☆当ブログはコメント承認制です☆

f0119179_045403.jpg当ブログはコメント承認制です。コメントいただいてから、確認して承認するまでに少々お時間をいただいておりますが、どうぞよろしくお願いします。他のサイトに誘導するアドレスが書かれたもの等、不適切と判断したコメントは承認を控えさせていただいております。ご了承ください。
尚、fc2の「Kyoto Comugi Cafe 」もご愛顧よろしくお願いいたします!!!
      モモ&こむぎ&モモ母
[PR]
# by mmcmp | 2018-11-15 23:42 | Comments(17)

既に有名店

f0119179_2394186.jpg今宮通り新大宮を西に行った北側に先月「歩粉」というお菓子の店がオープン。木曜から日曜までの営業なので、今月ようやくのぞいてみました。夕方だったけど思ってたより多くのお客さんがおられて、ちょっとビックリ。しかも大阪とか遠方からわざわざ来た人、「一度来てみたかったんです」という人など、既に有名店のようです。と思ったら、以前は東京・恵比寿で営業されていた人気店だったんですね。本も出版されています。
セット形式でデザート2皿に飲み物のデザートフルセットは2700円、デザート1皿のデザートSセットが1900円と結構強気なお値段。まずはスコーン2個と珈琲または紅茶のスコーンセット(1500円)を温かな日だったのでアイスコーヒーでお願いしました。スコーンにははちみつと生クリーム、いちじくのジャムが付きます。スコーンは手作り感のある素朴なざっくりタイプ。本を読みながら、じっくり味わいました。アイスコーヒーも飲みやすくてお菓子を食べるのにピッタリ。ただモモ母は「ノリズ」のようなリッチなスコーンf0119179_23375222.jpgが好きなので、こちらのスコーンは美味しいけど自分の好みとは少し違うから頻繁に通うにはちょっと高い。日頃は「歩粉」さんと目と鼻の先の「レモン館」に行って、たまにお菓子が食べたくなったら「歩粉」さんに行く感じでしょうか。次はバターケーキも食べてみたいです。
★歩粉
紫竹西南町
075-495-7305
10時~18時
月~水休
http://www.hocoweb.com/
[PR]
# by mmcmp | 2018-11-15 23:41 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)

「愛憎の檻~獄医立花登手控え(三)」

f0119179_235931.jpg日曜にたまたまテレビをつけたらフジコヘミングのドキュメントをやってました。1999年に放送されたものだそうで、下北沢在住のフジコが駅前の市場で買い物をする光景が懐かしかった。自転車でシモキタの街をいくフジコさんをよく見かけると友人が言ってたっけ。今までそんなに良いと思ったことがなかったけど、音色の美しさに魅了されました。美輪明宏が正確に弾くのが良いならAIに演奏させれば良いとコメントしていて、個性的な演奏の良さが分かるようになったのは年を重ねたからかなと思って見ていました。
さて、藤沢周平の「愛憎の檻」を読ました。獄医立花登のシリーズも若い頃より年を重ねた方が心にしみるのではないかと思います。罪を犯して牢屋に入ることになった者とその家族の機微が、この巻でも丁寧に描かれていました。風景描写も素敵で巻頭の「秋風の女」では「西空に傾いた力ない日差し」に染まる町の情景が頭に浮かびました。4話の「片割れ」でカラシやお酒を使って怪我の手当をする当時の医療事情もきっと丹念に調査して描写されているはず。6話「影法師」に出てくる「練塀」って何? と思ったら、練った泥土と瓦を交互に積み重ねて築いた塀。「のばら珈琲」近くのお寺の塀がまさにそれです。文庫本巻末の中井貴一のインタビューも興味深かった。1982年にテレビドラマ化された時に立花を演じたそうです。ただちょっと残念だったのは、この巻では柔道仲間の新谷弥助の登場が殆どなかったこと。(四)では再び出てくるのか、従妹のおちえと登の関係は? 次の最終巻が楽しみです。
[PR]
# by mmcmp | 2018-11-14 02:55 | カフェ読書 | Comments(0)

