タグ:自家焙煎 ( 10 ) タグの人気記事

寺町二条の隠れ家

f0119179_2342960.jpg「パパのデモクラシー」観劇後、河原町を南下。丸太町を過ぎた辺りから寺町に入ったら、「一保堂」近くで自家焙煎珈琲の看板が目に入りました。建物左手の階段を上がって店内に入ると、白い壁にダークブラウンのテーブルの落ち着いた雰囲気。奥の窓に面したカウンター席へ。
マンデリンもあったけと、初訪問なのでまずは店名の付いた「百春ブレンド」(500円)とお腹が空いていたので「タマゴサンド」(600円)を。珈琲は「毎朝、少量ずつ、必要な量だけ自家焙煎しています。煎りたての新鮮な珈琲を、挽きたてで、ハンドドリップで淹れています」と書かれ、2杯目からは200円で別の種類もOKの様です。なるほど寺町通りを見下ろしながら、別の種類を頼んでゆっくり読書をして過ごせそうです。お店は9月のオープンだそうですが、看板もさほど目立たず、のんびり過ごしたい大人の為の隠れ家ですね。モモ母は「ポケット」の様にゆで卵を細かくしたのが入ったタマゴサンドが好きなんですが、こちらはだし巻きの様に溶き卵を厚くf0119179_23411251.jpg焼いたタイプ。最近はこのタイプが主流ですね。3つで600円ってことは1切200円、と思うと高い気もするけど、ボリュームがあってお腹一杯になりました。そういえばこの前チラッと見たSAVVYにタマゴサンドの一覧みたいなのが載ってましたが、タマゴサンドって、今ブームなんでしょうか?
★百春
寺町二条上る常盤木町
075-708-3437
11時~19時 
木休
[PR]
by mmcmp | 2015-12-15 23:42 | 京都のカフェ | Comments(0)

KYOTO MERCATOの前に・・・

f0119179_18363389.jpg先週末に上賀茂神社の式年遷宮に合わせて京都パンフェスティバルなるものが開催され、行こうとしたら付近が大渋滞。バスが御薗橋を渡れず、右折するのに30分以上かかり、到着したら殆ど完売、まだある店には長蛇の列。以前、市役所前のイベントの混雑に懲りて、この手のイベントはもう行かないと思ったのに、パンに興味を持った為に無駄に時間を過ごしてしまいました。そんなワケで、今週末に市役所前で行われる「京都メルカート」も行く気が失せ、お店で静かに美味しい珈琲を飲もうと「コラソン」さんにお邪魔しました。いただいたのは「カフェオレ」(600円)と「フィナンシェショコラ」(220円)。ジノリのフラッグのカップにたっぷりのカフェオレはミルクが6割で丁度良いバランス。フィナンシェは小さなものが2つ。珈琲にちょっと甘いものを添えたいけど、多すぎることがあるから、このサイズは嬉しい。表面が結構硬めで、その中にアーモンドとチョコの香りがうまく調和した良い珈琲のお供でした。
コラソンさんはメルカートには土曜も臨時休業して参加されます。スタッフ5人で作業を分担して、ご主人はひたすら珈琲を淹れ続けるとか。当日イタリアンブレンドを提供されますが、ハズレなしのくじ引きに珈琲のロマネコンティとも称される幻の珈琲豆を出される予定。5000円程の値打ちがあるそうです。高価な豆なので焙煎の失敗は許されない。前回伺った時にこの豆に興味津々だったけど、パンフェスに懲りたモモ母はパスすることになりそうです。貴重な豆はイベント後に店でもほんの少しだけ提供されf0119179_1925740.jpg、販売は100グラム3800円くらい、店で飲む場合は1000円以内に抑える予定だそうです。メルカートは大変な人出だと思いますが、有名シェフがコラボして料理を作るイベント等も予定されています。行列が平気な方はお出かけ下さい。
★カフェ・デ・コラソン
小川通一条上る
366-3136
10時30分~18時30分 
日休
http://www.cafe-de-corazon.com/

※定休日と営業時間が以前と変更されてます

[PR]
by mmcmp | 2015-10-20 19:32 | 京都のカフェ | Comments(0)

