☆当ブログはコメント承認制です☆

f0119179_045403.jpg当ブログはコメント承認制です。コメントいただいてから、確認して承認するまでに少々お時間をいただいておりますが、どうぞよろしくお願いします。他のサイトに誘導するアドレスが書かれたもの等、不適切と判断したコメントは承認を控えさせていただいております。ご了承ください。
尚、fc2の「Kyoto Comugi Cafe 」もご愛顧よろしくお願いいたします!!!
      モモ&こむぎ&モモ母
[PR]
# by mmcmp | 2018-09-24 00:23 | Comments(17)

「終われない男たち」

f0119179_23264882.jpg23日まで下北沢・本多劇場で上演された劇団東京ヴォードヴィルショー第72回公演「終われない男たち」を観ました。新宿の飲み屋街で繰り広げられる群像劇。バブル時代とその後の落ち込みを経験した65歳のCM会社社長、佐藤B作演じる原田が一発逆転を狙って焼酎メーカーの会長をスナックで接待するも、ライバル会社に横取りされたり、一週間後に老人ホームへの入所が決まった老人が迷い込み、次男の嫁が探しに来たり。昭和テイストの舞台に「このままじゃ終われない」「人生、もっとパッとしてるはずだったんだけどな」「機関車のように懸命に線路を走り続けてもうすぐ終点、でもこの道で良かったのか、もっと違った景色が見られたんじゃないか」様々な登場人物の台詞がリアルに響きます。名刺の肩書きで人を判断したり、調子に乗りすぎて今更やめられなくなったり、というのもありがちな話。
作はラッパ座の鈴木聡。ヴォードヴィルへは初の書き下ろしだそうですが、「~男たち」という馴染みのタイトルもあって、創立45周年を迎えた劇団にピッタリの作品でした。中島敦彦とテイストが似ていて、生演奏があったこともあり「見下ろしてごらん、夜の町を。」を思い出させました。パンフでB作さんが若い頃「喜劇の革命児でいたい」と言ったと紹介されてましたが、見始めた頃のB作さんは確かにギラギラしてました。芝居も勢いがあって、それが落ち着いた感じになりだして、ちょっとパワーダウンしたかに見える時期もあったけど、ここ数年は年を重ねた味わいに特有のケレン味も加わって、世代をこえて楽しめる公演が続いていて、嬉しい限りです。伊藤つかさも観に来てたらしいと思ったら、暴れん坊将軍チームだったようです。そう言えばB作さん、暴れん坊将軍に出てましたね。
http://www.vaudeville-show.com/72/
[PR]
# by mmcmp | 2018-09-23 23:52 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

山中が好き☆彡

f0119179_0291727.jpg日本にフランスパンを広めたビゴさんが亡くなられたんですね。「フランスパンの神様」とも呼ばれたとか。北大路ビブレに「ビゴの店」が出来た時には気さくに撮影に応じて下さいました。ビゴの店のレーズン食パン、愛用してます。フランスパンの普及に長年ご尽力頂き、有難うございました。
さて、前回は子供にビビって楽しくなさそうだったむぎちゃん、今回の「山の家はせがわ」は奥の席でのんびり出来、店を出てから森を少し散策して、尻尾があがりまくって楽しそうでした。木の匂いがする、舗装されてない、ちょっとぬかるんだ山道が好きみたい。住宅街を散歩してると、苦手なものに遭遇する度に嫌がって先に進もうとしないんですが、辺りに人がいないこともあって、跳ねるように歩き回ってました。先日「ダメ犬グー」を読み直して、最近ちょっとむぎこの世話をサボってたなと反省。「たくさんの季節がすぎて、グーはたいせつな家族のひとりになっていた」という文章に、うん、たくさんの季節が過ぎて、気がつけばむぎこがうちの子になf0119179_11381.jpgってもうすぐ6年になろうとしているなと。ビビリだし家でのんびりでも良いよと思ってたけど、出来ればちょっとお出かけもさせたいなと思っていたところにヒメママさんからドライブのお誘いを頂き、嬉しいお出かけとなりました。ちなみに以前「山の家はせがわ」にいたラブラドールのヴィックス君は3年程前に虹の橋を渡ったそうです。むぎこが傍にいてくれる幸せを噛み締めながら、一緒に外出も出来れば良いなと思います。
[PR]
# by mmcmp | 2018-09-19 01:20 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

