「ほっ」と。キャンペーン

タグ:映画 ( 15 ) タグの人気記事

「東京原発」鑑賞から連日・・・

f0119179_1771159.jpg先週土曜、のぱら映画会で「東京原発」を観ました。原発が安全なら東京都庁に作れば?という反対派が考えそうなことを2002年に映画に、しかも深刻なドキュメンタリー調でなく役所広司や岸部一徳らによるエンタメ作品に仕上げてるのがスゴイ。こんな映画知らなかったと思ったら、製作から公開まで2年かかり、殆ど宣伝されなかったみたい。設定や説明台詞はかなりリアルで、プルトニウムを運ぶトラックが爆弾マニアにジャックさせるのも全くの絵空事でなく、事故前は普通に輸送車が道路を走ってたんですよね。でも、それは今だから分かることで、当時観ても十分理解できなかったし、ゾッとするエンディングも気づかずスルーしてたと思う。(興味のある方はこちらを)
翌日曜深夜、「お笑い芸人マコVS原発事故」を視聴。これを日テレが放送したことが驚き。2人がドイツに招かれた時、連邦放射線防護庁の人から「年20ミリシーベルトはドイツでは原発作業員の線量限度。帰還基準にするのは小学校に原発を作るのと同じ。本当に日本の国民はそれを受け入れたのか」と言われたとか。日本人は受け入れたんだよなぁ~と思っていたら、月曜小太郎くんのママから借りた冊子に避難者の声が掲載されてました。「帰れる場所に帰れるなら問題ないけれど、帰れない場所に帰すっていう線で国と村はやってるわけだべ」高齢の村民は孫が帰れない様な場所に帰っても山の恵みを口に出来ず、村の行事や日々の暮らしもたちゆかないことを、みんな知ってるけど、自分たちはあと5年か8年。「何十年か何百年後かにひ孫が帰った時に足跡を残しておくことが私らの仕事。まぁ、人生の挑戦だ」。もう安全だと思ってる人たちの声を紹介する報道が多かったから、こうした未来を見据えた覚悟を初めて知りました。そして火曜はこの記事で、1月に反原発活動に参加した埼玉県加須市の職員らが逮捕されたことを知りました。容疑は、一昨年9月に避難指示が解除された楢葉町の視察に訪れた際、レンタカー代を割り勘にしたことが道路運送法違反にあたるというもの。何それ? 「国の政策を傍観しているのは賛成しているのと同じ」という「東京原発」の台詞を思い返しています。
[PR]
by mmcmp | 2017-02-08 17:34 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

のび太の先生☆

f0119179_2331150.jpg相変わらず田中亮一さんの舞台情報はないけど、先週BSで放送された植木等のドキュメントで植木さんの声をされてたとの情報。見たかったなぁ~。
「文七元結」で共演した古今亭志ん吉さんがツイッターで亮一さんのことを「ドラえもんの先生」と紹介したら、亮一さんといえばデビルマンでしょ、と突っ込まれてましたが、やはり20~30代だとのび太の先生のイメージが強い様です。こちらのツイートにリンクされてるウィキにあった「のび太の結婚前夜」の先生のシーンを見てみました。デイリーモーションの動画で先生が出て来るのは23分頃から。青年になったのび太と共に先生も、「廊下に立っとれ~!」と怒鳴ってた頃より年を取って穏やかに描かれてます。1分程度の短い会話だけど、とても温かみのあるシーンで、何度も見返しちゃいました。「声優とは七色の声を出す人のことでなく、声で芝居が出来る人のことだ」とどこかに書かれてましたが、2人共七色の声の持ち主ではないけど、聞いただけで小原乃梨子さん、亮一さんとわかる個性があって、やりとりが絶妙。結婚前夜の話はしずかちゃんのお父さんの名台詞が有名らしいですが、先生とのやりとりも負けないくらい名場面だと思うのは、ファンの欲目でしょうか? 大山のぶ代さんのドラえもんの話がドラマになるそうですね。亮一さん役の人は出て来ないと思うけど、ドラマを見てみたいです。
[PR]
by mmcmp | 2015-11-30 23:59 | 田中亮一 | Comments(0)

