人気ブログランキング |

「おひとりさまの老後」

f0119179_21565594.jpg上野千鶴子の「おひとりさまの老後」を読みました。おひとりさまのモモ母は、骨折後も自宅に戻れた父のような家族介護はアテに出来ないから覚悟はしてるけど、この本を貸してくださったタレントTさんは既婚者。なんで?と思ったけど、いずれおひとりさまになるから、無関心ではいられないそう。死別、離婚、非婚で80歳以上の女性の80パーセントは配偶者がいないそうだし、子供がいても上野さんいわく90代で60代のわが子を亡くすといった高齢逆縁が最近は増えてるから、おひとりさまの老後は独身女性だけの心配事ではないんですね。
面白かったのは、そういうもんだと思ってることが案外思い込みに過ぎないということ。持ち家を担保に借金が出来るリバースモーゲージがさほど浸透しないのは、日本人が先祖代々の土地に執着するかららしい。でも京都の山鉾町でさえ3代前に流入したヨソモノが多く、田畑だって幕末以来頻繁に売買されてるそう。お墓だって先祖代々の墓になったのは幕末らしい。一緒にいて楽しいと思われるには面白い人や話題が豊富な人にならないとと思うのも勘違い。話題が豊富な人とは自分から喋ってばかりいる人の代名詞で、こんな人が好かれるわけがないし、座を盛り上げようと次から次へと面白い話をする人のノリに周囲はくたびれると。へぇ~大人数の女子会より親しい友人2~3人で会食する方がストレスなくてよっぽど快適と思うのはモモ母だけじゃないんですね。一緒にして「楽しい」より一緒にいて「気持ちが良い」人は穏やかで他人の話をよく聞き、要所でピリッと反応する人。うちとけた話をするのに大人数はいらない、寂しい時に寂しいと言える相手を調達しておこうというのは大いに同感。おひとりさまの老後は思ってる以上に楽しそう。ただし福祉サービスが今よりもっと充実してくれないと困るんですよね。
by mmcmp | 2012-11-28 23:01 | カフェ読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mmcmpny.exblog.jp/tb/18211398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ブームは去った? これぞプリン! >>