タグ:町家 ( 188 ) タグの人気記事

自然な甘味☆彡

f0119179_1253096.jpg加計学園が獣医学部新設を白紙撤回の公算との記事が出てますが、そうなったら倒産するんじゃないの? 先日の「東京ブラックホール」、かなり好評だった様ですね。「世に倦む日々」さんも「ジョン・ダワーの世界そのもの、『敗北を抱きしめて』の方法視角で全体が構成されている」と書いておられます。懐メロ番組を長く担当してたこともあって、昭和の世相や出来事には若い頃から興味がありましたが、政治的な知識は殆どなかったことを今更ながら痛感。今に通じる面があり、『昭和天皇の終戦史』と合わせて読むと良いそうですが、まずは「敗北を抱きしめて」を読んでみようかな?既読の方がおられたら、感想をお聞かせ下さい。
さて、暑い時期は足が遠のきがちな「フランジパニ」に久々に立ち寄りました。汗だくになりながら到着したら、店内はほぼ満員。でもラッキーなことに、いつもの階段下の席だけ空いていました。ニルギリのアイスティと迷ったものの、バナナジュースが飲みたくなって「バナナジュースを甘さ控えめで」とお願いしました。ココアもバナナジュースもいつも甘さ控えめで頼んでいます。暫くして運んで来て下さった奥さんが「甘そうだったので、砂糖入れませんでした」と。確かにバナナが十分熟れていれば、甘味を加えなくても自然な甘さが味わえて、特に夏には心地良い。バナナは「ワンドロッf0119179_12463079.jpgプ」のものだそうで、そういえば暫く改装の為に休業されてましたが、17日にリニューアルオープン。ワンドロップからのお知らせによると日配品、調味料もより充実したとのことです。また様子を見に行かないと☆彡フランジパニさんは相変わらず居心地がよく、閉店近くまでゆっくりさせて頂きました。
★フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
日・木休
[PR]
by mmcmp | 2017-08-22 12:57 | 京都のカフェ | Comments(0)

10年前から・・・

f0119179_23211667.jpg先週鞍馬口の「フランジパニ」に行きました。いつも青々としている店の前の木が紅葉して、時のうつろいを感じます。今年もあと半月ですね。「フランジパニ」の初記事を書いたのはブログ開設から6日後の2006年12月20日。この年の夏に初めて訪れてすごく好きになったので、もう10年通っていることになります。
今回訪れたのは平日午後の比較的早い時間。ランチタイムは過ぎていましたが、ほぼ満席に近い状態。お稽古帰りと思しき着物姿の年配女性グループだったり、子供を連れた男女だったり、若い女性のおひとり様だったり。この多様性が良いんですよね。BGMはスタンダードを中心にしたゆったりしたインストが多い印象。この日は「SWEET MEMORIES」が流れて来て、そうか、この曲もすっかりスタンダードだな、なんて。オーダーは久々にマンデリンにしようかと思っていたのに、メニューを見たら温かいココアが飲みたくなりました。「甘さ控えめで」とお願いしたら、砂糖は入れないで別に持って来て下さいました。そうそう、こちらはこのシステムでした。でもそのままで美味しかったから、今回は砂糖を入れませんでした。バナナジュースf0119179_0231781.jpgだけでなくココアもカスタマイズ。そうそう、常連グループが「サンドイッチは焼いた方か焼いてない方かどっちにするの?」なんて会話をされてましたが、卵サンドと卵トーストサンドという具合にサンドイッチも2種類あります。
★フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
日・木休
※12月29日~1月8日はお休みされます
[PR]
by mmcmp | 2016-12-16 00:26 | 京都のカフェ | Comments(0)

