タグ:惣菜 ( 63 ) タグの人気記事

レトロなお惣菜屋さん

f0119179_18431655.jpg先日錦市場を歩きました。最近はいつも賑わってますね。その大半が海外からの観光客。年末は地元の人も買い出しに行くだろうから、ものすごいことになりそうです。店の方もカップに入れたり串に刺したりした、すぐに食べられる商品を売る所が増えました。さながら映画のセットやお台場の昭和30年代風商店街みたいなレトロテーマパークの中を歩いている様な感じ。でも作り物じゃなくて全て本物の店だから、観光客に人気なのも納得です。
モモ母が好きな「井上」にもチョコレートコロッケなど修学旅行生が好きそうな商品がありますが、オーソドックスな総菜もオススメです。昔ながらの昆布豆やかぼちゃの煮物、さば生姜煮、京都らしい「万願寺とうがらし昆布」に「湯葉しめじ」、モモ母の定番「いかみょうが」など。今回は初めて「豆腐すきやき」(100グラム260円〉を買ってみました。すき焼きをして残った豆腐を翌日食べると味がしみて美味しいですよね。あのイメージ。焼き豆腐f0119179_19194831.jpgと九条ねぎやたまねぎ、お肉を炊いたもので、かなり甘みが強かったけど、懐かしい感じがして美味しくいただきました。買ったのはそれぞれ150グラムずつ。対面販売の量り売りだから、150グラムなんて中途半端な買い方も可能です。
井上佃煮店
錦小路通柳馬場西入
9時~18時
水・第1・3日休
http://www.kyoto-nishiki.or.jp/stores/inoue/index.html
[PR]
by mmcmp | 2016-12-09 19:21 | 京都でお買い物 | Comments(0)

乗り換え途中で

f0119179_21412532.jpg市川屋珈琲」に行った日はあちこち寄る用事があって、バスの一日乗車券を買っていました。何番でも良いから最初に来たバスに乗ったら丸太町で曲がったので、熊野神社前で下車。あ、せっかく降りたんだし、久しぶりに「リンデンパーム」に寄って行こうと思い立ちました。自家製ソーセージやテリーヌ等がズラリと並んでますが、勿論、モモ母のお目当ては「無添加ウインナー」。ナチュラルフードの店で売られている無添加のソーセージにはイマイチ美味しさを感じないものもある中、こちらの無添加ウインナーは違和感なく食べられます。1袋2本入りなので、滅多に行かないから2袋買っておけば良かったと帰宅してから後悔しました。原材料表示は「豚肉、食塩、香辛料」。美味しくて3つしか材料表示がないソーセージってホントに貴重です。
看板にあった「日替わりごちそうサラダ」が残念ながら売り切れていたので、「キャロットラペ」を一緒に買うことにしました。あ、ここのキャロットラペは以前買ってイマイチだったんだっけ・・・と、これまた帰り道で思い出して後悔したけど、頂いてみたら、人参のシャキっと感にオレンジ、クランベリーの程良い風味で、意外と良かったです。バスのおかげで思わぬ買い物が出来ましf0119179_22321174.jpgた。そうそう、店内に撮影禁止の貼り紙がありました。2012年には撮影させてもらってたから、その後、何か困ったことがあったんでしょうか・・・。
★リンデンバーム
丸太町通川端東
075-751-0786
11時~19時
http://www.linden-baum.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2016-06-07 22:46 | 京都でお買い物 | Comments(0)

7年半ぶり

f0119179_2332512.jpg久々に馬町に行ったので、そうだ、「かむら」に行こう! と思い立ち、「市川珈琲店」に行く前に反対方向に進んで「とうがらしおじゃこ」を買いに行きました。「初めてですか?」と聞かれたので、「5年程前に来て以來2度目です」と言ったけど、東日本大震災が2011年だから5年以上前か・・・10年になるかもと言ってたんですが、前の記事によると2008年12月に訪れた様です。実店舗が出来たのがこの年4月なら、10年前はまだ店はなかったですね。
青唐を使った「とうがらしおじゃこ」は目上の人へのお使い物にお薦めのスタンダードタイプと徳用があって、違いを伺ったら、徳用はじゃこの選別がやや粗いだけで、味は変わらないとのこと。家で食べるならこれで十分と徳用を買いました。じゃこは四国産のものを中心に、その時々に適したものを選んで使っているそう。小さなじゃこがしっとりやわらかく炊き上げられてるので、ご飯にたくさん乗せて頂きます。ちりめん山椒は「ふーきちりめん北見」や「しののめ」が好きだけど、とうがらしおじゃこは「かむら」独特の風味が良f0119179_23542257.jpgいですね。市川屋珈琲にまた是非行きたいので、「かむら」にもまたすぐ行きそうです。
★京都とうがらしおじゃこ 
かむら
東山区常磐町
531-5301
10時~18時 水休
http://kyoto-kamura.com/
[PR]
by mmcmp | 2016-05-28 23:57 | 京都でお買い物 | Comments(0)

