人気ブログランキング |

カテゴリ:東京のカフェ( 96 )

初ダンテ

f0119179_1151671.jpg火曜深夜の関東での最終回放送後、風強アニメのハッシュタグがTwitterのトレンド入り。こんなつぶやきとか、「ハイジ」まで上位に入ってて、あちこちで盛り上がってる感が伝わって来ました。原作の三浦しをんもブログで最終回に触れ、「『風が強く吹いている』という小説を書いてよかったと心の底から思うことができた」と書いていたのが嬉しかった。さらに劇伴の林ゆうきが風ロスの皆様へと音楽の解説。これはファン必読です。
さて、新風芸協公演の後、学生時代によく行ったGに久々に行こうと思ったら満員で店の前にも人がいたので断念。いつも混んでるそうで、昔は静かなカフェだったのに、こんな人気店になってたとは。で、「ダンテ」に行くことにしました。ダンテも何度か行こうとしたことがありましたが、お休みだったり、営業時間終了だったり。今回が初訪問となりました。1965年の創業だそうで、コーヒーロッジというだけあって、山小屋みたいな内装。入った右側にカウンター席があり、左のテーブル席は少し高くなっているのがユニーク。ダンテブレンド(550円)とバームクーヘン(200円)をオーダーしました。ダンテブレンドは量が多めのダブル(600円)もありました。一人で読書する年配客やカウンターの常連さんなど長く愛されf0119179_11561115.jpgてる感じ。近くにあったらモモ母も文庫本持参で通いたいくらいです。奥の席も座ってみたいなぁ。東京の老舗喫茶の閉店が相次ぐ中、こちらはずっと続けてほしい。新しく出来たカフェにも行ってみたいし、Gや「物豆奇」にもまた是非行きたい。西荻窪は個性的な店がたくさんあって魅力的です。
★コーヒーロッジ ダンテ
東京都杉並区西荻南
03-3333-2889
12時~19時
by mmcmp | 2019-03-28 12:04 | 東京のカフェ | Comments(0)

これからもお世話になります

f0119179_032333.jpg新風芸協公演のスタッフの方が集合写真をブログに掲載されてました。そしてこんな記事も。はい、京都のお菓子を差し入れたのはモモ母です。でも分量重視ですから、高級感ある菓子折でなく袋詰め。大入袋が出たようで良かったです。ちなみに声優の古川登志夫さんがこんなtweetを。2人の会話が目に浮かぶようです。亮一さん、西荻窪からの帰りだったんでしょうね。
さて、今回は初のジョージ泊。三茶泊のこともあるけど、これまでは半蔵門のホテルを常宿にしてました。チェックアウトが12時でゆっくり出来るのが理由だったんですが、東急ホテルも会員になればレイトチェックアウト可能とのこと。ホテルも快適で駅から近く、今後は吉祥寺に泊まることになりそうです。で、初日に吉祥寺駅に着いて、大好きな「くぐつ草」に行こうと思ったら営業終了だったから、「ゆりあぺむぺる」に行ってみました。こちらは24時までの営業で、22時を過ぎてもお客さんが何組も入って来られ、賑わってました。さすが東京ですね。1階が喫煙席、2階が禁煙席で、2階は窓側と奥のスペースが分かれていて奥の席はモモ母だけの時間も結構あって、賑わいの割には落ち着いて過ごせました。カフェオレ(750円)は高めだけど、ポットサーブだし、アンティークな空間で深夜もノンアルコールでゆf0119179_1121343.jpgっくり過ごせたから有難い。この店、「美の壺」の東京のカフェ特集にも出てたんですね。(「カフェ紅」も出てるっぽい)なんでこの店なのかちょっと不思議。でも、これからも吉祥寺で泊まろうと思うので、今後もしばしば利用することになりそうです。また井の頭公園の散策とか「まめ蔵」カレーとかもしてみたいなぁ。
★ゆりあぺむぺる
武蔵野市吉祥寺
0422-48-6822
11時30分~24時
https://www.instagram.com/yuriapemuperu/?hl=ja
by mmcmp | 2019-03-27 01:17 | 東京のカフェ | Comments(0)

