タグ:漬物 ( 17 ) タグの人気記事

茎屋好き☆

f0119179_2328060.jpg久々に京都駅のスバコで「茎屋」の「京・みぶ菜」(400円)を買いました。以前の記事でもご紹介した様に、京都駅では西改札口前の「スバコ・ジェイアール京都伊勢丹」と「ジェイアール京都伊勢丹」の地下1階食料品売り場「老舗の味」コーナーの2ケ所で「茎屋」の漬物が入手出来ます。ゆっくり試食しながら買うには「老舗の味」コーナーがオススメですが、時間がない時に手軽に立ち寄るならスバコが便利です。観光客向けっぽい小さく切った奈良漬を初めて見ました。先日の鰻用に既に奈良漬を買ったばかりだったので、あれがなければ茎屋のを買うのに・・・とちょっと残念でした。
「京・みぶ菜」は「茎屋」の中でもモモ母お気に入りのアイテム。原材料名は「壬生菜、唐辛子、漬け原料(食塩、昆布、醸造酢、醤油)となっています。漬物の原材料表示を見ると、殆どの商品にアミノ酸や酸味料が入ってるんですが、茎屋のサイトにも「化学調味料・防腐剤など添加物を一切使用しておりません」とある様に、アミノ酸不使用。京都は漬物の老舗が多いので、探せばアミノ酸が入ってない漬物もいつくかあって、試しに食べてみるんですが、酸味が辛良すぎたり、いまひとつ口に合うものがみつけられずにいます。無添加だから良いという訳でもないのが難しい。だから食品添加物を一切使わず素材の美味しさを引き出すことにこだわっていて、尚且つちゃんと美味しい茎屋がモモ母は好きです。夏の塩分補給にもなりそう。無添加ゆえ、日持ちしないのがやや難点だけど、ここ数日のご飯のお供にしたいと思います。
http://homepage3.nifty.com/kukiya/index.html
[PR]
by mmcmp | 2015-07-27 23:54 | 京都でお買い物 | Comments(0)

素材本来の味がするお漬物

f0119179_23164649.jpg久々に京都駅に行ったので、伊勢丹地下の漬物売り場をのぞいてみました。お目当ては勿論、「茎屋」です。モモ母、今まで観光客も手軽に立ち寄れる「スバコ」をおススメしていましたが、お時間のある方は「伊勢丹」まで足をのばされることをおススメします。というのも、伊勢丹地下の漬物コーナーは試食が出来る!好みの味を選べるワケです。
モモ母もいつもの「京みぶ菜」のほかに食べたことないものも試してみようといくつか試食。気に入ったのが「からしなす」でした。数年前、食通として知られる小説家I氏がひいきにしていた店を紹介した本に、漬物店Nの千枚漬が載っていました。初めて聞く名前でしたが、他の京都の店が結構良いラインナップだったので、そんなところに漬物の名店があったのか・・と思って訪れました。千枚漬と、名物という小粒丸茄子のからし漬を買って帰ったんですが・・・千枚漬はそこそこ美味しかったけど、わざわざ再訪したいほどでもなく、からし漬に至っては、人工的な味がして、ちょっとショックでしf0119179_2342297.jpgた。ま、I先生がお好きだった頃は無添加で美味しかったのかも。そんなことがあったので、「茎屋」のからしなすの自然な味がとても印象的です。材料は茄子と食塩、米麹、和がらし、醤油、味醂、砂糖と記載され、茄子本来の味が口に広がります。ただ、和がらしが贅沢に使われてるので、麹をたくさんつけたまま食べたら、あまりに辛くて涙目になりました。以来、しっかり取って食べています。
http://homepage3.nifty.com/kukiya/index.html
[PR]
by mmcmp | 2012-08-25 23:45 | 京都でお買い物 | Comments(0)

