タグ:展覧会 ( 44 ) タグの人気記事

「デビュー50周年記念展 池田理代子」

f0119179_22474643.jpg籠池さんの長男のツイッターへのリツイートに保護者と思われる方の興味深い書き込みが。維新は小学校を作らせようと動いていたのに、突然手のひらを返して森友を潰しにかかっている模様。長男の言い分が正しければ系列保育園の保育士不足は大阪市の介入で保育士が辞めたからだとか。報道ではなかなかその辺りの経緯が伝わって来ないですね。
さて、芳年だけでなく、やっぱり池田理代子展も観たいと思い、最終日に京都高島屋に行って来ました。モモ母世代の女子にとってベルばらは大きな影響力がありました。フランス革命に興味を持ったのもこの漫画だし、初めての海外旅行でベルサイユ宮殿を訪れた時の感動は忘れられません。ちなみに次は「ウルトラセブン展」をやるそうで、モモ母世代の男子ってセブンが好きですよね。で、会場はかつての少女たちで賑わっていたんですが、白髪の女性も結構おられました。いくつになっても心は乙女。モモ母は子供の頃、漫画を描いてまして、りぼんの漫画スクールにも何度か投稿したことがあったので、原画を見るとワクワクします。先日、テレビでながやす巧の仕事風景を取材していて、スクリーントーンを削って複雑な表現をされてて驚いたんですが、半世紀前の池田理代子の原画は線の入れ方もスクリーントーンの使い方もシンブル。自分も髪型や髪に縦線を入れる手法などを真似て描いてたなぁと懐かしい。でも、ストーリーは原爆症が出てきたり、かなり社会派な作品を描いてたんですね。民衆の側に立ったオスカルにも「心は自由なのだ。自由なのはこころのみにあらず!! 人間はその指先1本、髪の毛1本にいたるまで、すべて平等であり自由であるべきだ」と言わせている。当時は当たり前のこととして読んでいたけど、共謀罪が成立しようとしている今、見ると、妙な気分。共謀罪で日本はフランス人権宣言から離れていくとの指摘もあり、大人になって、しかも絶妙のタイミングでこの場面に再会した不思議を感じずにはいられませんでした。行って良かったです。
https://www.takashimaya.co.jp/base/corp/topics/170215d.pdf
[PR]
by mmcmp | 2017-04-24 02:59 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「芳年―激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」

f0119179_22495167.jpg国会で森友の質問することになっていた西田議員に安倍さんが電話で注文をつけていたとの報道。「総理が直接電話してくるのは異常やねん」と西田さん。19日は法務大臣がまともに答弁出来ないから参考人の出席を多数決で決めちゃうし、今国会は異常なことが多すぎ。
さて、美術館「えき」で23日まで開催中の「芳年―激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」に行きました。「池田理代子展」や招待券をもらった「漢字三千年展」も気になったんですが、観ておかないと後悔すると思ったのが芳年。短い時間だったけど、行って良かったです。歌川国芳に入門し、歴史画、物語絵や美人画などを描き、「最後の浮世絵師」と呼ばれた月岡芳年。「血みどろ絵」と言われる残虐な表現もある一方、なんでそんな顔してんの?と思わず笑ってしまうユーモラスな表情やどんな関節やねんと突っ込みたくなる様なアクロバティックなポーズもあって、大胆な構図躍動感ある描写が滅茶苦茶楽しい。とにかく江戸から明治にかけて生きた人とは思えないアバンギャルドさです。猫に娘が思いっきり顔を寄せてる作品の題は「うるささう」。勿論、うるさく思ってるのは猫の方ですよね。「大物海上月 弁慶」などの迫力のある描写を見ると、今にも荒々しい波が動き出しそうだし、「月百姿」の有子さんはいかにもヒロインっぽくて、日本でアニメが発達したのも当然だなと思ったのでした。
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1705.html
[PR]
by mmcmp | 2017-04-19 23:49 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「茶道具を知ろう、茶室を知ろう」

