タグ:東京 ( 258 ) タグの人気記事

口から食べるということ

f0119179_2215438.jpg森友の顧問弁護士だった稲田大臣の夫が系列保育園の設立に関与していたそうで。「小学校を待望していたのは安倍首相だ!」という長男のインタビューも興味深い。でもマスコミはすっかり政府に忖度しちゃってますね。それを裏付ける様なこのツイートは要注目。確かに関西はテレビも頑張ってますよ。
さて、年明けから、また父が入院し、先月から食べる量がかなり減った為、お腹に穴をあけて栄養分等を入れる「胃瘻」や鼻から胃までチューブを入れて栄養補給する「経鼻栄養」も選択肢と言われました。入院中に胃瘻を作ってから退院した方が良いとも。でも、今までも退院して家に帰ったら食欲が戻ったし、可能性を信じて胃瘻はせず。口当たりが良くて栄養価の高いプリンなら食べるかも、と退院祝に「ラ・テール」のウ・オレをお取り寄せすることにしました。父が下北沢にマンションを借りていた頃、三宿の店に一緒に行って食べたこともある馴染みの深い味だし、放牧自然卵の黄身に熊本県阿蘇産のジャージー牛乳とオーガニックシュガー、オーガニックバニラビーンズの4つ素材だけで作られてるからクオリティも高い。当初の退院日の朝に突然熱を出して退院が延期になったりして、お届け予定日時を2度も変更してもらったんですが、お店の方に快く対応して頂き、「退院本当におめでとうございます」の言葉を添えて手続変更のご連絡を頂きました。なめらかで味のしっかりしたプリンなので、食欲のなかった父も家に帰って見事に完食。その後、好きな餃子も食べて良いよとお医者さんに言ってもらって早速食べたし、ハーゲンダッツのアイスやグランディールのクリームパンなどを、少しずつですが食べています。口から食べるって、とっても大事、食べる楽しみが生きる意欲につながります。
https://shop.cake-cake.net/laterre/select_item.phtml?CATE3_ID=96
[PR]
by mmcmp | 2017-04-22 23:28 | 宅配・お取り寄せ | Comments(0)

リッチな焼き菓子を少しずつ

f0119179_2453044.jpg先日のドゥテルテさんのミサイルお断り発言は現地の新聞の曲解と朝日が報道。但し「軍事同盟は必要ではない。外国の軍人がいない国を目指したい」と言ったとは報じていて、沖縄に対する日本の姿勢とは違うし、この表情はいかにも信用してなさそうに見えるけどね。
さて、寒い日は早めに帰宅。粕汁作ったり、残った白味噌でお雑煮作ったりして体を温めています。家でのティータイムには、元日の深夜に短時間だけ会ったNさんから頂いた「アテスウェイ」の焼き菓子を楽しんでいます。母校の正門前に2001年に出来た「アテスウェイ」。東京都内のケーキランキング第一位に連続で選ばれてるんだそうで、あの「イデミスギノ」より上位なんですね。モモ母の在学中にオープンして欲しかったよ・・・。しっとり美味しい「ケークオヴェルジョワーズ」はヴェルジョワーズを使ってるそうで、さすが材料にこだわる川村シェフ。「サブレショコラ」と「ディアマンピスターシュ」は賞味期限が長い為、少しf0119179_3453727.jpgずつ味わっています。ピスタチオ好きだからピスターシュも美味しいけど、この店はやはりチョコが見事だと思う。軽い食感とチョコの香りが絶妙。こちらはフルール・ド・セルが使われています。高級素材を使ったリッチな味わい。その分カロリーも高そうなので、食べるのは少しずつ。ちなみに下の写真の珈琲は「コラソン」のドリップバック。コラソンブレンドだと思いますが、とても美味しく淹れられました。コラソンの珈琲にアテスウェイのお菓子、なんて贅沢。Nさん、有難うございました!
http://www.atessouhaits.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2017-01-19 04:00 | いただきもの | Comments(0)