ふーきは山吹

f0119179_23255539.jpg「フランジパニ」を出た後、久しぶりに「ふーきちりめん北見」に寄りました。自家農園で採れた食材を添加物を使わずに炊き上げる北見さん。上賀茂神社の手づくり市などでもよく見かけますが、手づくり市では普段入手が難しい遠方のものやちょっと行くのが不便な場所にある店を優先して買うので、鞍馬口に店を構える北見さんは、つい素通りしてしまいます。
今回のお目当ては店名にもなっている「ふーきちりめん」。「ふーき」はふき、山吹のことで、自家栽培の山吹の葉にちりめんじゃこと山椒の実を入れて炊いたもの。ふきの佃煮って茎のイメージだけど、こちらは葉が使われていて、独特の苦味に山椒のアクセントが絶妙で、食が進みます。世間は低炭水化物ダイエットが流行ってますが、モモ母家はパンもごはんも必需品。勿論、食べ過ぎないように心がけてはいるけど、父が大のごはん好きなので、ごはんのお供は欠かせません。今は「うね乃」の「かつお梅」と、このふーきちりめんが重宝しています。そうそう、かつお梅がなくなって来たのf0119179_23585940.jpgで、佛光寺に買いに行こうかと思っていたら、伊勢丹地下の食料品売り場で扱ってました。「フォロ」のドレッシングもあったから、なくなったら伊勢丹で買おうと思います。北見さんでは今回は買わなかったけど、美味しそうな赤紫蘇の佃煮も見かけました。
★ふーきちりめん北見
鞍馬口通烏丸東入
075-432-0501
9時30分~18時30分 
木休
http://www.fuuki-chirimen.com/
[PR]
by mmcmp | 2016-04-28 23:25 | 京都でお買い物 | Comments(0)

辛くなってました

f0119179_1519503.jpg先日、韓国惣菜の「チャジャンナム」さんの近くに行ったので、大好きな「じゃこ」を買おうと寄ってみました。冷蔵棚の中に色んなキムチや惣菜が入っているんですが、お目当てのじゃこの説明に「辛い」と書かれていました。以前は確か2種類あって、辛い方には真ん中に唐辛子の小片がトッピングされて、それが目印になっていました。そっちはモモ母には辛すぎるので、トッピングのない普通の辛さの方を選んでいたんですが、今は1種類になったみたい。「娘がしてた時はそうしてたんかな」と奥さんがおっしゃってたから、作り手がお母さんに変わられた様です。「どうやろなぁ~辛すぎるかなぁ」と言われつつ、やっぱり食べたいから買って帰りました。
これが最後かリピするかどっちかな~と思いながら帰宅して食べてみるf0119179_16281692.jpgと、一口目はそうでもないけど、食べてると以前の辛い方みたいにモモ母には刺激的になって来ました。でも基本の味付けは同じだから、ごま油の風味が食欲をそそって美味しい。辛いのが好きな人には寧ろこのくらいが良いのかも知れません。そんなワケで、これからも買い続けたいと思います。
★韓国そうざい チャヂャンナム
紫竹栗栖町
075-495-0044
12時~20時30分
火休
[PR]
by mmcmp | 2015-10-19 16:31 | 京都でお買い物 | Comments(0)