f0119179_2224477.jpg近くにあるのに、そして知人が勤めてるというのに、一度も行ったことがなかった茶道資料館。仕事先で9月4日までの招待券を頂いたので、訪れてみました。4日まで行われているのは「茶道具を知ろう、茶室を知ろう 茶道入門3」。夏休み期間なので、子供にも茶道を知ってもらおうという企画の様で、ワークショップや講座も行われていた様です。立礼式の呈茶席では薄茶をいただくことが出来ます。久しぶりに頂く抹茶はとても美味しかった。この日のお菓子は鼓月の「いずみ」という葛を使った夏らしい生菓子、お茶は丸久小山園のもの。飲み終えたところで入口でもらったクイズラリー中級編の用紙を見ると「Q8 今日の抹茶の銘は何ですか」。あ、えっと・・前のお家元のお好みの何だっけ・・・と思って2階展示室を出た所のソファに座ってGoogleで調べようとしたら、「携帯電話は1階ロビーでお願いします」と叱られました。通話だけでなく、触るのもダメなんですね。確かに茶道に携帯は無粋です。帰宅後、小山園のサイトを見て「松柏」だったと思い出しました。
初めての茶道資料館でしたが、やはり洗練された茶道具を見るのは良いですね。美しい形の棗や遊び心のある香合、釜を持ち上げる鐶付に至るまで装飾が施されていて、お茶を飲む道具にこれだけ見事な品々を作り出す日本人ってすごいと思い、いや、紅茶や中国茶の道具も素晴らしいから日本人でなく、人間の感性というのがすごいんですね。「茶事」と「茶会」の違い(茶会は茶事の一部を行うこと)なども再認識。目の保養といろんな気づきがあって、楽しめました。
★茶道資料館
堀川通寺之内上る
075-431-6474
9時30分~16時30分
月曜・展示替期間・年末年始休
http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/index.html
[PR]
by mmcmp | 2016-08-31 23:12 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「木村伊兵衛 パリ残像」

f0119179_23261010.jpg24日までジェイアール京都伊勢丹7階「美術館「えき」KYOTO」で開催されている「写真展木村伊兵衛 パリ残像」を観に行きました。木村伊兵衛と言えば「秋田おばこ」のイメージが強いけど、パリの街をライカのカメラと開発されたばかりの国産カラーフィルムで撮ってたんですね。初めてのヨーロッパ取材は1954年。親交を深めたアンリ・カルティエ・ブレッソンに刺激されて55年再び渡仏。この時はロベール・ドアノーと共にパリを撮影したそう。何だか錚々たるたるメンバーですね。
「残像」と題されるだけあって、パリの街角のポスターや看板に50年代らしさが漂っていて、当時のモダンさと戦後の荒廃を併せ持つ空気。そういえば母が若い頃のモダンアートって、こんな感じだったし、会場をまわりながら、手塚治虫初のアニメーション「ある街角の物語」(1962)に描かれた街を思い出していました。こうして見ると、同じパリを写しても、ドアノーの優しい目はやはりバリっ子の視点ですね。伊兵衛はドアノーとは対照的にエトランゼならではの好奇心と緊張感を持って、異国の日常を切り取っている感じがします。モノクロとカラーの違いというのもあるんでしょうが、詩的な世界を創り上げいたドアノーの作品には感じなかった「臭い」が伊兵衛の写真にはあって、構図の面白さやモードの華やかさだけではない、リアルな肌感覚。ワクワクもあるけど、ワクワクに出会うまでの我慢もある。心躍るけど、決して同化はしてない日本人としての視点。1950年代に伊兵衛が見つめたパリを、作品を通して追体験出来る貴重な写真展でした。
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1604.html
[PR]
by mmcmp | 2016-04-12 00:47 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「ぐりとぐら展」

f0119179_22522949.jpg伊丹市立美術館で31日まで行われている「ぐりとぐら展」に行きました。東京での開催から1年以上経つので忘れてたんですが、「ミハス・ピトゥー」でポスターを見て、そうだそうだと思い出しました。児童文学作家の中川李枝子さんと山脇百合子さんの姉妹による「ぐり」と「ぐら」が生まれたのは1963年。50周年を記念する展覧会が巡回しています。行列が出来た東京と違って、伊丹ではゆっくり観ることが出来ました。館内は撮影禁止だけど、入口の卵は撮影OK。この卵を観た各地の人達とつながってる感じがして、何だか愛しい気持ちになります。
「ぐりとぐら」って最初の絵本しか記憶にないけど、7作品もあるんですね。その原画や初版本などが並び、「ぐりとぐらのえんそく」に因んだ大きな毛糸や「ぐりとぐらとすみれちゃん」に出て来るかぼちゃのオブジェも。東京で観たnatsunoさんが「ぐりとぐらって小さいんだな」とブログに書いておられたこと、なるほどと納得しました。ぐりとぐらは遠足に行っても、お客さんが来ても、いつも皆で一緒に料理やおやつを食べる。第一作の「みんな」にはリスやゾウといった動物だけでなく、カメやトカゲ、土から顔を出したモグラやとぐろを巻いたヘビもいて、彼らもちゃんとカステラをもらって幸せそうに食べています。モモ母が絵本を描いたら、多分苦手なヘビやトカゲは描かないな、それがこの作品の最大の魅力だなと思いました。こうした絵を見ることで、子供達に多様性を受け入れる心が自然に育まれて行くんですね。「みんな」が野ねずみばっかりだったら、この作品はこれほど長く愛さf0119179_23344580.jpgれなかったかも。展覧会の最後に飾られていた絵は「またね」と言ってる様なぐりとぐら、そしてその横にはお茶とクッキー。お茶の時間って、シアワセな日常の象徴ですね。
http://artmuseum-itami.jp/jp/category/exhibition/current_exhibition/
[PR]
by mmcmp | 2015-05-11 23:41 | 観劇・鑑賞 | Trackback | Comments(0)