新幹線弁当の定番

f0119179_2218216.jpg大阪の寿司店のわさびテロだのかんぽの宿の北海道フェアでの産地偽装だのは、それぞれが客のことをどう思っているかがよく分かるニュースですね。観光庁まで中国人にはわさびを多めに入れろとマニュアルで指導してたのには驚きましたが・・・。これが現代日本のお、も、て、な、しの実情ってことでしょうか。
モモ母が好きな店、ブログでオススメしたいのは、客への誠実さが感じられる店。最近は東京に行くと大丸地下で「鈴波」の味醂粕漬とテラセゾンの「ウ・オレ」を買って、駅構内エキュートの「つばめグリル」でお弁当を買うのが定番です。今回のお弁当は「ハンブルグステーキ弁当」。つばめグリルのお弁当を気に入ってるのは保存料、化学調味料無添加なのもそうですが、その日のハンブルグステーキに使用している牛肉の生産者を店頭表示し、ラベルにも記載していること。新幹線の車内で食べた後、裏の表示を見ると鹿児島県南九州市のYさん、指宿市のMさん、群馬県大田市のMさんとそれぞれの牛個体識別番号、豚肉生産者は宮崎県都城市のHさんの名前が書かれていました。ここまでしているお弁当って滅多に見かけませんよね。いちいち面倒だし、毎日の手間もかかると思います。たまにはよそのお弁当をと思いながら、結局はつばめグリルを選ぶのは、美味しさもあるけど、こうした姿勢を応援する意味もあります。ちなみに下の写真f0119179_23181435.jpgは6月に撮ったもの。この時は鹿児島県指宿市Nさんと北海道土幌町のSさんの牛肉と表示されています。
★つばめグリルDELI エキュート東京店
東京駅構内1階
サウスコート内
03-3211-8981
8時~22時
(日祝~21時)
http://www.tsubame-grill.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-09 23:20 | 東京でお買い物 | Comments(0)

個性派パンでブランチ

f0119179_23352610.jpg6月に下北沢のスズナリで「あほんだらすけ」を観た時に毎年ご一緒しているHさんから「シティベーカリー」のパンを頂いたのでした。梅田にも店がある様ですが、行ったことないので食べるのは初めて。ホテルで食べたものの・・・うーん、何かベトッと油っぽい。いつも美味しいものを教えて下さるHさんオススメのパンなのになぁ、ホントはこういうんじゃなくて、時間が経って味が落ちたのかもと思って看板商品のプレッツェルクロワッサンを食べるのを中断。持ち帰って翌日オーブントースターで温めたら、おおっ! 同じパンとは思えぬ美味しさ。Hさんがオススメして下さったのはこれだったのか!と思ったのでした。
そんな訳で、今回は銀座の東急プラザ地下にあるお店に行って、イートインすることにしました。しかしどれも大きい! そして高い。サンドにしようと思ってたのに、野菜たっぷりは嬉しいけどパンも量があって、とても食べきれそうにないので、プレッツェルクロワッサンとカプチーノに。普通のクロワッサンもありましたが、やはりこの店はこれですね。ちょうど焼きたてだそうで、サクッとして食感も良いし、塩気が効いて、カプチーノとの相性も良く満足度高かったです。持ち帰ったわらじの様なクロックムッシュもトマトが入ってるせいかよそのクロックムッシュとはちょっと違う印象。6月に食べたフレンチトーf0119179_044351.jpgストにもハムが入ってたし、プラスアルファのある個性的なパンが多いですね。下の写真はHさんに頂いた「ガラムマサララスク」。ガラムマサラ味のラスクなんて初めて食べました。軽くてちょっと癖になる味と食感です。梅田のグランフロントにある店も機会があれば行ってみようと思います。
★THE CITY BAKERY東急プラザ銀座店
中央区銀座 東急プラザ銀座
03-6264-5201
7時30分~22時
http://www.thecitybakery.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-06 00:12 | 東京のカフェ | Comments(0)

