「卵を立てることから-卵熱 Recreation」

f0119179_042827.jpg「喫茶イレブン」観客動員が過去最多の1401人とか。孫崎純ちゃんの亮一さんとのツーショット、微笑ましいです。さて、築地で「喫茶イレブン」を観た翌日は三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで山海塾の「卵熱」を観ました。山海塾の中でも一番好きな作品。1986年宇都宮の大谷石地下採掘場跡で初演された時のNHKの映像に魅せられ、DVDも購入、96年の大阪公演も観たけど、リ・クリエーション版として再演される今回は関西での上演がなさそうなことから、三茶で観ることに。
闇に浮かび上がる彫刻のような肉体、舞台上の水面に広がる波形が背景に映し出され、その美しさに魅了されます。上手には天井から音を立てて落ちる水滴、下手には音もなく降り注ぐ砂、命の誕生と終焉、そして再生を暗示させながら繰り広げられる卵との対話。卵に当たった水がしぶきをあげる様は生命の賛歌、うずくまる人に容赦なく積もる砂は役割を終えた者へのレクイエムのように映ります。音楽を含め最も好きなのが、水の中で倒れては起き上がることを繰り返すカレワラ。ソロパートは今回新たな舞踏手に引き継がれたけれど、どうしても天児牛大のそれを思い浮かべてしまいます。天児さんは唯一無二の存在であると改めて思い知らされる反面、山海塾の今後を思うとリ・クリエーションは不可避で、受け継ぐ者の決意と共に観る側も覚悟を迫られている気がしました。そうした重要な岐路に立ち会えて良かったと思います。5日、6日は「金柑少年」のリ・クリエーションが上演されます。
https://setagaya-pt.jp/performances/201806-50139sankaijuku.html
[PR]
by mmcmp | 2018-06-04 23:56 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)
<< 6月から22時閉店に・・・ 「喫茶イレブン」 >>