カテゴリ:未分類( 30 )

☆当ブログはコメント承認制です☆

f0119179_045403.jpg当ブログはコメント承認制です。コメントいただいてから、確認して承認するまでに少々お時間をいただいておりますが、どうぞよろしくお願いします。他のサイトに誘導するアドレスが書かれたもの等、不適切と判断したコメントは承認を控えさせていただいております。ご了承ください。
尚、fc2の「Kyoto Comugi Cafe 」もご愛顧よろしくお願いいたします!!!
      モモ&こむぎ&モモ母
[PR]
by mmcmp | 2018-07-17 17:32 | Comments(17)

謹賀新年2018

f0119179_22191778.jpg新しい年を迎えました。今年は戌年。むぎちゃんと一緒の時間を大切に、相変わらずビビリんぼうでなかなか遠出をしたがらないけど、おでかけの機会が増えます様に。
写真は両千家お家元の近くにある茶道具の店に並んでいた犬の香炉です。茶道具屋さんの前を通る度に目の保養をさせて頂いていますが、新しい年も数多くの良いものに触れられたら良いなと思います。今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by mmcmp | 2018-01-01 22:42 | Comments(0)

KCC of the Year 2017

f0119179_419213.jpg今年は記事がなかなか更新出来ないまま、大晦日を迎えました。今年はカフェの当たり年。「カマタ店」や「ドルチェパンダ」「ボルツ」などオーガニックな素材を使った店が増えたのが嬉しかった。でもまだ2度しか行ってないのに、歳月を重ねても通い続けたいと思わせるのが「ヱントツコーヒー舎」さん。「京都でお買い物」のベスト1はオリーブオイルと胡椒で作るドレッシングにはまっている難波醤油の塩ポン酢。「京都でごはん食べ」は「オオタケ」さんとかなり迷いつつ、郊外で低価格なランチを始めた「わかばとしずく」さんです。
「カフェ読書」は「恋歌」も印象的だったし、「理由」もすごかった。レビューを書かなかった「一瞬の風になれ」も楽しく読みました。f0119179_4493812.jpgその中で自分の心情と妙にマッチした「ポプラの秋」を今年の一番に選びたいと思います。「鑑賞・観劇」は今年は数少なくて、完成度の高さから山海塾の「MEGURI」がベスト1。天児さんのアフタートークも興味深かった。新国立での東京公演は体調不良で天児さんが降板されたので、滋賀で観られて本当に良かったです。来年3月には大好きな「卵熱」のリクリエーション版が福岡で上演されるとか。わ、行きたい。来年も平和な日々であります様に。皆様、どうぞ良いお年を。
[PR]
by mmcmp | 2017-12-31 04:56 | Comments(0)

熱々ピロシキとコラソンの珈琲

f0119179_23371175.jpg先週、北山橋近くのTree'sビル2階にある「カフェ・ヨージク」に行きました。コラソンの珈琲豆を買いにいくことはあったけど、ゆっくりお茶をしたのは久しぶりです。当初は珈琲だけのつもりが、やっぱりヨージクさんに行ったらピロシキ(250円)が食べたくなってしまい、ひき肉とゆで卵のピロシキと中煎りのブレンドコーヒーをお願いしました。
暫く食べてなかったせいでしょうか、運ばれて来たピロシキは何となく以前より大きくなった様な気がする。揚げたて、アツアツで、シンプルだけどひき肉の旨みが味わえて、ピロシキの中でもダントツのお気に入り。一時期ちょっと味が落ちたかな? という時期があったものの、今はまた大好きな感じになっています。コラソンさんの豆を使ったブレンドは安定のクオリティ。本を読みながらゆっくり味わいましたが、冷めても美味しさが保たれていていました。先日、店の前を通ったら午後6時から食堂になるという看板が出ていたので、お店の方に確認したところ、土日は午後5時でヨージクとしてはオーダーストップになり、6時からは「むんと食堂」にf0119179_23595967.jpgるんだそう。むんと食堂は以前河原町高辻で営業されていたお店とかで、1品300円からあって、食堂というより居酒屋なんだそうですが、飲まない人も是非来て下さいとのこと。どんな感じなのか興味があるので、一度行ってみたいと思います。
カフェヨージク
上賀茂今井河原町
075-722-8087
11時30分~18時
月・第1.3火休
http://panographer.net/yojik/
[PR]
by mmcmp | 2017-12-18 23:55 | Comments(0)