バナナジュースをカスタマイズ

f0119179_16522197.jpg大好きな「フランジパニ」を訪れました。先月にも伺っていて、その時は手前のスペースにしたんですが、今回は先客がおられたので、奥まった階段下のスペースへ。すぐ傍の畳席はグループで賑わっていたけど、壁で隔たってるので全く気にならず、ゆっくり寛ぐことが出来ました。
この日お願いしたのは「バナナジュース」(480円)。「氷はどうしましょうか?」と尋ねて下さいました。涼しくなって来るといつも冷たさの好みを聞いて下さるのが嬉しいです。前回みたいに少なめにしてもらおうかと思ったものの、歩いて来たので冷たいものが欲しかったから普通に入れてもらいました。寧ろ可能なら少し甘さを抑えて欲しいので、「甘味少なめは出来ますか?」と聞くと、可能とのこと。「甘味は入れないでおきましょうか?」とも言って下さって、一瞬迷ったけど、少しだけ入れてもらうことに。「気持ち入れておきました」とのこと。丁度良い感じでした。先日「サラメシ」で山口洋子が愛した代官山「小川軒」が紹介されていて、山口さんは「最高の贅沢とは自分の好みを知り尽くされること」とおっしゃってたとか。なるほど、確かに。旬の食材を使って最適な味付けで、最適な量を提供されていたそう。そういうシェフとの長年のf0119179_17213616.jpg関係って素敵ですね。モモ母は外食は殆どしないけど、いつの頃にか珈琲にミルクと砂糖は添えられなくなったし、甘味抑え目のバナナジュースを飲めるし、大好きな空間で好みに合わせた飲み物を提供して下さるカフェがあるのも、結構贅沢だなと思うのでした。
★フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
日・木休
※10月19日(水)は臨時休業される様です。ご注意下さい。
[PR]
by mmcmp | 2016-10-15 15:55 | 京都のカフェ | Comments(0)

本当に大事なお店

f0119179_23325219.jpg耐震工事が始まった当初、長時間の騒音がむぎちゃんのストレスにならない様に、ちょっと長めのお散歩に行ったり、父が短期入所している高齢者施設に連れて行ったりしていました。暑さも今ほどではなかったから、鞍馬口の「フランジパニ」にもお邪魔しました。いつもの奥の席にお客さんがおられたので、窓に近い席へ。近くのお客さんに迷惑かけないか心配したけど、着物姿の女性がむぎちゃんのことを気に入って下さったのでホッとしました。暫くしたら、いつもの席が空き、お店の方が「向こうに移動されますか?」と声をかけて下さり、奥まった席へ移動。安心して長居させて頂きました。帰る前にトイレに行ったら、途端にむぎちゃんがピーピー不安そうな声で鳴き出したそうで、モモ母が戻るまでお店の方がずっと相手をして下さった様です。
この日お願いしたのは「ケークサレ」のキャベツのチーズ巻きとツナのケーク。玉ねぎもありますが、モモ母は専らキャベツの方を選んでいます。グリーンサラダもたっぷりで、珈琲も美味しく、大好きな「フランジパニ」の中でも特に好きなメニュー。好きな空間で愛犬と一緒に好きなものを食べて過ごせるというのは、本当にシアワセなことです。以前大事なお店と題して「クロア」さんの記事を書きました。その気持ちは今も変わっていませんが、モモ母にとって大事なカフェをあげるなら、このフランジパニと北白川の「ノリズ」と新大宮の「昼行燈」。一昨日の記事に書いた様にノリズは閉店し、昼行燈も長期休業から再開ならぬまま、ご一家は転居されましf0119179_23571698.jpgた。ご店主は新たな場所での再開を希望されていますが、かつて店だった場所がもぬけの殻になってるのを見るのは寂しいものです。「フランジパニ」は珈琲の美味しさを教えて下さり、認知症の父や犬連れでも歓迎して下さる、モモ母にとって本当に大事なお店。良い店が近くにある有難さを改めて痛感しています。
フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
日・木休
[PR]
by mmcmp | 2016-08-07 23:31 | 京都のカフェ | Comments(0)

行って良かった!!

f0119179_21453156.jpg水曜に父が元気にショートステイから帰って来ました。暫くまた外出が制限されるので、月曜に以前から一度行きたいと思っていた馬町の「市川屋珈琲」を初訪問しました。昨年秋のオープンですが、悪目立ちせず界隈に溶け込んで良い雰囲気。これは期待出来そうです。
思ってた以上に大きな町家。最近テレビで紹介されたそうで、そのせいか平日午後でも結構賑わってましたが、窓側のカウンターが空いてたのでそちらへ。気になるフルーツサンド(980円)、今月はメロンというので興味津々だけど、多すぎて食べられないかも・・・と迷っていたら、残ったら持ち帰りにすることも出来るとのことで、深めの「馬町ブレンド」と一緒にお願いしました。馬町ブレンドは500円ですが、サンドイッチやオムライスとのセットだと300円になります。先にサンドが運ばれて来て、「多すぎたらおっしゃって下さい」と言ってもらったんですが、一口食べると、おっ! 軽い。ふんわりパンにジューシーなメロンと口当たりの良いクリームがサンドされて、かなり完成度の高いフルーツサンド。残すことなく、すぐになくなりました。これは久々の大ヒット。頼んだ甲斐がありました。陶器の町らしい和テイストのカップにf0119179_2222436.jpg入った珈琲との相性も良いし、落ち着きのある店内に好みの音楽が流れ、お店の方も感じ良くて、かなり気に入りました。馬町界隈を訪れたのは数年ぶりで、次はいつ来れるかわからないけど、本当に来れて良かった。アメリカ在住の知り合いから「町家のお店を案内して」と言われたというタレントUさんにも早速お薦めしておきました。
★市川屋珈琲
東山区鐘鋳町
075-748-1354
9時~18時 火休
お店のfacebook
[PR]
by mmcmp | 2016-05-25 22:31 | 京都のカフェ | Comments(0)

