「ほっ」と。キャンペーン

タグ:舞台 ( 23 ) タグの人気記事

京都労演「田茂神家の一族」

f0119179_0422295.jpg京都労演2月例会東京ヴォードヴィルショー公演「田茂神家の一族」を観ました。劇団創立40周年記念興行第五弾として2015年新宿で上演された時のポスターから客演の伊東四朗が石倉三郎に替わっただけと思ってたけど、人数も8人から6人になってました。初演は佐藤B作の故郷・福島。芝居の舞台は東北の杁(えぶり)村公民館。「えぶり」はevery、バカバカしくデフォルメされてはいるけれど、これはどこにでもありうる話ということ。歌で情勢を伝えるコロスが4人から6人に増え、導入も町長選挙の合同演説会の準備から始まる等、マイナーチェンジしていて、二度目の観劇ならではの面白さがありました。
三谷幸喜が劇団の為に書き下ろしただけあって、次男の健二が佐渡稔、三男の三太がB作、町長の弟常吉が石井愃一と登場人物がいかにも役者にアテ書きされたキャラ。その中で前町長の嘉右衛門は演者によってガラリと雰囲気が変わっていました。更に選挙コンサルタントの井口は前回山口良一が演じてたのを忘れていたほど、まいど豊がハマってました。会報によると三谷が第一稿をB作に見せると「人間が描けてない」と厳しいダメだしをされ、B作の顔を思い浮かべて書き直したら「とても良くなった」と褒められたそう。一見良さそうに見える候補が話す、何かよくわからないけど耳障りの良い政策に要注意。初演時に今の世相にぴったりだと思ってから2年経った今も、やっぱり同じことを思う。そういえば「その場しのぎの男たち」も92年の初演から何度も上演されたけど、その度に今の世相を表してる様だと言われるとか。三谷&ヴォードヴィルの社会性のあるコメディには普遍的な魅力があるということでしょうか。奈良、兵庫、大阪、和歌山、滋賀とまわった後は、石川や新潟でも上演される様です。
http://www.vaudeville-show.com/
[PR]
by mmcmp | 2017-02-12 01:40 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「松井須磨子」

f0119179_23344288.jpg12月18日と19日に呉竹文化センターで上演の京都労演12月例会エイコーン公演「松井須磨子」を観ました。日本初の新劇女優と言われる松井須磨子の人生を、「人形の家」等の彼女の代表作の一場面を織り交ぜながら語る、栗原小巻の一人芝居。東京ヴォードヴィルショーを京都で観たくて労演に入会しているモモ母。他の例会は自分では行こうと思わない劇団だったり作品だったりするんですが、これはその最たるもの。栗原小巻とか山本陽子、十朱幸代といった一昔前の美人女優って、所詮顔だけみたいなイメージ。でもまぁ小巻さんは俳優座出身だし、一度観ておきますか・・といった感じで足を運んだモモ母でした。
舞台下手に置かれたピアノの生演奏と共に与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」で始まった舞台。思ってたより低い声で、第一印象はかなり年齢を感じたんですが、若い役を演じる時は高めの声に。そして「ゴンドラの唄」や「カチューシャの唄」を歌う声の清らかなこと。クローゼットの後できらびやかなドレスに着替えたり、着物をまとったり、須磨子の女優人生と小巻さんのそれがオーバーラップする様です。踊る場面や手をあげた時の指の形が実に美しく、キャリアを積んだ女優さんのスキルがいかに卓越しているかをまざまざと見せて頂いた感じです。島村抱月と運命的な出会いをし、芸術活動に身を捧げて来た須磨子は抱月の病死に絶望し、自ら命を絶つのですが、「命みじかし恋せよ乙女・・・」だったり、「カチューシャかわいや、別れのつらさ」といった歌詞って、こんなに切なかったのか・・と改めて知りました。そして北原白秋の「さすらいの唄」も。1時間半の一人芝居を終えたカーテンコールでの笑顔が本当にチャーミングで、「綺麗やなぁ、一体いくつえ?」「まさしく芸術を見せてもらったなぁ」といった声が客席のあちこちから聞こえてました。小巻さん71歳。こういうのを生で観られるから、演劇って良いんですよね。
[PR]
by mmcmp | 2016-12-19 00:28 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「るつぼ」

