「ほっ」と。キャンペーン

タグ:洋菓子 ( 377 ) タグの人気記事

西陣の朝市マルシェでしょ★

f0119179_103184.jpg事務所のS君から「日曜に上立売の公園であったか祭があるから行かへん?」と電話。それって西陣の朝市マルシェのことじゃないの?とサイトを確認すると、なるほど「2月12日第25回西陣の朝市マルシェ 冬のあったか祭」と書かれていました。久々の朝市マルシェ。知恩寺や上賀茂神社の手づくり市に比べると小規模でローカルな雰囲気です。「マーガレット」さんのところに行くとS君が大好きな「エッグタルト」(200円)が1つだけ残っていたので、お買い上げ。モモ母は一回りしてから、最後にシフォンケーキを買いました。「チョコチップココアシフォンケーキ」(250円)はフランス産の上質なカカオパウダーをたっぶり使っているそうで、濃厚だけどマーガレットさんらしい優しい仕上がり。そうそう、この日のラインナップにはなかったけれど、以前当ブログを見て「抹茶ロールケーキ」を買いに来られた方がおられたとか。モモ母のイチ押しなのですが、気に入っていただけたでしょうか?
他には森田農園さんの大根が50円値引きで100円になっていたので紅芯大根を1つ。どれも100円だと、また大きいつづらの様にデカイのを選んでしまう。中が紅いので、薄くスライスしてサラダに乗せると、華やかな印象に。ものすごく食べごたえがあって、まだ半分近く残っています。これで100円はお得でした。そして滋賀県産のピーナッツ(300円)を。S君は鹿肉の串カツやうどんなどを買ってましたが、関西風のうどんはおf0119179_1312050.jpg出汁のとっても良いにおいがしていました。松野醤油の販売や鬼剣舞の実演などもあって、以前より充実した感じがします。そういえば上賀茂神社や知恩寺の手づくり市もちょっとご無沙汰。また行かねば。
http://nishijin-marche.com/
[PR]
by mmcmp | 2017-02-16 01:41 | 京都でお買い物 | Comments(0)

リッチな焼き菓子を少しずつ

f0119179_2453044.jpg先日のドゥテルテさんのミサイルお断り発言は現地の新聞の曲解と朝日が報道。但し「軍事同盟は必要ではない。外国の軍人がいない国を目指したい」と言ったとは報じていて、沖縄に対する日本の姿勢とは違うし、この表情はいかにも信用してなさそうに見えるけどね。
さて、寒い日は早めに帰宅。粕汁作ったり、残った白味噌でお雑煮作ったりして体を温めています。家でのティータイムには、元日の深夜に短時間だけ会ったNさんから頂いた「アテスウェイ」の焼き菓子を楽しんでいます。母校の正門前に2001年に出来た「アテスウェイ」。東京都内のケーキランキング第一位に連続で選ばれてるんだそうで、あの「イデミスギノ」より上位なんですね。モモ母の在学中にオープンして欲しかったよ・・・。しっとり美味しい「ケークオヴェルジョワーズ」はヴェルジョワーズを使ってるそうで、さすが材料にこだわる川村シェフ。「サブレショコラ」と「ディアマンピスターシュ」は賞味期限が長い為、少しf0119179_3453727.jpgずつ味わっています。ピスタチオ好きだからピスターシュも美味しいけど、この店はやはりチョコが見事だと思う。軽い食感とチョコの香りが絶妙。こちらはフルール・ド・セルが使われています。高級素材を使ったリッチな味わい。その分カロリーも高そうなので、食べるのは少しずつ。ちなみに下の写真の珈琲は「コラソン」のドリップバック。コラソンブレンドだと思いますが、とても美味しく淹れられました。コラソンの珈琲にアテスウェイのお菓子、なんて贅沢。Nさん、有難うございました!
http://www.atessouhaits.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2017-01-19 04:00 | いただきもの | Comments(0)

お昼どきが狙い目?