いかみょうがと実山椒ふき

f0119179_2143191.jpg10月になったというのにシルバーウイークの時の話なんですが、河原町がかなり混雑していたので地下鉄「四条」まで歩くことにしました。途中、久々に「井上」で「いかみょうが」を買おうと思い立ち、錦市場へ。年末ほどではないものの、錦も結構混んでました。多彩な惣菜が揃う「井上」も店員さんがたくさんおられるけれど、ショーケースを見ながら客があちこちから注文するので「ふたば」みたいにスムーズに行かず、ちょっと待って漸く注文出来ました。待ってる間に「いかみょうが」を買うお客さんが多かったです。どこかのマスコミで最近紹介されたんでしょうか?
モモ母もお目当ての「いかみょうが」を買ったんですが、待ってる間にズラリと並んだお惣菜を見て、先に注文した人が選んでいた「実山椒ふき」(という名前だったと思う・・)に興味がわきました。昔からあったのかも知れませんが、以前はかつおぶしと煮てあった様な。いずれにしてもこれまでノーマークでした。そもそもモモ母はふきの煮物が苦手。食べない訳ではないものの、薄味で食感もイマイチなものが多い。でも、山椒と炊いた佃煮は好きだから、これも気に入るかもと思って、試しに買ってみました。食べf0119179_21523366.jpgてみると、結構濃い目に炊いてあるけど、山椒の心地よい刺激が単調になりがちなふきを飽きずに食べさせる役目をしていて、良い感じ。ふきの煮物でまたリピートしたいと思ったのは、これが初めてです。
★井上佃煮店
錦小路通柳馬場西入
9時~18時
水・第1・3日休
http://www.kyoto-nishiki.or.jp/stores/inoue/index.html
[PR]
by mmcmp | 2015-10-02 21:58 | 京都でお買い物 | Comments(0)

ガーニッシュでイートイン

f0119179_23215874.jpg先週千本北大路でお昼を食べるつもりがお目当ての店が閉店していて、第二候補の店を目指して堀川まで歩いたら定休日。この日は和食を食べたい気分だったから、ちょっと迷ったけど、普段あんまり外食をしないので、たまに外で食べるなら丁寧に作られたものが良いなと思って「ガーニッシュ」に行くことにしました。フレンチ惣菜の店ですが、奥でイートインも出来ます。新大宮商店街の頃の僅かなスペースと違って、新店舗は十分なスペースがあるので、ゆっくり食事出来ました。
12時から13時30分には前菜とメインのランチ1300円があって、メインは4種類から選ぶことが出来ます。料理によっては差額が必要ですが、モモ母が選んだ「豚肉のロースト ソースシャルキュティエール」は差額なし。まずは前菜の盛り合わせとパンが運ばれて来ました。前菜はキッシュに人参のラペ、じゃがいもと生ハムのサラダ、グリーンサラダがてんこ盛り。これだけでもかなり満足出来ます。パンは半切れ。足りない場合は50円で追加可能です。人参のラペにうるさいモモ母はやっぱり「ダイズデリ」の方が好き。でも全体の印象は悪くないです。メインはやわらかお肉に複雑な味のソース。ピクルスに白ワイン、ビネガー、マスタード等を使っているそうで、ちゃんとフレンチを食べた気になります。帰りにかぼちゃのポタージュを買って帰りました。容器の蓋を少しずらしてレンジで温める様に言われたので、冷たいままでも良いですよね?とお聞きしたら、温めるの前提で作ってるので、冷たいままだと塩分が濃いからミルクを少し混ぜてとのこと。f0119179_23554397.jpg結局温めたんですが、トッピングされたベーコンの風味がプラスされて、とっても美味しかったです。
★ガーニッシュ
紫野門前町
492-2512
11時~20時 
火休
https://www.facebook.com/garnish.kyoto
[PR]
by mmcmp | 2015-09-13 23:57 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

夏こそデリを

f0119179_11251062.jpg今からの変更は間に合わないと先週まで言っていた新国立競技場の見直しを安保法制強行採決直後に白紙撤回。これで支持率低下の歯止めにという魂胆丸見え。森さんは「たった2250億円出せなかったのかね」ですって。ほんと国民を愚弄してますよね。やっぱり撤回出来たんでしょ、もっと早く見直せよ、という話です。建築を急いで、現場作業員に負担かかるんだうな。「ヒゲの隊長に教えてあげてみた」の再生回数はものすごい勢いでオリジナルを上回り、2つの動画の高評価と低評価の数が対照的なのも笑えます。
さて、新大宮商店街から北大路堀川に移転したデリステッセン「ガーニッシュ」を先週のぞいてみました。移転後2度目の訪問。この日は「マッシュルームのファルシ」(580円)、「とうもろこしのブランマンジェ」(470円)、「シーフードのタブレ」(390円)を購入。にんにく、エシャロット、生ハム、マッシュルームの芯をみじん切りにしてたっぶりのバターで炒めマッシュルームに詰めたと言うファルシは塩気が強いので、おかずよりワインのアテなんでしょうけど、前回に続いて購入。ブランマンジェは口当たり良く、食欲が落ちがちな夏にオススメ。アイテムは日によって替わる様ですが、これは毎日ありそうです。フレンチの技法は咀嚼や嚥下の落ちた高齢者の介護食f0119179_1236099.jpgとしても優秀。調理時間を少なくしたい夏は時々デリカを活用したいと思います。
★ガーニッシュ
紫野門前町
075-492-2512
11時~20時 
火休
https://www.facebook.com/garnish.kyoto
[PR]
by mmcmp | 2015-07-19 12:37 | 京都でお買い物 | Comments(0)