謹賀新年2017

f0119179_0134093.jpg明けまして、おめでとうございます。いつも棒鱈を買っていた鮮魚店が昨年末に閉店。29日に錦市場で棒鱈を買ったら、出来れば明日には炊いて欲しいと言われて30日に炊き始めた為、大晦日の早い時間におせちの準備が完了。夜のお散歩も早めに済ませて、氏神さんへの初詣はお雑煮を祝ってから出かけました。
元日のテレビは格付けチェックとウイーンフィルのニューイヤーコンサートが我が家の定番。昨年のお正月は父が入院していたので今年は父とモモ母とむぎちゃんが揃って「美しき青きドナウ」や「ラデツキー行進曲」を聴け、平和だなぁ、幸せだなぁとしみじみしました。今年の指揮者はやけに若いと思ったら、ニューイヤーコンサート史上最年少35歳だそうで。放送後は京都泊のNさんにお会いするべくむぎちゃんを連れて北大路駅へ。地味だけど、ひとつひとつがしみじみ嬉しい2017年のお正月です。今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by mmcmp | 2017-01-01 23:57 | Comments(0)

KCC of the Year 2016

f0119179_1852560.jpgあっという間に大晦日です。コーヒースタンドをはじめ珈琲専門店やカフェがどんどん増え続ける京都。今年出会った「京都のカフェ」のベスト1は「市川屋珈琲」。オープンしたのは2015年で既に有名店ですが、フルーツサンドの美味しさ、接客の良さなどが印象に残り、また行きたいと思わせる魅力がありました。「京都でお買い物」はカフェと並んで京都に増殖中のパン屋の中で「アペリラ」さんが良かったから迷いつつ、「クラウス」を選ぶことにしました。これまた昨今増えているチョコレート専門店。大手の出店が相次ぐ中、個人経営で真面目に良質なものを提供する、これぞモモ母が応援したくなるお店です。
「京都でごはんたべ」は久々に再訪した「乃し」さんの満足度が高く、どうも新たな店の印象が弱かったんですが、年末に行った「寺町西むら」は、味は勿論、その姿勢に惹かれました。「うをすえ」の名前が入った塗の器で提供される昼のお弁当から、長年務めた店へのリスペクトと、そこで得たf0119179_18463427.jpg技を継承していこうという思いが伝わってきます。地域に馴染んでいきたいと派手に宣伝はされてないそうで、そういう配慮も非常に京都らしい。そして肝心の料理は前の店より洗練されて、良い感じ。「カフェ読書」は今年はあまり読まなかったので、かなり迷うけど、台湾とそこに生きる人を魅力的に描いた吉田修一の「」がベストかな。「観劇・鑑賞」はダントツで「るつぼ」ですね。演出が良くて完成度の高さが際立っていました。来年も平和で、素敵な店や作品と出会って、心地よい時間が過ごせます様に。皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by mmcmp | 2016-12-31 18:54 | Comments(2)