21時過ぎからの銀座ウエスト

f0119179_1646344.jpg当初は日帰り観劇の予定だったけど、土曜まで父が施設にいたので前夜から一泊することにしました。むぎちゃんのお散歩を済ませて家を出た為、東京に着いたのは夜9時頃。山手線で有楽町に出て、「銀座ウエスト」を訪れました。深夜営業のチェーン店は京都にもあるけど、クラシックが流れる様な正統派喫茶店は比較的早く営業終了するので、23時までやってるウエストはお酒を飲まないモモ母には有難い。青山や横浜は20時までらしいから、銀座というお土地柄なんでしょうね。
店に入ると「今は選んで頂けるケーキの種類が非常に少ないのですが、よろしいでしょうか?」と尋ねられました。席についてから「それはありません」と言われるのでなく、前もって言ってもらえるのが良いですね。それでも5種類以上ありました。ケーキセット(1296円)で生クリームとカスタードが入った「ハーフ&ハーフシュー」とロイヤルミルクティにしました。生クリームとカスタードが入ったシュークリームは繊細なつくりなので店内限定だそうです。当然でしょうけど、「ひとつめ小僧」より断然美味しかったです。セットの飲み物に珈琲、紅茶以外が選べるのが嬉しい。単品で972円は高いと思うけど、セットで1296円は銀座だと寧ろ安い印象。お代わりも出来て、上から継ぎ足しでなく新たなカップで改めてサーブして頂けるのが気が利いています。しっかり煮出したロイヤルミルクティは表面に膜が張ってました。寛いでるとユーモレスクが流れて来ました。ユーモレスクって久しf0119179_17321984.jpgぶりに聴くなぁ・・・。奥の席でオーダーストップ後までゆっくりしました。そうそう、深夜のウエストと言えば、「あすの朝刊」の時だったかに流れていたレトロなテレビCMは今はやってないんでしょうか? 下北沢に住んでる頃はウエストのCM後、そのまま日テレのクロージングまでテレビをつけてることが多かった。また見てみたいです。
ウエスト銀座本店
東京都中央区銀座
03-3571-15547-3-6
9時~23時
(土日祝11時~20時)
http://www.ginza-west.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-02 17:50 | 東京のカフェ | Comments(0)

噂のブルーボトルコーヒー

f0119179_13534312.jpg街頭演説先で帰れコールも相次いでるらしい安倍さんですが、「4年前に逆戻りするのか!」と改憲の争点隠しにアベノミクスの成果を強調してるとか。実はGDPは民主党時代の半分、実質賃金も下がってる訳で、4年前に戻して!との声も。よく知らない人は投票前にこちらの「アベノミクスによろしく」を見ておきましょう。
さて、豪徳寺でパンを買った後は某人気珈琲店に行こうと思ってたんですが、連日満員で変わったシステムで行列するらしく、店に快適さを求めるモモ母は興味半減。「あほんだらすけ」をご一緒したHさんが新宿「NEWoMan」のブルーボトルコーヒーを勧めて下さったので、行き先変更しました。バスターミナルのビルが出来たのは知ってたけど、グルメ店舗の充実がウリだったんですね。サードウェーブコーヒーブームの火付け役、ブルーボトルコーヒーは「コーヒー界のApple」とも言われるそうで気になってたけど、新宿にも出来てたとは。自家焙煎の新鮮な豆を使って、注文してから淹れてくれるので時間がかかるから、会計時に名前を伝えて待機するシステム。カフェラテとカプチーノの違いはミルクの量の差と大小2つのカップを見せてくれ、ミルクが多い方が美味しいと思って大きなカップのラテにしたけど、薄いかも、カプチーノにすべきだったか・・と待ってる間にちょっと後悔。でも、薄さは気にならず、しっかり楽しめて満足でした。NEWoManは駅の中とf0119179_1431248.jpg外に店舗があって、新宿の駅ナカが進化したのも見ることが出来、行って良かったです。
★ブルーボトルコーヒー新宿
NEWoMan SHINJUKU 1F
03-5315-4803
8時~22時
https://bluebottlecoffee.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-07-05 14:39 | 東京のカフェ | Trackback | Comments(0)

