タグ:チョコレート ( 13 ) タグの人気記事

3度目です☆彡

f0119179_23363317.jpg連休も終わりですね。首相はゴルフを楽しんだそうですが、民主党と自民党の違いを扱った2つのツイッターが興味深い。まずゴルフ報道の違い。この差が与える印象が、2つめのツイートにある実績が多くの人に認識されない理由なんでしょうね。
さて、神宮丸太町の「クラウス」に行きました。3度目の訪問で、2度目もすごく良かったんですが、夜で良い写真が撮れなかったので、記事にしないままに。今回は昼で商品もたくさんありました。チョコの店なのに買った生ケーキは「クララ」(600円)というヴァニラ風味のいちごのムース。アーモンドパウダーのスポンジにペルノとアニスのクリーム、いちごのゼリー、マカロン風スポンジ。口当たり良く、八角が使われていたりして複雑な味。お寿司は昔ながらの店の方がクオリティが高いけど、今どきの洋菓子のレベルは昔と比べ物にならない程飛躍しましたね。以前、子供の頃によく食べたご近所の洋菓子店の焼き菓子を買ったら、不味くて愕然としました。こんなのを美味しいと思って食べていたのか・・・と。前回ビターチョコとオレンジピールの「サンジャック」(250円)が良かったので、3度目はミルクチョコのサンジャックを。この日はf0119179_0285497.jpgホワイトチョコとレモンピールのサンジャックもありました。生菓子は当日限りですが、サンジャックは冷凍保存も出来ます。
★Klaus
丸太町通川端東入
075-751-5170
11時30分~23時
土日祝14時~
[PR]
by mmcmp | 2017-05-07 23:12 | 京都でお買い物 | Comments(0)

3年ぶりのドゥーブルセット

f0119179_082424.jpg昨年のバレンタインは近所のショッピングセンターで必要最小限のチョコを買って済ませたんですが、今年は3年ぶりに柳馬場四条下るの「ドゥーブルセット」さんに行きました。ちなみに抹茶トリュフをよく買っていた「菓子職人」は、今年からデパートの催事には出店しなくなり、本店とネット通販のみになっています。
久々の訪問なので自分用も買うことにしてラムとコアントローにライチ、ビターカルパノ、酒粕の5つを選んでみました。黄色と茶色のチェック模様の酒粕は今回初めて購入。灘の酒粕を使っていて、甘酒ブームのせいか、今年は例年にない売れ行きだそう。上の写真の左手前のビターカルパノはいかにもビターな感じ。クリームが入っているので下段にあったヴェネズエラ70%の型取りチョコ程濃厚ではないものの、上の段のキャレの中ではかなりしっかりしてるそうで、食べるのが楽しみです。5つの中からまずは先ほど、コラソンの珈琲と一緒にライチを頂きました。ライチのリキュールDITAを使った優しい口当たり。金曜のニュースでバレンタインの義理チョコをやめて募金する職場が増えていると報道されてました。募金は良いことだし、みんなの総意なら素敵なことですね。その方が気楽という人も少なくないでしょう。でも募金を強いる雰囲気とか、しないf0119179_1493427.jpg人はダメみたいになると、ちょっとしんどい。いろんな人がいろんな考え方を持っていて、それが尊重される人間関係が良いなと思うのです。モモ母は今はごく少数にだけチョコを配って、自分も高価なチョコで散財することなく、手作りの美味しいチョコを少しだけ楽しんでいます。
ドゥーブルセット
柳馬場四条下る
075-341-7739
14時~21時 
http://www.kyoto-choko.com/
[PR]
by mmcmp | 2017-02-11 01:51 | 京都でお買い物 | Comments(0)

KCC of the Year 2016

f0119179_1852560.jpgあっという間に大晦日です。コーヒースタンドをはじめ珈琲専門店やカフェがどんどん増え続ける京都。今年出会った「京都のカフェ」のベスト1は「市川屋珈琲」。オープンしたのは2015年で既に有名店ですが、フルーツサンドの美味しさ、接客の良さなどが印象に残り、また行きたいと思わせる魅力がありました。「京都でお買い物」はカフェと並んで京都に増殖中のパン屋の中で「アペリラ」さんが良かったから迷いつつ、「クラウス」を選ぶことにしました。これまた昨今増えているチョコレート専門店。大手の出店が相次ぐ中、個人経営で真面目に良質なものを提供する、これぞモモ母が応援したくなるお店です。
「京都でごはんたべ」は久々に再訪した「乃し」さんの満足度が高く、どうも新たな店の印象が弱かったんですが、年末に行った「寺町西むら」は、味は勿論、その姿勢に惹かれました。「うをすえ」の名前が入った塗の器で提供される昼のお弁当から、長年務めた店へのリスペクトと、そこで得たf0119179_18463427.jpg技を継承していこうという思いが伝わってきます。地域に馴染んでいきたいと派手に宣伝はされてないそうで、そういう配慮も非常に京都らしい。そして肝心の料理は前の店より洗練されて、良い感じ。「カフェ読書」は今年はあまり読まなかったので、かなり迷うけど、台湾とそこに生きる人を魅力的に描いた吉田修一の「」がベストかな。「観劇・鑑賞」はダントツで「るつぼ」ですね。演出が良くて完成度の高さが際立っていました。来年も平和で、素敵な店や作品と出会って、心地よい時間が過ごせます様に。皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by mmcmp | 2016-12-31 18:54 | Comments(2)

