タグ:精進料理 ( 2 ) タグの人気記事

正統派精進料理

f0119179_1184499.jpg「文科省がパン屋に関する記述に特定して検定意見を付した事実はない」と閣議決定。多分これが理由。これまでも変だったけど、どんどん壊れていきますね。更にメールした本人が否定してる辻元議員のデマ騒動まで証拠を検証すべきと閣議決定。どこまでアホなんでしょ・・・。
さて、先週、大徳寺門前の「泉仙」に行きました。新大宮に惣菜店があった頃はよく利用していたし、仕出しを頼んだり、I先生宅でご馳走になったこともあるけど、店で頂くのは初めて。入るとまず抹茶とわらび餅が出されました。店内はモダンさが一切ない、昭和な感じ。いかにも祖母の世代が法事などで使いそうな雰囲気の正統派精進料理店です。精進揚や生麩田楽、白和えなどの手軽な「雲水」(2200円)をお願いしました。胡麻豆腐はもっとねっとり濃厚なイメージだったのに、久々に食べると意外と淡白。生湯葉の上にいくらみたいな赤いものが数粒乗っていて、海藻成分で作った「海の宝f0119179_2104697.jpg石」というものだそう。プチプチ弾力がありました。生麩饅頭も駅の売店で見かける某店のと違って、生麩ならではの味わいが楽しめます。料理も良かったけど、最も感動したのが若竹のお吸い物。際立つ木の芽の香りと初物の筍に春を感じました。このお吸い物を頂いただけでも、訪れた甲斐がありました。
★泉仙紫野店
紫野下門前町
075-493-0889
11時~17時
水休(祝日は営業)
http://kyoto-izusen.com/
[PR]
by mmcmp | 2017-04-09 02:25 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

鉄鉢料理のお惣菜屋さん

f0119179_2572530.jpg手抜き料理専門のモモ母にとってお惣菜は強い味方。新大宮商店街の「泉仙彩々」でもよく買って帰ります。こちらは大徳寺塔頭の大悲院にある精進料理の店「泉仙」系列のお惣菜屋さん。「泉仙」は僧侶が托鉢で使用する鉢を模した朱塗りの器で出される鉄鉢料理が味わえることで知られています。「泉仙彩々」は鯖の塩焼きだの鶏肝のしぐれ煮だのもあるごく普通のお惣菜屋さんですが、やっぱり生麩田楽や白和えなど精進系が他のお惣菜屋さんより断然美味しい。
この日買ったのは「泉仙彩々」の商品の中でも特に好きな「ごま豆腐」と「ゆばちりめん」。ごま豆腐はタレとわさびが別添えになっていて、特有のねっとり感とクリーミーな味わいがさすが「泉仙」と思います。スーパーに並ぶメーカーもののごま豆腐にはあんまり手が出ないんですが、こちらのはよく買っています。そして最近はそれ以上にハマッているかも知れない「ゆf0119179_3255040.jpgばちりめん」。山椒の風味が結構強くて、ピリッとくる感じが食欲を刺激します。あつご飯にたっぷりかけていただくといくらでも食べられます。
ところで余談ですが、東京・吉祥寺駅ビルのロンロンがアトレになるんですね。「東京ヴォードヴィルショー」の大森ヒロシさんのブログで初めて知りました。ちょっとショック・・・。4月に上京したら様子を見に行こうと思います。
★泉仙彩々新大宮店
紫竹西高縄町
075-493-1750  10時~18時
http://www.kyoto-izusen.com/
[PR]
by mmcmp | 2010-02-10 03:28 | 京都でお買い物 | Comments(0)