゃえば抱腹絶倒、ああ楽しかった・・で終われるのになぁと、残念に思ったのでした。
http://www.mumeijuku.net/stage/index.html
[PR]
by mmcmp | 2016-04-29 23:18 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「あほんだらすけ27th」

f0119179_2232252.jpg「うむすな」を観た翌日は東京・下北沢の「スズナリ」で「あほんだらすけ27th」を観ました。難解とも言われる舞踏の「山海塾」とわかりやすい芝居を目指して立ち上げられた劇団「東京ヴォードヴィルショー」という対極的とも言える2つが大好きなモモ母。「あほんだらすけ」は東京ヴォードヴィルショーの山口良一、たかはし等ら「花組エキスプレス」メンバーによるオムニバスショーです。昨年一昨年は小林美江、能見達也というレジェンドメンバーが客演したけど、今年はなし。さらにまいど豊もお休みとあって、ちょっと出来栄えを心配してたんですが、昨年の勢いはないものの、ちゃんと面白かった。客演の長峰みのりは今年の方が断然良かったし、初客演の長野真歩も頑張ってました。
冒頭のテレビショッピングは布団ばさみ「サーゲンダッツ」。「地球まるごといただき団」に続くムーンライトマスクは女性陣も登場、毎年繰り返されるいつものフォーマットの中に、今年は久々に「語る詩人の会」が復活してました。ご一緒したHさんは初めて観たとおっしゃってたから、8年以上ぶりでしょうか。脚立に座った大森ヒロシとたかはし等が詩的な? 会話をするもので、遠くをみつめる大森ヒロシの笑顔が好き。まいど豊の不在を感じさせない引き出しがちゃんとあるところが27年の歴史を感じます。ただ、まいど豊演じるボビー不在で村田一晃がアリソン有村として登場したマジックは、コーナー運びもテーブルマジック自体もイマイチで残念。ネタバレになるので詳しくは書けませんが、村田さんをキラーズ風の男性3人が囲んで歌う「恋の季節」が笑えました。関東の皆様、14日まで上演中なので、是非スズナリへ!
http://www.vaudeville-show.com/aho27/
[PR]
by mmcmp | 2015-06-10 23:24 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「田茂神家の一族」

f0119179_1241917.jpg新宿「紀伊国屋サザンシアター」で29日まで上演されている東京ヴォードヴィルショー第70回公演「田茂神の一族」を観ました。創立40周年記念興行第五弾として三谷幸喜が書き下ろした新作。ちなみに40周年記念興行を2012年からやっていて、実際は劇団創立42年です。三谷といえば場面転換なしで展開されるコメディが特徴で、今回の舞台は村長選挙の合同演説会の会場、観客は演説会の聴衆というシチュエーション。客席通路でまいど豊を見かけたと思ったら、彼も演説会を聴きに来ていた設定の候補者の息子役でした。歌で進行を盛り上げるコロスを登場させ、時計を進行と共に動くなど、仕掛けも面白い。
立候補した候補や演説会の進行役は全員が田茂神姓という親戚同士。これまで6期24年にわたって村長を務めた伊東四朗演じる嘉右衛門は企業と癒着。後継者と思われた長男が急死して、嫁が涙ながらに立候補、次男、三男、嘉右衛門の弟、東京からやってきた遠縁の男も名乗りをあげて、何とも下らないネガティブキャンペーンが展開されます。唯一まともそうなエネルギー政策を主張する角野卓造演じる茂に一本化されると思いきや・・・・。バカバカしい話に仕立てられてるけど、選挙コンサルタントが操っていたり、血縁が左右したり、知名度や何だか良さそうという雰囲気だけで安易に投票するとどうなるか・・という警告が込められていて、今のご時世にピッタリの作品でした。茂が「きちんと理解せずに良いと思ってしまったあなた達は私のことを笑えない」と言うのは「騙されたあなたにも責任がある」と言った小出裕章さんに通じます。この作品は座長B作の故郷、福島で幕を上げたのでした。どうしようもない政治家に村や国を任せているのは、聴衆としてこの芝居に参加した観客というのは喜劇でもあり、悲劇でもある様です。
http://www.vaudeville-show.com/
[PR]
by mmcmp | 2015-03-18 12:59 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「バンデラスと憂鬱な珈琲」

f0119179_150951.jpg東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで29日まで上演されている「バンデラスと憂鬱な珈琲」を観ました。モモ母初めてのパブリックシアター、思ってたより狭かったけど、スペースをうまく使った観やすい劇場でした。平日のマチネなのに立ち見のお客さんが多くてビックリ。福田雄一・マギーの作だからなんでしょうか・・・。
米国随一の交渉人バンデラスは12時間後に迫ったロシアとの開戦を阻止できるのか??・・というのが大まかなストーリーなんですが、オムニバスコントの連なりで構成されていて堤真一、高橋克美、段田安則、高橋由美子らの役者陣が一人何役も演じていきます。観るたびに舞台の人だなぁと実感する段田さんをはじめ芸達者なメンバー揃いですが、その中で小池栄子がひけを取らずに頑張ってたのが印象的でした。が、モモ母一番驚きはミュージカルのシーンで堤真一があれほど嫌がっていた歌と踊りを披露してたこと。一見荒唐無稽な数々のエピソードがちゃんと伏線になっていて、笑いも多かった。台詞まわしといい、後に何も残らない展開といい、いかにもイマドキの芝居って感じ。こういうのが今は受けるのね。面白かったけど、長年東京ヴォードヴィルショーの昭和っぽい喜劇に親しんでるモモ母としては、少々複雑な気持ちにもなりました。
http://www.siscompany.com/03produce/25banderas/index.htm
[PR]
by mmcmp | 2009-11-25 02:20 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「えっと、おいらは誰だっけ?」

f0119179_0262822.jpg昨日は心斎橋にハンク・ジョーンズのジャズを聴きに行ったのに急病で中止。残念だけど、88歳と高齢なので仕方ありません。
めったに大阪に行かないモモ母ですが、梅田で「えっと、おいらは誰だっけ?」を観たのに続いて、今月二度目の大阪でした。「えっと、おいらは誰だっけ?」は、マイケル・クーニー作、小林隆、岡田達也等の出演のコメディ。以前、東京ヴォードヴィルショーで観たレイ・クーニーの「ファニーマネー」が面白かったので、息子のマイケルはどうかなぁと思って出かけました。嘘がばれないようにするため次々と嘘を重ねるシチュエーションコメディの典型のような内容でしたが、その場しのぎの台詞が思わぬ展開を招いて、結末はいまいちながら、その過程は十分楽しめました。
勿論、マイケル・クーニーの脚本は面白かったけど、モモ母は日本のスタッフがさらに良かったと思うのです。言葉遊びは当然、日本語のそれにアレンジしないといけないワケで、小田島恒志の翻訳と、それに合わせた動き(聴覚障害者を装った小林隆演じるノーマンに話しかける時に、斉藤歩演じるジェンキンズが妙なジェスチャーを交える)で笑いを誘った綾田俊樹の演出、小林隆や斉藤歩の演技によるところが大きい。それにしても、レイ・クーニーの息子のマイケル・クーニー作、シェイクスピア戯曲の翻訳で知られる小田島雄志の息子の小田島恒志の翻訳。演劇の世界も世代交代しつつあるんですね。
[PR]
by mmcmp | 2007-02-15 01:04 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)