タグ:中国茶 ( 2 ) タグの人気記事

中国茶飲み比べ??

f0119179_12103051.jpg昨日のクロ現で教科書採択問題やってましたね。歴史教科書についての自民党議員からの問い合わせ後、同じ文面の匿名はがきが大量に届いたという灘中の校長の文章が8月初め頃に話題になりましたが、圧力はがきが届いたのは灘中、麻布中以外にも計29校にのぼるとか。大阪や東大阪で有名になった日本会議の教科書運動が継続して行われているんですね。クロ現でははがきを書かされた住宅会社の社員の声も紹介されてました。「こんなことしたら、あかんのと違うの?」と思いながら書いてた様で、子供達への影響を考えて拒否して欲しかったけど、上司の命令には深く考えずに従ってしまうんですよね。ちなみにこうした教科書運動には籠池さんも熱心だった様です。
さて、先月金閣寺近くの中国茶専門カフェ「ISO茶房」を訪れました。築80年の町家は元西陣織の工房だったとか。この日は4周年記念の限定茶葉もあったので、有機台湾烏龍茶(800円)をお願いしてみました。お盆には小さな茶器が2つ乗せられていて、1つに注いだ茶をもう1つの方に移して飲み、最初の方は残り香を嗅いで楽しむんだそう。でも、モモ母達は専ら他の人が頼んだお茶を少しもらって飲み比べに利用していました。龍井茶という中国緑茶や水仙などf0119179_13242919.jpg数種類のお茶を飲み比べると、穏やかで飲みやすいもの、深みのあるもの等あったんですが、え、なんて名前のお茶だっけ? という具合で実にいい加減な飲み比べ。まぁ、初心者もそうやって和やかに楽しめるのがお茶の魅力というところでしょうか。
★ISO茶房
衣笠北天神森町
075-366-3636
10時~19時 水休
http://www.iso-sabo.com/
[PR]
by mmcmp | 2017-09-07 13:28 | 京都のカフェ | Comments(0)

日暮れを過ぎても・・・

f0119179_7272227.jpg先日初めて訪れて一度で気に入ってしまった「好日居」に、また行きました。こちらの営業時間は「日暮れ」まで。最近暗くなるのが早くなったし、日暮れって何時くらいなのかお聞きしたら、その時によって違って、お客さんがあったり前もって聞いていたら暗くなってからも開けているとのこと。盛岡在住のイラストレーターKさんが京都の実家に帰ってる間に会う予定があったので、彼女もきっと気に入るだろうと思って、その日は遅めまで開けて欲しいと前回お願いして帰ったのでした。
で、Kさんと共に伺ったら奥はお客さんがおられたので、この日は洋間に。こちらにもキューピーさんがたくさんいます。この日は岩茶とわらび餅をいただきました。モモ母のお茶「鳳凰水仙」はライチを思わせるフルーティな感じ(一般にはマスカットと言われるそうですが、モモ母にはライチでした・・・)。Kさんの「極品肉桂」は深みはあるけれど飲みやすくて今までに飲んだことのない味。こちらは一般にはチョコレートの匂いと言われるそうです。日頃はごくごく一気飲みしているけれど、小ぶりのお茶碗でじっくりf0119179_7534615.jpg味わうのがお茶の楽しみなのだと再認識しました。帰る頃には外はもうすっかり暗くなっていました。
★好日居
岡崎円勝寺町
075-761-5511
正午~日暮れ 
月・火休
http://kojitsu-kyo.cocolog-nifty.com/
[PR]
by mmcmp | 2008-10-19 07:56 | 京都のカフェ | Comments(0)