「細雪 下巻」

f0119179_2314303.jpg細雪」下巻を読み終えました。下巻の内容はまるで憶えてなくて、初めて読む感覚で楽しめました。さすがに戦争についても書かれてますが、大垣での蛍狩りや河口湖半への旅の様子などが優雅に描かれています。但し、幸子夫婦が滞在した奈良ホテルは南京虫がいるひどいホテルという設定、谷崎は何か嫌な思いでもしたんでしょうか?
妙子は下巻でも赤痢になったり流産したりと散々な目に。4人姉妹の中でも妙子は変わり種と表現されてますが、今は彼女のような女性が多くて、見合い相手からの電話に恥ずかしくて出られない雪子のような女性の方が寧ろ稀有。だからこそ谷崎は滅びゆく美しいものの象徴として雪子を主人公にしたんでしょうね。本家を立てたり、「筋違い」の言動を嫌うのは家柄を大事にする価値観の中で生きる姉妹たち故かも知れませんが、芸事のたしなみにも時代を感じます。幸子の娘の悦子、女中のお春どんも含めた女性たちは日舞や三味線などを習っていて、歌舞伎の知識も豊富。そういえば、子どもの頃、仲の良かった子のお母さんに踊りの会に連れて行ってもらったっけ。娘時代に発表会で藤娘を踊ったという話を高齢者からよく聞きます。昔は数え年6歳の6月6日に芸事を習い始めると上達するなどと言われましたが、今はピアノやダンスを習う子はいても三味線や日舞を習う子は稀だろうし、6月6日にこだわる親も滅多にいないでしょうね。「こいさん、頼むわ」で始まるこの小説、終わりはどんなだったかすっかり忘れてたけど、雪子に関する意外な描写でしめられていたのでした。またいつか再読しようと思っています。(※こんなブログみつけました!)
[PR]
by mmcmp | 2018-05-29 23:12 | カフェ読書 | Comments(0)
<< 初めてのスマートランチ 幻想と日常の間~西谷祥子・おお... >>