「満願」

f0119179_16431231.jpg米澤穂信の「満願」を読みました。これも「ヒロ」で元テレビディレクターOさんに頂いたものですが、「羊と鋼の森」とは逆にどうも好きになれなかったです。6つのミステリー短編からなり、どれもそれなりに読み応えがあるけど、肝心のところがご都合主義というのか、腑に落ちない。
柳岡巡査長が同じ交番に勤務していた川藤巡査の殉職を綴る「夜景」。刃物を振り回す男に発砲した川藤が意図していたことが出来すぎていて、えー??という感じ。ただ、これを読んだ後で自衛官が交番にいた警官から銃を奪って発砲した事件があって、妙に怖かった。事故が頻発する峠を取材することになったライターが休憩したドライブインで店主のおばあさんに話を聞く「関守」は、オカルトテイストで不思議な話として終わるのかと思いきや、怖いのは人間だったという現実的な結末。表題作「満願」は弁護士が司法試験の勉強中に世話になった下宿の女性の借金を取立てに来た男の殺害事件を振り返る内容。正当防衛を主張したものの、あれは本当に正当防衛だったのか・・という疑問。真相に迫る推理は状況証拠としては辻褄が合うんだけど、それが起こる確率ってどれだけあるんでしょ、まして素人の女性がそこまで考えるかなぁ。どの短編もそんな感じなんですよね。バングラデシュで天然ガス資源の開発に関わる商社マンが遭遇した事件を追う「万灯」、読み終わって、あれ、これ前に読んだ気がする、「ストーリーセラーアネックス」に違いないと確認したら、やっぱりそうでした。でも最後の結末を読むまで、全く気づきませんでした。
[PR]
by mmcmp | 2018-07-17 17:31 | カフェ読書 | Comments(0)
<< 十分満足 良い悪いは共通☆彡 >>