念願のコラソンアフォガート☆

f0119179_2302334.jpg台風が来ても山鉾巡行が行われた金曜の京都。夜には次々と避難勧告メールが届き、雲ケ畑、鞍馬、上賀茂、大宮、紫野とどんどんエリアが近づいて来たけど、モモ母エリアは含まれず。土曜朝には雨も上がりました。
金曜午後、「コラソン」さんに立ち寄りました。店に入る前に、雨の様子を見に表に出ておられたご店主に「アフォガートありますか?」と確認してたモモ母。以前は既にシーズンが終わって、「アカツキコーヒー」さんのを食べたけど、こちらのもさぞ美味しいだろうと思っていたので、この時期訪れるなら是非と思っていました。自家製アイスクリームにイタリアンブレンドを注いだ「コラソンアフォガート」(700円)は期待通り上品でバランスの良い美味しさ。イタリアンブレンドは通常よりかなり濃く入れているそうです。時々アイスクリームの甘さが目立って残念なアフォガートもあるんですが、こちらのものはアイスとコーヒーがうまく調和して、良い感じ。夏季限定なので、漸く食べることが出来て、満足しました。土曜の朝の営業も続けてられるそうで、最近は店内が手狭になるほどの参加があるそうです。東山のお寺でもいずれ似たようなコーヒーの集いをされる計画とか。実現したら是非行ってみたいです。また、10月に市役所前で行われる「KYOTO MERCATO」にも出店予定とか。珈琲での出店はコラソンさんだけとのこと。市役所前の食イベントは人が溢れてもういいや・・と思ってたけど、幻の珈琲がf0119179_23354480.jpg登場するかも知れないそうで、気になります。
★カフェ・デ・コラソン
小川通一条上る
366-3136
9時30分~18時30分 火休
http://www.cafe-de-corazon.com/
[PR]
by mmcmp | 2015-07-18 23:36 | 京都のカフェ | Comments(0)

価値ある300円!

f0119179_23414836.jpg長刀鉾のほぼ前にある京都の東急ハンズ。3階に直行してコーヒースタンド「COFFEE HOUR」の様子を見ると、席が空いていたので、ハリオのドリッパーで淹れる「ハンズブレンド」を注文しました。「ウニール」の珈琲が飲めると言うので以前から気になってたけど、売り場の一角に設けられた小さなスペースなので満員だったりして、昨年6月のオープンから1年以上して漸く行くことが出来ました。
小さいけど、ウニールだけでなく「サーカスコーヒー」や「ミエポンプ」等、京都の焙煎所の豆の販売もしている充実ぶり。更に「コーヒーと一冊」のシリーズが置かれていたり、「美味しいコーヒーを飲みながら本を読む」ことの魅力を発信してる感じ。セルフ式の店と言うのはプラスチックカップに入った作り置きの珈琲でもまあ安いから仕方ないなと思うんですが、さすがウニール、セルフ式コーヒーの中でもダントツに美味しい! 4種類の 珈琲はすべて300円とのこf0119179_0112755.jpgとで、この値段でこのクオリティはお値打ちです。勿論、混雑していると落ち着かないだろうし、注文してから豆を曳く音がして、ハンドドリップ(フレンチプレスも有り)で淹れてくれるのでセルフの割に時間はかかりますが、見た目以上に満足度が高い。祇園祭見物の途中にのぞいてみては如何でしょう?
★東急ハンズ京都店
COFFEE HOUR
四条烏丸東入長刀鉾町
075-254-3109(代)
11時~19時30分
http://kyoto.tokyu-hands.co.jp/
[PR]
by mmcmp | 2015-07-15 00:16 | 京都のカフェ | Comments(0)

大宮に新たな自家焙煎珈琲店OPEN!

f0119179_222717.jpgグッと寒さが増しましたが、ちょっと寒くなった11月初め、大宮玄以を上がった「京永野」に酒粕を買いに行ったらまだ売ってなくて残念。でも、向かいに自家焙煎珈琲の店が出来ていました。翌週、改めて訪問。深煎ブレンド(450円)を飲んだら苦味はあるけど、すっきりして美味しかったので、今週再訪しました。マンデリン(450円」と前回のブレンドはどっちが苦味が濃厚かお聞きしたら、ブレンドの方が苦味は強いけど、希望すれば濃く淹れることも出来るんだとか。今回はマンデリンをお願いしました。こちらも重たくなく、適度な苦味で気に入りました。サイフォンで淹れたストレートを450円で飲める上に、ポットサービスならぬサイフォンサービス?して下さるので、2杯ちょっと飲めるのはかなりお得な感じ。重くないから、この量を飲んでもしんどくなりません。
オープンは10月27日だそうで、白木のテーブルに真っ直ぐな初々しさを感じます。以前は「ガロ」にいたという若いご店主。手づくり市などに以前「ガロ」の名前で出しておられた「京都Harmonics 珈琲堂」さんはお兄さんだとか。すぐ近くに「サーカスコーヒー」や「ジェントルコーヒー」などの自家焙煎珈琲の店がある、この場所を選んだというのは、かなり自信があると見た。f0119179_235536.jpgイートインスペースでゆっくり本が読めて、重宝しそう。今はメニューが飲み物オンリーなので、焼き菓子などが増えると嬉しいです。
★珈琲工房4331
紫竹上竹殿町
11時~22時 
[PR]
by mmcmp | 2014-12-06 23:10 | 京都のカフェ | Comments(4)