Let's豪徳寺★

f0119179_22405248.jpg選挙期間中なのに、この週末ご近所で聞こえたのは古紙回収のアナウンスくらい。静かで良いけど、大事な選挙なのに繁華街はどうなんでしょ? 東京では三宅洋平の選挙フェスにすごい人が集まってるそうですね。「情報速報ドットコム」で聞きやすい声と引き込まれるような内容で「最後まで見てしまった」という声も多いと紹介されてた動画、48分近くもあるのか・・と思ったけど、確かにモモ母も最後まで見てしまいました。京都もこういう若い子達が熱心に耳を傾ける様な演説をする候補者がいると良いのになぁ。
さて、「あほんだらすけ」を見た翌日は「墨繪」の 豪徳寺店に行ってみようと三軒茶屋のホテルを出て世田谷線で山下へ。世田谷線山下駅と小田急線豪徳寺駅は隣接していて、駅が近づいたところで車内からお店の看板が見えました。豪徳寺店だけに置いてるパンもあって、サンドイッチが充実してるのが良いですね。チャバタを使った「グリエールチーズとベリーハムのサンドイッチ」(365円)を買ってのぞみの中で食べました。「チョコレートf0119179_2344218.jpgパン」(130円)と「小さなフランスパン」(150円)、「新玉ねぎと肉みそのグラタン風」(270円)を持ち帰ったのですが、長時間持ち歩いたので、グラタン風がグラタン風でなくなってました・・・。
★墨繪 豪徳寺店
世田谷区豪徳寺
03-6413-9993
8時~20時 月休
http://www.suminoe.in/
[PR]
by mmcmp | 2016-07-03 23:49 | 東京でお買い物 | Comments(6)

C君のオススメ

f0119179_2318546.jpg以前、ラテアートの店こと「ラテアート ジャンキーズ ロースティングショップ」で遭ったラテアートをやってるC君に、オススメの店をいくつか教えてもらいました。東京の店はなかなか行く機会がなかったけど、店名を書いてもらったメモを残しておいたので、そのうちの一軒、渋谷ヒカリエ11階の「シアターコーヒー」に行ってみました。
「シアターテーブル」脇に併設された小さなコーヒースタンドですが、ラテアート世界選手権入賞のバリスタがいるスペシャリテイーコーヒースタンドだそう。紙コップで飲むカジュアルな店でこのレベルのコーヒーが飲めるのはさすが東京ですね。あ、藤井大丸のアラビカも似た様な感じか。でも、こっちの方が落ち着いてて好き。ホテルのチェックイン時間待ちにラテを飲みながら、持参した文庫本を読んで過ごしました。量もたっぷりで、なかなか良いですね。ヒカリエは何度か訪れたことあるけど、C君に教えてもらわなかったら、11階に上がることはなかったと思う。ヒカリエってJRからのエントランスもちょっと近未来的で、かつての東急文化会館の古びた様子を知ってるから、変貌ぶりがすごいねと思うけど、モモ母の学生時代に既にひときわ古かったってf0119179_053733.jpgことは、それだけ早く建てられた、つまり渋谷の商業施設の先駆けだったってことですよね。一度も行ったことなかったけどプラネタリウムもあったし。ヒカリエもやがては時代遅れになる、その時、渋谷はどんな風に変貌しているのだろうかと、11階から街を眺めながら思うのでした。
★THE THEATRE COFFEE
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 11F
03-3486-8411
8時~20時 
土日祝11時~20時

http://www.transit-web.com/shop/theatre-coffee/
[PR]
by mmcmp | 2016-07-02 23:17 | 東京のカフェ | Comments(0)

