タグ:京都 ( 1690 ) タグの人気記事

こんな店があったとは・・・

f0119179_0046100.jpg「動物の演劇」を観た帰りに、「片山文三郎商店」に行ってみました。京都の呉服屋さんらしいお店に入ってビックリ!無数のツノが突き出た唄絞りという技法のスカーフやクッションに一目で魅了されてしまいました。老舗が現代風の商品を手掛けることは珍しくないのですが、なんかちょっとね・・・というのも正直少なくありません。でも、こちらの絞り染めは伝統と新しさが見事に融合、MoMAでも紹介されたそうですが、いかにもニューヨーカー好みです。
衝動買いしたネックレス、モモ母の拙い写真では、深みのある色が伝わら
f0119179_043578.jpgないのが残念です。それにしても、今までよく通っていた場所なのに、その存在を知らなかったなんて、オドロキと同時に京都人として恥ずかしい思いがしました。
★片山文三郎商店
蛸薬師通り烏丸西入る
tel 075-221-2666
10時~18時30分 (土日11時~17時)
http://www.joho-kyoto.or.jp/~shibori/
[PR]
by mmcmp | 2007-01-16 00:40 | 京都でお買い物 | Comments(2)

今から注目しておいて下さい!

f0119179_0314675.jpg仕事で京田辺に行くことになりました。最寄り駅は「松井山手」。これは「シロモト」に寄らなくては!「パティスリー・ナチュール・シロモト」は、「アンリ・シャルパンティエ」や「シーキューブ」で経験を積んだ城本シェフの店。活気溢れる店内に入った途端、甘い香りが漂ってきました。そのにおいだけで、モモ母「ここは美味しい!」と確信しました。
予想通り、ケーキはどれも洗練された味ですが、中でもティラミスはこんな美味しいティラミスは久しぶりと思うほどの素晴らしさ。カスタードもモモ母好みだし、f0119179_0453054.jpg以前、買ってきてもらったブルーベリーのレアチーズも忘れがたい。地元では既に評判だけど、雑誌などにはまだほとんど登場してないこのお店、近い将来、必ず有名店になるとモモ母は断言いたします。
★パティスリー ナチュール シロモト
京田辺市山手東
tel 0774-65-2635
10時~19時30分 火休
http://www.n-shiromoto.com/
[PR]
by mmcmp | 2007-01-13 00:58 | 京都でお買い物 | Comments(2)

ラジオでも大絶賛のにら饅頭!

f0119179_23424362.jpg京都三条会商店街に行ったら、是非のぞいて欲しいのが、中華惣菜の「富三油」さん。カナダはトロントのチャイナタウンで腕を磨いたご主人が作る本格中華が、リーズナブルな値段で食べられる知る人ぞ知る名店です。中でもイチオシはにらたっぷりの「にら饅頭」。モモ母が担当する某ラジオ番組の「うまいもん」コーナーで、これまで紹介したもののの中からベスト3を決める企画を先ごろ行なったのですが、出演者二人が揃って第一位に選んだのが、この「にら饅頭」。文句なしベスト1です!f0119179_23425912.jpg醤油も美味しいけど、マスタードとチリソースを混ぜたソースで食べるのがご主人のオススメ。
「富三油」には、モモ母のお気に入りアイテムがまだまだあるので、今後もご紹介していきます。お楽しみに!
★富三油
西ノ京池ノ内町
tel 075-812-4058
9時30分~21時頃 日休
[PR]
by mmcmp | 2007-01-12 00:11 | 京都でお買い物 | Comments(2)

和美さんのmizuca

f0119179_0375297.jpg喫茶・ギャラリー「mizuca」で、Nさんと待ち合わせ。前に何度か探したけど、みつからなかったお店です。ビルの2階にあって、入口が河原町通りに面してるので、寺町通りを探しても無駄だったんですね。二度目の今回は、ちゃんと迷わずにたどり着けました。この少々わかりづらい場所にあるおかげでしょうか、お店の中は繁華街のすぐそばとは思えない穏やかな時間が流れています。美味しいお茶とお菓子で心地よくお喋りするうちに、思いのほか長居してしまうお客さんが多そうです。
f0119179_014650.jpg「mizuca」という美しい響きの店名は、オーナー・和美さんの名前を逆に読んだものなのだとか。小さな緑や小物に、和美さんの心づかいを感じます。
★mizuca
寺町通り松原下る
tel 075-344-1432 
13時~20時 水休
http://www.mizuca.com/
[PR]
by mmcmp | 2007-01-11 01:01 | 京都のカフェ | Comments(0)

東京の皆さん、“買い”です!

f0119179_2351316.jpg事務所のS君が誕生日だったので、ケーキを買おうとコム・トゥジュールに行ったら、お休み。貼紙を見ると、10日から15日まで新宿伊勢丹に出店のため18日までお休みなのだとか。ケーキが買えず残念だったけど、ご近所さんの東京進出はわがことのように嬉しいですね。実演販売されるナッツのタルトではないですが、バナナの焼タルトの写真を載せてみました。美味しそうと思った東京の方は、是非、会場へ。ミルフィーユもあれば、買ってみてください。
ところで、新宿伊勢丹の出店リストを見ていると、当ブログで先日ご紹介した田中漬物舗も出てるじゃありませんか。そのうえ、茶洛のわらび餅まで。これは是非買ってくださいっ!いつもオススメ商品を東京土産にしているモモ母ですが、茶洛のわらび餅はクオリティを東京までキープするのが難しい。この機会に食べておいてください。必食です!京都の皆様は、以下のサイトを見て、私はこれがオススメというものをコメントしてくださいな。
※伊勢丹での催事終了のため、リンクをはずしました。
行かれた方の感想などコメントは引き続きお寄せください。

