カテゴリ:観劇・鑑賞( 165 )

「終われない男たち」

f0119179_23264882.jpg23日まで下北沢・本多劇場で上演された劇団東京ヴォードヴィルショー第72回公演「終われない男たち」を観ました。新宿の飲み屋街で繰り広げられる群像劇。バブル時代とその後の落ち込みを経験した65歳のCM会社社長、佐藤B作演じる原田が一発逆転を狙って焼酎メーカーの会長をスナックで接待するも、ライバル会社に横取りされたり、一週間後に老人ホームへの入所が決まった老人が迷い込み、次男の嫁が探しに来たり。昭和テイストの舞台に「このままじゃ終われない」「人生、もっとパッとしてるはずだったんだけどな」「機関車のように懸命に線路を走り続けてもうすぐ終点、でもこの道で良かったのか、もっと違った景色が見られたんじゃないか」様々な登場人物の台詞がリアルに響きます。名刺の肩書きで人を判断したり、調子に乗りすぎて今更やめられなくなったり、というのもありがちな話。
作はラッパ座の鈴木聡。ヴォードヴィルへは初の書き下ろしだそうですが、「~男たち」という馴染みのタイトルもあって、創立45周年を迎えた劇団にピッタリの作品でした。中島敦彦とテイストが似ていて、生演奏があったこともあり「見下ろしてごらん、夜の町を。」を思い出させました。パンフでB作さんが若い頃「喜劇の革命児でいたい」と言ったと紹介されてましたが、見始めた頃のB作さんは確かにギラギラしてました。芝居も勢いがあって、それが落ち着いた感じになりだして、ちょっとパワーダウンしたかに見える時期もあったけど、ここ数年は年を重ねた味わいに特有のケレン味も加わって、世代をこえて楽しめる公演が続いていて、嬉しい限りです。伊藤つかさも観に来てたらしいと思ったら、暴れん坊将軍チームだったようです。そう言えばB作さん、暴れん坊将軍に出てましたね。
http://www.vaudeville-show.com/72/
[PR]
by mmcmp | 2018-09-23 23:52 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「ザ・空気2 誰も書いてはならぬ」

f0119179_22293242.jpgびわ湖ホールで2日に大千秋楽を迎えた二兎社の「ザ・空気2誰も書いてはならぬ」を観ました。国会記者会館の屋上で繰り広げられるジャーナリストたちの会話。保守系全国紙解説委員の飯塚、総理に最も近いと言われる放送局政治部記者の秋月など、すぐにモデルが思い浮かんでしまうリアルな設定。ニュース番組の元アンカーで自ら命を絶ったとされる全国紙系列テレビ局の桜木でさえ、原発問題を追っていて自殺した(他殺説も)某報道番組ディレクターを彷彿とさせます。スシローならぬメシ塚を演じる松尾貴史の総理の物真似も誰かさんにそっくりで苦笑。作・演出の永井愛は実際にありえないことは書けないからと現役記者たちに内容をチェックしてもらったそうで、芝居を見たメディア関係者から「よく書いて下さった」「影ながら応援しています」とのメッセージが多数寄せられたとか。
総理が記者会見する際のQ&A原稿を記者自らが書いていた、その原稿を記者会館でコピーした際に置き忘れてしまい、他社の記者にみつかってしまうというストーリー。これ、M総理時代に実際にあった話だそうです(筑紫さん時代のニュース23で取り上げられたそう)。記者クラブ加盟社以外は入れない記者会館の屋上でデモの様子を撮影しようとする安田成美演じるネットメディア記者まひるもモデルがいて、実際に屋上に潜入したとか。「メディアをうらむな。メディアをつくれ」 というまひる、「スクープは後に続く者がなければ死にメディアになる」「人々は真実に飽きている」という官邸キャップの及川。まさにスクープが消されていく今の空気を描いていて永井愛の筆の冴えに唸りました。最後は2階席までがスタンディングオベーション。立つのが儀式化してる大阪と違って、普段大人しい滋賀の観客がこぞって立つのはかなり珍しい。びわ湖ホールで数多くの作品を観たけど、おそらく初めてです。演劇は日本の民主主義を守る力になると思える舞台。勿論、モモ母も立ちました。
http://www.nitosha.net/kuuki2/
[PR]
by mmcmp | 2018-09-02 23:54 | 観劇・鑑賞 | Comments(2)