「いのちがいちばん輝く日」

f0119179_1745651.jpg11月3~4日国立京都国際会館で開催された「第36回日本死の臨床研究会」に参加させて頂きました。柏木哲夫、山崎章郎、徳永進ら終末医療の第一人者や各分野で活躍する方達の話が聞ける豪華なプログラム。上野千鶴子さんの特別講演「おひとりさまの最期」は特に興味深いものでした。
4日にはランチョンムービーとして来年劇場公開される「いのちがいちばん輝く日」が先行上映されました。近江八幡市にあるヴォーリズ記念病院のホスピスの様子を描いたドキュメンタリー。ホスピス医長の細井順先生には早朝のラジオ番組でもお世話になりました。長い闘病生活で疲れていた女性のもとに愛犬がお見舞いに来ていました。一般病棟では衛生上の理由からペットの入室は断られるけど、もしモモがいる間にモモ母が入院したら気になって仕方ないし、まして終末期だったら二度と顔が見られないなんて耐えられない。久しぶりの愛犬との再会で笑顔になった女性はその後、趣味のハモニカを吹いて看護師さんに聞かせたり、会話が増えておられました。状態が悪くなった男性の家族に「孫たちも連れてきて、お葬式で集まるのでなく、皆で見送って」と提案する細井先生。いよいよというその時、家族からは自然に「ありがとう!」「仲良くやるから安心して」の言葉が何度も出ていました。3日の歌人で生物学者の永田和宏先生の講演で、死が迫った恩師に感謝の言葉を伝えたいと思ったけれど、面と向かっては言えなかったという話をされてましたが、素直に有難うが言える状況って羨ましいな、この家族はお葬式でもめたりしないなと思いました。
http://inochi-hospice.com/wp/
[PR]
by mmcmp | 2012-11-04 17:40 | 観劇・鑑賞 | Trackback | Comments(5)

「ニッポンの嘘~報道写真家福島菊次郎90歳」

f0119179_18502812.jpg「ニッポンの嘘」の上映が京都シネマで始まりました。戦後日本を撮り続けた反骨の報道カメラマン福島菊次郎さんは、モモ母が担当するラジオに出ていただいた方の中でも特に印象に残る1人。映画は福島さんの生き様を彼の写真と共に描いています。写真が語りかけるものって本当に大きい。海外旅行を楽しむ人々で賑わう成田空港になった土地で、かつて農民達と機動隊が死闘を繰り広げたこと、妻を亡くし、6人の子供を抱えて自らも原爆症で苦しみ「仇を取ってくれ」と言った男性がいたこと、広島の広々とした緑地帯にかつて原爆スラムと呼ばれる生活保護家庭のバラックが並んでいたこと。写真家が思いを込めて撮ったからこそ今の私たちもリアルにそうした事実を知ることができます。原爆スラムは「ヒロシマの恥部」といわれ、撤去されたけれど、本当の恥部はそこに暮らしていた誠実な人々ではなく、彼らを差別した平和都市ヒロシマだと福島さんは言います。
自衛隊や兵器産業内部の撮影禁止場所は背中や腰にカメラを当てて隠し撮り。手が覚えているからファインダーを見なくても被写体にフォーカスされた写真が撮れるのだとか。昨年9月には福島県南相馬市で瓦礫の山にカメラを向ける福島さん。その姿はイケメン俳優よりカッコいい!ヒルゲートでの父娘展でお会いして5年、胃の大半を切除して痩せた老カメラマンは精力的に仕事をしていたんだなと、のほほんと暮らしていたモモ母は恥ずかしい思いです。モモ母が出来るのは伝えること。この手の映画に興味がない方も予告編だけでも見て欲しいです。年金も子供からの援助も拒否して愛犬ロクと暮らす福島さん。ロクは11歳だそうで、91歳の福島さんは勿論、ロクも長生きして福島さんの傍にいて欲しいです。
http://bitters.co.jp/nipponnouso/
[PR]
by mmcmp | 2012-10-24 20:29 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」

