☆当ブログはコメント承認制です☆

f0119179_045403.jpg当ブログはコメント承認制です。コメントいただいてから、確認して承認するまでに少々お時間をいただいておりますが、どうぞよろしくお願いします。他のサイトに誘導するアドレスが書かれたもの等、不適切と判断したコメントは承認を控えさせていただいております。ご了承ください。
尚、fc2の「Kyoto Comugi Cafe 」もご愛顧よろしくお願いいたします!!!
      モモ&こむぎ&モモ母
# by mmcmp | 2019-02-19 02:36 | Comments(17)

夜のお散歩

f0119179_1495329.jpg安倍政権で380万人の雇用増、その内訳は年金だけでは生活できない高齢者が7割、学費を払うためバイトせざるをえない大学生・高校生が2割、つまり生活困難者が6年でこんなに増えたってことですよね。どうやら貯蓄ゼロ世帯の調査でもインチキがあった模様。
さて、一日の大半を布団やマットの上で寝そべって過ごすむぎちゃん。日曜はお散歩に出たら京都マラソンで堤防の上を大勢の人がいるもんで、お散歩するのは堤防下なのにビビって進もうとせず。何とか近所を一周したけど、ウンチをしませんでした。警戒して無防備な体制になれないってことですね。夜は人が少ないから安心して遠出出来ます。救急車が通ると暗い住宅街で遠吠えしたり。この前は上堀川の郵便局前でも遠吠えして思わず苦笑。先週金曜に今宮神社f0119179_23220100.jpgに行った帰り、大宮商店街を横切ったら、「丸大根」の文字が目に入りました。宇治市内の実家で育てた丸大根が箱にゴロゴロ入って、1個100円、お金は赤いポストに入れて下さいとのことで、1つ買って帰りました。かぶとの違いがイマイチわからなかったけど、首が緑なのが大根と。なるほど、買ったのは緑です。かぶも最近よく買ってますが。些細なことだけど、いろいろあって、夜のお散歩は楽しいです。
# by mmcmp | 2019-02-19 02:34 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

伊勢丹地下リニューアル

f0119179_14524247.jpg昨年12月に増床リニューアルした伊勢丹地下を今月初め漸く訪れました。一回りして「菓子のTASHINAMI」に。約100の店舗、3,000種以上の和洋菓子からバイヤーがセレクトしたお菓子を提供する体験型イートインスペースとのふれこみ。人気なのか既にその日のお菓子のセットは完売。一旦、席についたけど、完売と聞いて出て行く人もありました。モモ母は飲み物だけで十分なので、ビターブレンド珈琲(518円)を。珈琲はUCCカフェメルカードなので、思ったほど高くない。セット中心で客単価が高い為か、お菓子が完売していたからか、店内は空いていて、落ち着いた大人の空間という感じで居心地良かったです。
伊勢丹のリニューアルは、ここもより一層外国人や観光客ターゲットにシフトしたなという印象。先日テレビで今は城崎など有名な観光地は外国人旅行者で一杯で宿が取れないから日本人のバスツアーは日帰り弾丸ツアーか知名度の低い温泉地の宿に泊まるミステリーツアーが人気だそうで、日本の庶民は外国人のおこぼれで我慢しろという感じ(ちなみに日本人の海外旅行も減った様子)。通天閣傍の刃物店では包丁の名産地・関の包丁が外国人に人気らしいのですが、5万円の包丁を普段使い出来る日本人が、今、どれだけいるでしょうか。森永さんが「転落と格差の30年」というように日本人がどんどん貧乏になる中、資本力のある所は伊勢丹以外にも観光客にシフトして価格帯を上げる傾向。豊中みたいに500円でf0119179_1540490.jpgそこそこのクオリティのドルチェセットを提供する店は、観光客の多い京都では、ほぼ期待出来ません。京都初出店のメゾンカイザーに行列ができてましたが、地元人もたまに買うパンは贅沢したいよね。元スバコも今は観光客向けにリニューアル。前の方が日常のものが買えて通勤客には便利だったと思うけどなぁ。
★菓子のTASHINAMI
烏丸通塩小路下ルジェイアール京都伊勢丹 B1F
075-352-1111
10時~19時30分
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/
# by mmcmp | 2019-02-18 15:53 | 京都のカフェ | Comments(0)

あらビックリ!