「私の1枚-日本の写真史を飾った巨匠101人-」

f0119179_22403746.jpg連休と言っても普段と変わらないモモ母。火曜は細見美術館で17日まで行われている「フジフイルム・フォトコレクション 私の1枚-日本の写真史を飾った巨匠101人-」を観に行きました。富士フイルム株式会社が創立80周年を記念する写真展で、1860年代にブリキ職人や果物売り等を写した下岡蓮杖 の「The Far East」から20世紀の作品を中心に、日本写真史を築いた写真家の作品が1人1作セレクトされて、写真好きには興味深い内容でした。
アラスカに生きるカリブーの群れが水しぶきをあげて河を渡る様子を捉えた星野道夫の「夕暮れの河を渡るカリブー」は鳥肌が断つほどドラマチックでいかにも星野さんらしい美しい一作。土門拳の「弥勒釈迦如来坐像左半面相 <室生寺>より」や木村伊兵衛の「秋田おばこ 秋田・大曲」等、確かにこの人と言えばこの写真だよね・・という作品が選ばれてました。島を埋め尽くすペンギンの群れに圧倒される「オウサマペンギン サウスジョージア島」や卵白を使った鶏卵紙に手で彩色した1890年代の女性像も興味深い。予備知識なく見ていくと、突然三島由紀夫や太宰治が写っていたり、奈良原一高の「アメリカ ・インディアン村の二つのゴミ缶 <消滅した時間>より」の何気ない風景に芸術性を感じたり、最近の映画ポスターみたいな岩宮武二の「マヌカン」が1954年の作品と知って、モダンさに驚いたり・・・。いろんな面白さがあるんですが、ただただ1人1作が並んでいるので、おそらくシリーズの中の一作と思われるものは、きっと一連の中で見てこそ際立つ魅力があるんだろうな・・と思ったりもするのでした。
http://www.emuseum.or.jp/exhibition/
[PR]
by mmcmp | 2015-05-05 23:33 | 観劇・鑑賞 | Comments(4)

「奇想天外! 浮世絵師 歌川国芳の世界」

f0119179_23164430.jpg10月24日から11月24日までと会期が長いので、行けるだろうと思ってチケットを買っていた美術館「えき」KYOTOの「歌川国芳の世界」展。11月に入ってすぐから寝込む程ではないけど、なかなか治らない風邪の為、先延ばししていたら、あっと言う間に最終日。紅葉シーズンの連休最終日で混雑する京都駅に出かけました。
幕末に活躍した浮世絵師・国芳は奇抜で個性的な作品が多いけど、こうやって並んだものを見ると大胆な構図と共に緻密な線で構成されていて面白い。坂田金時、源頼光、渡辺綱、源義経、宮本武蔵といったヒーローたちが度々登場して、鵺や土蜘蛛、大猿、鯨、ガマなんかと戦う様のデフォルメ具合が何ともユニーク。特に動物たちの目玉や足の爪の具合なんかが妙にリアルで、思わず笑ってしまいました。人が集まって顔を構成している有名な寄せ絵の数々も楽しめました。で、一番最後にあった弟子が描いた国芳の追善絵が、これまで観て来た画風とはかなり印象の異なる風貌だったのが印象的でした。ところで、帰りに地下に下りたら、3日前に数個あったよつばのポンドバターがひとつもなくなっていました。まさか当ブログをご覧になった方が慌てて買いに行かれた訳ではないと思いますが、少なくともクリスマスを過ぎるまではポンドバターの安定供給は難しそうですね。
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/index_7f.html
[PR]
by mmcmp | 2014-11-24 23:49 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「没後20年・ドアノーのパリ」