ジャンポール・エヴァンよりクラウスが好き☆彡

f0119179_18183153.jpg川端丸太町にチョコレート専門店が出来たというので、一汁八菜を食べた後に行ってみました。・・・と言うものの、週末の営業は午後2時からなので近くのカフェでお茶をしてからの訪問です。店内がとても狭く、先客が2組おられた為、外からディスプレイされた商品を見ながら待機。どれも美味しそうで期待が高まります。1人出られて入店したものの、リピーターと思しき2人目の女性が大量に購入され、今度は店内で待機すると後からもお客さんが。今、京都で話題のチョコレート専門店と言えば、先月25日にオープンした「ジャンポール・エヴァン」。グルメタクシーさんによると行列15分待ちらしいですが、「クラウス」もある意味、行列数分待ち??でした。この規模の店であんなに大量に買うってことは、それだけ魅力があるんだなと思ってましたが、予想通り。久々に素敵な店に出会いました。
日頃は焼き菓子を買うことが多いけど、こちらは生菓子も食べたくなって4種類の中から「テディ」(530円)を。マッカラン12年を使ったウイスキー風味のチョコレートムースの中にカスタード風の黒糖とウイスキーのクリーム、台はくるみとアーモンドのブラウニー。上にバナナのコンポートがトッピングされています。ひとつひとつのクオリティが高く、全体としての調和も良い。この手の店は儲けより素材重視で丁寧な仕事をされることが多いけど、おやつの延長的なアットホームな感じのものが殆ど。でもこちららは随分と洗練されていて、家庭の味ではなくショコラティエの仕事。店は3月末にオープンしたとのこと。宣伝に余念がない資金力のある有名店のチョコf0119179_1905971.jpgも良いけど、モモ母は製造から接客までご店主一人でこなす、ここにしかない味を応援したい。また伺います。
★Klaus
左京区丸太町通川端東入る
075-751-5170
11時30分~23時
土日祝14時~
[PR]
by mmcmp | 2016-11-01 19:04 | 京都でお買い物 | Comments(0)

Dari Kがやって来た!

f0119179_22383988.jpg気がつけば10月も10日を過ぎました。「ダリK」さんも既に新大宮商店街で移転オープン。遅ればせながら行ってみました。場所は「そば鶴」のすぐ近く。お祝いの胡蝶蘭がたくさん並んでいたので、すぐ分かりました。こじんまりした三条会商店街の店舗と比べて規模も内装もグレードアップした感じ。「富三油」閉店後は三条会商店街に行く機会が殆どなくなっていたので、新大宮に来てくれて嬉しい。試食させてもらった生チョコ、美味しかったです。
インドネシアのカカオ農家と契約栽培、自家焙煎されたカカオ豆を使ったチョコが近所で入手出来るとあって、手土産に重宝しそう。商品ラインナップも増えていたので、少しずつ試したいと思います。この日買ったのは「カシューチョコ」972円)と「香るカカオの濃厚アイスクリーム」(432円)。ダリKはカシューナッツにもこだわっていて、以前カシューナッツだけ買ったこともありました。世界最大級のスラウェシ島産カシューナッツだそうで、とにかくデカい。ビターチョコでコーティングされていて、食べた瞬間、あ、上質な紅茶が飲みたい・・と思いました。少しずつ味わいたいところですが、すぐになくなりそうな予感。アイスクリームにはローストしたカカオ豆を3粒つけて下さるので、トッピングして頂くと名前通りカカオ香る・・となる訳ですが、アイスクリーム自体は冷たい生チョコを食べてる様な印象。甘すぎないのが良い感じです。ただちょっと気になったのは、ドライアイスをつけることが出来ないとのことで、保冷剤のみ。後から寄る予定だった店に行くのを断念してすぐ帰宅したから問題なかったけれど、遠方から来たお客さんはその場で食べないと厳しそうです。 持ち帰りのアイスクリームにドライアイスがつかない店って初めて。こんなに商品にこだわっておられるなら、購入後のケアもお願いしたいところです。因みに新大宮にある某洋菓子店で入院中だった父にプリンを買ってスプーンをつけてとお願いしたら、f0119179_23324129.jpg「うちはスプーンはありません」と言われちょっとビックリしたことがありました。ダリKさんはちゃんとスプーンをつけて下さいました。
★Dari K
紫竹西高輪町
494-0525
10時~19時
http://www.dari-k.com/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-11 23:34 | 京都でお買い物 | Comments(0)

