2014年 12月 14日 ( 1 )

歴史を生きる

f0119179_23285748.jpg今日の選挙は戦後最低と言われた前回を下回る投票率になりそうとのこと。周りでも危機感のなさ、特に若い人の選挙への関心の低さが気になります。これまで支持する人がいない時は白票を投じることもあったし、今回も特に支持する人がいる訳ではなく、比例区の投票先もまだ迷っているけど、でも事前調査で予想されてる様に与党が3分の2の議席を獲得したら、どういうことが起きるかを考えると、白票はマズイ。「今回が戦争前の最後の選挙だ」と言った人がいます。モモ母は少なくとも東京オリンピックが終わるまでは戦争はしないだろうと思ってるけど、それでも今日の選挙が後の歴史の教科書に載るであろう大きな意味を持つ選挙になることは間違いない。自分が歴史の大きな渦の中にいることを痛感しています。
原発の危険性を一貫して訴えて来た小出裕章さんは「騙されたあなたにも責任がある」と言い、出征する婚約者を「いってらっしゃい」と送り出した岡部伊都子さんは、自らを戦争に加担した「加害の女」とおっしゃいました。選挙に自分一人が行った所で流れは変わらないかも知れない。でも、投票に行かなかったとしたら、与党を大勝させてしまうその人の責任は重い。そのことに気づいた時にはもう後戻り出来ない所まで進んでしまう訳で、せめて今、これまでにないことが起きていると気づいている人達が行動するしかない。圧力が大学にも及びマスコミの萎縮は更に進んで、集団的自衛権の行使が容認され、次は憲法改正に向けて地すべり的に動き出すであろう日本。その方向を決定づけるのが今日の選挙。日本人一人ひとりの意識が試される時だと感じています。
[PR]
by mmcmp | 2014-12-14 00:58 | 雑感 | Comments(0)