「岩下徹+トチアキタイヨウ」

f0119179_23355381.jpg京都芸術劇場Studio21に、岩下徹とトチアキタイヨウの即興ダンスセッションを観に行きました。二人は共に「山海塾」の舞踏家です。岩下徹は先月の「動物の演劇」に続いて今年二度目ですが、ミカ・ヴァイニオ+渋谷慶一郎の音楽(というより音)の影響か、身のこなしはいつもと同じなのに、動きは「動物の演劇」とも山海塾とも違う印象。互いを意識しつつも結びつくことなく、それぞれの反応を延々と繰り広げる二人のダンサーを見ていると、物質が外からの刺激に対して自然に反応する様子をイメージさせました。
モモ母の目に物質的に映ったのは、細かく速い動きが絶え間なく続いても、前半はほとんど息があがらないダンサー、とりわけ岩下徹の身体能力に魅了されたせいかも知れません。後半は逆に呼吸することが、生命を有する者ならではの行為として表現されているかのように感じ、踊ることも含めた人間のすべての行為を「反応」として認識しました。万人受けするステージとは思いませんが、モモ母は観に行って良かったです!
[PR]
by mmcmp | 2007-02-20 00:29 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)
<< ウエストに行きたい! チョコも良いけど、コーヒーもオ... >>