タグ:言論の自由 ( 2 ) タグの人気記事

母に謝りたい・・

f0119179_22413477.jpg日曜は母の日、月曜は葵祭でした。母には宇治に住んでた頃の話をよく聞きました。夏は松脂取りをして遊んだこと、真夜中に暗闇の中で行われる縣祭のこと、御真影を納めた奉安殿の前は最敬礼をして通ること、先生のいない所では教育勅語を「朕惟ふに」と言いながら犬がチンチンするポーズ等をして遊んだこと。下校中に空襲警報のサイレンが鳴り、茶畑に身を潜める上空を航空機が轟音と共に通り過ぎて行ったこと。深夜の空襲警報でおばあちゃん(モモ母の曾祖母)が「もう嫌や、死んでも良いからここにいる」と防空壕への避難を拒否したら、おばさんが「そんなこと言うて、人に聞かれたらどうするの!」と叱ったこと。母の幼い日の記憶は、そのままリアリティを持ってモモ母に受け継がれました。
でも、やがて被害者としての戦争観だけでなく加害の視点も必要だと考える様になり、何故止められなかったのかと議論したこともありました。母は「どうすることも出来なかった」と言うけれど、夫を戦地に送り出してしまった自分は戦争に加担した「加害の女」と岡部伊都子さんが言った様に、当時の国民にも責任があると思うと話したのでした。母が亡くなってから20年以上経ち、大政翼賛化が進むメディアと政権の横暴さが目に余る今の状況を見ると、母の子供の頃ってこういうことだったのかと実感する日々。ゴメン、敗戦時まだ小学生だった母にも責任があるというのは酷だったよね、と思う今日この頃です。日中戦争で中止になった1940年の東京五輪と今が似ていると言われ、先週も金平さんが言及したとか。こっちの対比表もあるし、日本人はいよいよ同じ道を歩みそうです。ただ、かつて作家たちは筆を折ったけれど、中沢けいさんや平野啓一郎さん、松井計さんらがつぶやきつづけ、安彦良和さんらアーティスト達も声をあげてるのが救い。歴史に学ぶなら、言論人、表現人は声をあげるのをやめてはいけないと思うのです。
[PR]
by mmcmp | 2017-05-15 23:40 | 雑感 | Comments(0)

テレビをこえた日

f0119179_23581294.jpg水曜に何気なくテレビをつけたら菅野さんが報道陣に囲み取材されてる様子が生中継。その映像を見ながら、これはメディア史に残る出来事になるのではないかと思ったモモ母。取材する側の人を大手メディアが取材して、的外れな質問するわ、安倍首相の名前が出た途端に日テレはCM挟むわ・・・(フジは全編ネット配信中)。「私人である籠池さんでなく、公人であり決定のハンコを押した迫田氏や松井知事の囲み取材を何故しないのか」という主張は尤も。この日予定されてた籠池さんの会見が中止になったことはモモ母でさえ夜中に知って、確定申告準備を中断して慌ててブログ更新したのに、朝のワイドショーでは「今日、会見が行われる」と言ってたそうで、テレビの情報遅すぎ・・・。ネットでは籠池さんインタビュー顛末記など興味深い記事が配信され、知りたい情報はネットからという感じです。但し地方局は頑張ってて、金曜の「ちちんぷいぷい」は東京の菅野さんと中継をつないで、問題点を分かりやすく解説、石田さんの質問も水曜の囲み取材とは段違いに的を得ていて、興味深かった。見てない人、これ必見ですよ。
森友問題を取材してた菅野さんが籠池さんの代理人みたいになってるのは変だと言う人がいるけど、「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」というヴォルテールの名言にもある様に、民主主義や言論の自由を理解してれば今の状況を憂うのは当たり前のこと。モモ母も籠池さんの思想はとても受け入れられないけど、信じてた保守の人たちは誰も助けに来なかったと言う籠池さんは無念だと思うし、彼らの人権は守られるべき。と思っていたら、金曜夜になって菅野さんがマスコミの記者たちと共に籠池さんの娘さんに電話取材する様子をツイキャス。昭恵さんから寄付金を受け取った経緯など、リアルな証言のライブ配信に、思わず報ステ消して、最後まで見てしまいました。(ツイキャスの録画はこちら) 「テレビのゆくえ」の記事を書いて約1ケ月。ネットはテレビをこえたと思う。
[PR]
by mmcmp | 2017-03-17 23:57 | 雑感 | Comments(0)