f0119179_1232927.jpg拉致被害者の田中さんが平壌で妻子と生活しているとの報道。政府はミサイル危機を煽る前の2014年に既に知っていたことを突っ込まれて、しどろもどろでごまかしてるけど、なんで今、報じるんでしょ。まさか不正統計問題から目を逸らす為の北朝鮮行きとかないよね?まあ米朝首脳会談で忙しいから相手にされないと思うけど。
さて、「蓄音機展」に行った後、豊中駅界隈をぶらついてたら、イタリアンの店が500円でドルチェセットをしていたから入ってみました。ティラミスと迷いつつ「季節のフルーツシフォンケーキ」とカフェラテをオーダーしたものの、値段からしてあまり期待してなかったんですよね。で、運ばれてきて予想外にちゃんとしててビックリ。ラテはきっとキメの粗いあわあわだろうと思っていたら、ちゃんとクリーミー。京都だとラテだけで450円は出さないとこのクオリティは望めないと思う。シフォンケーキはしっとり感には欠けるものの季節ごとに内容が変わって、今はドライりんご入り。ケバケバした植物油脂の真っ白ホイップクリームではなく、純生じゃないかも(砂糖入り??)だけど、少なくとも「生クリーム」と呼べるものが添えられてて、それも驚き。このセット、京都だと800円とか1000f0119179_2571399.jpg円とか普通にすると思う。後で調べると「ルフラン」という人気ベーカリーの系列店だそうで、ランチはパンとサラダが食べ放題。そういえば店内にサラダバーがありました。さすが大阪って感じです。オススメの店というより、オドロキのレポでした。
★Il Paradosso
豊中市本町
06-6151-3633
11時~23時
https://www.instagram.com/ilparadosso.toyonaka/
# by mmcmp | 2019-02-17 03:07 | 京都・東京以外の店 | Comments(0)

一日限定カフェに遭遇★

f0119179_2381412.jpgほら、やっぱり統計不正は官邸の意向があったからじゃん。また佐川さんや柳瀬さんみたいな人たちが庇って、論功行賞で良いとこに天下りするんでしょ。テレビは厚労省の問題にミスリードさせようとしてたけど、モリカケと同じ構図だから。
さて、金曜は御所南で人に会う予定があったんですが、早めに着いたので時間までお茶を飲んで行くことに。「鳥の木珈琲」さんの前を通ったら混んでたので、どうしようかとぶらついてたら、丸太町にあるビルの前に出張カフェの貼り紙が出ていたので、階段を上がって3階へ。「ハッピーロックスローデザイン」という無垢の木材で作った家具や生活雑貨のお店に奈良の三郷町にあるカフェ「ファンチャーナ」さんがこの日だけ出張。カフェオレ(400円)をお願いしました。光サイフォンというハロゲンランプを使ったサイフォン式で、アルコールランプみたいに人が調節しなくても設定された時間だけランプが点灯するのだそう。すっきり美味しかった。雑貨も素敵で、特にパンプキンの鍋敷きが可愛かった。御所南にこんな店があったとは初めて知りました。以前は堀川五条の増田屋ビルにあったそうですが、増田屋ビルが既に解体されたこf0119179_033498.jpgとを初めて知りました。そういえば北山の「エデン北山」も解体されるんですよね(「アルファベット」は西陣に移転)。偶然みつけたハッピーロックスローデザインさん、また訪れたいと思います。ファンチャーナさんも行ってみたいけど、ちょっと遠いので、今後も出張カフェに期待。
★HappyRock!! slow design
丸太町通堺町西入鍵屋町66 佐竹ビル3-1
12時~17時 日~水休
http://happyrock.jp/
# by mmcmp | 2019-02-15 23:57 | 京都のカフェ | Comments(0)