梁に並んだ小物たち

f0119179_23245578.jpg連休中、H医院に父の薬をもらいに行った帰りに「卯晴」さんを訪れました。ホントは「キャットアパートメントコーヒー」に行ってみたかったけど、この日は定休日。連休のせいか「フォーカルポイント」もお休みでした。今出川大宮界隈で手堅い店と言えば「卯晴」さんです。そうそう、辺りをうろうろしてる時にかつて「ダル・プー」さんだった所の前を通ったら、ワインの店になってました。後日聞いたところによると、「ダル・プー」の店名の由来になったサブロー君も虹の橋を渡ったそうで、時間の流れを感じます。
「卯晴」さんで時の経過を感じるのが階段近くの梁。黒い梁の上に可愛い缶や箱が並べられてるんですが、その数がどんどん増えて、今は殆ど埋め尽くされています。2007年の記事の写真と比べるといかに増えたかがよく分かる。これ、大きな地震が来たら落下するよね。どうかそんな日が来ませんように。この日頂いたのは4種の「卯晴ランチ」(1080円)から「ラタトゥイユガレット」。そば粉のガレットに「大地のほっぺ」と平飼い卵等を乗f0119179_23352940.jpgせて焼いたものに無農薬野菜が添えられています。連休のランチタイムのせいか、ほぼ満席、といってもお客さんはモモ母を含め4組でしたが、今までで一番混んでました。京都らしい雰囲気が味わえるので、観光客にも好評の様です。
★卯晴
大宮通笹屋町下る
075-441-4772
11時30分~17時すぎ
日曜・祝日休 他不定休
http://www.uharu.com/
[PR]
by mmcmp | 2016-05-16 23:41 | 京都のカフェ | Comments(0)

ふわふわというよりも・・・

f0119179_2053468.jpg連休ですね。鉄道博物館もオープンしたり、観光地は賑わってることと思いますが、モモ母は父がデイに行かない日は外出もままならないので、父の入院中に訪れた西大路ネタを。太子道に通ってる時でないと行く機会がないと思い、昨年来情報誌に度々登場している「ウサギノネドコ」を初訪問しました。町家だけど中に入るとウニの骨格標本の写真が並んで、現代アートのギャラリーっぽい雰囲気。奥に進もうかと思ったら、手前に落ち着きそうな小さなスペースがあったのでそちらへ。ホットのカフェオレとハーフサイズの焼きリンゴのプリンをお願いしました。
珈琲は大好きな「コラソン」さんの豆を使用。手堅い美味しさです。カップやスプーンはシンブルだけどスタイリッシュで、音楽はアンビエント系。若い頃ならハマったかもねと思わせるテイスト。今はもっとゆるい、「フランジパニ」や「のばら珈琲」みたいな店の方がタイプだけど、こういうのも決して嫌いじゃないです。プリンは小さなサイズでも十分食べごたえがありました。「ウサギノネドコ」って変わった名前だなと思って由来を店の人に伺ったら、ウサギノネドコはヒカゲノカズラという植物の別名で、店f0119179_236960.jpgのロゴマークにもなっているシダ植物だそう。隣に宿泊施設があって、うさぎが寝床にする様なふわふわした居心地の良い場所にとの思いが込められているそう。カフェは硬質でふわふわという感じはしなかったけど、機会があったらまた行ってみたいと思います。
★ウサギノネドコ
西ノ京南原町
075-366-6668
11時30分~22時 
木休
http://usaginonedoko.net/
[PR]
by mmcmp | 2016-04-30 23:12 | 京都のカフェ | Comments(2)