f0119179_040172.jpg昨年は2本しか映画を観なかったモモ母。今年も2月下旬になって漸く最初の映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」を観ました。前2作の時から思うんですが、これは不思議な映画です。いかにも泣かせようとする場面作りがあざといし、何か違う・・という違和感があるのに、やっぱり泣いてしまう。今回もそう。結婚式に実家の親との絡みが全く描かれないのは不自然だろとか、茶川の実家の部屋の貼紙や淳之介が4年の時に描いた絵が真新しいのは変だろ、とか思いながら(淳之介のカレーの絵は日焼けした感じを出していたようですが・・・)、何度もジーンときました。それは大勢のスタッフが一丸となって良いものを作ろうとする仕事ぶりが、些細な違和感に勝る力を持っているからかも知れません。特に森山未來、大森南朋、高畑淳子といった初登場組の好演が素敵でした。既に出来上がった世界に違和感なく溶け込み、新たな拡がりを持たせる役割を見事に果たしているのがさすがだな・・と。
モモ母が一番ジーンとしたのは茶川さんの父親とのくだりでも淳之介の旅立ちでもなく、鈴木さんの「シュークリーム食って、腹壊して・・」という場面。親ならそういう何気ないことが堪らなく愛しいんですよね・・・って鈴木さんはロクちゃんの親じゃないけど。それぞれの旅立ちが、単なるノスタルジーで終わらない爽快感を残しました。ちなみにモモ母家には懐かしグッズが結構残ってるので、それと共にパンフを撮影。ひとつは最近物置から出てきた「ユニ坊主」(高級鉛筆で売り出した「UNI」のノベルティ)、もうひとつは母が使ってたつけまつげ。共に映画よりちょっと新しい昭和40年代のものではないかと思います。
http://www.always3.jp/
[PR]
by mmcmp | 2012-02-23 01:20 | 観劇・鑑賞 | Trackback | Comments(0)

「小川の辺」

f0119179_2243043.jpgMOVIXで「小川の辺」を観ました。山形で藤沢周平の映画が撮影されてると知っても、そんなに興味はなかったんです。でも、今週になって元ディレクターKさんが送って下さる映画レビューを読んで、これは観よう!と思いました。脱藩した親友であり、妹の夫である佐久間を討てと命じられた朔之助。民のためを思って正論を唱え、藩主に疎まれた親友を藩命とは言え、斬らねばならない藩士の苦悩。幼い頃、共に剣術を習った妹は武士の妻として手向かってくるに違いない。その時は斬れと諭す父。やり方が単刀直入すぎたとは言え、どう見ても正義は佐久間。なのに、それが通用しない封建社会に生きる下級武士の定め。まさに藤沢小説らしい作品です。これが山形の美しい風景と共に映像化されたら、そりゃ素晴らしいに違いない。
原作は読んでないんですが、おそらくすごい短編なんでしょうね。親友を討ちに行くことだけを描いたシンプルなストーリーでした。でも東山紀之、片岡愛之助、菊池凛子、勝地涼がそれぞれの役を見事に演じていました。どの役も台詞は少なく、表情や立ち居振る舞いで人柄や心情を表現し、西岡徳馬をはじめ西沢利明、堀内正美、寺泉憲らがそれこそほんど台詞のない役どころで脇をかためているのが何とも贅沢。高度成長期は司馬遼太郎なんかが良かったんでしょうけど、今はまさに藤沢周平の時代ですね。ただ、多分原作は小川の意味が丹念に書かれてるんでしょうけど、映画は「小川の辺」という題名らしさがあまり感じられませんでした。それとチケット売り場には若い世代が大勢いたのに、場内はモモ母が最年少?と思うくらい高齢の方ばかり。若い人にはこういう映画は魅力ないのかと思うと残念です。「武士の家計簿」の時もそうでした。あ、気がつけば今年観たのは時代劇ばかり。平成日本って意外と時代劇を撮ってるんですね。そういえば、「さや侍」も観たいんですよね・・・。
http://www.ogawa-no-hotori.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2011-07-06 22:46 | 観劇・鑑賞 | Trackback | Comments(0)

