人気ブログランキング |

カテゴリ:カフェ読書( 173 )

「仏果を得ず」

f0119179_22304052.jpg三浦しをんの「仏果を得ず」を読みました。「風強」アニメ(こちらの記事で魅力解説されてます)で共に盛り上がったアナウンサーYさんが三浦しをんファンになったきっかけがこの作品とのことで、楽しみにしてましたが、期待通り! 「あの家に住む四人の女」を抜いて、モモ母の三浦作品ベスト3に入る満足度です。
文楽で義太夫を語る若い太夫・健の成長を描く青春お仕事小説。ホントにこういうのうまいなぁ。破天荒な銀大夫師匠、健の相方の三味線でプリン好きの兎一郎など変人揃いの技芸員たちながら芸を極めようとする情熱が半端ない。ワクワク感と共に緊迫感もあって、圧倒されます。地元小学校で文楽を学ぶミラちゃんと母の真智、健が住むラブホの管理人の誠二など脇役も魅力的。あんな語りがしたいという健に「長生きすればできる」という兎一郎。漫然と生きるのではなく精進していれば、ということなんだけど、芸か恋かで悩んだり、いろんな経験を重ねることで人形浄瑠璃に描かれる心情がより深く理解出来る。それが叶わず、若くして亡くなった太夫もいる。「生きることだ。生きて生きて生き抜けば、(仮名手本忠臣蔵の)勘平がわかる」と告げる誰か。「四人の女」にも「君はポラリス」にも生き続けることの尊さを伝える言葉が出てきました。物語の面白さも勿論だけど、モモ母が三浦しをんの作品を愛おしく思うのは、生きることへの前向きなメッセージが繰り返されるから。文楽って「夏祭浪花鑑」くらいしか観たことないから、一度きちんと観ようと思います。作中の大阪弁があたたかくてとても良い感じなんですが、大阪の伝統芸能である文楽が理解できずに補助金をカットした橋下さんはサイテーと改めて思う。あ、維新・丸山議員の「戦争で北方領土を取り戻す。戦争しないとどうしょうもない」発言もサイテーですね。
by mmcmp | 2019-05-13 23:46 | カフェ読書 | Comments(0)

「君はポラリス」

f0119179_2229816.jpg三浦しをんの「君はポラリス」を読みました。恋愛小説集で、表題作があるのかと思ったらそうではなく、最初と最後以外は全く別のテイストの短編集でした。大学卒業後、家業を手伝いながら密かに亡くなった恩師の骨を持っている「骨片」、夫が水族館で後輩に再会してから、自宅マンションに後輩が出入りするようになる「ペーパークラフト」、突然ロハスな暮らしに目覚める「優雅な生活」など、人それぞれの恋愛の形が綴られていて楽しい。友人の結婚式で出席するたびに、僅かに覚えた違和感、無難な相手と適齢期と言われる年齢で結婚することに美を見出さなかったけれど捨松といると違和感がないという「森を歩く」のうはね。謎だった捨松の職業を探る結末はなかなか素敵でした。
「裏切らないこと」の岡村の妻子への思いはイマドキの夫だなあと「道草」の健三との違いが際立って、印象に残りました。息子のペニスを舐める妻の姿を見てしまい、戸惑うけれど「息子を持った母親はたいていしてみるんじゃない?」と同僚に言われるエピソードが出産経験のないモモ母には面白かった。変なことと普通のことの境目ってかなり曖昧なんですよね。そして一番好きだったのが「春太の毎日」。腹痛から嘘のように快復した春太が「麻子が生きて幸せでいる限り、何度でもあたたかい春はめぐってくるんだよ」というラストは「あの家に暮らす四人の女」のラストにも通じる、愛おしさがありました。今年の桜も終わるけど、来年もむぎちゃんと一緒に見たいなぁと思う。理由は「春太の毎日」を読むとわかります。
by mmcmp | 2019-04-17 23:37 | カフェ読書 | Comments(2)