紅白の千枚漬

f0119179_0235866.jpgお正月には奈良漬か千枚漬を買うことが多いモモ母家。最近は「茎屋」以外で漬物を買うことが滅多になくなったモモ母ですが、昨年末は久しぶりに東山三条の「田中漬物舗」に行ってみました。数年前に買った時にモモ母の好みからするとちょっと漬かり過ぎていたことがあって、それ以来しばらく足が遠のいていたんですが、今回のはちょうど良い漬かり具合でした。
買ったのは五島灘の天然塩と天然一等昆布を使った「千枚漬」(1050円)と紅かぶらの千枚漬「紅千枚」(525円)。紅白並べるとお正月らしくおめでたい感じがします。モモ母はいつも七味をふっていただきます。こちらの店では聖護院かぶら1個をかんなで約20枚にスライスして、50個分をひとつの樽に漬けるのだそう。20枚×50個で一樽に約千枚。でもお歳暮のピーク時はf0119179_051419.jpg約65個漬けるので千三百枚漬けになるんだとか。モモ母が買ったのは千三百枚漬かもね。お店の方によると、2月頃まではどちらも入手可能なようです。
★田中漬物舗
東山三条下る西入る
tel 075-561-2928
10時~18時 日休
http://tanakatsukemono.com/
[PR]
by mmcmp | 2012-01-07 00:53 | 京都でお買い物 | Comments(0)

駅の上で買う「驛乃ウエ」

f0119179_1214962.jpg京都駅に行ったら、「スバコ」で漬物を買う習慣がついてしまったモモ母。月曜もやっぱり寄ってみました。「ミシェルズベーグル」は限定販売の栗のベーグルを売っていたようだけど、既に売り切れでした。いつもの「茎屋」の漬物をカゴに入れた後、ちょっと気になった「巻き大根」(七味)というのも試してみることに。こちらは「驛乃ウエ」というブランド名がついたジェイアール京都伊勢丹オリジナルの漬物シリーズ。茎屋が無添加なので、そうでない他店の漬物はちょっと買うのを躊躇うのですが、大量の七味に「あ、美味しいかも・・・」と心引かれました。300円と手頃な値段も魅力。
帰宅して袋から出してみると、細長い大根の醤油漬に唐辛子、黒胡麻、柚子、山椒、青のり、けしの実、麻の実などで香りづけされていて、良い感じ。「三宅」の切り漬も家で食べる時は七味をふって食べるんですが、大根の漬物と七味唐辛子って相性いいんですよね。でも最初から七味が混ぜてある漬物って、今まで見かけなかったかも。浅漬けが好きで酸味が出だしたものはちょっと苦手だけど、七味の香りが酸味を消してくれるから、長f0119179_139507.jpgく食べられそうです。ただ、歯ごたえがよく食べやすいので、酸味が強くなる前に食べ切ってしまうと思いますが・・・。
★スバコ・ジェイアール京都伊勢丹
京都駅西口改札前
075-352-1111 
8時~21時
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/suvaco/index.html
[PR]
by mmcmp | 2011-09-07 01:42 | 京都でお買い物 | Comments(0)

こうめで塩分+クエン酸補給

f0119179_17121373.jpg水曜に京都駅に行ったので、「スバコ」でまた「茎屋」のこうめ(630円)を買いました。にがりの効いた天然塩だけで漬け込んだ南高小梅は、どぎつい赤みがなくて自然な色合いが魅力です。小さいので、ほんの一口食べたい時に便利。食事中のアクセントとしてご飯に乗せていただきます。熱中症予防と銘打った塩味や梅味の飴をよく見かけるけど、元々飴がさほど好きではないモモ母には、なんか熱中症ビジネスに乗せられる感じがして、糖分はいらんやろ・・・と思ってしまいます。まぁ梅干を持ち歩くワケには行かないから、携帯に便利という点では飴も良いんでしょうけど、家で食べるなら、梅味より純粋な梅干の方が塩分、クエン酸補給になるし、小さいから塩分摂り過ぎまではいかないはず。汗だくでクラクラした時に梅干や梅肉を口に入れると気持ちがしゃんとする気がします。
この日は壬生菜の漬物も一緒に買いました。こんな風にこのところ茎屋絶賛のモモ母ではありますが、伊勢丹地下にも茎屋さんが入っていて、そちらで試食した漬物は漬かり過ぎで、残念ながら口に合いませんでした。だからすべてがおススメというワケではないのです。ちなみに茎屋の梅干は3種類ありますが、伊勢丹では見かけなかったので、スバコのみでの取り扱いのようです。
http://homepage3.nifty.com/kukiya/index.html
[PR]
by mmcmp | 2011-08-12 17:33 | 京都でお買い物 | Comments(0)

