人気ブログランキング |

「スペードの3」&「ふくわらい」

f0119179_1445031.jpg読書レビューが滞ってるので2ついきます。まず浅井リョウの「スペードの3」は女優つかさのファンクラブを仕切る美智代、新たに入会したアキ、つかさの3人を描いた3章からなる作品。子供の頃に学級委員だった美智代は職場では地味ながらファンクラブを仕切ることで優越感を得ていたけれど、アキの加入で構図が崩れ、美智代の同級生だったアキは小学生の頃の劣等感を払拭する為、同じ小学校出身者がいない中学校で自分を変えようと努力。ファン憧れのつかさ様も実は才能の限界を自覚し、ヒロイン気質の同期生である円を妬み、円のそれが演技だと見抜いていたという女性のいやらしさ満載のお話。浅井リョウって男性で当時まだ20代でよく女性心理を見抜いてるなと感心。
西加奈子の「ふくわらい」も特殊な環境で育ったため愛情も友情も知らないフシギちゃんな編集者の定を描いて、前半はえぐいなぁと思ってました。「スペードの3」の女たちが本音を隠して社会に溶け込もうとしているのに対して、自分が浮いていても他者との交わり方がわからない定は疎外感を感じることがないのはある意味強い。それが担当する作家や同僚、街でであった男性とふれあうことで居場所を獲得していく様子に後半ぐっと来ました。強面のレスラー守口がいつか猪木さんになれると思っていたけど、自分は猪木には慣れないと悟った、自分が嫌だと告白する場面は圧巻。生まれた時から差がついていて、自然にうまく出来る人間がいる。勿論天才は努力し続けるからこそ才能を発揮する訳だけど、努力すれば誰もが天才になれる訳ではない現実。それは円との差を痛感するつかさ様も同じだし、人間関係の違和感は「風が強く吹いている」でいつも自分だけ浮いてる気f0119179_2373217.jpgがする、走ってる時だけは自分を演じる必要がないと独白するキングにも通じる思い。でも文字と文字がつながって言葉になるように、人と交わって来たことで構成されてる自分がいて、いろんな経験を重ねたその先っちょに今の自分がいる。だから2人で長生きしようね、と同僚のしずく。すごい作品でした。元ディレクターOさんが西加奈子はすごいとおっしゃってた意味が終盤漸く分かりました。
by mmcmp | 2019-07-09 02:54 | カフェ読書 | Comments(0)
<< 地元の人は知っている キリスト教会のコーヒースタンド >>