景色もごちそう★

f0119179_23551227.jpg昨秋から見続けてきた風強アニメ、関東はいよいよ今週火曜深夜が最終回。関西は22話が月曜深夜にオンエアされますが、ユキ役の興津さんが出演するネットラジオや日テレのアニメイベントでの喜安さんと豊永さんの話も楽しく聴きました。原作では大学1年のハナちゃんを高校生の設定にした意図など、興味深かったです。
さて、今回の東京滞在では到着後、Hさんが待つ東京大丸5階の「ブルディガラカフェ」へ。ロースビーフサンド(1328円)とアイスコーヒー(756円)で夕食。サラダもたっぷりで美味しく頂きましたが、料理もさることながら、窓に向かって座る席からの眺めが良く、東京らしい夜景が楽しめて素敵でした。京都駅のブルディガラエクスプレスでも以前はイートインが可能でしたが、狭いのと窓がないのとで閉塞感があってあまり好きではありませんでした。京名菓・名菜処亰に移転オーブン後はテイクアウトだけになっています。さすが東京、お値段は高めですが、ロケーションも合わせると満足度は高く、また訪れたくなります。ちなみにHさんが頼んだグラタンはパンf0119179_0414421.jpgのおかわりが自由でした。初めて知ったけど、ブルディガラってトリコロールの運営なんですね。そういえば、「メゾンカイザー」はフランチャイズもあるとのこと。最近京都に出来た2軒は直営店かサンジェルマンの系列店かどっちなんでしょ?
★BURDIGALA CAFE
東京都千代田区丸の内
大丸東京店5F
03-3287-1808
10時~20時(木金~21時)
http://www.burdigala.co.jp/index.html
by mmcmp | 2019-03-26 00:47 | 東京のカフェ | Comments(0)

窓辺でブランチ

f0119179_22475576.jpg半蔵門のホテルをチェックアウトし、渋谷乗り換えで下北沢へ。少し散策した後、マチネ公演までの時間を「カフェ・マルディグラ」で過ごしました。細い道を入った所にある隠れ家的な店なの昼時でもさほど混まず、ゆっくり過ごすことが出来るのが魅力。本多劇場まですぐなので、開演15分くらい前に出れば十分間に合います。窓越しの緑が美しく、更に前の建物がなくなって以前より視界が開け、さらに更地の向こうの建物の壁の蔦の辺りまで庭のよう。
週替わりのランチ(1200円)はマカロニグラタン。それにサラダとトースト、飲み物がつきます。ガラスの容器に入ったグラタンはマダムの邸宅にお邪魔して頂くようなホームメイド感ある優しい味。パンはくるみとレーズンが入ったものも2種類でサクッとした軽い食f0119179_22454983.jpg感。飲み物はアイスティをお願いしました。マルディグラでは紅茶が飲みたくなります。持参した文庫本を読んだり、傍らの雑誌を眺めたり。良い時間を過ごしました。新陳代謝の激しいシモキタの街で、この雰囲気をこれからもずっと守り続けて欲しいものです。
カフェ・マルディグラ
東京都世田谷区北沢
03-3466-1035
10時~20時
第1・3水休
by mmcmp | 2018-09-26 22:49 | 東京のカフェ | Comments(0)