土曜の朝に

f0119179_23314148.jpgもう2週間前のことになりますが、父がショートステイから帰る日の朝、小川通りの「コラソン」に行きました。火曜が定休ということもあって、最近なかなか行けないんですが、朝9時半から営業されていると知り、土曜の仕事帰りに訪れました。いつもはトーストもある様ですが、この時は事情があってなかった為、チーズケーキを。珈琲はチーズケーキに合うものとして中深の2種類をおススメいただき、酸味の少ない「グァテマラSHB」にしました。「コラソン」さんらしいピュアな味わいで、強くはないけどモモ母好みの苦みもあって、好きな味。チーズケーキは見た目はシンプルだけど、キャラメルみたいな個性的な風味。きび糖を使っているせいか、キャラメルみたいとよく言われるそうです。
ところで、店に着いたのが9時半よりほんの数分早いかなと思ったけど、開けてらっしゃったと思ったら、毎週土曜の朝は「モーニング・コーヒー・クラブ」という交流会を午前7時から9時までやっていて、それが終わった所だったとか。交流会はセルフサービスの珈琲が200円。珈琲が苦手な人は飲み物の持ち込みもOKというから驚きです。学生さんから高齢者まで幅広い年代のお客さんが集まるそうで、毎回参加の人もあれば初めての人も必ずいるそう。公民館などがやってるコミュニティカフェの試みって主旨は良いけど、もうちょっとセンス良く出来ないのかなと思うし、オシャレな店の人達はそういうのをやる発想がないのかな・・と思っていたので、大好きな「コラソン」さんが交流サロンをされてたと知って、ますます好きになりました。セレブを気取った珈琲通も下駄ばきのおじさんも満足させるのがこの店のf0119179_189579.jpgすごい所。常にニュートラルな姿勢で店に立つご店主には頭が下がります。
カフェ・デ・コラソン
小川通一条上
075-366-3136
9時30分~18時30分 火休
http://www.cafe-de-corazon.com/
[PR]
by mmcmp | 2014-11-15 00:20 | 京都のカフェ | Comments(0)

自家焙煎

f0119179_2340253.jpg水曜の午後、北山大宮の「サーカスコーヒー」に寄って、グァテマラベースのドリップコーヒーを買いに行きました。あちこちのドリップコーヒーを試した中で、今、一番気に入ってるのがサーカスコーヒーさんの赤いパックのドリップコーヒーです。白いパックもあって、そちらはモカベースだったような・・・。
で、いつものように喫茶スペースで「カプチーノ」(350円)をいただきました。この日はバリスタブレンドを使っているそうで、心地よい苦みと甘さで美味しくいただきました。良質なカプチーノって砂糖なでも十分甘いですね。テーブルにはおもちゃの魚が入った金魚鉢が置かれていて、夏らしい。時折、表から風が入って心地良く、持参した本を読んでいたのですが、時々テーブルに本を置くと、なんか小刻みに振動してる。これまで感じたことなかったけど、すぎ傍の自家焙煎機の振動が伝わるんですね。テーブルに触れてなければ椅子などが揺れてるワケではないので、なんか新鮮でした。この日の焙煎は既に終わってたんですが、すぐに止めると窯に良くなf0119179_0152890.pngいので、終了後も暫く電源を入れているのだとか。焙煎前もしばらく動かしてから使うそうですが、初回はなかなか安定しないそう。自家焙煎の店って色々苦労されてるんですね。ちなみにマンションの1階に自家焙煎の珈琲店がテナントで入ってたりすると、上の階の部屋に振動が伝わることもあるらしいです。
サーカスコーヒー
紫竹下緑町
075-406-1920
10時~18時
日祝休
http://circus-coffee.com/index.html
[PR]
by mmcmp | 2014-06-14 00:16 | 京都のカフェ | Comments(0)