f0119179_22385412.jpg茨城で震度6弱の地震。これが前震でないことを祈りたいですが、熊本、鳥取と今年は大きな地震が相次ぎました。原発の廃炉には何十年もかかるそうで、それまでに日本には何度大地震が来るんでしょうか??
さて、「寺町西むら」を出た後、寺町を下がって「スマート珈琲店」をのぞいて見ると、待っている人が一人もなく、空席がある様だったので、入ることにしました。およそ1年ぶりの訪問です。先週も行こうとしたら、朝9時頃だったにも関わらず前に何人かの姿が見えた為、断念して別の店でモーニングを食べたのでした。朝でも一杯そうだったし、昼はきっと無理だと思ったけど、ダメもとでのぞいてみるもんですね。2階のランチを休止中だったので、寧ろお昼どきだから空いてたのかも知れません。スマートに数年ぶりに入ったヒメママさんが人気のホットケーキに心惹かれておられたけど、二重弁当を食べたところだし、さすがにきついんじゃないの? ここはプリンも美味しいよ、と半ば強引にオススメしてプリンセットを。大きなプリンはとろとろタf0119179_2340497.jpgイプでなく昔ながらのしっかりタイプで、食べごたえがあります。モモ母はカフェオレにしました。カフェオレは前回と同じノリタケのホワイトパレスに入れられています。店のロゴ入りのカップもノリタケのもので、購入も可能です。美味しいお弁当にラッキーなコーヒータイムで口福な一日でした。
★スマート珈琲店
寺町通三条上る
075-231-6547
8時~19時 無休
http://www.smartcoffee.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-12-28 23:41 | 京都のカフェ | Comments(0)

大きなつづら

f0119179_015578.jpg北大路に高級生食パンの店Nがオープン。「日本の食パン名品10本」に選ばれたとのことで、試しに買ってみました。食べた感想は・・・半額券を使えば200円以下で美味しい食パンが食べられる「グランディール」ってすごいな。Nも軽くトーストしたら美味しかったけど、上質なパンに必須の小麦粉の香りがしなかったのとオススメの生が期待したほど印象に残らなかったんですよね。スライスなしの2斤(800円)でしか販売してないのも、ちょっと買いづらい。因みに名品10本には「クロア」や「フロイン堂」も選ばれてました。
さて、10月の話ですが、お世話になってる元テレビディレクターOさんに「マーガレット」さんの抹茶ロールケーキを贈る手配をして、お代金を払いに行った時に冷蔵棚にチョコロールケーキ(300円)があったので買うことにしました。こちらは端っこも販売されていて、好きなものを選ぶシステム。いつも「大きなつづらと小さなつづら」みたいだなぁと思いつつ、自分で食べるならたくさん食べたいと欲張りなモモ母は大きめにカットされた端っこを選びます。抹茶ロールケーキがダントツで美味しいと思うけど、チョコロールもしっとり生地がなかなか美味しいです。「六波羅おやつ堂」さんも同じシステムで、カットされる前に端っこをお願いしますと伝えたんですが、うまく切れなかったから真ん中にさせて下さいとのこと。気にしませんよと言ったものの、モモ母は気にしなくても、商品として提供する以上、お店の方のプライドがありまf0119179_0294389.jpgすよね。一般的な洋菓子店で滅多に見かけない切れ端は廃棄されてるんでしょうか? 美味しければ大きなつづらも悪くないと思うけどなぁ。
★marguerite
上京区芝大宮町
075-432-7120
日~木休
http://marguerit.jugem.jp
[PR]
by mmcmp | 2016-12-04 00:33 | 京都でお買い物 | Comments(0)