「あほんだらすけ28th」

f0119179_1313941.jpg東京・下北沢「ザ・スズナリ」で7月3日まで上演されてる劇団ヴォードヴィルショー花組エキスプレス「あほんだらすけ28th」を観ました。テレビショッピング、ダンス、地球まるごといただき団からムーンライトマスクのアクション、時間無駄之助とロスタイムの歌・・・と続く毎度おなじみのフォーマット。ショッピングはジュディゴング社製の「挟まれて」。熱い熱燗を持ったり、トイレットペーパーホルダーになったりと重宝する66000円のお買得商品? たかはし等の山田さんは不動だけど、相手の女性は毎年変わる状況がここ数年続いて、今年は岡まゆみ。ムーンライトマスクは輪投げやけん玉などの武器が登場、小道具さんの苦労が感じられます。大森ヒロシが憧れる相手はずっと松嶋菜々子だったのに、今年は綾瀬はるかに。そういえばエビちゃんだった年もありました。来年はまた菜々子に戻るんでしょうか? ロスタイムの歌は「くしろよろしく」、CDにカップリングされてる「むねおはおねむ」が面白いらしく、CD買えば良かったかな・・・。
あほんだらすけはオムニバスで次々といろんなネタを演じて行くので、さっき出てた役者が衣装やメイクを替えて別のキャラで登場する為、次とのつなぎ時間が必要な所でショートコントが挿入され、今年は山口良一のゴルゴ13やダースベーダーのBEAT ITなど。人情喜劇はゲストの岡まゆみと長手絢香の母娘ネタで、娘役の絢香さんが感極まってたのは、ご自身も4歳の息子を持つ母親だからなんでしょうね。そうそう、いつもちっちゃな男の子を演じる山口さんが、今年は女の子になってました。「コンドルは飛んで行く」のメロディに乗せて綴るたかはし&大森の「語る詩人の会」が今年もあって嬉しかった。まいど豊不在が2年続いて、ボビー復活が待ち遠しいけど、こんな風にマイナーチェンジさせながら28年続いてるあほんだらすけってすごい。一度観るとハマります。関東の方は是非スズナリへ!
http://www.vaudeville-show.com/aho28/
[PR]
by mmcmp | 2016-06-29 02:23 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

わ~い、嬉しい☆

f0119179_22403494.jpg買い物から帰る途中、新町辺りを歩いていたら、停車中の宅急便のトラックに乗っていたKさんに呼び止められました。「東京のNさんから18時以降お届けの指定の荷物があるんですが、もうお帰りですか?」とのこと。すぐ帰るので、まだ16時だったけど、届けてもらうことにしました。そうそう、「マーガレット」さんの抹茶ロールケーキのお返しにと、大好きな「マッターホーン」のお菓子を送って下さるとNさんからメールを頂いていたのでした。わざわざ学芸大学前まで手配に行って下さったら、発送は1ケ月先とのことで、そろそろだなとは思ってましたが、日曜の葵祭もすっかり見るのを忘れていたモモ母。あ、今日がその日だった、と心躍らせて帰宅したところへグッドタイミングでKさんが到着。無事、受け取りました。
まずは賞味期限が短いバームクーヘンを頂きました。「マッターホーン」さんは保存料無添加で半生菓子に脱酸素剤を使ってないので、要冷蔵。「室温に戻してお召し上り下さい」と書かれてましたが、コーヒーを淹れてf0119179_23154477.jpgる間に程良く戻った感じ。しっとり口当たり良く、1袋に2切れ入ってますが、上質なので、父と1枚ずつ食べて十分満足。原材料を見ると一番最初に「鶏卵」が表示されているだけあって、卵たっぷりの黄色いバームクーヘンです。お気に入りのコーヌコピアのお皿に乗せて、「コラソン」さんのコーヒーと一緒に頂いたら、幸せな気持ちになりました。リーフパイも楽しみです。Nさん、有難うございました。
http://matterhorn-tokyo.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2016-05-17 23:26 | いただきもの | Comments(0)