爽やかな琥珀

f0119179_23414621.jpg今日の名言「膿に膿は出せない」。「うみを出し切る」と言った安倍首相に対する菅野完さんのTwitterに納得です。
さて、ご近所のHさんから和菓子を頂きました。「季節限定のお干菓子やし、食べてね」とのことで、干菓子は正直あんまり得意じゃないけどなぁと思ったんですが、開封してみたら琥珀糖でした。最近は「食べられる宝石」として若い人にも人気らしいですね。それを意識して作られたんでしょうか、見た目も可愛いし「せとかの雫」という銘も素敵。食べてみると、これが予想以上に美味しい! みかんの新種、せとかの果肉が入っていて、初夏を感じさせる爽やかな香りが口に広がります。その為、ヘンな甘さが残らないのが気に入りました。日本茶にも珈琲にも合いそうです。永楽屋って、可もなく不可もない印象で、今まであんまり意識したことなかったんですよね。サイトを見ると5月下旬まで販売しているみたい。モモ母もちょっとした贈り物に使わせてもらおうかな。Hさんには以前「ふーきちりめん北見」の東寺ゆばと生麩のひろうすも教えて頂いたんですよね。今回も良いものを有難うございました。
http://shop.eirakuya.co.jp/ja/item/294/
[PR]
by mmcmp | 2018-04-22 23:39 | いただきもの | Comments(2)
Commented at 2018-04-23 10:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mmcmp at 2018-04-24 23:51
しらぬいは私も先月ヘルプで買って食べたんですが、期待したほどは美味しくなかったです。今日もスーパーで柑橘系を見てちょっと心惹かれたのですが、産直みたなクオリティは無理だし、来年に期待ですね。産地に近いと直接買いにいけ、農家さんから色々情報ももらえるので良いですね。四季折々の高品質のものが入手出来て羨ましいです。
京都はもう少ししたら上賀茂のトマトが美味しくなるので楽しみです。今のトマトは全然味が違うので、滅多に買う気になれません。
<< 「仮面の告白」&「細雪 上巻」 知らぬ間にオープンしてました >>