おやつ堂さんのおやつ

f0119179_1746410.jpg滅多に来ない六波羅エリア。昔ながらの商店街といった感じの松原通りを歩いてみると、古民家カフェのテラスが外国人で賑わっていたり、以前はなかった店が点在していて新鮮でした。松原から少し入ったところにあるスーパー「ハッピー六原」はまだ健在だなと思って見ていると、手前に「六波羅おやつ堂」という店が出来ていました。
入ってみるといかにも手作りっぽいゼリーが。施設入所中に体重が4キロも減った父に口当たりの良いものをと思ってゼリーやプリンをよく買うんですが、市販のゼリーって酸味料、酸化防止剤などが入ったものが殆ど。その点、ワンドロップで買うゼリーは安心なんですが、小さくって値段が高めなのに対し、こちらは150円。ぶどうとりんごを1つずつ買ってみました。りんごのゼリーって珍しい。変な表現ですが、自家製りんごジャムをゼリーにした感じで、父が美味しく食べました。勿論ぶどうも美味しかった。こちらではゼラチンではなくアガーという海藻から抽出した凝固剤を使っているとか。無色無臭でBSEを心配をする人も使いやすく、ゼラチンより形が崩れないので喉に入りやすいかもとのことでした。(使用されてるパールアガー8にはリン酸二水素カリウムが入ってる様なので、骨粗鬆症の人は過剰摂取しない方が良いかも知れませんが)小さなマドレーヌも興味あったけど、抹茶ロールケーキを試f0119179_18304691.jpgしに買ったのでマドレーヌは次回に。抹茶ロールは真ん中のクリームの多い所を切って下さいました。これはやはり「マーガレット」さんに軍配が上がりました。おやつ堂さんなのでパティシェによる洋菓子ではなくママが作る素朴なおやつ。庶民的な六波羅らしいお店ですね。また伺いたいと思います。
★六波羅おやつ堂
東山区轆轤町
10時~17時
金~日・祝休
https://ja-jp.facebook.com/oyatsudo/
[PR]
by mmcmp | 2016-10-23 18:45 | Comments(0)

迷子札ホルダー来ました☆

f0119179_1942519.jpg迷走を続ける台風10号の直撃は免れたけど、線状降水帯が居座って、午後から強雨が続く京都。弱まりそうにないので仕方なくお散歩に出たら、シロくんはじめ数頭のワンちゃんに遭いました。大雨警報中のお散歩は皆さん大変そうです。これから台風が近づく地域の方たちもどうぞお気をつけください。
さて、先週末に申し込んでいた迷子札&注射済票ホルダー「安心だワン!ホルダー」が来ました。ロン毛のむぎちゃんにつけてもよくわからない為、背中にまわして毛をよけて撮影してみました。透明なホルダーの上下に黒いベルクロ(マジックテープ)がついていて、真ん中の透明部分に連絡先等を書いた黄色い紙を入れ、背中合わせに注射済票を入れて、首輪に巻きつける様になっています。そうそう、「はぴねすDOG」さんから来た時につけてたのも、これでした。飼い犬が迷子になるのは雷や花火に驚いたり、地震などの自然災害、火災などの事故ではぐれたり。旅行中など見知らぬ土地で迷子になることも。プロジェクトのサイトでは「鑑札、注射済票、また市販の迷子札のいずれにおいても、リングで首輪に下げるタイプであるため、犬が噛んでしまう、飲食の際に食器に触れて金属音がするなどの難点があり、依然として装着率の向上には問題があります」としています。そう言えば、水を飲む時にボウルに当たって音がすることがありました。なんで市販のは下げるタイプなんでしょうね。首輪に巻くのが欲しいとペットショップでf0119179_20163637.jpg言っても「そういうのは置いてません」と言うだけで改善しようという発想がない。迷子になって3日以上経ってから届け出る飼い主さんが半数というのもちょっと驚き。仕事が忙しいからなのかな? ホルダーは5個単位での購入なので、1個は予備に、1個は獣医さんに普及をお願いする為持参予定。残り2個は直接手渡し出来る方限定ですが、ご興味のある飼い主さんに差し上げます。お散歩で出会った時にお声がけいただくか、メール、コメント等でお知らせください。
http://kaesou-pj.net/index.html
[PR]
by mmcmp | 2016-08-29 20:34 | Trackback | Comments(0)