「ビブリア古書堂の事件手帖」

f0119179_1181249.jpg知らない街で本屋を見つけると,記念に一冊買うことにしているというtweetがありました。素敵な習慣ですね。本を開くとその街の風景が蘇りそうです。
さて、三上延の「ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち」を読みました。このシリーズ、書店でよく見かけるなあと思っていたので、古本市の3冊で1冊交換に選んでみました。「人の手を渡った古い本には、中身だけでなく本そのものにも物語がある」と大輔はプロローグで言っています。確かに。岩波書店の「漱石全集・新書版」、新潮文庫の「落穂拾ひ・聖アンデルセン」など実際に出版された本をモチーフに繰り広げられる物語。本好きの読者の心をくすぐる設定ですね。三浦しをんの「月魚」も古書店を描いてましたが、作家たちにとっても古書の世界は魅力的なんでしょう、古書愛を感じます。読書家には常識なのかも知れませんが、新潮文庫には紐の栞が必ずついていること、その紐をスピンと呼ぶことを初めて知りました。ついてるのとついてないのがあるなと思ってたけど、講談社や中公文庫にはついてないのか・・・。で、本の世界を楽しく読んだワケですが、店主の栞子さんの推理があまりに直感的なひらめきすぎて、いかにも作り物っぽい。どうして判ったんだ?? って大輔は驚くけど、それはそのように作者が設定したからでしょ。例えば立花登の推理は説得力があるんですが、これは藤沢周平と三上延の力量の差なんでしょうか。残念ながら所詮はラノベだねと思ってしまう。シリーズを重ねるとその辺りは改善されてるのかな? 作品世界は好きなので、いつか続編も読んでみたいと思います。
# by mmcmp | 2019-02-14 02:08 | カフェ読書 | Comments(0)

「BACK IN TIME 蓄音機展」

f0119179_23422214.jpg「豊中市立市民ギャラリー」で17日まで開催されている「BACK IN TIME 蓄音機展~時代を超えて生きる音楽~蓄音機が蘇らせる100年前の音」に行きました。貴重な蓄音機が多数展示されるだけでなく、実際にSPレコードを鳴らして蓄音機時代の音色や歌声を聴く演奏会も行われています。12日14時からは音楽評論家で数多くのSPレコードを所有する川村輝夫さんが、自らのコレクションの中から選曲したビング・クロスビーのレコードを解説付きで聴くことが出来ました。
ジュディ・ガーランドや息子とデュエットしたもの、ミルスブラザーズとの共演、「ダイナ」や「ビューティフルドリーマー」「枯葉」「ブルーハワイ」などシャンソン、ハワイアンまで幅広い選曲。甘い声に深く温かみがあって、「ハッピーバースデー」はまるで彼が間近にいて祝福しているようだし、耳馴染みのあるアンドリューシスターズとの「ジングルベル」も蓄音機で聴く方が断然素敵。音だけなのにモノクロ映画を見ているようで、演奏が終わる度に拍手したくなるほど。音の美しさは蓄音機の性能にもよるようで使用されたビクトローラ・クレデンザは蓄音機の黄金時代を気づいた完成度の高いものだそう。アンプも音量調節ボタンもないのに、やわらかく見事な音を奏でます。美しい彫刻がされ、レコードの収納スペースもあって調度品としても素敵です。天板にレコードが回転する様子が映る様にもうっとり。細い鉄の針(竹やサボテンの棘が使われることもあるようです)によって蘇った自分とは無関係の遠い昔の人の声を平成の終わりに間近に聴く不思議。耳が幸福なひとときでした。
# by mmcmp | 2019-02-12 23:57 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

今のドレッシングはこれ★

f0119179_2334579.jpgあなたの2018年の給料がアベノミクス前と比較して6.6%以上増えていなければ,あなたの実質賃金は下がってます」と明石弁護士。あなたは如何ですか?今日も安倍さんは民主党政権をディスったようですが、今の政権って民主党時代の3分の1しか実質GDP延ばせてないし、実質賃金下がってるし、印象操作は辞めて欲しい。前の政権では文書改ざんも不正の隠蔽もしなかったよね。
さて、「よつ葉ののむヨーグルト」は飽きずに続けてますが、ドレッシングは好きなものが結構変わる。今、愛用しているのは創健社の「有精卵シーザーサラダドレッシング」です。成城石井の「シーザーサラダドレッシング」がなかなか売ってない時に試しに買ったら、濃厚で良かったんですよね。いつも有精卵マヨネーズを気に入って愛用しているから、姉妹品のドレッシングも美味しい予感がしてました。九州久住高原で平飼いされた鶏の卵やなたね油、りんご酢、ナチュラルチーズなどを使ったドレッシング。アミノ酸や着色料、香料は不使用です。有精卵マヨネーズを置いてる店でもこのドレッシングは扱ってないことがあるけど、アイハートなどで入手可能。今回は「ラテアートジャンキーズ」さんの帰りに北大路新町の自然食品の店「ポケットくらぶ」で買いました。シーザードレッシングと言えば、ボストンにステイしていた時に同じゲストハウスにいたデビーがシーザーサラダが好きだったなぁ、でっかいロブスターを茹でて一緒に食べたなぁと久々に思い出しました。どうしてるかなぁ、また会いたいなぁ。長らくご無沙汰していた人たちと最近ご縁が再びつながることが多いから、彼女ともまたつながりたいなぁ。facebookとかやったら、音信不通だった人とも連絡つくようになったとかって言いますよね。なんてことをドレッシングをきっかけに思ったりしています。
http://www.sokensha.co.jp/products/product_detail/110569.html
# by mmcmp | 2019-02-10 23:56 | 京都でお買い物 | Comments(0)

