タグ:浮世絵 ( 2 ) タグの人気記事

「芳年―激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」

f0119179_22495167.jpg国会で森友の質問することになっていた西田議員に安倍さんが電話で注文をつけていたとの報道。「総理が直接電話してくるのは異常やねん」と西田さん。19日は法務大臣がまともに答弁出来ないから参考人の出席を多数決で決めちゃうし、今国会は異常なことが多すぎ。
さて、美術館「えき」で23日まで開催中の「芳年―激動の時代を生きた鬼才浮世絵師」に行きました。「池田理代子展」や招待券をもらった「漢字三千年展」も気になったんですが、観ておかないと後悔すると思ったのが芳年。短い時間だったけど、行って良かったです。歌川国芳に入門し、歴史画、物語絵や美人画などを描き、「最後の浮世絵師」と呼ばれた月岡芳年。「血みどろ絵」と言われる残虐な表現もある一方、なんでそんな顔してんの?と思わず笑ってしまうユーモラスな表情やどんな関節やねんと突っ込みたくなる様なアクロバティックなポーズもあって、大胆な構図躍動感ある描写が滅茶苦茶楽しい。とにかく江戸から明治にかけて生きた人とは思えないアバンギャルドさです。猫に娘が思いっきり顔を寄せてる作品の題は「うるささう」。勿論、うるさく思ってるのは猫の方ですよね。「大物海上月 弁慶」などの迫力のある描写を見ると、今にも荒々しい波が動き出しそうだし、「月百姿」の有子さんはいかにもヒロインっぽくて、日本でアニメが発達したのも当然だなと思ったのでした。
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1705.html
[PR]
by mmcmp | 2017-04-19 23:49 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「奇想天外! 浮世絵師 歌川国芳の世界」

f0119179_23164430.jpg10月24日から11月24日までと会期が長いので、行けるだろうと思ってチケットを買っていた美術館「えき」KYOTOの「歌川国芳の世界」展。11月に入ってすぐから寝込む程ではないけど、なかなか治らない風邪の為、先延ばししていたら、あっと言う間に最終日。紅葉シーズンの連休最終日で混雑する京都駅に出かけました。
幕末に活躍した浮世絵師・国芳は奇抜で個性的な作品が多いけど、こうやって並んだものを見ると大胆な構図と共に緻密な線で構成されていて面白い。坂田金時、源頼光、渡辺綱、源義経、宮本武蔵といったヒーローたちが度々登場して、鵺や土蜘蛛、大猿、鯨、ガマなんかと戦う様のデフォルメ具合が何ともユニーク。特に動物たちの目玉や足の爪の具合なんかが妙にリアルで、思わず笑ってしまいました。人が集まって顔を構成している有名な寄せ絵の数々も楽しめました。で、一番最後にあった弟子が描いた国芳の追善絵が、これまで観て来た画風とはかなり印象の異なる風貌だったのが印象的でした。ところで、帰りに地下に下りたら、3日前に数個あったよつばのポンドバターがひとつもなくなっていました。まさか当ブログをご覧になった方が慌てて買いに行かれた訳ではないと思いますが、少なくともクリスマスを過ぎるまではポンドバターの安定供給は難しそうですね。
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/floorevent/index_7f.html
[PR]
by mmcmp | 2014-11-24 23:49 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)