連休最終日にはせがわ山の家へ

f0119179_033505.jpg連休最終日の月曜、犬連れで京見峠を越えて、「山の家はせがわ」に行きました。前回記事にしたのが2014年8月だから4年ぶりですね。前回、子供がいてビビりまくってたむぎちゃんですが、今回は終始ご機嫌でした。柴犬を連れたお客さんもいて、「今日は犬を連れたお客さんが多い」とお店の方がおっしゃってました。市内から短時間でアクセス出来、自然の中で食事が楽しめて手軽に行楽気分を味わえるから、人気なのも頷けます。
オーダーしたのは前回と同じ「おろしぽん酢ハンバーグセット」(1400円)。さっぱりして、お肉の味を堪能出来るうえに食べごたえもあって満足度が高い。デッキ席だから余計に美味しく感じるのかもですが、北大路橋の店よりモモ母は断然こちらのログハウスの店の方が好き。BGMにジャズが流れ、モモ母が好きなソニー・クラークもかかってました。そうそう、前々回はドリンク付き、前回はドf0119179_1202746.jpgリンクは+100円と書いてますが、今回はドリンクは400円~になってました。食事で十分満足したからドリンクはなしに。駐車場に栗のイガが落ちてました。山はもう秋ですね。
★山の家はせがわ
北区鷹峯船水町
075-494-5150 
11時~17時
(4~11月の土日祝10時30分~17時)
火休(祝日の場合は翌水休)
http://www.yamanoie-hasegawa.com/index.html
[PR]
# by mmcmp | 2018-09-18 01:22 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

「舞台」

f0119179_2220297.jpg大好きな小説のひとつ「白い犬とワルツを」は日本では津田沼の「BOOKS昭和堂」が店頭で作ったポップがきっかけでベストセラーとなったそうですが、その「BOOKS昭和堂」が15日で閉店とのこと。本屋さん閉店のニュースが続きますね。
さて、西加奈子の「舞台」を読みました。西加奈子ってこんな強烈な文章を書く人だったのね、「漁港の肉子ちゃん」がゆるい感じだったのでビックリです。田舎者なのに都会的に見られる自分を意識し続けた父親に反発して来た葉太が、父の遺産で初のニューヨーク旅行。なんとかダイナーで不味い朝食を食べた後、セントラルパークで念願の読書をと思った矢先に盗難に遭い、書店の冷水器の水と90セントのピザで何とかサバイバル。自意識過剰で間抜けに見られることを極度に嫌う性格が、窮地に陥って更にエスカレートする様は凄まじい。この小説は共感できる人と全く理解出来ない人に二分されそうで、モモ母は理解出来る方だけど、対面とか体裁にがんじがらめになってる人を見ると、それじゃあしんどいでしょうと思う。そうした客観的な視野を成長の過程で獲得して、自分がとことんこだわる所と見過ごす所をうまく振り分けられる様になる訳ですが、これを読むとしんどいままの人も意外と多いのかもと思ったり。葉太がマンハッタンを歩き回るからニューヨークのガイド的な要素もあって面白い。モモ母は初めてのニューヨークで友人とロックフェラーセンターのクリスマスツリーに感動し、5番街のフェラガモで靴を買って、ブロードウェイで「レ・ミゼラブル」を観るという葉太にバカにされそうな日本人観光客だったけれど、すごく楽しかったから、また来たいと思って二度目は一人旅。葉太はさんざんだったニューヨークを再訪したいと思ったかなぁ。成長した彼が次は存分楽しめると良いなと思うのでした。
[PR]
# by mmcmp | 2018-09-15 23:57 | Comments(0)

