「トリップ」

f0119179_2253429.jpg6日に予定されている財務省の調査報告が、いつの間にか「調査方針の報告」になってました。清水潔さんが若い人に向けたtweetをしてましたが、今までなかった異常事態が続いています。月曜は古賀茂明さんの記事にゾッとしました。着任早々「しゃこたん」発言をした福井さん、温泉豪遊のハレンチ写真が話題になってたけど、こういう報道弾圧をしてきた人を沖縄・北方担当に任命するのが安倍さんなんですね。
さて、角田光代の「トリップ」を読みました。と言っても、読了は1月なのですが、東京近郊の街に暮らす普通の人たちの日常を描いた連作で、1作目は駆け落ちに失敗した高校生の話で、それ以降は前作にモブで登場していた人が次の作品の主人公になっていくスタイル。前作では影が薄かったのに、この人、本音ではこんなこと思ってたのねという面白さ。そりゃ肉屋に嫁いだ主婦だって古本屋でバイトする独身女性だって、一人一人いろんなことを毎日考えてるし、秘密を抱えてるよね。ただ、この本の前にサリンジャーの「フラニーとズーイ」を読んでいたせいもあるのではないかと思うのですが、読みながら登場人物たちの苛立ちや不安定感が伝染してきて、何となくそこで生き続けるって大変だよねと思い、背表紙に書かれた「透明感のある文体で描く珠玉の連作小説」という表現には同意出来ませんでした。
[PR]
by mmcmp | 2018-03-06 00:26 | カフェ読書 | Comments(0)
<< 早速、再訪してました☆彡 老舗京料理アソート点心弁当 >>