大切な時間

f0119179_2342342.jpg今回は観劇前日、むぎこの夕方のお散歩を済ませてから上京しました。午後7時半近くに東京駅に到着、中央線に乗り換えて荻窪へ。大好きな「邪宗門」、どんどん営業時間が遅くなって今は午後4時から10時。表のホワイトボードの文字は「おかげさまで64年」になっていました。閉店までいるつもりでドアを開け、狭い急な階段を上がって、奥の席へ。平日の遅い時間なのにほぼ満席。殆どが女性の一人客です。
ブレンド(450円)とホットケーキ(350円)をオーダー。可愛い鳥のイラストが描かれたお皿にいかにも手作りらしいホットケーキが2枚。バターとはちみつをかけて頂きます。数分早く鳴る柱時計は長年時を知らせて来た年代物。北原白秋から届いた年賀状はモモ母が学生の頃から飾られています。BGМはクラシックから後半はジャズに。どちらもこの空間に良く似合います。若い男性が近くの席のカップを下げに来られました。ずっとマダム一人だったけど、最近は男性が手伝いに入っておられるようです。親戚ではないそうですが、f0119179_062782.jpg2人体制の後、いずれは後継者になられたりするのかな。行列が出来る人気店の廃業が記事になる様に、老舗の後継者問題は深刻。荻窪邪宗門も賑わってましたし、いつまでも続けて欲しい。でもマダムに会えるのはあと何回かな・・なんて思うと今回の訪問はとても大切な時間になりました。
邪宗門
東京都杉並上荻
03-3398-6206
16時頃~22時
http://www.jashumon.com/index.htm
by mmcmp | 2018-09-25 23:56 | 東京のカフェ | Comments(0)

ずっとずっと・・・

f0119179_1115745.jpg六本木の「青山ブックセンター」が25日で閉店とのこと。上京前知ってたらのぞいたんだけど、報ステで初めて知りました。深夜もやってたから父がよく利用してました。モモ母は渋谷や吉祥寺のバルコブックセンター派でしたが、渋谷に続いて吉祥寺も7月に閉店するんですね。こちらもオープンは1980年だそう。時代の流れを感じます。
「あほんだらすけ」を観た翌日、吉祥寺パルコ近くの「くぐつ草」に行きました。ロンロンがアトレになってからも吉祥寺に行ってるけど、井の頭線改札を出た辺りの風景が激変してて、驚きました。「レモンドロップ」も「ファンキー」も別の店みたいになってて、「くぐつ草」が学生時代と変わらないのが本当に嬉しい。地下への階段を降りると洞窟のような薄暗い店内にジャズ。開店は1979年だそうで、パルコブックセンターや青山ブックセンターより1年早いです。モモ母はパンプディングのセット(1100円)を珈琲で。珈琲はストロングとソフトがあってソフトにしました。ソフトと言っても決して薄くなf0119179_1511924.jpgく、ちょうどいい感じ。ご一緒したNさんの「くぐつ草カレーセット」(1630円)のサラダに鳥の形の人参が添えられてるのが可愛かった。学生時代から大好きな「くぐつ草」、これからもずっとずっと変わらずにいてほしいです。
COFFEE HALLくぐつ草
武蔵野市吉祥寺本町
0422-21-8473
10時~22時 
無休
http://www.kugutsusou.info/index.html
by mmcmp | 2018-06-26 01:53 | 東京のカフェ | Comments(0)

6月から22時閉店に・・・

f0119179_2311421.jpg築地で「喫茶イレブン」を観劇した後、日比谷線で銀座に出て、大好きな「銀座ウエスト」に行きました。19時からの公演が21時過ぎに終わった後でもゆっくり出来ると思って入ったら、「22時までですが、よろしいですか?」と聞かれました。23時までと思っていたのに、席について「風の詩」を見ると、6月から22時までの営業になったと書かれてました。1日だったので、この日から時間が変わったようです。
オーダーしたのは「キッシュセット」(1404円)をオーレで。キッシュは前回食べた時と比べてトマトが前面に出た感じ。エリンギやたまねぎ、ほうれん草たっぷりのやわらかなキッシュ。塩加減もちょうど良くて真面目に美味しい感じです。暫くすると飲み物のお代わりは如何ですかと聞いて下さり、欲しい気持ちはあったものの閉店時間が迫っていたので辞めておきました。金曜夜だったせいか閉店前までお客さんでいっぱい。入ってすぐのテーブルで、出来れば奥f0119179_23255861.jpgのエリアでもう少しゆったりしたかったんですが、クラシックが流れる昔ながらの端正な空間で過ごせて満足でした。お菓子類の販売は以前と同じ23時までです。と言いつつ、この日は生ケーキは殆ど残ってませんでした。
★ウエスト銀座本店
東京都中央区銀座
03-3571-15547-3-6
9時~22時
(土日祝11時~20時)
http://www.ginza-west.co.jp/index.html
by mmcmp | 2018-06-07 23:35 | 東京のカフェ | Comments(0)