上質を感じる店

f0119179_1754047.jpg一週間前になりますが、小川一条の「コラソン」さんを訪れました。2月に初訪問してすごく気に入ったのだけれど、近くに行く日が定休日だったり、営業時間外だったりして、なかなか行く機会がなく、5ヶ月以上ぶりの再訪となりました。チーズケーキやアフォガートといったメニューが増えていて心惹かれたものの、前日もお菓子を食べていたので(しかも美味しくなかった・・・)、残念だけどこの日は自粛。コーヒーだけにしておきました。お願いしたのはケニアAAとは違う深煎りで、ちょっと記憶が曖昧なんですが、「ペルー・エルパルゴマウンテン」を。こちらも深煎りですが重たくならない、すっきりとした、きれいな味。雑味というのがどういうものか、いまひとつわからないモモ母ですが、後口にちょっと嫌な感じが残る珈琲もあって、それを雑味というなら、そうした雑味のない端正な味わいです。ちなみに15グラムほどの豆で180cc抽出されるそう。
お店の方の接客も印象的で、きちんとしてるけど決してスノッブではないし、説明が丁寧。珈琲通は勿論、年配のご近所さんも気軽に立ち寄れる雰囲気です。美味しい珈琲と素敵な雰囲気で上質な時間を過ごし、会計を済f0119179_18344679.jpgませたら、ご店主が当ブログを見たお客さんが数組来られたことを教えて下さいました。数ヶ月前に一度来ただけのモモ母のことを覚えていて下さったことも意外でしたが、ブログを見た方が何人もおられたことはお店の方に教えていただかないとわからないので、すごく嬉しかったです。励みになります。これからも素敵な店をご紹介できればと思います。
★カフェ・デ・コラソン
小川通一条上る
075-366-3136
9時30分~18時30分 
火休
http://www.cafe-de-corazon.com/
[PR]
by mmcmp | 2013-07-26 18:39 | 京都のカフェ | Comments(2)

ふんわりカプチーノ

f0119179_22122961.jpg「華祥」でお昼を食べた後、込み合う前にお店を出て、お茶をすることに。東大路を北上して、叡電元田中駅前の「ウイークエンダーズコーヒー」に入りました。自家焙煎珈琲の専門店にリニューアルされてから訪れるのは初めて。なるほど、以前座った窓際のスペースには焙煎機が置かれていました。
奥の席に座って「カプチーノ」(450円)を注文。入った時はほかにお客さんがおられなかったので、広々とした店内が一層広く感じられて、ゆっくり出来ました。インテリアの雰囲気も変わって、スタイリッシュな感じ。以前f0119179_22424876.jpgはよくある学生街の喫茶店という印象だったので、モモ母は今の方が好みです。食べてみたいと思っていたフードメニューがなくなったようで、純粋に珈琲が好きなお客さんにターゲットを絞られたみたい。カプチーノはふんわりミルクが心地よい苦味とマッチして飲みやすい。漆作家Kさんのカプチーノと違うデザインだったので、2つ並べて撮影してみました。
★WEEKENDERS COFFEE
田中里ノ内町
075-724-8182
10時~19時 
水休
http://www.weekenderscoffee.com/
[PR]
by mmcmp | 2013-05-13 22:44 | 京都のカフェ | Comments(0)

珈琲の香りに包まれて・・・

f0119179_23443534.jpg「びーめん生活スペシャル」を観た後、三番街の「カフェ バーンホーフ」に行ってみました。ここは昨年12月に同じくシアタードラマシティで「トーチソングトリロジー」を観た後、放送作家Nさんに連れて行ってもらったお店。珈琲通ではないモモ母にも「あそこのコーヒーは美味しかった!」と後まで記憶に残る店がいくつかあるのですが、ここはそのひとつ。この日は一人だったので、迷いつつ、別の店の人にききつつ、ようやくたどり着きました。
福島が本店らしく、三番街店はデリカランチマーケットの一角に設けられた小さなスペース。カウンターとテーブルが2席。テーブル席のすぐ近くには、別の店の商品が並んでいます。前日の記事の「IORI」と対照的に、空間の演出はほとんどなくて、純粋に珈琲そのものを楽しむ場所という感じです。一人で来ているお客さん、しかも女性の一人客が多く、大半の人が豆f0119179_0164895.jpgを買って行きます。辺りには珈琲の何とも言えない香りが漂っていて、その中にいるだけで寛いだ気分になりました。
★カフェバーンホーフ
自家焙煎珈琲工房
大阪市北区 阪急三番街
06-6372-6651
10時~21時
http://bahnhof.jp/shop.html
[PR]
by mmcmp | 2007-08-01 00:17 | 京都・東京以外の店 | Comments(0)