コーヒーバッグ飲み比べ

f0119179_14235159.jpgそろそろ珈琲豆がなくなって来たので、大丸で塩ぽん酢を入手した後、東急ハンズに寄りました。深煎りが好きなんですよね~なんて言いながら、カフェタイムの浅煎り、ウニールの中深、ナカヤマコーヒーの深煎りの3種類試飲させて頂きました。意外にも一番美味しいと思ったのは1番目。浅煎りは好みではないけど、上質な豆だからこその良い酸味がありました。ナカヤマさんは前回も思ったほど好みではなかったんですよね。
と、お店の方が横のスペースに連れて行って下さいました。今、ドリップバッグのフェアをやっているそうで、たくさんの商品が並んでました。こんなに色んな店のものが一度に買える機会は少ないので、深煎りを5つ選ぶことに。なんと、「旅の音」さんもあるではないですか、期待、期待。他に堺市の「ふかい珈琲」や広島県宮島の「伊都岐珈琲」などをセレクト。旅の音とふかい珈琲はティーバッグみたいにカップに入れてお湯を注ぐダンク式。城陽市の「珈琲処ぼん」と下京区の「ヒビコーヒー」を飲んでみました。モモ母的にはぼんさんの方が好みかな。売り切れてたけど神戸の「余白珈琲」もオススメだそう。神戸なら「萩原珈琲」、京都は「ヱントツコーヒー舎」さんの豆があると嬉しいとお話ししたら、担当に伝えますとのこと。東京ハンズでエントツさんのが入手できf0119179_1502655.jpgると便利で良いなぁ。ハンズさん、よろしくお願いします。
東急ハンズ京都店COFFEE HOUR
四条烏丸東入長刀鉾町
075-254-3109(代)
11時~20時
http://kyoto.tokyu-hands.co.jp/
[PR]
# by mmcmp | 2018-09-14 15:03 | 京都でお買い物 | Comments(0)

塩ぽん酢を買いに

f0119179_23133813.jpg昨秋パルスプラザまで買いに行った塩ぽん酢が残り僅かになって、夏に別メーカーのものを買ってみたんですが、初めて買った大丸の催事を今年もまたやるのでは? と思ってチェックしたら、12日から開催とのこと。なくならないうちに買いに行くことにしました。
まずはお目当ての塩ぽん酢を2本確保。やはり塩ぽん酢が一番人気で、この日も既に20本ほど売れたそうです。せっかくなので他のものも味見しました。まずは小さなサイズの昆布醤油と山椒醤油、にんにく醤油を。この中では焼き魚にかけると美味しそうな山椒醤油が気に入りました。土佐酢やだし巻きなどにも使えるという煮物つゆもあって、ちょっと迷ったけど、結局山椒しょうゆにしました。京都市内の出店はまた秋にパルスプラザを予定しているそうですが、来年の大丸はわからないとのこと。帰宅して買っておいた岡山のメーカーKの塩ポン酢にも同じように胡椒とオリーブオイルを落として野菜にかけて食べ比べてみました。Kのはよく言えばまろやか、悪く言えば味がぼやけた感じで、食べやすいけど印象に残りづらい。難波さんのはよりスキッとした感じだけど、決してきつい訳ではなく、「これが食べたい」と思う味です。下の写真は催事のお楽しみ抽選会で当たった京都府観光連盟のクリアホルダー。クリアホルダーはよく使うから助かります。
f0119179_23594482.jpg★京の味めぐり技くらべ
https://www.daimaru.co.jp/kyoto/contents/ajiwaza201809/
★ひしほの匠庵 難波醤油醸造
亀岡市突抜町
0771-22-0204
9時~18時
http://www.wanogakkou.com/0jyusyoroku/020/020_00090.html
[PR]
# by mmcmp | 2018-09-13 23:57 | 京都でお買い物 | Comments(0)

おっ! 全然違う

f0119179_12393723.jpg「ケチって火炎瓶」(安倍さんが下関市町選挙の時に対立候補への選挙妨害暴力団に依頼して、選挙後に報酬500万円を300万円に値切ったため、暴力団が怒って安倍事務所に火炎瓶を投げ込んだ事件)を追っているジャーナリストが階段から落ちた(突き飛ばされた?)件に関するこの記事が興味深い。自分は安倍氏と関わりがあるから起訴はできないんだと言っていた犯人が逮捕されたのは「安倍総理のお膝元の山口県警でなく、福岡県警だったから」というのがすごいリアル。闇はどこまで明るみになるのか、まぁテレビで報じられない時点で闇の深さが伝わる訳ですが・・・。
さて、奈良・大阿太高原の梨の情報を頂き、「百華園」の清澄梨がオススメとのことだったのですが、サイトを見たら出荷準備中で、次に見た時には既に売り切れ。さすが人気商品。で、二十世紀梨が元々好きなので、二十世紀梨をお取り寄せしてみました。まずはお試しだし、大きなサイズのものはお高いので、Lサイズ10玉前後を1箱。送料無料なのが有難いです。Lサイズと言うけど、感覚的にはMサイズだなと思いつつ、丁度届いた時に近所のスーパーで買った梨があったから食べ比べてみました。これがもう全然違うんです! 二十世紀は豊水みたいな赤梨系と違って甘味が強い訳ではないので、甘さが前面にf0119179_13465540.jpg出るわけではなく、単独で食べたらそんなに際立った違いは感じないかも知れませんが、食べ比べると断然まろやかで、特有のさっばり感もあります。一方、スーパーのものは味が薄くて食感も悪く、こんなに違うものなのかと驚き。もうあのスーパーでは買う気がしません。サイトによると土壌にミネラルが多いから甘さを引き出すうえに木酢液を使って減農薬に成功。化学肥料や除草剤は使ってないそうです。来年は清澄梨と食べ比べしてみたいなぁ。
https://ooada-kogen.net/
[PR]
# by mmcmp | 2018-09-12 13:51 | 宅配・お取り寄せ | Comments(2)