春の千枚漬

f0119179_23521440.jpgモモ母は「茎屋」のまわしものでは決してないんですが、このところ京都駅の「スバコ」に行くと条件反射のように漬物コーナーをのぞいてしまい、つい「茎屋」の漬物を買ってしまいます。先週、目に付いたのはお花見で京都観光に訪れた方のお土産にぴったりな「花千枚」(682円)。千枚漬といえば冬の風物詩なんですが、今の時期はこれに塩漬けした桜の花びらと葉っぱが入れられていて、ビジュアル的にもかなり素敵。
とは言うものの、モモ母は桜餅はひとつなら美味しくいただきますが、チェリー味や桜漬の入ったお菓子などは苦手。見た目につられて買ったものの、味は好みじゃないかも・・・と思ったけれど、桜の香りが違和感なく口になじんで美味しくいただきました。モモ母的にはリピートすると飽きると思うので、年に一回で良いけど、桜餅や桜味が好きな人には絶対おススメ。この美しさは人にあげたくなっちゃいますね。父も東京のお友達に送りたくなったようで、どこで売っているのかと聞かれました。実は某作家が愛したお取り寄せ本にある漬物屋さんの千枚漬が載っていて、京都の他の店のラインナップからしてこれは期待できそう!と思ってわざわざ足を運んだんですが、わりと普通。その店の看板商品は添加物も結構入ってて全く口に合いませんでした。老舗や知名度とクオリティは必ずしも一致しないんですね。勿論、「茎屋」の千枚漬は無添加です。
http://homepage3.nifty.com/kukiya/index.html
[PR]
by mmcmp | 2011-04-13 00:09 | 京都でお買い物 | Comments(0)

伊勢丹地下にありました☆

f0119179_1432030.jpg最近、漬物が充実している京都駅西口前の「スバコ」。赤尾屋さんが入ってて喜んだんですが、大好きな「ごま大根」(525円)は見当たらず。先週のぞいた時もなかったから、あそこでは扱わないのね・・・と思っていたら、伊勢丹の地下食料品売り場に並んでいました。そういえば、以前にも伊勢丹で買ったような気がしてきました。最近のデパ地下って意外なものが何気なく揃っていたりしますね。先日「スバコ」で初めて買って気に入った「茎屋」も伊勢丹地下で扱ってます(ちなみに新宿伊勢丹でも)。
暫く冷蔵庫でキープして、今週になってから開封しましたが、やっぱり適度な辛さとごまが食欲をそそってとってもモモ母好み。割と塩分が強いので一度にあまりたくさん食べないようにしようと思うんですが、やめられなくてつい手が出てしまいます。黒ゴマってブームになったし、キムチや食べるラー油なんかの唐辛子系が流行する昨今、この「ごま大根」ももっと注目されていいはずなのに、売り手が仕掛けないと結構ノーマークというかいつまでもf0119179_14202258.jpg知名度が低いんですよね。残念な気もするし、常時気軽に入手できるのが嬉しくもあります。お茶請けや熱ごはんだけでなく、日本酒なんかも進むと思います。・・・ってモモ母はお酒は飲まないので、想像です。合わなかったらスミマセン・・・。
http://www.akaoya.jp/

[PR]
by mmcmp | 2011-02-16 14:24 | 京都でお買い物 | Comments(8)