また修学院へ

f0119179_058268.jpgツイッター検索中にこんな可愛い動画が。つい何度も見てしまいます。さて、また北8のバスで修学院に行きました。でも今回は「cafe Uchi」さんではなく、最近京都ブログでよく見かける「セイカツノガラ」を初訪問。「修学院道」が最寄駅です。
さりげなく置かれた看板を目印に建物奥に進んでドアを開けると、「いらっしゃいませ」の声。この手のカフェの主は男性だと勝手に思い込んでいたけど、ご店主は若い女性でした。オープンキッチンを囲むコの字型のカウンターのみのこじんまりしたカフェ。後で伺ったら、以前スナックだった店舗のレイアウトをそのまま活かしているそうです。奥の席に座って「キャラパリチーズケーキ」(550円)とコーヒー(400円)を。セットは100円引きだったと思います。目の前に型に入った美味しそうなチーズケーキがホールで2つあって、「これですか?」と尋ねると、その上にメレンゲのクリームを乗せて表面に砂糖をかけてキャラメリゼして出して下さるとのこと。下のしっとりチーズの酸味と上のクリームのふんわり食感が楽しめました。これは定番の様ですが、他にもお菓子が数種。店は6月にオープンされたそf0119179_1492828.jpgうで、静かに読書したい時は壁に向かったカウンター席で構成された「cafe Uchi」がおススメだけど、「セイカツノガラ」さんも新たなメニューや客層がどんな風に店の個性を作って行くか、発展途上で今後が楽しみです。ちなみに26日は岡崎公園で行われる「みちくさマルシェ」に出店される様です。
★セイカツノガラ
左京区修学院大林町
11時30分~16時
月・火・木休
https://ja-jp.facebook.com/seikatsu.no.gara/
[PR]
by mmcmp | 2016-11-17 01:51 | 京都のカフェ | Comments(0)

ジャンポール・エヴァンよりクラウスが好き☆彡

f0119179_18183153.jpg川端丸太町にチョコレート専門店が出来たというので、一汁八菜を食べた後に行ってみました。・・・と言うものの、週末の営業は午後2時からなので近くのカフェでお茶をしてからの訪問です。店内がとても狭く、先客が2組おられた為、外からディスプレイされた商品を見ながら待機。どれも美味しそうで期待が高まります。1人出られて入店したものの、リピーターと思しき2人目の女性が大量に購入され、今度は店内で待機すると後からもお客さんが。今、京都で話題のチョコレート専門店と言えば、先月25日にオープンした「ジャンポール・エヴァン」。グルメタクシーさんによると行列15分待ちらしいですが、「クラウス」もある意味、行列数分待ち??でした。この規模の店であんなに大量に買うってことは、それだけ魅力があるんだなと思ってましたが、予想通り。久々に素敵な店に出会いました。
日頃は焼き菓子を買うことが多いけど、こちらは生菓子も食べたくなって4種類の中から「テディ」(530円)を。マッカラン12年を使ったウイスキー風味のチョコレートムースの中にカスタード風の黒糖とウイスキーのクリーム、台はくるみとアーモンドのブラウニー。上にバナナのコンポートがトッピングされています。ひとつひとつのクオリティが高く、全体としての調和も良い。この手の店は儲けより素材重視で丁寧な仕事をされることが多いけど、おやつの延長的なアットホームな感じのものが殆ど。でもこちららは随分と洗練されていて、家庭の味ではなくショコラティエの仕事。店は3月末にオープンしたとのこと。宣伝に余念がない資金力のある有名店のチョコf0119179_1905971.jpgも良いけど、モモ母は製造から接客までご店主一人でこなす、ここにしかない味を応援したい。また伺います。
★Klaus
左京区丸太町痛川端東入る
075-751-5170
11時30分~23時
土日祝14時~
[PR]
by mmcmp | 2016-11-01 19:04 | 京都でお買い物 | Comments(0)