f0119179_21594395.jpg森ノ宮ピロティホールで6日まで上演されたシアターコクーン・オンレパートリー2016「るつぼ」大阪公演を観ました。「るつぼ」は京都芸術センターで観た三浦基演出による地点公演の印象が非常に悪かったので少々不安だったのですが、堤真一が出るのと、黒木華の舞台を一度観たいと思っていたので、チケットを取りました。演出はイギリス人のジョナサン・マンビィで、火を使ったインパクトのある幕開けから、人々が狂気のるつぼに巻き込まれていく過程がドラマチックに描かれていました。今回の方が断然良かった。役者陣も堤真一の役に真摯に向き合う姿勢が伝わって来たし、松雪泰子も「吉原御免状」(すいません、こんな堤&古田の動画があったので、一緒に貼り付けさせて下さい)以来、舞台の彼女が大好きで、地味な農夫の妻役なのに、ミレーの「晩鐘」を連想させる様な高貴さがありました。そして黒木華は期待通り、良いですね~。声もよく通るし、今後が楽しみな女優さんです。
「るつぼ」は17世紀アメリカで実際に起こった魔女裁判事件を題材に、集団心理の恐ろしさを描いた作品。ボストン滞在中に舞台になったセーラムに行ったことがあって、今では魔女グッズがお土産になったり観光地化されてるけど、魔女博物館の古い建物と展示はかなり不気味でした。その雰囲気を思い出して、アビゲイルと少女たちの言葉で村人が次々と裁判にかけられ、絞首刑になっていく異常事態が、とてもリアルに感じられました。集団の中で個人が抑圧され、正しくあろうとする者がどんどん追い込まれていくのは、魔女裁判という過去の特殊な出来事だけのことではない。作者のアーサーミラーは執筆当時のアメリカの反共産主義運動〈赤狩り〉に対する批判としてこの作品を書いたそうですが、いつの時代も起こりうる普遍的なテーマ。特に昨今は、その危うさの中にいると痛感します。その時、自分はうそをついて生き延びるべきか、「善きもの」を貫いて処刑されるのか、考えるとゾッとします。
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/16_rutsubo/
[PR]
by mmcmp | 2016-11-06 22:56 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「WILL」

f0119179_102338.jpg東京・築地の築地本願寺ブディストホールで2日まで上演中の劇団大富豪第9回公演「WILL」を観ました。大富豪って全然知らなかった劇団ですが、7月にこんなツイッターを発見。続いてこんなツイッターも。どうやら宮原弘和さん主宰の声優さん達の劇団に田中亮一さんが客演される模様。これは行かねば!と出かけました。劇団芸協以来20年以上ぶりに亮一さんの舞台が観られて感激でした。
若くして的屋の組長になった寅吉が生前葬をやると言い出し、親族関係者が集まって来る。その席が婚約者の紹介を兼ねていたり、弟の大河も大事な人を一緒に連れて来たり。いろんな事情を抱えているけど、いろんな「家族」があって良いよね、と思えるハートフルコメディでした。緒方賢一さんや山口勝平さんといった客演陣を含めた出演者が20代から70代まで幅広く、それこそ家族の様に一緒になって作品を作り上げてる感じが伝わってきて、素敵な座組だなと温かい気持ちになりました。若手のツイッターを拝見してると、豪華なメンバーと共に舞台に立てる喜びや良いものにしようという一生懸命さが綴られ、今まで全く知らなかった劇団なのに、当日には殆どの役者さんを昔から観続けてる気になってました。宮原さんちの茶瑠ちゃんもすっかり身近な存在に。子役の大出美結ちゃんは逸材ですね、「あほんだらすけ」の愛情物語にも出て欲しいくらい。同じ座組での新作があれば、又、観てみたいです。ちなみに亮一さんと言えば、こんなニュースも。いよいよ今夜から放送だけど、関西は9日からなんですよね・・・劇団大富豪といいタイガーマスクWといい、気軽に見られる関東の人が羨ましいです。公演は明日まで。当日券もある様なので、関東の方は是非!
http://www.geocities.jp/gekidan_daifugo/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-01 11:25 | 観劇・鑑賞 | Trackback | Comments(0)