f0119179_1913697.jpg祇園の「何必館・京都現代美術館」で11月30日まで行われている「没後20年・ドアノーのパリ ROBERT DOISNEAU展」を観に行きました。ドアノー好きのモモ母前回何必館で買った写真集も持っているのでそれを見れば良いんですが、何必館の見事な空間で是非観たかったのです。途中、中国人らしきグループの声がちょっと大きかったり、仕事の電話が何度も入ってコールバックが気になり、あんまりゆっくり出来なかったものの、空間と作品の調和は見事で、来て良かったとシアワセな気持ちになりました。特に光庭の傍らで見るジャン・アルプの肖像は、再びこの場所で見られた喜びを味わいました。
「子供達」「恋人」「酒場」と言ったテーマは前回と同じ。でも、新たな感動があります。「市井に暮らす無名の人々の表情とその風景に人間の美しさ、そして営みの哀しさを圧倒的に見せられる」との解説に納得。汚れた服をまとった背の低い男の肩に手をかける長身の女性を写した「すりきれたカップル」、ナイフで切り落とした牛の頭を持つ男を写した「ひどい目に合された仔牛」など、ユーモアの中に生きることの切なさが垣間見えます。ドアノーは「写真は創るものでなく、探すものだ」と言っていたそうです。彼の探す力に魅せられた帰り道、四条大橋からふと上流を見ると、雨上がりの北山に靄がかかって水墨画の様でした。街中にいながら深山幽谷を見た思い。普段なら気づかずに通り過ぎていただろう風景でした。芸術性の高いものを観ると、こちらの美を探す力も上がるんですね。良いものに触れる大切さを痛感しました。
http://www.kahitsukan.or.jp/frame.html
[PR]
by mmcmp | 2014-10-04 20:33 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「長谷川純子作品展」

f0119179_2347449.jpg高校の同級生だった長谷川純子さんが、2月26日(水)から3月3日(月)まで三条通り河原町東入るの「アートギャラリー北野」2Fで初の個展をされるというので、観に行きました。バステルを中心に油彩やコラージュ、フュマージュと多彩な作品が並んでいました。長谷川さんがパステル画を習っているのは知っていたけど、失礼ながらいわゆる習い事程度なんだと思っていました。でも、届いた案内状がなかなか良い感じだったので、始まるのを楽しみにしていました。訪れてみると、色使いもタッチも思った以上に素敵で、特に油彩の人物画が良くてビックリ。聞けば、もう絵を始めて20年以上になるんだそう。
万願寺やくわい等の野菜やイチゴやゆずといった果物等を描いたものに優れた作品が多いのが、いかにも美味しいものが好きな長谷川さんらしい。「南瓜とチェリー」に使われている鮮やかな青が好きでした。レンブラントのソフトパステルを使っているそうで、発色も描き心地も見事で、手にしているだけで心地よいんだそう。まだまだ発展途上ではあるけれど、煙を使って描くというフュマージュに挑戦したり、今まで知らなかった彼女の一面を垣間見て、楽しいひとときでした。河原町三条という街中のギャラリーで行われているので、会期中に河原町界隈に行かれる方は、是非覗いてあげて下さい。
http://www.gallery-kitano.com/#!/pageExhibitions
[PR]
by mmcmp | 2014-02-27 00:22 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「佐藤太清展」

f0119179_22464434.jpg京都文化博物館で2月9日まで行われている「生誕100年佐藤太清展」を観に行きました。若い頃は日本画なんてまるで興味なかったんですが、最近は良いなぁ、上手いこと描いてあるなぁと思うものが結構多いと思う様になりました。佐藤太清は福知山出身の文化勲章受賞者だそうですが、今まで全く知らなかった画家。でもポスターを見たり、「日曜美術館」で紹介されているのを見て行ってみたいと思い、ギリギリになって出掛けました。
生まれてすぐ両親を亡くし、親戚の家で育った佐藤にとっては身近な自然が友達だったようで、そんなおいたちの中から動植物を観察する眼が養われていったんですね。最初に展示されていた「かすみ網」からそうなんですが、木々や草花と共に鳥を描いたものが多い。チラシに使われている「雪つばき」も岩根絞りという椿の可憐な花に積もる雪の美しさもさることながら、寒い朝、庭に訪れた雀たちに愛おしさを感じます。80代でこんな瑞々しい絵を描かれたんですね。緑の竹林にどくだみの白い花が可憐な「竹林」や細い月が冷たく光る「玄冬」など透明感のある作品が並ぶ中で、モモ母が印象的だったのが、昭和44年の作という「暎」。裏磐梯の五色沼入口付近を描いた作品で、青と緑の入り混じった水面の何とも言えない美しさ。そうそう、五色沼ってこんな風だったよねと思い返していました。自然の見事さを、ただそのままでなく昇華させることで、根源的な美を見せてもらった感じがします。
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_sato.html#main
[PR]
by mmcmp | 2014-02-07 23:35 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)