おやつ堂さんのおやつ

f0119179_1746410.jpg滅多に来ない六波羅エリア。昔ながらの商店街といった感じの松原通りを歩いてみると、古民家カフェのテラスが外国人で賑わっていたり、以前はなかった店が点在していて新鮮でした。松原から少し入ったところにあるスーパー「ハッピー六原」はまだ健在だなと思って見ていると、手前に「六波羅おやつ堂」という店が出来ていました。
入ってみるといかにも手作りっぽいゼリーが。施設入所中に体重が4キロも減った父に口当たりの良いものをと思ってゼリーやプリンをよく買うんですが、市販のゼリーって酸味料、酸化防止剤などが入ったものが殆ど。その点、ワンドロップで買うゼリーは安心なんですが、小さくって値段が高めなのに対し、こちらは150円。ぶどうとりんごを1つずつ買ってみました。りんごのゼリーって珍しい。変な表現ですが、自家製りんごジャムをゼリーにした感じで、父が美味しく食べました。勿論ぶどうも美味しかった。こちらではゼラチンではなくアガーという海藻から抽出した凝固剤を使っているとか。無色無臭でBSEを心配をする人も使いやすく、ゼラチンより形が崩れないので喉に入りやすいかもとのことでした。(使用されてるパールアガー8にはリン酸二水素カリウムが入ってる様なので、骨粗鬆症の人は過剰摂取しない方が良いかも知れませんが)小さなマドレーヌも興味あったけど、抹茶ロールケーキを試f0119179_18304691.jpgしに買ったのでマドレーヌは次回に。抹茶ロールは真ん中のクリームの多い所を切って下さいました。これはやはり「マーガレット」さんに軍配が上がりました。おやつ堂さんなのでパティシェによる洋菓子ではなくママが作る素朴なおやつ。庶民的な六波羅らしいお店ですね。また伺いたいと思います。
★六波羅おやつ堂
東山区轆轤町
10時~17時
金~日・祝休
https://ja-jp.facebook.com/oyatsudo/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-23 18:45 | Comments(0)

Dari Kがやって来た!

f0119179_22383988.jpg気がつけば10月も10日を過ぎました。「ダリK」さんも既に新大宮商店街で移転オープン。遅ればせながら行ってみました。場所は「そば鶴」のすぐ近く。お祝いの胡蝶蘭がたくさん並んでいたので、すぐ分かりました。こじんまりした三条会商店街の店舗と比べて規模も内装もグレードアップした感じ。「富三油」閉店後は三条会商店街に行く機会が殆どなくなっていたので、新大宮に来てくれて嬉しい。試食させてもらった生チョコ、美味しかったです。
インドネシアのカカオ農家と契約栽培、自家焙煎されたカカオ豆を使ったチョコが近所で入手出来るとあって、手土産に重宝しそう。商品ラインナップも増えていたので、少しずつ試したいと思います。この日買ったのは「カシューチョコ」972円)と「香るカカオの濃厚アイスクリーム」(432円)。ダリKはカシューナッツにもこだわっていて、以前カシューナッツだけ買ったこともありました。世界最大級のスラウェシ島産カシューナッツだそうで、とにかくデカい。ビターチョコでコーティングされていて、食べた瞬間、あ、上質な紅茶が飲みたい・・と思いました。少しずつ味わいたいところですが、すぐになくなりそうな予感。アイスクリームにはローストしたカカオ豆を3粒つけて下さるので、トッピングして頂くと名前通りカカオ香る・・となる訳ですが、アイスクリーム自体は冷たい生チョコを食べてる様な印象。甘すぎないのが良い感じです。ただちょっと気になったのは、ドライアイスをつけることが出来ないとのことで、保冷剤のみ。後から寄る予定だった店に行くのを断念してすぐ帰宅したから問題なかったけれど、遠方から来たお客さんはその場で食べないと厳しそうです。 持ち帰りのアイスクリームにドライアイスがつかない店って初めて。こんなに商品にこだわっておられるなら、購入後のケアもお願いしたいところです。因みに新大宮にある某洋菓子店で入院中だった父にプリンを買ってスプーンをつけてとお願いしたら、f0119179_23324129.jpg「うちはスプーンはありません」と言われちょっとビックリしたことがありました。ダリKさんはちゃんとスプーンをつけて下さいました。
★Dari K
紫竹西高輪町
494-0525
10時~19時
http://www.dari-k.com/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-11 23:34 | 京都でお買い物 | Comments(0)