再現性

f0119179_23341957.jpgSMAPもとうとう解散ですか。このまま続けてもメンバーも辛そうだったしね。それはさておき、昨夜「京都グルメタクシー」を拝見したら、何と「ダリK」が新大宮商店街に移転するとの記事が。お店のサイトで地図を確認すると、「そば鶴」や「高田米穀店」のすぐ傍。近くには「サーカスコーヒー」や「洛叉庵」などクオリティの高い店が点在するし、やはり紫竹って注目エリアではないでしょうか? いずれにしてもご近所に「ダリK」さんがやって来るとは、すごい嬉しい。10月2日の移転オープンが待ち遠しいです。
さて、「ダリK」の移転先は「グランディール堀川店」からもすぐ。いつも食パンを買って冷凍保存していますが、「パン・オ・ルバン」を焼く時に比べて「角食パン」を食べる日はテンションが下がる・・・とヒメママさんに言ったら、彼女は両方買ったらパン・オ・ルバンは再現性が高いのですぐ冷凍し、まず角食パンから食べるのだそう。モモ母は逆で大好きなパン・オ・ルバンから食べて、角食は後から食べようと冷凍してました。角食はサンドイッチにすると美味しいと言われてたけど試したことなかったので、平飼い卵を茹でて荒く刻んでフリルレタスやオニオンと一緒にサンドしたら、おおっ! 角食って焼かずに食べるとこんなにフワフワで美味しかったのね。ヒメマf0119179_0175720.jpgマさんが言ってたことが今頃になってよく分かりました。たっぷりの具を5枚切の厚さ2枚の食パンで挟んだので、お腹一杯になりました。
★グランディール堀川店
紫竹東高輪町
075-493-8077
7時~19時
[PR]
by mmcmp | 2016-08-13 23:33 | 京都でお買い物 | Comments(0)

西大寺に行ったら

f0119179_234699.jpgB作さんの事前学習会が行われた奈良演劇鑑賞会の事務局は、近鉄大和西大寺駅南口にありました。西大寺に行ったら「ガトー・ド・ボワ」に寄らねば。ボワさんも南口なので、すぐ行けました。モモ母が食べた関西のモンブランではここが一番好きなので、モンブランは必須。日本人として初めて「クープ ドュ モンド パティスリー世界大会」グランプリ受賞を受賞した「アンブロワジー」は前回食べたから、今回は「メートル・ド・パティシェ世界選手権」特別賞を取ったという「ラ・ギャラクシー」にしようと思っていたのに、2つともありませんでした。学習会の前に取り置きをお願いしておけば良かったです。
「いちごロール」と「ジュピター」等4つの生菓子を買い、ハロウィンだったのでモモ母は「エスピエーグル」を食べました。下がかぼちゃのプリン、上がマロンのパルフェの2層になっていて、どちらも甘さ控えめ、優しい口当たり。フランス産の蒸し栗を混ぜ込んだというマロンのパルフェが栗好きのモモ母好みでした。インパクトは決して強くないけど、また食べたいと思わせる味。ちなみに容器を次回持参すると30円返金して下さるそうです。次はいつになることやら・・・。「アンブロワジー」(630円)は父と半分こしましたが、別々に食べたり一緒に食べたりしてみて、なるほどビターチョコにピスタチオのババロアとフランボワーズのジャムを組み合わせる意味が漸くわf0119179_2350105.jpgかった感じ。アンブロワジーを頂くのは3回目くらいだと思うのですが、今回が一番美味しいと思いました。ボワさんプロデュースのパティスリーが京都にも一時期あったけど、モモ母のセレクトが良くなかったのか、期待したほどではなかったんですよね。やはり本店の方が好きです。
ガトー・ド・ボワ
奈良市西大寺
0120-48-4588
9時~19時 第1、3木休
http://www.gateau-des-bois.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2015-11-01 23:40 | 京都・東京以外の店 | Comments(3)