油小路の奥にひっそりと

f0119179_223775.jpg風が強く吹いている」のアニメ、予選会を描いた16話もメチャクチャ良いですよ。そりゃ予選通らなきゃ話が進まないから結果は分かってるし、初心者が簡単に箱根駅伝に出られるとは思えないけど、日テレの平川アナが実況したり、他大学の頑張りも丁寧に描く演出が秀逸。原作ファンだけでなく陸上ファンも是非ご視聴下さい。
さて、油小路上長者町を上がった所に昨年12月出来た町家カフェ「好文舎」を訪れました。京都らしい路地奥を進み、普通の家みたいな玄関で靴を脱いで上がります。「村上開進堂」ほどは作りこんでない、懐かしい感じ。何となく大好きだった「昼行燈」を思い出しました。8畳の和室のちゃぶ台に座って珈琲(500円)をお願いしました。英国バーレイ社のブルーウィローのカップでサーブされた珈琲はコラソンの豆を使ったすっきりした美味しさ。ちゃぶ台には蜜柑・・・と思ったら、ポンカンとのこと。良かったらどうぞと言われたんですが、ゆっくり本を読んでたら閉店時間近くになってしまい、食べる間がなかったf0119179_0105487.jpgので、お土産に一つ頂いちゃいました。ポンカンを食べるのは久しぶりでしたが、ちょっとクセになりそう。大正期頃の小皿もあったりして、好文舎さん、とってもモモ母好み。間違いなくリピーターになります。
★好文舎
上京区油小路上長者町上る
090-9694-7255
10時30分~18時 
日休
https://www.facebook.com/koubunshakyoto/
# by mmcmp | 2019-02-09 23:57 | 京都のカフェ | Trackback | Comments(0)

遠出のお散歩続いています

f0119179_22193619.jpg例年は初詣の時くらいだった今宮神社界隈へのお散歩、2月になってからも続いています。今月今宮神社には3回行き、水曜は大徳寺境内から「燕尾カフェ」の辺りを通った後に今宮神社へ。今宮さんに行かない時も大徳寺北側の「泉仙」辺りまで行くのが習慣になってきました。時には北大路を渡ってずんずん南下し、「うめぞの茶房」あたりまで行くのではという勢い。その日は「風の駅」に行った後、出町から「ハウディ」経由で歩いて帰ったので、「うめぞの」辺りまで足をのばす気になれず、引き返しましたが、途中、見知らぬ神社に出くわしたり、人が一人通れるくらいの細い道に昔ながらのお好み焼き屋さんがあったり、暗くてどこをどう歩いてるかわかってないけど、色んなものに遭遇するのが楽しいです。暑くなったら、とてもこんなに歩けないので、今の間にあちこち歩いています。
ただ、気がかりなことも。バスが通るような交通量の多い通りで、何故かむぎこが車が来てるのに渡ろうとするんですよね。怖くて尻尾を挟んでる癖になんで信号が青になったり、車が来なくなるまで待てないのか不思議。リードが切れたら大変だから輪っかになった所を短く持って制止してるけど、万一遠くで迷子になったら、家の場所はわかってても、事故に遭わずにちゃんと帰って来れるだろうかと、不安になります。むぎこよりビビリだったというクロエちゃんが迷子になって、交通事故で亡くなったんですよね。クロエちゃんも車が怖いから逃げようとして突進したんじゃないかと、ビビリながら車に向かっていこうとするむぎこを見ながら、思ったり。むぎこが迷子にならないよう気をつけて、お散歩継続しています。
# by mmcmp | 2019-02-07 22:59 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)