「道草」

f0119179_2204251.jpg夏目漱石の「道草」を読みました。「坊ちゃん」などは子供の頃、結構好きだったんですが、教科書的な「こころ」は好きじゃなかったし、説教されてるような「則天去私」の思想にも抵抗がありました。でも、先月たまたま「100分de名著」で夏目漱石をやってるのを見て、大人になって読むと面白いかもと思ったのでした。で、改めて気づいたけど、漱石って49歳で亡くなってるんですね。そんなに若かったのかと、肖像写真を見返してしまいました。
「道草」を選んだのはたまたま手元にあったからなんですが、「明暗」は未完だから最後の長編小説。大人になっても、楽しく読める作品ではないですね。漱石自身と思われる主人公・健三のイギリス帰国後の生活を綴ったもので、どうやら「吾輩は猫である」を執筆中らしい。小雨の降る中、見覚えのある男に出会う冒頭から何とも不穏な雰囲気。その男(義父)が家に無心に来るようになり、義父だけでなく義母や妻の父までもが健三の金をアテにする。家でも妻とはトゲのある会話をするわ、生まれた子供は突き放した目で見てしまうわ。そんなしんどい日々を自己批判を交えて描いた作品は、自然主義文学の作家たちからは好評だったそう。内面を正直に書くのが自然主義とは違うと思うけど。でもドラマチックでもなく誰とも理解し合えない苦悩だけの小説が、つまらないかというと決してそうではないのが、漱石のすごさなんでしょうか。文体の過不足のなさ、風俗描写の上手さなど、さすが文豪と言われるだけありますね。「吝嗇(りんしょく)な男」とか「頑是ない」など今は使う人が少ないような言葉も多かった。若い人はあんまり読まないかも知れないけど、漱石が専門家の研究対象になっていくのは勿体無い。これからも時々読んでみようと思います。
by mmcmp | 2019-04-10 03:17 | カフェ読書 | Comments(0)

「小さいおうち」

f0119179_11704.jpg中島京子の「小さいおうち」を読みました。映画をテレビで見て、松たか子と黒木華が良く印象に残ってました。昭和初期に女中奉公に出たタキが東京郊外のモダンな赤い屋根の家で若く美しい時子奥様と暮らした日々を、晩年にタキが書き綴った形で語られて行きます。タキが尋常小学校を卒業して上京したのは昭和5年の設定なんですが、当時の世相風俗を盛り込んでいるもののモモ母の親より年上、米寿を過ぎた人が書いた文章には思えないのが致命的。映画は山田洋次が巧かったんだな・・・。
そうは言っても香蘭社のティーカップや美術雑誌の「みづゑ」、真桑瓜(祖母は「まくわ」をよく食べさせてくれました)などのアイテムは懐かしいし、「戦争が始まって世の中が明るくなった」「南京陥落の戦勝セールが楽しかった」等は当時を知る人の生の声だろうと思う。男たちは日米開戦の是非を論じたり、仕事の判断を迫られるけど、女たちは「難しいことはよくわからない」。戦争が始まったと言っても普通に日常生活が続き、それが急激に非常事態になっていくのがリアルです。可愛かった恭一ぼっちゃんがどんどん愛国少年に変わって行くのが象徴的。時子の友人の雑誌記者の睦子は「銃後の要は主婦の倹約精神」などと体制的な記事を書いていたのに、戦後は民主主義の闘士となる変わり身の早さ。付録の対談で中島京子は「怖いんです。調べていくうちにみんな私たちと同じように楽しく暮らしていたのに、いつの間にか戦争に向かっていったんだとわかりました。今の私たちも、いつでもああなる危険性があるんだと」と言っていて、そこはちゃんと描かれていました。挙国一致の徹底のためには翼賛政治体制協議会が推薦する候補が議席を埋め尽くさなければならないと旦那様が言っても、なんのことだかよくわからないと思うタキ。いつでもああなる危険、ありますね。
by mmcmp | 2019-03-30 03:03 | カフェ読書 | Comments(0)

「春から夏、やがて冬」

f0119179_2183254.jpg歌野晶午の「春から夏、やがて冬」を読みました。元テレビディレクターOさんから届いた文庫本の中で「先生のお庭番」と共に綺麗な表紙だなと思った一冊。初めての歌野作品で、推理作家だというのは読んでる途中で知りました。スーパーの保安責任者の平田は倉庫の奥の小部屋で万引きをした女性ますみに出会う。免許証から娘と同い年だと知ることから始まる「季冬」の章。「春夏」「春陰」「青嵐」など章が持つ美しい響きとは裏腹に話はどんより。
仕事熱心で平凡だけど家族と共に幸せに暮らしていた平田は、娘の突然の事故死で生活が一変。今の日本にはこういう生きる目標をなくした人が少なくない気がする。「自殺する人の気持ちがだんだんわかってきた」という東日本大震災の在宅被災者の諦観とか、転機となる出来事がなくても未来に希望が持てない若者とか。閉塞感の中、平田は終盤に予想外の行動に出て、その原因がますみが喫茶店に置き忘れた携帯電話に残されたメールなんですが、これが突っ込みどころ満載。矛盾だらけでおかしいでしょ!と読んでて思ったら、おかしいと判断出来ない心理状況こそが悲劇を招いた、平田は「視野狭窄に陥り、客観的な判断ができなくなった」のだと医師の小瀬木は考える。こういうのも推理小説っていうのかな? やるせなさばかりで、読後感はあんまりよくなかったです。
by mmcmp | 2019-03-18 03:00 | カフェ読書 | Comments(0)