移転後初ランチ☆彡

f0119179_2225846.jpg寺町錦にあった「ビストロ・ボンモルソー」が、カフェビストロとして河原町三条に移転。8時からのモーニングにも惹かれつつ、まずはリーズナブルなランチに出かけました。前の店も照明が暗めだったけど、新しい店舗もかなり暗い。フランスの裏町のビストロってこんな感じかな? メインのみ、前菜とメイン、メインとデザートまたはチーズ、前菜とメインとデザートまたはチーズなどが選べ、前回デザートが美味しかったからメインとデザート(1500円)にして、メインは子羊の煮込みにマッシュポテトとバジルのペンネを選びました。
ポテトが煮込みの横に添えられているのかと思ったら、セルクルで型どられた上に乗せられていて面白い。塩加減が丁度良く、柔らかな子羊とマッシュポテトの相性も抜群。紙袋に入れて出されたパンは、少しトーストしてある方が好みかな。デザートはブランマンジェ。珈琲(300円)と共に頂きました。口に入れると柑橘系の苦味。グレープフルーツのブランマンジェでした。大人なデザートで食べごたえもあり、満足度が高い。14時からも前菜、メイン、デザートf0119179_22534396.jpgのコースが終日あって、ランチにはサンドイッチメニューなどもあり使い勝手が良さそうです。いろんな時間に食事利用できるうえにモモ母的には前よりアクセスが良くなったのも嬉しい。次はモーニングかな?
★カフェ・ビストロ・オーボンモルソー
河原町通三条上る
075-212-8851
8時~10時
12時~0時
http://www.bonsmorceaux.jp/
[PR]
# by mmcmp | 2018-09-11 22:55 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

美味しいアイスコーヒーへの道

f0119179_26997.jpg更新が滞ってる間に北海道で震度7の地震。関西もまだ台風の爪痕が残ってますが、「関空はわざと孤立させた」と言った松井知事は台風が大阪を直撃した翌日に選挙応援のため沖縄に行ったと思ったら、今度は万博誘致の為に欧州行きだそうで、大阪府民はマジで怒って良いと思う。
さて、今頃こんな記事もなんですが、「ヱントツコーヒー舎」で飲んだアイスコーヒーが抜群に美味しかったので、ブレンドの珈琲豆を買って帰りました。100グラムでなく120グラムで750円というちょっとお得な感じにも惹かれたんですよね。アイスコーヒー用に細かく挽いて頂きました。ハリオのスパイラルドリッパーを使ってると伝え、100均などのペーパーだと目詰まりするかも知れないけど、専用の円錐形のペーパーなら大丈夫とのこと。豆の量はいつもと同じで良いから、ぬるめのお湯で濃い目に入れると良いそうです。今まで豆の量を多くすることで濃くしようとしてたけど、氷も入れる訳だからお湯を少なめにして濃くする方が良さそうです。温度が下がるのが待てなくて、沸騰してすぐのお湯を注ぎがち。でも日本茶だって低温で淹れた方が甘味が出るから、出来るだけ冷まし、氷も日田天領水で作って、淹れてみました。お店で飲んだ時のような感動はないけど、今までよf0119179_239942.jpgりかなり美味しい。スーパーなどで売ってるアイスコーヒーにはもう戻れません。それにしても「旅の音」やエントツさんで飲むようなアイスコーヒーを淹れるには、何が違うんだろう・・・と今頃になって思っています。
★まぼろし小路東入ル
ヱントツコーヒー舎
上京区佐竹町
075-464-5323
12時~20時 水・木休
http://entotsukohisha.favy.jp/
[PR]
# by mmcmp | 2018-09-10 02:46 | 京都でお買い物 | Comments(0)