上七軒のグリルへ

f0119179_2254354.jpg「都ライト」は軽く食べておいてから「織成館」で待ち合わせることになってたんですが、北野天満宮に向かって歩いていたら、「寄りたい所がある」と事務所のS君。上七軒でいきなり「ここ、ここ」と「グリル彌兵衛」に入ることに。カウンター席に座ってメニューを眺めていたら、メニューに載ってないカキフライ(2000円)のpopが目に入ったので、頼むことに。洋食屋さんで食べるカキフライがスーパーやデパ地下の惣菜と全然違うことを知ってから、出来合いは滅多に食べなくなったモモ母、「やすい亭」では食べられなかったから、「グリル小宝」以来です。衣がきめ細かく、カキがジューシーでとっても美味。頼んで良かった。
S君はハイボールに「グリルチキン」とサラダをオーダー。グリルチキンにはデミグラスソースがかかっていて、味見させてもらったら、このソースがまろやかでクセがなく美味。チキンにデミってあんまりない組み合わせのように思うのですが、よく合って新鮮な味わ良いでした。帰宅してから「食べログ」を見たら、ご主人は京都の老舗フレンチ「萬養軒」で修行されたとか。店内にはビル・エヴァンスが流れて気軽だけど良い感じ。ランチもあるようなので、機会があれば行ってみたい。あ、サラダも美味しかったけど、ドレf0119179_3225576.jpgッシングはもう少し少ない方が好みです。
★グリル彌兵衛
上京区真盛町
075-467-3010
11時30分~14時
17時30分~21時30分
月・第3火休
(不定休あり)
[PR]
# by mmcmp | 2018-11-13 03:24 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

「第29回雋溪水墨画会作品展」&「都ライト'18」

f0119179_29338.jpg11月は行きたいイベントが目白押し。土曜は東福寺・天得院で9~11日に行われた「第29回雋溪水墨画会作品展」へ。書画家の王石明さんとお弟子さん達が毎年秋に開催される展覧会。モモ母は3年ぶりです。水墨画で描いたムーミンパパがあったり、ヒキガエルを釣り上げる家運隆盛を象徴するめでたい絵と言われる「劉海戯蟾図」など興味深い作品がありましたが、やはり目を引くのは奥の部屋の床の間に飾られた王さんの作品。迫力ある大きな龍の絵もモダンアートのような蓮の絵も、傍の花器や香炉なども素敵。やっぱり墨って良いなと改めて思いました。東福寺の紅葉は色づき始め。でも晴天だったので、時折見かけた赤い楓が映えてキレイでした。
日曜は9~11日に西陣で行われた「都ライト'18 町家からもれだす暮らしの灯り」へ。まちと町家のライトアップイベントで今年で14回目だそうですが、初めて知りました。街路に行灯を置くのはよくあるけど、格子戸の内側からも光を当てて路面に美しい線を描き出していていて、派手なイルミネーションとは違う魅力がありました。パフォーマンスステージでは学生たちが踊ったり、その隣で「カフェバスデュード」が自家焙煎珈琲やハンバーガーを販f0119179_2401162.jpg売。ラテ(400円)を頂きました。上立売から上七軒を北野天満宮まで。「のばら珈琲」の前を通ったら隣の提灯がなくなりゲストハウスになっててビックリ。のばらさんにも又行かねば。
http://miyako-light.anewal.net/
[PR]
# by mmcmp | 2018-11-12 02:46 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