3年ぶりの生ショコラ

f0119179_22182166.jpgせっかくシャンプーしたのに台風26号の影響で火曜は昼から雨。こんな日はモモならお散歩なしにするんですが、むぎちゃんはそういう訳にも行かないので、早くも濡れてしまいました。
それはさておき、むぎこを預けている間、京都市美術館に立ち寄った後、「京都生ショコラ」を訪れました。月曜と火曜が休みなんですが、サイトを見ると今月は月曜も営業されるとのこと。前回の記事は2010年7月なので、こちらも3年ぶりの訪問です。知らない間に新作のベリーの生チョコが増えていました。新しいと言っても、もう1年程前から出しておられるそうで、それだけモモ母がご無沙汰していたということですね。4種f0119179_2243058.jpg類の生チョコと飲み物のセット(950円)がありましたが、モモ母は単品で「オーガニックコーヒー」(550円)をオーダー。飲み物にもビ生チョコが添えられています。柔らかい食感にブラックでいただいたコーヒーが良くあって、単品でも十分満足しました。アイリッシュセッターのジャッキ君はもう9歳だとか。玄関で寝そべる姿はさらに貫禄が増していました。
kyoto 生chocolat
岡崎天王町
075-751-2678
12時~17時 月・火休
http://www17.plala.or.jp/kyotochocolat/
[PR]
by mmcmp | 2013-10-15 22:44 | 京都のカフェ | Comments(0)

上品ブラウニー

f0119179_0253100.jpg昨年の話なんですが、「冨三油」に絶品中華を買いに行った時に「ダリK」にも立ち寄りました。ホワイトデーに頂いたり、伊勢丹に出店されてる時に買ったことはあるけれど、実店舗を訪れたのは初めてでした。三条商店街にあるお店は意外とこじんまりしていました。
宝石のようなチョコが並んでいたけれど、今回は敢えてパスして以前もらった「ホットカカオ・ドリンク」(420円)と「ブラウニー」(420円)を。温かいミルクに溶かして飲むカカオドリンクは、昨年いただいて美味しかったから買ったんですが、大晦日にもかかわらず父の往診を急にお願いしたH医師に持って帰ってもらったので、今回モモ母がいただいたのは「ブラウニー」のみ。見た目は結構濃厚だけど強烈な甘さが全面に出る多くのブラウニーと違ってビックリするほどあっさり穏やか。でもチョコの美味しさはちゃんとある。そうか、チョコを知る人が作るブラウニーは甘さでインパクトを与えたりしないんですね。余談ですが、モモ母はミルクティを頼んで生クリームが浮かんだのが出て来ると、かなりガッカリします。脂っこくてくどいから乗せないで・・・。ところが先日アインシュペンナー、いわゆるウインナーコーヒーを飲んだら全然くどくない。多くの店で乗せられいたのは上質なf0119179_052129.jpg純生クリームでなく植物油脂だったから苦手だったのか・・・と気づいたワケです。上質なブラウニーにも、くどい甘さは必ずしもいらないんですね。
★Dari K
今新在家西町
10時~20時 
不定休

http://www.dari-k.com/
[PR]
by mmcmp | 2013-01-13 00:59 | 京都でお買い物 | Comments(0)

9月の上賀茂神社の手づくり市2

f0119179_25827.jpgこのところ「マッターホーン」に「ドゥブルベ・ボレロ」とお菓子が続いていたので、今回の手づくり市ではお菓子は買わないつもりだったのに、結局買ってしまいました・・・。みつけて嬉しかったのが「ドゥーブル・セット」さん。大好きな「コアントロー」と「ココ」を1つずつ。ココはココナッツのリキュールを使った穏やかな洋酒の香りとの説明。でもモモ母には十分洋酒が効いてました。贅沢に使っておられるんですね。
モモ母が「今でも出しておられるんですね」と言うと「勿論!」とのお返事。路面店が出来てから頻繁には出店できないけど、手づくり市が原点だからと。お店ではショコラティエらしい白衣姿でよそいきな雰囲気を漂わせているオーナーさんですが、手づくり市では以前と変わらぬカジュアルさ。連休の日曜日、繁華街にある路面店を臨時休業するのは、それなりの覚悟がいることだと思うのですが、だからこそ「ドゥーブル・セット」さんが何を大事にされてるのかがよくわかる。「紫野源水」さんもそうなんですが、有名になっても初f0119179_240216.jpg期の頃にその店を評価してくれたお客さんを大事にされる姿勢というのは、良いなぁと思うのです。最近京都にもショコラ専門店がいくつかオープンしたけど、そうした資本力のある店とは一味違う個性的なショコラティエを、モモ母はこれからも応援したいと思います!
★ショコラティエ  ドゥーブルセット
柳馬場通り四条下る
075-341-7739
14時~21時 
不定休
http://www.kyoto-choko.com/
[PR]
by mmcmp | 2012-09-24 02:45 | 京都でお買い物 | Comments(0)