人気ブログランキング |

2019年 03月 18日 ( 1 )

「春から夏、やがて冬」

f0119179_2183254.jpg歌野晶午の「春から夏、やがて冬」を読みました。元テレビディレクターOさんから届いた文庫本の中で「先生のお庭番」と共に綺麗な表紙だなと思った一冊。初めての歌野作品で、推理作家だというのは読んでる途中で知りました。スーパーの保安責任者の平田は倉庫の奥の小部屋で万引きをした女性ますみに出会う。免許証から娘と同い年だと知ることから始まる「季冬」の章。「春夏」「春陰」「青嵐」など章が持つ美しい響きとは裏腹に話はどんより。
仕事熱心で平凡だけど家族と共に幸せに暮らしていた平田は、娘の突然の事故死で生活が一変。今の日本にはこういう生きる目標をなくした人が少なくない気がする。「自殺する人の気持ちがだんだんわかってきた」という東日本大震災の在宅被災者の諦観とか、転機となる出来事がなくても未来に希望が持てない若者とか。閉塞感の中、平田は終盤に予想外の行動に出て、その原因がますみが喫茶店に置き忘れた携帯電話に残されたメールなんですが、これが突っ込みどころ満載。矛盾だらけでおかしいでしょ!と読んでて思ったら、おかしいと判断出来ない心理状況こそが悲劇を招いた、平田は「視野狭窄に陥り、客観的な判断ができなくなった」のだと医師の小瀬木は考える。こういうのも推理小説っていうのかな? やるせなさばかりで、読後感はあんまりよくなかったです。
by mmcmp | 2019-03-18 03:00 | カフェ読書 | Comments(0)