「武士の家計簿」

f0119179_21542383.jpg「武士の家計簿」を観ました。加賀藩の御算用者として仕えた下級武士が残した家計簿と日記を基に幕末維新の頃を生きた家族の姿を描いたもの。館内に入ったら平日のせいか客層の大半が中高年で、ちょっとビックリしました。
借金を抱えた武家の倹約ぶりをコミカルに描いた作品かと思ったら、タイトルバックに流れてきたのは暗めの曲。長男の袴着の祝いに鯛の絵を「にらみ鯛」にする場面も笑うというより、切ない感じがしました。さまざまなエピソードを経て先代から次代へとバトンがつながれていく様子が見事に描かれ、家計簿と日記からこれだけの家族ドラマを紡いでみせるスタッフはすごい。祖父の葬式の日にもそろばんをはじく父に反発した息子もやはりそろばんに向かう。同じ立場になると父は決して冷淡ではなかったことが、身をもってわかるんですね。この映画には先行き不透明な現代を生き抜くヒントだとか、家族の絆だとかがあると言われてるけれど、子供を産まない選択もある現代、次代につなぐものは命だけではないはず。主人公の直之がそろばんを息子に残したように、持てる知識や技術をつなぎ、受け取った者は自分までつないでくれた先人を敬う・・・。剣の腕が役に立たなくなったように、デジタル化でアナログ人間が培った技術が時代遅れになり、知恵の伝授がされてない現代社会の脆弱さを痛感することが多い昨今、現代人が取り戻さなくてはいけないのは、寧ろそういうことなんじゃないかとモモ母は思うワケです。そういう意味でも、この映画はもっとたくさんの若い人に観て欲しい。サムライと言えば龍馬みたいな革命児や剣豪ばかりじゃないし、それだけが格好良い訳じゃない。直之みたいに誠実に生きた普通の人々がいて、今の日本があるワケですよね。
[PR]
by mmcmp | 2011-01-12 23:13 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「マザーウォーター」

f0119179_2348187.jpg京都シネマで漸く「マザーウォーター」を観ました。「かもめ食堂」や「めがね」のシリーズ最新作は京都が舞台。とは言え、嵐山や嵯峨野、祗園といったステレオタイプな京都が一切出てこないところが素敵。その代わりにモモ母がいつも目にする光景がそのまま映画になったみたいに登場します。
当ブログで何度も紹介したように主人公たちが経営する店は「フランジパニ」や「しずく」といったカフェや「レモン館」のすぐ近くにある大徳寺門前のO豆腐。椅子の置かれた加茂川は映画を観る数時間前にモモと歩いた上賀茂橋南のおおきな木があった辺りだし、モモと撮った桜の木らしき並木も出て来ます。モモが落ちた飛び石とは違うけど、荒神橋の飛び石も出て来ます。河原を白い犬が散歩するシーンがあったけど、かわりにモモが歩いていてもおかしくない。映画では気づかなかったけど、一瞬出てきた神社は仕事で長年通ってるところからすぐの護王神社。では、この映画がすごく良かったか?と聞かれると、そうとは言いにくい。台詞は示唆に富んだものが多かったけれど、あまりにそればかりだとクドかった。意図的に排したんだろうけど日常を描いた割には現実味のある具体的な台詞がない。マコトの家が生活感に乏しいのにも違和感がありました。モモ母が良いなぁと思ったのは、意外にも女性陣ではなく光石研でした。ただ、モモと河原を歩き、「フランジパニ」でお茶を飲む2010年の日常を映像化したようなこの作品を、10年後、20年後に観たら、たまらなく愛しいと思うような気がしています。
http://www.vap.co.jp/motherwater/#/mokuji
[PR]
by mmcmp | 2010-12-06 00:35 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「李小龍生誕70周年記念祭」