21時過ぎからの銀座ウエスト

f0119179_1646344.jpg当初は日帰り観劇の予定だったけど、土曜まで父が施設にいたので前夜から一泊することにしました。むぎちゃんのお散歩を済ませて家を出た為、東京に着いたのは夜9時頃。山手線で有楽町に出て、「銀座ウエスト」を訪れました。深夜営業のチェーン店は京都にもあるけど、クラシックが流れる様な正統派喫茶店は比較的早く営業終了するので、23時までやってるウエストはお酒を飲まないモモ母には有難い。青山や横浜は20時までらしいから、銀座というお土地柄なんでしょうね。
店に入ると「今は選んで頂けるケーキの種類が非常に少ないのですが、よろしいでしょうか?」と尋ねられました。席についてから「それはありません」と言われるのでなく、前もって言ってもらえるのが良いですね。それでも5種類以上ありました。ケーキセット(1296円)で生クリームとカスタードが入った「ハーフ&ハーフシュー」とロイヤルミルクティにしました。生クリームとカスタードが入ったシュークリームは繊細なつくりなので店内限定だそうです。当然でしょうけど、「ひとつめ小僧」より断然美味しかったです。セットの飲み物に珈琲、紅茶以外が選べるのが嬉しい。単品で972円は高いと思うけど、セットで1296円は銀座だと寧ろ安い印象。お代わりも出来て、上から継ぎ足しでなく新たなカップで改めてサーブして頂けるのが気が利いています。しっかり煮出したロイヤルミルクティは表面に膜が張ってました。寛いでるとユーモレスクが流れて来ました。ユーモレスクって久しf0119179_17321984.jpgぶりに聴くなぁ・・・。奥の席でオーダーストップ後までゆっくりしました。そうそう、深夜のウエストと言えば、「あすの朝刊」の時だったかに流れていたレトロなテレビCMは今はやってないんでしょうか? 下北沢に住んでる頃はウエストのCM後、そのまま日テレのクロージングまでテレビをつけてることが多かった。また見てみたいです。
ウエスト銀座本店
東京都中央区銀座
03-3571-15547-3-6
9時~23時
(土日祝11時~20時)
http://www.ginza-west.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-02 17:50 | 東京のカフェ | Comments(0)

きのこ婦人のドイツ菓子

f0119179_0424467.jpg2日続けてきのこネタです。と言っても、造形大近くのドイツ菓子の店「フラウピルツ」の話。フラウピルツとはドイツ語で「きのこ婦人」という意味だそうで、確かに店内はきのこ図鑑やらきのこの人形やら、きのこランプやら、きのこグッズで溢れていました。シュークリーム(「ヴィントボイテル」というドイツ名がついてました)も美味しそうだったんですが、大きくてちょっと食べにくそうだったので、涼しげで口当たり良さそうな「ローテグリュッツェ」(380円)をチョイスしてイートイン席へ。
飲み物は珈琲やオーガニックジュースなどのほかロンネフェルト紅茶に「ダージリンアールグレイ」というのがあって、ダージリンの葉にアールグレイの香りをつけたものとのこと。それを選んでみました。ローテグリュッツェは「ドイツのロンネフェルト社のフルーツティーのゼリーにベリー類をたっぷりと。ドイツの赤いおかゆ(ローテグリュッツェ)です」とポップに書かれてたので、米粉が使われてるのかと思いましたが、下がムース、上がゼリー。ベリーをたくさん入れたゼリー部分がおかゆみたいだからだそうです。いかにも手作りらしい、「マーガレット」さんなどにも共通する、真面目に材料を選んで真面目に作ったお菓子という感じでした。ちょっと独特の世界を持つこのお店、なんか東京だと西荻界隈にありそうだなという印象。f0119179_1171559.jpgそういえば「もしも京都が東京だったらマップ」では叡電沿いが中央線沿線なんですよね。叡電の一乗寺駅からは離れるけど、ここも住所は一乗寺。ちなみにお隣の「ティーホリック」は現在休業中でした。
★Frau Pilz
一乗寺樋ノ口町
11時~18時
日・月休(第三日曜は営業)
075-712-7517
http://fraupilz.blogspot.jp/
[PR]
by mmcmp | 2016-07-28 01:22 | 京都のカフェ | Comments(0)