「データが語る日本財政の未来」

f0119179_2382100.jpg国会で統計不正について意見陳述をした明石順平弁護士の著書「データが語る日本財政の未来」。経済の知識がなくても大丈夫というので読んでみました。モモ母は理解が不十分だけど、知らなかっただけで日本の財政は昔からデタラメだったんだなというのは、よく分かりました。「国の歳出は公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない」、つまり毎年入る税金の範囲内でお金を使うように財政法で決められてるのに、特例法を作って借金して、その金額が一番多かったり、60年償還ルールで返済を先延ばししたり、ズルを平気で続けてるんですね。
そこにアベノミクスで無茶をやって、算出方法を変えて失敗を隠そうとしたワケですが、国民は騙せても国際的な信用はなくすよね。かつて高橋是清も似たような財政政策をし、経済回復したところで緊縮財政にしようとしたら軍部が反発して高橋は殺され、やがて戦争に突入、戦後の極端なインフレで借金を大幅減額したのでした。ワタミの創業者が「金融政策の出口戦略を党部会で取り上げようとしたが官邸の意向で断念した」と言ってたけど、もう誰も止められないんでしょうか。以前、麻生さんが借金をチャラにする方法のひとつが戦争ですと言ってたのって、ホントにそうしたいのかもねとこの本を読んで改めて思う。100年後に日本があるとしたら(ないかもねと最近思うように)借金をなくして、いつか健全な財政にして再出発するんだと思う。それが30年後なのか10年後なのか、半年後なのか。東京五輪後にハイパーインフレが来るという人も多いから、借金をチャラにするプロセスとして今の日本人は人生のどこかでとんでもない破綻に遭遇することになるんだな、それを見ずに人生を終わりそうな親世代がちょっと羨ましくなりました。
(明石さんによるダイジェストは必読 http://blog.monoshirin.com/entry/2019/01/07/195229)
by mmcmp | 2019-03-09 04:40 | カフェ読書 | Comments(4)

「先生のお庭番」

f0119179_2211828.jpg朝井まかての「先生のお庭番」を読みました。表紙の美しさに惹かれたのと、朝井まかては「恋歌」がとても良かったので、今回も期待してました。そして期待通りでした。阿蘭陀から来たしぼると先生が日本に医術を伝えるために出島に薬草園を作ろうとし、その園丁を任された十五歳の熊吉。経験不足を補うように知恵を絞って工夫を重ねる熊吉に「よか薬草園だ、そなたはよか仕事する」と言うしぼると先生。異国の文化に触れ、しぼると先生を慕って集まる若者たちが熱心に学び、議論する様子に刺激を受ける熊吉の高揚感が伝わって、読んでいてワクワクします。でも夢のような日々はやがて終わり、まるでオセロゲームで黒から白に次々と変わっていくように、状況や先生像が揺らいでいくのは「恋歌」で弾圧した側が虐げられる側になったことに通じる劇的な変化。
思えば「シーボルト事件」とか「オランダおいね」とか言葉は知っていても、それは自分にとっては単なる記号のようなもので、その時に生きてその場にいた人たちのこと、当事者たちの心情に思いを馳せたことがなかったなと今更ながらに思う。もちろん、小説はフィクションだし、身近に感じたことは錯覚なんだけど、でも、幕末というのはそんなに遠い昔の話ではないんだなと晩年上方に移り住んだ熊吉とイネが再会する終章を読みながら、感じました。しぼると先生の奥方タキさんの再婚後の消息も気になる。教科書や歴史書に出てくるのは著名な人物だけだけど、熊吉のような名も無き人の行為がその後に大きな役割を果たしたり、時代に影響を与えることもあったんだろうし、これからもあるんだろうなと思うのでした。
by mmcmp | 2019-02-27 23:34 | カフェ読書 | Trackback | Comments(0)