9歳(仮)になりました

f0119179_2385141.jpg今日はこむぎの仮誕生日。2012年11月10日に箕面で行われた「はぴねすdog」の譲渡会で初めてむぎちゃんに会ったのでした。この日も土曜日で、急遽こむぎが参加することになったのでした。あれからもう6年も経ったんですね。今日から仮で9歳ですが、相変わらず玄関は踏み台なしに飛び乗るし、路地を走る時はぴょんぴょん飛び跳ねるし、「老い」は全く感じられません。
この前、むぎちゃんが座ったからクッションを床の間に戻したけど、やっぱり床の間ではクッションを避けるので、タオルケットを敷くことにしました。これ、6年前にむぎちゃんが来た時に「はびねす」さんが一緒に持って来て下さったもの。それまでお世話になっていた家で使っていたタオルだから匂いがついて落ち着くようで、来た当初ずっと使っていたんですが、その後は使わずにしまっていました。久々に使ってみたら、やっばり好きみたいです。同居していたリンさんニコラくんたちのこと、今も憶えてるかな? 箕面での譲渡会で初めて会った時に、この子と暮らせたら良いなぁとf0119179_23425187.jpg思っていたむぎちゃんがはるばるやって来てくれて、今、そばで寝ているのは、本当にシアワセなことです。これからもますます元気でいてくれますように。
[PR]
# by mmcmp | 2018-11-10 23:44 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

最近ハマっています☆彡

f0119179_23101888.jpg風が強く吹いている」のアニメ、かなりハマって見ています。日テレの放送に合わせてGyaOが更新されるから、オンエアより先に見られるけど、読テレの深夜も毎週見てます。群像劇として秀逸で、小説ではモブキャラっぽかったニコちゃんとユキが特に魅力的。ユキの台詞が多くて脚本家愛を感じると思ったら、脚本の喜安浩平さんってケラの劇団「ナイロン100℃」なのね。昔から劇団員がよくテレビのバラエティやドラマの脚本書いてたけど、今はアニメも書くのか。だから個々の人物の描きこみやさりげない台詞が巧い。登場人物が大学生ってアニメでは珍しいのでは? 犬のニラもキュート。文庫本のカバー裏に三浦しをんがニラ目線の文章を書き下ろしていて、本屋に立ち読みに行きました。
さて、飲むヨーグルトが好きなモモ母、最近よつ葉の「のむヨーグルト」にハマっています。今まで飲んでたものにない濃厚さで、満足度が高い。ベリー味などもあるんですが、もっぱら脱脂濃縮乳と砂糖、クリームが原材料の「プレーン」です。250グラムだとすぐ飲みきってしまうんですが、木曜に鞍楽ハウディに行ったら450グラムが158円の特売になってて、3本まとめ買い。250グラムと同じくらいの値段でたっぷり飲めて満足度が高い。もっと買っても良かったかも。数日前にT牧場のものを飲んだんですが、同じ香料不使用でも全然違う。よつ葉の方が断然美味しいです。さらに濃いものもあるんですね。それも飲んでみたい。ヨーグルトにも普通のプレーンタイプととろっとなめらかタイプがあって、とろっとタイプにも興味があります。
http://www.yotsuba.co.jp/campaign/yogurt_drink_cp/
[PR]
# by mmcmp | 2018-11-09 23:46 | 京都でお買い物 | Comments(0)

本家?は神楽坂のまんぢうカフェ

f0119179_05233100.jpg「洛趣会」の後、知恩寺の境内で開催されていた古本市をのぞき、今出川側の門を出て東に歩きました。この辺りは学生向けの食堂っぽい店が色々出来てるけど、カフェって意外と少ないみたい。農学部の門の横の細道を入った元「虹色カフェ」も今はビーガン系の別の店になってるようだし、と思ったら、カフェと書いた「ムギマル」なる看板を発見。とりあえず見に行こうと細道を入ると角にちょっと怪しげな青い店がありました。中をのぞくとなかなか良さげだったから入ってみることに。
奥の窓に向かったカウンター席に入ってカフェオレ(550円)をオーダー。可愛いカップが良い感じ。でも持てないくらい熱かったから飲めるようになるまで暫く待ちました。昨年の店のTwitterを見るとカフェ工船の焙煎とあるけど今もそうなのかな? 農学部のフェンス越しの木々を眺めながらのカフェタイムは予想以上に心地いい。近くにあったら読書しに通ってしまうかも。表にフリマみたいに古着や雑貨が並んでたり、トイレにライブのチラシが並んでたり、いかにも京大近くというか左京区っぽい。なんか夜市で火吹きとかやりそうだし、東京なら中央線沿線っぽいと思ったんですが、本店というか「ムギマル2」というのが神楽坂にあるんですね。京都は「ムギマル4」というようで、こf0119179_1501815.jpgちらにもまんぢうのメニューがありました。学生時代に下北沢に住んで吉祥寺~西荻窪の大学に通ったモモ母は、こういうアングラっぽいテイストが結構好き。自由が丘に住んで青山の大学に通ったら、また違う好みになってたかもね、と思うと過ごす街の影響って大きいと思う。
★ムギマル4
左京区北白川西町
075-203-9139
14時~0時 月休
https://mugimaru4kyoto.business.site/
[PR]
# by mmcmp | 2018-11-06 01:57 | 京都のカフェ | Comments(0)