「横濱短篇ホテル」

f0119179_2343971.jpg京都労演9月例会として21日と22日に呉竹文化センターで上演の青年座公演「横濱短篇ホテル」を観ました。マキノノゾミが青年座に書き下ろした横浜の老舗ホテル(ホテルニューグランドがモデルだとか)を舞台にした7つの短編からなる作品。第一話「ヤクザに追われて」の1970年から5年ごとに7つの物語が展開。三島由紀夫の割腹自殺やポケベルでの呼び出し、バブル景気等の世相を織り交ぜながら、各話が独立しつつ、第一幕で女子高生だった奥山ハルコと同級生柳井フミヨの30年以上に渡る人生の変遷でもあるという構成。伝統あるホテルの持つ雰囲気を活かした洒落た大人の寓話で、楽しめました。
マキノノゾミもすっかり大御所ですね。同志社を卒業後に劇団M.O.P.を旗揚げしたマキノノゾミですが、学生時代に野田秀樹やつかこうへいなどを観ていたモモ母は、何か劇画チックでイマイチ文学性に欠けるよね、と若い頃は思っていて、京都では鈴江俊郎をひいきにしていたのでした。岸田戯曲賞を受賞した鈴江作品が演劇の芥川賞なら、マキノ作品は直木賞といったところでしょうか、エピソードにチャップリンの「街の灯」を入れ込んだり、年を重ねて味わいのある作品を書く作家さんになられたんだなと、作家の人生の変遷も感じました。会報によると、演出の宮田慶子とマキノノゾミの出会いは京都だそうで、89年に下鴨の「アートスペース無門館」(現アトリエ劇研)の故遠藤寿美子さんの誘いで京都の若手女優が「トップガールズ」を上演する際にM.O.P.のキムラ緑子と林英世が出るので、マキノ氏が挨拶に来たのだとか。ああ、観なかったけど、トップガールズって、あったなぁ。黒手組の伊藤由香利とかも出てた様な・・・。無門館の遠藤さんにはラジオ番組などで度々お世話になりました。懐かしい。劇中のハルコとフミヨ、劇作家の歳月と共に、自分の歳月も振り返った夜でした。
[PR]
by mmcmp | 2016-09-21 23:30 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「百枚めの写真~一銭五厘たちの横丁」

f0119179_23161792.jpg10日、11日に呉竹文化センターで上演された京都労演7月例会トム・プロジェクトプロデュース「百枚めの写真~一銭五厘たちの横丁」を観ました。出征した軍人の留守家族を紹和18年に撮影した99枚の写真と30年後の昭和48年に出会ったルポライター児玉隆也が、家族たちを探して東京の下町を取材したエッセー「一銭五厘たちの横丁」を原作にした作品。一銭五厘は太平洋戦争時のハガキ代で、それは即ち召集令状が送られてくることに通じ、更にはハガキ一枚程の安い兵隊という意味でも使われたのだそうです。
根本家では若い男達に召集令状が届き、銃後の妹は勤労動員、そして空襲で亡くなり、やがて終戦。戦後になって健男の戦友が訪れ、彼の死を告げる。特にドラマチックな展開がある訳ではなく、戦時中、多くの家族が経験したエピソードが綴られます。戦死者の多くは戦いによる名誉の死ではなく、劣悪な環境での餓死や病死だったこと、好きな人との結婚を夢見た女性が空襲で突然若い命を奪われたこと。取り乱す母親と対照的に「国の為だ」と感情を隠す父親。そんな日が来るとは知らず、戦地にいる健男に送る為に一張羅の着物を着て笑顔で写真におさまる家族たち。幸せな日々が失われた後に残された家族写真ほど切ないものはないですね。舞台には昭和18年に実際に撮影された写真も写し出されていました。残された写真には「氏名不詳」と書かれていたそうです。でも、どの人にも苗字と親が思いをこめてつけた名前があって、戦争の中を生きたそれぞれの人生があったのに。東京大空襲と戦後の復興を経て、児玉さんは「氏名不詳」の99家族すべてを明らかにすることは出来なかったそうです。自民党改憲草案は「個人」を「人」と書き換えることで、それぞれの人生を生きる個人から、国民全体として扱おうとしている。その意味を「氏名不詳」とされた人たちから感じることが出来ます。舞台の児玉は「100枚目の家族を作ってはならない」と締めくくりますが、その台詞を聞いた数時間後、国民が選んだ議員は改憲勢力が3分の2を超え、安倍さんは早速「自民党案をベースに憲法改正を」とコメント。この芝居は、いつか100枚目の家族を作るであろう道を選んだ歴史的な日に観たという記憶に残る作品になりそうです。
http://www.tomproject.com/peformance/post-157.html
[PR]
by mmcmp | 2016-07-11 23:39 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「あほんだらすけ28th」