「あの家に住む四人の女」

f0119179_22183233.jpgnatsunoさんのブログを拝見してから、ずっと読みたかった
三浦しをんの「あの家に暮らす四人の女」を読みました。谷崎潤一郎の没後50年を記念した企画で「細雪」が下敷きになってるとか。都内の古びた洋館に住む母娘と娘の友人たちの早春から盛夏を描いた物語。家は阿佐ヶ谷が最寄駅という設定ですが、杉並だったり善福寺川だったりと学生時代を過ごした場所が出てくるし、下北沢のマンションの近くにも当時は古い洋館がいくつかあったので、身近に感じられて楽しかった。佐知の母の鶴代の外出先は伊勢丹。偶然かも知れませんが、「大家さんと僕」の大家さんが行くのも伊勢丹で、今の東京の年配女性のお出かけ先って日本橋三越じゃなくて新宿伊勢丹なのねと思ったり。
前半は割と地味だったのが、突然「カラスの善福丸」だの「私」だのが出て来て、なんか唐突だなぁと思ったら、私の登場からは怒涛の展開。ドタバタ漫画のような盛り上がりを見せ、しかもその場面が意外にも泣かせるエピソードだったり。「風が強く吹いている」が青春を生きてる若い人から青春を懐かしむ世代まで幅広く支持されるのに対し、この作品は物語として面白く読んでも、共感する人はニッチというのか、限定されると思う。でも「30代以上」の「未婚」の「女性」の心にはかなり刺さる。片親や両親が他界したりしていると、更に愛おしく大切な一冊になるはず。モモ母にはすごく刺さりました。「それぞれの人に悪い行いや間違った選択はたくさんあったのだろう。これからもあるに違いない。だが、そのすべてを飲み込み、毎日は続いていく。それでいい。それがいいのだ」これも風強みたいにアニメ化して欲しいなぁと思ったら、ドラマになるようですね。抱腹絶倒のあのシーン、ドラマでうまく表現できるのか???
(余談ですが、風強アニメが10分でわかるダイジェストPVできてます。必見ですよ!)
by mmcmp | 2019-02-20 23:31 | カフェ読書 | Trackback | Comments(0)

「ビブリア古書堂の事件手帖」

f0119179_1181249.jpg知らない街で本屋を見つけると,記念に一冊買うことにしているというtweetがありました。素敵な習慣ですね。本を開くとその街の風景が蘇りそうです。
さて、三上延の「ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち」を読みました。このシリーズ、書店でよく見かけるなあと思っていたので、古本市の3冊で1冊交換に選んでみました。「人の手を渡った古い本には、中身だけでなく本そのものにも物語がある」と大輔はプロローグで言っています。確かに。岩波書店の「漱石全集・新書版」、新潮文庫の「落穂拾ひ・聖アンデルセン」など実際に出版された本をモチーフに繰り広げられる物語。本好きの読者の心をくすぐる設定ですね。三浦しをんの「月魚」も古書店を描いてましたが、作家たちにとっても古書の世界は魅力的なんでしょう、古書愛を感じます。読書家には常識なのかも知れませんが、新潮文庫には紐の栞が必ずついていること、その紐をスピンと呼ぶことを初めて知りました。ついてるのとついてないのがあるなと思ってたけど、講談社や中公文庫にはついてないのか・・・。で、本の世界を楽しく読んだワケですが、店主の栞子さんの推理があまりに直感的なひらめきすぎて、いかにも作り物っぽい。どうして判ったんだ?? って大輔は驚くけど、それはそのように作者が設定したからでしょ。例えば立花登の推理は説得力があるんですが、これは藤沢周平と三上延の力量の差なんでしょうか。残念ながら所詮はラノベだねと思ってしまう。シリーズを重ねるとその辺りは改善されてるのかな? 作品世界は好きなので、いつか続編も読んでみたいと思います。
by mmcmp | 2019-02-14 02:08 | カフェ読書 | Comments(0)

「人間の檻~獄医立花登手控え(四)」

f0119179_17133116.jpg統計不正を巡る調査、首相が第三者委員会の設置を拒否したと思ったら、根元厚労相はトカゲの尻尾切りした厚労幹部の国会招致を拒否。よっぽど真相解明されたらマズイんでしょうね。不正のせいで過少給付になってる人がちゃんと取り返したら400万円になる人が結構いるという指摘。そりゃ国民に知られたくないでしょう。
さて、藤沢周平の「人間の檻」を読みました。「獄医立花登手控え」シリーズ4、最終巻です。小伝馬町の牢獄にいる者、牢獄から出た者とその家族のあれこれを描いて楽しめましたが、早く「あの家に住む四人の女」が読みたくて、やや読み流したせいか、もう少し盛り上がりが欲しかった気もします。期待した柔道仲間の新谷弥助も最後に少し出てきただけだし。それでも動きのあるシーンの迫力や季節や時間を美しく描き出す情景描写は毎度のことながら見事で、自分も江戸時代にタイムスリップしたような気持ちになります。締めくくりの「別れゆく季節」は旅立ちにふさわしく、ここまで読みすすめて来て良かったと思える内容でした。「何かがいま終わるところだと思った。どこか猥雑で、そのくせうきうきと楽しかった日々、若さにまかせて過ぎた日々か終わって、人それぞれの、もはや交わることも少ない道を歩む季節が来たのだ」という登の思い。おちえと彼女の友達の成長は特にそう感じさせます。上方での新たな日々が登を医師としても人としても更に大きくさせるであろう、その後日談をもはや読むことが叶わないのが、少し残念でもあります。
by mmcmp | 2019-02-04 18:11 | カフェ読書 | Comments(0)