五月の小山郷

f0119179_1431557.jpg5月15日は京都三大祭のひとつの葵祭の日。とは言え、何度も見てるので今年はあんまり見ようと思ってなかったんですが、ちょうど外出しようとしたら堤防に人が集まっていて、堤防から帰って来たご近所さんによると、今、斎王代が行ったところとのこと。せっかくなので堤防まで上がったら、向こうから牛車が近づいて来るところでした。葵祭のことって、前も確かブログに書いたよね、と思って確認したら2011年。もう7年も前のことでした。幼い頃は祖母に手を引かれて堤防へ。葵祭の日は近所の仕出し屋さんから鯖寿司を持ってきてもらっていましたが、それはもう何十年も前の話です。
18日には御霊祭の3基のお神輿が近所を練り歩きます。家のすぐ近くで太鼓の演奏があったりして、結構賑やかなんですが、17日に事務所のS君から今夜上御霊神社で宵宮祭があるからとLINEでお誘いが来たので、行ってみました。3基の神輿が飾られ、奥には牛車も。f0119179_2225124.jpg門前や境内には屋台がたくさん出て、大勢の人で賑わっていました。地元の子供達にとっては毎年楽しみにしている、大人になっても記憶に残る行事なんでしょうね。太鼓を叩くイケメンのお兄さんを見ながら、イマドキだなぁ、昔は無骨な男衆が叩いてたんだろうな、なんて思ったり。平成らしいベーコンエッグたいやきの露店があったり、ミニオンのヨーヨー釣りをして帰ったのでした。5月の小山郷は、なかなか活気があります。
[PR]
by mmcmp | 2018-05-18 02:28 | 雑感 | Comments(0)
<< 5月のこむぎ さすが人気店 >>