それで良いです、捨てないで☆

f0119179_2384176.jpg火曜の新宿ゴールデン街の火災、不審火の可能性があるとか。火災のニュースを聞いた時、柴田秀勝さんの店「突風」は大丈夫だったのか? と思ったけど、昨夜のニュースウォッチ9で営業中されてる映像が出て来て、安心しました。
さて、水曜に今月になって初めて、「グランディール」の「パン・オ・ルバン」を買いに行きました。平日なので予約しなくても普通に買えましたが、月末の土日は結構早い時間でも棚に殆ど商品が残ってませんでした。食パンの半額券が500円以上購入した人限定になったから、多くの人が500円以上買ったんですね。お客さん達の苦労が伝わってきます。ルバンは会計時に厚さと耳を落とすか希望を聞いて下さり、最近は4枚切の厚さでお願いし、耳は勿論つけてもらいます。前回買った時のこと、スライスが済んだと思ったら「少々お待ち下さい」と言って棚から新たなものを出して、再度スライスを始めようとされるので、どうしたの? と聞くと、端が切れてしまったのでやり直すとのこと。思わず、「いえ、それで良いです」とモモ母。「だって、廃棄でしょ?」と聞くと「廃棄です」とお店の方。B品は売れないという店のこだわりは理解出来るけど、そんな勿体無い、味は変わらないのに・・・。そう言えば、正規品は売り切れでも、スライス済のものが残ってることがあって、予約キャンセルの場合もあるけど、生地に穴があいてるから販売しなかったものを、穴を了承した上で買ったことがあります。廃棄はf0119179_23595034.jpg飲食店の宿命とは言え、パンの耳が紙くずと一緒に捨てられてるのを目撃した時は、パン粉にしたり、「クロア」さんみたいに無料配布して下されば良いのにと思ったモモ母でした。表面はさっくり、中はしっとりの絶品パン・オ・ルバン。良い材料で作られてるんだから、極力廃棄しないで味わいたいものです・・・。
★グランディール堀川店
紫竹東高輪町
075-493-8077
7時~19時
[PR]
by mmcmp | 2016-04-14 00:05 | Trackback | Comments(0)

いい仕事を味わう

f0119179_22433318.jpg先週「イノダコーヒ」で休憩後、大丸で買い物をして地下から帰ろうと思ったら、期間限定スペースでエスコヤマのバームクーヘン「思い出の大きな木」を販売してました。エスコヤマと言えば限定数個の小山ロールに販売時間前から整理券求めて行列が出来る人気店。「有名なもの」ではなく「美味しいもの」が食べたいモモ母は、並ばなくても美味しいものが他にあるから・・と興味なかったんですが、この時はお客さんは一人もなし。「有名なもの」に「美味しいもの」があることも確かなので、空いてるならと試しに買ってみました。
とは言え、同じ売り場で買ったDロールが全然ダメだったから、ちょっと疑いながら開封してみました。あら、見た目はかなり端正で、丁寧に作られた感じ。期待できそうな印象です。食べてみると甘すぎず、適度なしっとり感。モモ母は小さく切って食べてみて、もっと食べたくなったら美味しいバームクーヘンだと思っていて、これは更に追加カットして食べたくなりました。先日、京都の某店で直火焼きバウムというのを食べたんですが、小さいのに甘すぎて途中で嫌になり、違いは歴然。播州の平飼い地鶏の有精卵を使っているそうで、「私は日本中のすべてのおいしい卵を知っているわけではありません。この卵は祖母の家で過ごした夏休みの思い出とつながっている“おいしい卵”のルーツとも言える特別な存在だからです」と小山シェフはリーf0119179_23321864.jpgフレットに書いています。バームクーヘンスタッフは一層一層丁寧に仕上げ、1本焼き上げるのに35~40分、350度の釜の前から一時たりとも離れることがないとも。うん、そういういい仕事ぶりって出来たものから伝わってきますよね。モモ母が一番好きなのは「マッターホーン」のものだけど、こちらも機会があれば是非リピしたいと思います。
http://www.es-koyama.com/eskoyama/assorted_n_collabo_gift/006.html
[PR]
by mmcmp | 2016-03-21 23:47 | Comments(4)