人気ブログランキング |

「神去なあなあ夜話」

f0119179_2213491.jpg三浦しをんの「神去なあなあ夜話」を読みました。文庫本のつもりで仕事で欲しい本と一緒にネットで注文したら単行本が届きました。横浜出身の勇気が山あいの村で林業に従事することになった「神去なあなあ日常」の続編。勢いがあってグイグイ読ませた全作に比べて、村の言い伝えや暮らしを描いた続編はやや大人しめで最初はちょっと物足りなかったけど、途中からやっぱり引き込まれるものがありました。
村の伝説を信じる世界は「家守綺譚」にも通じるものを感じます。ただし現代に生きる二十歳の勇気はそれを「日本昔話的世界」だと客観的に評してる。お稲荷さんにお参りすると失せ物が出てきたのは、お稲荷さんの神通力というより、信心深い村人の良心が咎めたから。そういえば昔は悪いことをしたら「お天道様が見てる」と言われたものです。そして「つながること」の大切さは「風が強く吹いている」にも通じると思うのです。「風強」が仲間を信じ、襷をつなぐことでつながるのに対し、「神去」は森の奥深くで自然とひとつになったり、伝説を語り継いだり、村の歴史を知ることで先人とつながり、自らも未来へつなげていく。その大きな流れの中で村祭だったり、本物の木を使ったクリスマスだったりと村人のささやかだけど尊い日常が重ねられる、やっばりダイナミックな話なのでした。「風強」といえば、17日にニコニコ動画で、1月1日にはCS日テレでアニメの一挙放送があります。見てない人も今から追いかけて、お正月の箱根駅伝を楽しみましょう。原作本もすごい売れてるようで重版出来、近くの書店では先日まで平積みされてたアニメのカバー付文庫本がなくなって通常バージョンだけになってたし、街中の書店では完売したのか1冊も見当たりませんでした。「自分にとって人生のバイブル」「もっと早く出会いたかった」との感想を見かけ、多くの人の力になってる様です。風強も神去もオススメです!
by mmcmp | 2018-12-16 23:59 | カフェ読書 | Comments(2)
Commented by ゆきち at 2018-12-23 00:34 x
「風強」見てしまいました。続きが知りたかったので映画の方も見てしまいました。小出恵介さんが新鮮でした。
Commented by mmcmp at 2018-12-24 00:19
一挙放送ご覧になったんですね! アニオリも多いけど、原作の雰囲気を損なわず、うまく掘り下げられてるので、かなりハマっています。大塚君と豊永さんのニコ生特番も見てしまいました。続きが気になりますよね☆ 映画は林遣都と小出恵介が良いとか。ニラは映画にも出てくるんでしょうか??
<< 「ドアノーの愛した街パリ」 初めての村上開進堂カフェ >>