スバコで漬物を買う

f0119179_21471394.jpg先週、京都駅で月末の東京行きの宿を手配した後、「スバコ」に寄ってみました。最近、漬物が増えたなと思っていたんですが、よく見ると「赤尾屋」が入ってました。でもモモ母が大好きな「ごま大根」はなく、試しに「はりはり漬」を買って帰りました。食べた印象はやっぱり「ごま大根」が上だと思ったけど、父は気に入った様子でなくなって残念がっていたので、月曜に伊勢丹にチョコを調達に行った帰りに再び「スバコ」へ。今回は「茎屋」の「京みぶ菜」(420円)も一緒に買ってみました。こちらの方がモモ母的には好みです。
「茎屋」って最近よく目にするなったぁと思っていたら、出来たのは比較的新しいようでお店のサイトによるとまだ創業から10数年とのこと。使っている野菜の70%以上は有機JAS認証野菜や特別栽培農産物で、化学調味料、保存料、着色料、香料など食品添加物は一切使っていないのだそうです。みぶ菜の漬物は千枚漬に添えられていたりするので、京都以外の人でも食べたことがあると思いますが、みぶ菜だけとなるとノーマークの方が多いのではないでしょうか?シャキっとした歯ごたえに唐辛子のピリッとした辛さが効いて、ご飯が進みます。最初から小さく切ってあるのも便利。お土産にしても良いかも・・と思いました。
http://homepage3.nifty.com/kukiya/index.html
[PR]
by mmcmp | 2011-02-08 00:00 | 京都でお買い物 | Comments(0)

赤かぶの千枚漬

f0119179_0103228.jpgクリスマスイブにチョコをいただいたA准教授へのお返しは、お漬物にしました。最初は「しののめ」の「じゃこ山椒」が良いかな?とも思ったんですが、年末は例年早めに営業を終了されてたように記憶してたので、A先生にお会いする大晦日には閉まってると思い、大晦日でも白味噌を買いに行ったことのある新町商店街の「三宅」で、モモ母イチオシの「ひとりっ娘」(630円)を買うことにしました。
「ひとりっ娘」は赤かぶらの千枚漬。今では他の漬物店でも見かけることもありますが、赤かぶを聖護院かぶらのように薄く切って千枚漬にしたのは、ここが多分最初だと思います。一般的な千枚漬と紅白にして樽に入れたものは見た目もキレイだし、紅白で縁起も良いから贈り物にも多用されるようです。そのせいか、まず北店に行ったら「ひとりっ娘」も「千枚漬」も全部f0119179_0243620.jpg売り切れてしまってました。慌てて本店に行ったら、こちらはまだいくつかあったので家用にも買って帰ることにしました。千枚漬と同様に七味唐辛子を少々ふっていただくと美味しさ倍増。お正月のお漬物としていただきました。
★新町 三宅
新町通今宮下る
tel 075-492-2938(本店)
   075-493-0578(北店)
10時~19時 
無休(北店は日休)
http://www.kyoto-wel.com/shop/S81274/index.html
[PR]
by mmcmp | 2010-01-14 00:29 | 京都でお買い物 | Comments(0)

瓜に実山椒

f0119179_3102627.jpg先週半ばは夜など寒いくらいだったのが、一転して週末は夏を思わせる陽気。そういえば、巷には初夏の季節商品が並んでいます。博物館界隈に行った時の楽しみは創業元禄12年という漬物店「赤尾屋」に寄ること。本店は七条通りを少し下がったところにあるのですが、博物館のすぐ近く、七条通りに面した北側にも売店が出来ていました。帰りに寄ろうと思ってたのに「妙心寺展」を見終わったら七条店は既に閉まっていたため、本店へ。
お目当ては大好きな「ごま大根」です。でも、ふと「瓜さんしょう」という商品に目がとまりました。浅瓜の漬物といえば、シンプルに醤油で漬けたものか、青じそで風味をつけたものがほとんど。山椒と組み合わせたものは初f0119179_3363517.jpgめて見ました。実山椒と醤油であっさり漬けた赤尾屋オリジナルだとか。試しにこれも買ってみました。いただいてみると、山椒がピリッと効いて新鮮な味わい。浅瓜の漬物が店頭に並ぶと夏が近いなぁと思わせてくれますが、実山椒も今が収穫期間で、まさに旬の味。父にも好評でした。
★赤尾屋本店
東山区本町
075-561-3032
9時~18時 
木休
http://www.akaoya.jp/index.html
[PR]
by mmcmp | 2009-05-11 03:37 | 京都でお買い物 | Comments(0)