f0119179_2357147.jpgブルース・リーの生誕70周年を記念して、書画家の王石明さんが所有するポスターや書籍等のブルースリーグッズのコレクション展が13日から17日に開催されるというので、京都市国際交流会館に観に行きました。会場にはアメリカでの芸能エージェントと交わした直筆サイン入りの契約書など、マニアが見たら大喜びのお宝約700点が展示されています。
正直ブルースリーにはあまり興味がないので、その良さが今ひとつわからないんですが、イギリスやフランス、ボリビア、インド等々、世界各国でブルースリーグッズが作られていることにまず驚き。しかも香港の地下鉄で使用されたという大きなポスターをはじめ2000年以降に作られたグッズも多い。王さんによると近年彼の素晴らしさが見直されて再びブームになっているのだそうです。今回の展覧会も北海道や奈良などからファンが足を運び、ブルースリーを卒論のテーマにするという大学生も来ていたりして、彼が今も絶大な人気なのだということがよくわかりました。肉体や技だけでなく、老子の影響を受けた哲学的な精神性も魅力のようです。モモ母はマッチョは苦手ですが、彼の鍛えられた肉体はマッチョじゃないですね。パンチのスピードを鈍らせる分厚い胸の筋肉は不要なのだそう。新感線の舞台で見せる堤真一の美しい殺陣が大好きだし、「ネクサス」にハマってスーツアクターさん達のアクションがキレイだと思ったモモ母、ブルースリーの映画って見たことないけど、見たらハマるのかも。16日は王さんや俳優の勝村淳さんらによるトークイベントも行われます。ファンの方は是非どうぞ。
[PR]
by mmcmp | 2010-10-16 00:49 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「おくりびと」

f0119179_3202510.jpg何で今頃・・と言われそうですが、今年10冊目に読んだ小説は百瀬しのぶの「おくりびと」。小説はたいてい古書店の100円コーナーから選ぶので、興味を持ったら脈絡なく買っています。映画も観てないし、そんなに良いなら原作を読んでみるか・・・と思ったんですが、これは映画のノベライズ本で、原作なら寧ろ青木新門の「納棺夫日記」を読むべぎだったことに読んでる途中で気づきました。それぐらい予備知識なく読み始めました。ノベライズ本というのも初めて読んだけど、何だか軽くてスグ読めるんですね。その前に読んだトマス・フルフィンチの「アーサー王物語」と対照的です。(ホント脈絡なく読んでます・・・)
さすが情景描写が映像的。マンションの台所では生きていた蛸が海に返そうとした時には既に死んでいたり、生まれた川を勢いよく遡上する鮭もいれば口をぷかぷかさせて半死状態で流されていく役目を終えた雄の鮭もいる。人間が生きるために食用にしている生き物の生と死が、人の暮らしに挟まれているのが印象的。ゲランドの塩をお清めに使ってて、それで骨付きチキンを食べる場面も何かおかしい。ジーンと来たのは2つのチェロのシーン。満月の夜、子どもの頃に使っていたチェコを手にしてずっとこうしていたかったと思う場面とクリスマスに佐々木と百合子の前で無心に「アヴェ・マリア」を弾く場面。心に染みるような静謐さが全体に流れているから、この作品は良いんでしょうね。本木・広末も勘太郎・麗奈も知らない堺ファンのモモ母は、これを堺雅人・深津絵里の「ブラコメ」コンビで観たくなりました。
[PR]
by mmcmp | 2010-08-04 03:54 | カフェ読書 | Comments(0)