[PR]
by mmcmp | 2007-01-10 00:12 | 東京でお買い物 | Comments(7)

お鍋の必需品

f0119179_23424690.jpgわが家の冬の食卓に度々登場するお鍋に欠かせないのが、松野醤油の「柚子ぽんず醤油」です。松野醤油は鷹峯街道の中ほどにある京醤油処。文化2年創業の老舗で、店の奥には百年以上使われている木桶が並んでいます。
店最高の薄口醤油と徳島産の柚子果汁を使った「柚子ぽんず醤油」は、風味を生かすため60~70度で殺菌、ラベルも手作業で貼るなど、手間をかけて作られた逸品。サッパリして癖がないので、和え物やサラダにも重宝しています。写真は2003年10月に取材した時に撮影したものを、ご主人の了解を得て掲載させていただきました。実はその取材後、モモ母お気に入りのパン屋さんf0119179_0153582.jpgクロア」を発見したのです。つまり二つのお店はすぐ近く。「柚子ぽんず醤油」はデパートなどでも入手できますが、二つの店をはしごするのも、オススメです。
★松野醤油
鷹峯土天井町
tel 075-492-2984
9時~18時 無休(年末年始、お盆を除く)
http://www.matsunoshouyu.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-01-08 00:23 | 京都でお買い物 | Comments(2)

目からウロコのパエリア☆

f0119179_0474352.jpg福王子から高雄に向かう162号線沿いにある「カフェハルディン」。ハルディンとはスペイン語で庭のことだそうですが、この店では庭を臨む席で、ゆっくり過ごすことにしています。行けば必ず注文するパエリアは、出来上がるまで30分かかるのですが、待つ価値十分。固くてパサパサしたイメージを覆すしっとり感が、初めて食べた時は衝撃的でした。魚介たっぷり、その旨みがしっかり染みこんだライスは、ちょっとクセになります。f0119179_165093.jpg
テラス席はワンちゃんもOKなので、暖かくなったらモモを連れて行ってみたいけど、お利口に出来るかな?
★カフェハルディン
右京区鳴滝本町
tel 075-464-8850
11時~22時 火休
http://www008.upp.so-net.ne.jp/cafejardin/index.html
[PR]
by mmcmp | 2007-01-07 01:18 | 京都のカフェ | Comments(0)

行き交う車を眺めながら・・・

f0119179_081590.jpg堀川三条の「三條若狭屋」と言えば、「祇園ちご餅」で有名な和菓子屋さん。その一画にカフェスペースがあります。三条通りから見ると昔ながらの老舗らしい外観、堀川通りから見るとちょっとモダンな印象です。この堀川通り側がカフェになっているのです。カウンター席だけですが、お菓子を買いに来る人に背を向けて座るので、堀川通りを眺めいてると、思いのほか落ち着きます。
ちご餅や生菓子などがいただけますが、お茶だけにしたい気分の日もあって、また入りたいと思いつつ、何度もパスしていました。f0119179_06667.jpgでも、飲み物だけもOKと聞いて久しぶりに立ち寄ることに。珈琲にも小さな干菓子が添えられていました。またバス待ちの間に利用させてもらいます。
★三条若狭屋
三条通り堀川西入る
tel 075-841-1381
9時~17時30分(カフェは10時~17時)
http://www.wakasaya.jp/
[PR]
by mmcmp | 2007-01-05 01:04 | 京都のカフェ | Comments(2)

器を選ぶ贅沢を味わう

f0119179_0534845.jpg2年ほど訪れてなかった「ル・ヴァン・クレール」に行きました。平野神社のすぐ近くにあるこの店は、ズラリと並んだカップの中から、好きなものを選ぶことができます。カップの数は約300点。しかもウェッジウッド、マイセン、リモージュなどの名品ばかり。どれも素敵で迷ってしまいます。全カップ制覇しようと、行く度に選んだカップを手帳に記していたのですが、ひとまずヘレンドを制覇することに。今日のカップはブーケ・プルースケールです。
店内にはマイセン人形や1880年代のシリンダー式オルゴールなども置かれています。でもお店の人は気取ったところがなく、とってもきさく。帰るお客さんをお見送りしてくださるのも温かさが
f0119179_0544494.jpg感じられます。並んだカップ達を撮影したかったのですが、お正月で混雑していたので、次の機会に。
★カフェ・ル・ヴァン・クレール
北区平野八丁柳町
tel 075-467-2141
9時~18時30分(土日祝8時~)
月休(1月6日~13日休業)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kuroda/
[PR]
by mmcmp | 2007-01-04 01:47 | 京都のカフェ | Comments(0)

里むすめの栗きんとん

f0119179_23505046.jpg焼き芋がとっても美味しい「山本屋」さんで分けてもらった里むすめを使って、大晦日に栗きんとんを作りました。我が家の栗きんとんは、よく見かけるペースト状のものと違って、粉っぽさを残します。モンブランや和菓子のきんとんに近い感じ。これで慣れてるので、市販のおせちの栗きんとんを食べた時、あまりの甘さに愕然としました。あれじゃあ栗きんとんが嫌いな人もいるはずですね。ちなみに山本屋さんでも粉っぽく仕上げるそうですよ。
f0119179_235448.jpgで、今年は立派なさつまいもを使ったので、いつもの容器に入らなくなるほどたくさんできちゃいました。まるでマッシュポテトみたい!
山本屋
新大宮通り今宮下る
tel 075-492-1955
9時~18時 水休
[PR]
by mmcmp | 2007-01-02 00:18 | 京都でお買い物 | Comments(0)