ひっつき虫とワクチン接種

f0119179_3451359.jpg先月、雨が降って短めのお散歩しか出来なかった翌日、出雲路橋までお散歩しました。最近は住宅街を歩くことが殆どなので久々の河原にテンションが上がったむぎちゃん、草むらに入ったり、鳩の集団に近づいて一斉に飛び立たせたり。ふと見ると顔から尻尾から、ひっつき虫が至るところに付いてました。そういえば、「はぴねす」さんから譲渡して頂く前も「いつも顔面“ひっつきむし”だらけで帰宅」とブログに書いてあったっけ、と思い出していました。
晴れた日は河原に行きたがらないけど、山の中が好きだし、草が茂った所にいると落ち着くみたいだし、もっと河原に連れ出しても良いなと思ったものの、春にワクチンを打たないまま夏を迎えてそのままになっていて、河原など緑の多い場所ではパルボ等のウイルスに要注意というから、そろそろ接種に行っておこうと獣医さんに連れて行きました。前回の接種から一年半以上あいてしまったけれど何度もワクチンを打ってる子は免疫がついてるから問題なし。体も9.4キロと微増。でもビビって診察室に入るのも腰が引けてて、注射の際も固まってたからスタッフの女性がビスケットを下さろうとしf0119179_3462372.jpgたのに、むぎちゃんは嫌がって食べず。待合室に戻って肉系なら食べるかもと別のおやつも試してくださったのに、それも興味なし。でも帰宅したら安心したのか、ごはんはしっかり完食しました。
[PR]
# by mmcmp | 2018-11-05 03:49 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

3年ぶりの洛趣会

f0119179_0171512.jpg昭和3年から続く京都の老舗による展示会「洛趣会」に出かけました。訪れるのは青蓮院で行われた第83回以来3年ぶりで、すっごい楽しみにしていました。第86回の今年は手づくり市で有名な百万遍知恩寺です。受付を済ませてまずは尾張屋さんの蕎麦席へ。お出汁の良い香りがお席に漂います。お蕎麦を頂いて場内に入ると「伊東」の御所人形や「岡重」の京友禅など、老舗が販売は一切なしで自慢の品を披露。「寺内」の人が「長くこの仕事をしているけど、こんなものは初めて見る」と説明していたダイヤモンドやくろ蝶真珠など貴重な品を見られる贅沢。「いづう」の鯖寿司も美しい器に盛り付けられてると見事な芸術品。こうして眺めるとお寿司のフォルムの美しさを再認識します。
毎回楽しみな「辻留」さんの茶懐石、「千切屋」や「川島」の織物、富岡鉄斎の「景徳鎮登窟図」など目の保養をした後、お茶席へ。3日は表千家、4日は裏千家の担当で「一保堂」の薄茶と「とらや」のお菓子が振舞われます。頂いた後でお道具を拝見するとウf0119179_123451.jpgエッジウッドのジャスパーの水指が。いつ頃のものか不明だそうで、塗の蓋は後から作られたもので宗哲の作とのこと。久々で本当に楽しかった。来年もまた行けると良いのですが。
[PR]
# by mmcmp | 2018-11-04 01:06 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)