荻窪邪宗門・別バージョン☆彡

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by mmcmp | 2017-06-27 02:33 | 東京のカフェ

再び来られた歓び

f0119179_1272512.jpg安倍さんが「全国に獣医学部を」と言い出したのもビックリですが、「批判されて頭に来たから言った」との報道が。全国に作ったら、今治に毎年160人も学生が集まるだろうか。しかも加計学園に補助金詐欺疑惑まで出てるとか。森友と同じパターン。なら、籠池さんちだけでなく、加計さんちも家宅捜索しないとね。
さて、今回の東京行きで是非訪れたかったのが、大好きな荻窪の「邪宗門」。午後3時半頃からの開店なので、御茶ノ水でゆっくりしてから出かけました。「頃」ってのが微妙だなと思いながら荻窪へ。やってて良かった。急な階段を上がって階段近くの席につき、「アイスミルクコーヒー」(550円)をオーダー。前回の訪問からまた2年以上経ったので、マダムはお元気なのか心配だったけど、杞憂に過ぎませんでした。グラスやサーバーなどを乗せたトレイを持って階段を上がり降りされる足取りの軽やかなこと。目の前でサーブして下さる、やっぱりマダムは素敵です。掛時計の時を告げる音、年代もののランプなど、この店ならではのf0119179_2174147.jpg空気を堪能して店を出たところで写真を撮っていたら、マダムも外に出られたので撮影させて頂きました。とても良い感じに撮れたので、ブログに載せて良いか、書く前にお電話で伺ったんですが、「もう年なので、恥かしいからお友達だけにして下さい」とのこと。この後で限定記事にアップしてみようと思っています。写真を見たい方はファン申請をお願いします。
邪宗門
東京都杉並上荻
03-3398-6206
15時30分頃~21時
http://www.jashumon.com/index.htm
by mmcmp | 2017-06-27 02:25 | 東京のカフェ | Comments(0)

神保町の片隅に

f0119179_2514138.jpg週後半は豊田議員の音声が頻繁にテレビで流れてましたが、笑ったのがこのツイート。加計疑惑隠しに獣医学部新設の特区を全国にと言い出した安倍さんにも「ちがうだろ~」と恫喝して欲しいものです。
さて、「あほんだらすけ」の帰りにジャコメッティ展のポスターを見たので翌日行こうかと思ったら、残念ながら新国立は火曜が休みだった為、神保町に出て、行ってみたかった「プリマベーラ」を初訪問しました。看板が殆ど見えず、ひっそりした外観。でも「営業中」と書かれていたので中に入ると、いかにも東京の老舗カフェらしい雰囲気。オールドビーンズの珈琲が有名だけど、ドーカンでアイスコーヒーを飲んでたのと、もう一軒はしごする予定なので、ロイヤルミルクティをお願いしました。サービスでバナナをつけて下さるのが嬉しい。
店内撮影禁止と書かれていて、許可を頂いて商品のみ撮影させて頂いたので、ドーム型の天井やカップが並ぶ様子は食べログなどを見て頂ければと思います。使い込まれた家具に歳月を感じさせる壁。素敵に年を重ねたご主人とマダム。ああ、北山にあった「伽藍」はこんな店になりたかったんじゃないだろうか・・・。昼時のお客さんがひいて、やがて店内がモモ母だけになった頃、マダムがカウンターに置かれた白百合の花の手入れを始めました。渋谷の「セビアの庭で」も白百合が印象的でした。レイアウトも内装も似た雰囲気を漂わせていた2つのカフェは既にないだけに、この店が神保町の片隅で歴史を刻み続ける素晴らしさ、そこに身を置ける嬉しさをf0119179_3415878.jpg感じながら、ゆっくり読書を楽しみました。良い時間でした。
★カフェ・デ・プリマベーラ
東京都千代田区猿楽町
03-3295-7569
10時~20時 土日祝休
by mmcmp | 2017-06-25 03:49 | 東京のカフェ | Trackback | Comments(0)