f0119179_1313941.jpg東京・下北沢「ザ・スズナリ」で7月3日まで上演されてる劇団ヴォードヴィルショー花組エキスプレス「あほんだらすけ28th」を観ました。テレビショッピング、ダンス、地球まるごといただき団からムーンライトマスクのアクション、時間無駄之助とロスタイムの歌・・・と続く毎度おなじみのフォーマット。ショッピングはジュディゴング社製の「挟まれて」。熱い熱燗を持ったり、トイレットペーパーホルダーになったりと重宝する66000円のお買得商品? たかはし等の山田さんは不動だけど、相手の女性は毎年変わる状況がここ数年続いて、今年は岡まゆみ。ムーンライトマスクは輪投げやけん玉などの武器が登場、小道具さんの苦労が感じられます。大森ヒロシが憧れる相手はずっと松嶋菜々子だったのに、今年は綾瀬はるかに。そういえばエビちゃんだった年もありました。来年はまた菜々子に戻るんでしょうか? ロスタイムの歌は「くしろよろしく」、CDにカップリングされてる「むねおはおねむ」が面白いらしく、CD買えば良かったかな・・・。
あほんだらすけはオムニバスで次々といろんなネタを演じて行くので、さっき出てた役者が衣装やメイクを替えて別のキャラで登場する為、次とのつなぎ時間が必要な所でショートコントが挿入され、今年は山口良一のゴルゴ13やダースベーダーのBEAT ITなど。人情喜劇はゲストの岡まゆみと長手絢香の母娘ネタで、娘役の絢香さんが感極まってたのは、ご自身も4歳の息子を持つ母親だからなんでしょうね。そうそう、いつもちっちゃな男の子を演じる山口さんが、今年は女の子になってました。「コンドルは飛んで行く」のメロディに乗せて綴るたかはし&大森の「語る詩人の会」が今年もあって嬉しかった。まいど豊不在が2年続いて、ボビー復活が待ち遠しいけど、こんな風にマイナーチェンジさせながら28年続いてるあほんだらすけってすごい。一度観るとハマります。関東の方は是非スズナリへ!
http://www.vaudeville-show.com/aho28/
[PR]
by mmcmp | 2016-06-29 02:23 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「先生のオリザニン」

f0119179_2319553.jpg労演6月例会として12日、13日に呉竹文化センターで上演された俳優座公演「先生のオリザニン」を観ました。最後に六本木の俳優座劇場に行ったのは父がまだ下北沢にマンションを借りてる頃だったから、かなり久しぶりの俳優座観劇です。先生とは実在の農芸化学者・鈴木梅太郎のこと。第一幕は足尾銅山鉱毒事件や桑の萎縮病に取り組み、第二幕は脚気の原因を探る中で、米糠から新しい栄養素「オリザニン」(ビタミンのこと)を発見、やがて戦時下で研究費削減を余儀なくされていきます。
加藤剛が50~68歳の梅太郎を、息子の加藤頼が14歳から36歳を演じるダブルキャスト、かつ梅太郎の恩師・古在由直も加藤剛が2役で演じる、ちょっと変わったキャスティング。頼さんの方は「先生」らしさがあまり感じられないし、剛さんは古在との演じ分けが曖昧で、演出上の配役というより役者の体力や集客力等、老舗劇団故の事情が垣間見えました。「戦争が科学技術を進歩させた」と理化学研究所の大河内所長は言い、「日本人は戦争が好きで困る。戦争好きと外交下手のお陰で泥沼に入り込んでしまった」と梅太郎は言う。何か今の時代への警鐘の様です。明治から昭和にかけての研究室らしいセットが組まれてましたが、印象的だったのは寧ろ何もない舞台に梅太郎夫妻が立つ浜辺のシーン。照明と波の音だけで広々とした海の広大さと夫婦の愛情が伝わりました。浜辺のシーンは2回あって、最初は頼さん、ラストは剛さんが梅太郎を演じていたのですが、シンプルな光景に歳月の流れが感じられ、印象的な場面でした。
http://www.haiyuza.net/%E5%85%AC%E6%BC%94%E6%A1%88%E5%86%852014%E5%B9%B4/%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%8B%E3%83%B3/
[PR]
by mmcmp | 2016-06-14 23:17 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「才原警部の終わらない明日」