ちりめん山椒食べ比べ

f0119179_23192112.jpg仕事でお世話になっているK先生の所へ行くのに手土産を調達しようと、ご近所の名店「しののめ」を久々に訪問。そういえば、作り手が替ったと聞いたので、自分でも食べてみようと思って家用に「じゃこ山椒」90グラム(860円)を買ってみました。丁度「京・くらま廣庭」の「ちりめん山椒」があるので、食べ比べてみることに。
まず開けてビックリ! 以前より見た目の色が薄くなっていました。「かむら」の「京都とうがらしおじゃこ」を思い出す感じ。醤油が変わったのかな? お店のサイトに昆布は原材料見直しの為、塩昆布は生産を一時見合わせてると書かれているので、じゃこ山椒も既に原材料の見直しをされた後なのかも知れません。オーソドックスな色をした「京・くらま廣庭」のちりめん山椒と並べると、色の違いがよくわかります。じゃこの大きさもかなり違って、「しののめ」の方が小さい。ちりめんじゃこは小さい方が上等なので、しののめの方が良い材料を使っていると言えると思います。どちらも防腐剤を使ってないけれど、しののめは冷蔵庫で一週間とデリケート。廣庭はしっf0119179_23563417.jpgかり炊いてあるから添加物なしでも2ケ月持ちます。味自体は今夜食べたモモ母の印象では山椒とちりめんの味が前面に出る廣庭の方が好き。しののめはちりめんの小さくやわらな食感が魅力で、ご飯にたっぷりかけたくなります。ちなみに下の写真の右上に写っているのが廣庭のもの。色が全然違うでしょ・・・。
★しののめ
小山元町
075-491-9359
9時~18時
日祝・第2土休
http://www.ojyako.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2015-07-07 23:57 | 京都でお買い物 | Comments(0)

出会えて良かった☆

f0119179_12453191.jpgいつもは「クロア」の帰りに寄ることが多い「チャヂャンナム」ですが、「牛若」のバス停で降りることがあったので、久しぶりに大好きな「じゃこ」(400円)を買って帰ることにしました。冷蔵棚にはキムチなどがたくさん入ってるけど、モモ母はもっぱらこれです。その名の通り、じゃこを唐辛子とごまをからめて炒めたもの。ごまの風味と適度な辛さが食欲をそそり、これを買うとあたたかいごはんが食べたくなります。
今回は小さいサイズの万能ジャン(100円)も買ってみました。「おか家」のヤンニョンがとっても好きだったのに、閉店してしまったので、その後、ほかの店のヤンにニョンを試したり、唐辛子ドレッシングの類を買ってみたりするんですが、どうも口に合うものがみつからず、自分でアレンジしてもうまく作れない。こちらの万能ジャンも悪くないけど、やっぱりおか家のものがダントツ美味しかった。かと言って「おか家」のキムチはそんなに好きではなくて、別の店のきゅうりキムチが恋しかったりします。すべてが好みに合う店って意外と少ないかも。チャヂャンナムも最初にたまたま選んだじゃこが美味しかったから何度もリピしてる訳で、ほかの商品しか買ってなかったら、再訪はなかったかも知れません。そう思うと、イマイチ・・と思ったf0119179_13353033.jpg店にも実はとっても美味しいものがあるのに出会ってないのかも・・・。じゃこに出会えて良かったです。
★韓国そうざい チャヂャンナム
紫竹栗栖町
075-495-0044
[PR]
by mmcmp | 2015-04-23 13:37 | 京都でお買い物 | Comments(0)