ずっと大好き☆

f0119179_228915.jpg父がデイサービスに行っている時間を利用して、鞍馬口の「フランジパニ」を訪れました。平日午後の比較的早い時間だったせいかほぼ満席だったけど、奥の席が空いていました。いつもむぎちゃんと座っている席ですが、今回は一人でゆっくりと。奥まっているので、落ち着いて本を読んだり、原稿チェックが出来る好きな席です。この日は雨模様で前日ほど暑くなかったけれど、歩いて来て喉が乾いていたので「アイスカフェオーレ」(550円)をお願いしました。大きなグラスにたっぷり入っていて、作業をしながらゆっくり時間をかけて頂きます。その間にほぼ満席だった店内は、モモ母ともう1人だけになりました。
初めての店に行ってみるのも楽しいんですが、長年通い慣れたお気に入りの店には安定した魅力があります。でも、以前は良かったのに雰囲気が変わってしまったり、味が落ちたり、スタッフや客層が変わったりして、ずっf0119179_22552933.jpgと「良い店」で有り続けるって、実はすごいことなんですよね。「フランジパニ」は行き始めた頃から心地よさが変わらない、貴重な存在。オーナーさんのさりげない心配りの賜物です。父の退院以来、外出もままならない日々が続いたので、美味しいアイスオーレで一息つけて有難かったです。
★フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
日・木休
[PR]
by mmcmp | 2016-04-27 22:57 | 京都のカフェ | Comments(2)

千両ケ辻 雛祭り展

f0119179_344977.jpg6日まで今出川大宮から一条辺りで「千両ケ辻 雛祭り展」が行われています。町家に年代物のお雛様が飾られたり、店で特別販売があったりといったイベントで、人形の展示を見る前にモーニングを食べようと「フォーカルポイント」に行ったら、いつも8時半からの営業が今週末は10時からでグッドモーニングセットはありませんでした。なので5日、6日限定の「千両ケ辻ちらし」(900円)と食後にコーヒーを頂きました。
関東の人が好みそうな西陣らしい町家を使った「フォーカルポイント」がオープンしたのはもう随分前ですが、長期休業されたり、営業時間やメニュー展開が変わったりで、なかなか行く機会がありませんでした。先日通りがかったら、今は朝からやってる様なので、週末に初訪問となりました。朝からかなりしっかりした料理も食べられます。雛祭り展限定のちらしは寿司飯自体は割と普通でやや物足りない印象なんですが、ご飯がシンプルゆえに菜の花や海老、あなごといった具の持ち味がうまく引き出されて、ああ、あなごってこういう味だったよね、なんて。家では滅多に買わなくなった椎茸も、久々に食べるとやっぱり好き。珈琲に添えられたデザートが美味f0119179_3521533.jpgしかった。でも、食べやすくする為の配慮だと思いますが、フォークを突き刺した状態で出てきたのはちょっとビックリ。根っからの京都人だとこういうことはしないだろうなと思うし、老舗の様なもてなしとは違うけれど、誠実な印象で、また訪れたいなと思います。
★フォーカルポイント
大宮通元誓願寺下ル
075-417-0885
8時30分~16時頃 
日、月休
http://focalpoint-cafe.com/
※6日は10時からの営業です
[PR]
by mmcmp | 2016-03-06 03:57 | 京都のカフェ | Comments(0)

冬は根菜

f0119179_21183510.jpg大好きな二条の「まつは」を初訪問。最近は雑誌等の掲載が増えたせいか満席の時が結構あるので、食事時を外して行くんですが、それでも以前の様に客はモモ母だけということは滅多になくなりました。金曜も先客が2組。「りんごと豆のサラダ」と「小茄子田楽」の付いた「一汁三菜」(800円)も心惹かれたものの、「一汁一菜」(600円)にして、食後に珈琲(400円)をお願いすることにしました。
この日の主菜は蓮根のハンバーグ。ゴリラさんに続くハンバーグになってしまったけれど、肉をがっつり食べるごりらさんとは異なり、こちらは蓮根を味わう滋味なもの。傍にはささがきごぼうが添えられていました。冬らしい根菜メニューです。味噌汁の中にもごぼうが入っていました。味噌汁に浮かぶネギが、スライサーでカットしたのかと思うほど綺麗。勿論包丁で刻んでおられ、モモ母が家で刻むネギとのあまりの出来の違いに思わず苦笑・・・。「まつは」はいつもご飯の美味しさが印象に残るんですが、この日の青菜ご飯も本当に美味しかった。モモ母が炊くとベタっとなりがちなミルキークイーf0119179_21513077.jpgンや椋川のお米をとても上手に炊いておられます。水分を少なめにすることや鉄鍋で炊いていることに加え、おひつで冷ましているので余分な水分が飛ぶ様です。炊飯器で炊いて保温しのでは、この炊き上がりは難しそう。うーん、おひつ買ってみようかな。
まつは
二条通富小路
075-231-7712
10時~22時 月休
※16~17日休、21日16時以降、26日17時迄貸切、
30日おふく市

[PR]
by mmcmp | 2016-01-15 22:01 | 京都でごはんたべ | Comments(0)