f0119179_23163172.jpg梅田のシアタードラマシティで11日まで上演中の「才原警部の終わらない日常」を観ました。大阪で堤真一の芝居を観るのは2005年の「吉原御免状」以来10年ぶり。政府高官の令嬢が誘拐され、身代金の期限は24時間。伝説の警部と誘拐事件のプロフェッショナルは事件を解決出来るのか??という福田雄一作・演出の作品。堤真一、勝地涼、清水富美加ら8人の役者が一人何役も(鈴木浩介は8役!)演じ分け、堤真一は妙な(失礼・・・)ダンスを披露しながら登場したかと思うと、誰もが一見して誰だかわかる天才医師に扮したり、これまたあの人を連想させる不器用な役者としてミュージカルのオーディションを受けに来たり。白髪がとさかみたいな天才医師の横にはちゃんとサスペンダー付スカートの女の子もいる。そんな全編パロディコントのノリで、思わず笑ってしまうことが何度もありました。
アメコミ風の映像も効果的。作と演出が同じ人だから、作家の意図通りに仕上げられてるし、早変わりとかダンスとか、役者はかなり大変だと思うけど、みんな上手く応えていて、特に政治家の妻や敏腕警部、CAなどを演じた小池栄子が今回も期待通りすごく達者で良かった。でも、何か満たされないんです。パロディやコミカルパートはシリアスな場面の合間に挿入されるから活きてくるワケで、全編おふざけだとさすがに2時間近くはダレる。ゲバゲバだって90分だったじゃん・・・って例えが古いですが、ホントにゲバゲバ90分を見てる様な感じだったんですよね。例えば同じ様に笑いと伏線を散りばめる全盛期の三谷幸喜などはドタバタでも風刺やホロッとさせる機微があったりして、観て良かったなぁと思わせるんですが、ひたすらおバカな芝居に笑うだけ・・という感じ。終演後、後ろの席のお客さんが「ずっと笑いっぱなしだった」と言ってたし、お客さんの評判は良い様なんですが、モモ母にはちょっと物足りなかったです。
http://www.siscompany.com/saibara/
[PR]
by mmcmp | 2016-01-06 00:15 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

奈良演劇鑑賞会事前学習会

f0119179_21541193.jpg奈良演劇鑑賞会の12月例会「パパのデモクラシー」の事前学習会として東京ヴォードヴィルショー座長佐藤B作さんが話をされるというので参加しました。京都労演でもあった様だけど、木曜夜は都合がつかなかったので奈良へ。会員以外の参加が可能なこともあって、鑑賞会事務所が満員になる盛況ぶりでした。当ブログは通常人物写真は掲載しないんですが、ご本人の了解を得て、載せています。
学生時代から観続けているヴォードヴィルだけど、B作さんの話をじっくり聞くのは初めて。とても興味深い内容でした。前半は永井愛作「パパのデモクラシー」の見どころ解説。敗戦後、軍国主義から民主主義への激変による混乱を描いた喜劇で、最初は大勢出てきて何がなんだか・・と思うかも知れないけれど、後半は登場人物一人一人の人生がきちんと描かれていて、泣けるシーンもあるとか。後半はご自身の話。福島県飯坂温泉で生まれ育ち、学内3番の優秀な成績で県立高校へ。そして受験勉強の末に早稲田商学部に入学。商社マンを夢見ていたけれど、やる気が失せていた時に下宿で見たテレビドラマ「若者たち」に感動、大学を中退して役者を目指し、自由劇場に入団。今思えば小学校の演劇部で先生に怒られながら毎晩遅くまで練習し、学芸会で大人たちに認められたのが原点だったとB作さん。他の研究生より半年遅れで入団したけれど、懸命に稽古をして主役を演じ、吉田日出子さんに褒められたのが、今も支えになっているそう。役者を志して大学中退をご両親に告げる下りでは、ちょっと目を潤ませておられました。「尊敬する役者は?」との質問に、ますあげたのが同郷の西田敏行さん。リハーサルを繰り返す度にうまくなり、しかも今、初めて聞いた様なリアクションをされるとか。舞台役者は稽古を何度も繰り返すので、準備された様に台詞を言いがちで、自然な反応が難しいんだそう。他に役所広司さんや渥美清さんらの名前も上がっていました。「パパのデモクラシー」は本公演の時に父の介護が始まって観られなかったので、是非観たくなりました。
http://www.vaudeville-show.com/papademo-tour/
[PR]
by mmcmp | 2015-10-31 23:03 | 観劇・鑑賞 | Comments(4)