「お蘭、登場」

f0119179_15491175.jpg26日まで大阪・サンケイホールブリーぜで行われた「お蘭、登場」を観ました。北村想とシス・カンパニーによる「日本文学シアター」第5弾で、江戸川乱歩の世界を描くというもの。人間椅子や鏡地獄など乱歩ネタも出てくるけど、あくまでモチーフ。空地小五郎と目黒警部が謎の女性お蘭に翻弄される現代のお話。犯罪統計資料が映し出され、獄死した兄弟の冤罪を匂わせるものの、多分それはお蘭の行動に理由がほしいから後付けされたんだろうなという感じ。キョンキョンの七変化に生歌も聴けるし、演出も凝っていて、娯楽としてはよく作られてるんですが、戯曲に物足りなさを感じて、これで8000円は高いよなぁというのが正直なところでした。北村想が元々あんまり好きじゃないのもあると思いますが、ホンに深みがなくてイマイチ。
役者は良かった。小泉今日子は女優を一時休業するそうで舞台はしばらく見納めらしく、変装や長い台詞に熱演し、高橋克実はキャラを存分に発揮して良い味出してました。人間椅子のイスカンパニーから堤真一とシス・カンパニーの楽屋話を繰り広げるのはおそらくアドリブによる日替わりサービス。ココイチのカレーをスタッフに差し入れるつもりが今半の上弁当になってたのに支払いは自分持ちとか、このやりとりのせいで、上演時間がどんどん長くなって社長に怒られると言ってましたが、結構マジかもね。堤の「先、行っていいっすか?」の台詞で芝居に戻るという流れ。本日千秋楽なので高橋さんは「もう3年やってる」と言ってた「グッディ」に来週から復帰するのかな?
http://www.siscompany.com/oran/gai.htm
[PR]
by mmcmp | 2018-07-26 16:48 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「あほんだらすけ30th」

f0119179_14165286.jpg記事更新が滞ってる間に二度目の上京、下北沢・スズナリで今日まで行われている「あほんだらすけ30th」を観て来ました。平成元年から続いた「あほんだらすけ」も今年でファイナル! 千秋楽は24日14時開演だから、まさに今、上演中ですね。最後だから今年はモモ母も開場時に行われる撮影OKの客入れ歌謡ショーも観て、写真撮りまくり。サルがたくさん記念写真におさまってると大森さんが書いてたから、終演後にモモ母もおサル姿の山口さん、大森さんと一緒に写真を撮って頂きました☆彡
テレビショッピングはハンガーラック、地球まるごといただき団の憧れは若き日の松原智恵子、飛び地の北山村まで追っかけていくホモネタの小日向くんといつものフォーマットですが、間に挟むショートコントも秀逸。ハイジのブランコ、フランダースならぬフラダンスの犬、ロッカーに住む?夫婦など、最初のインパクトからひねりのある落ちまで、よく計算されていてさすがです。山口さんの草間彌生はそっくりで、このtweet見て思い出し笑い。早変わりもすごいし、ハイジ役の山口さんが持つブランコや人情喜劇で使われた立つ布団など、小道具にスタッフの苦労が伺えて、みんなの力が結集して作り上げられる笑いに感動。「海援隊」千葉和臣さんが生で「贈る言葉」歌ってくれたり、「ママのお店は今はない」って千葉さんが歌うと良い曲なのねと思ったり。岡まゆみさんは人情喜劇の認知症のお母さんが泣かせました。「語る詩人のf0119179_14513197.jpg会」の大森さんの笑顔やマジック進行のボビー、子役の山口さんにもう逢えないなんて、やくみつるさんと同じ気持ちです。来年も能見さん客演でやって欲しい。お煎餅買えば良かったなぁ。
http://www.vaudeville-show.com/aho30
[PR]
by mmcmp | 2018-06-24 15:04 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「卵を立てることから-卵熱 Recreation」

f0119179_042827.jpg「喫茶イレブン」観客動員が過去最多の1401人とか。孫崎純ちゃんの亮一さんとのツーショット、微笑ましいです。さて、築地で「喫茶イレブン」を観た翌日は三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで山海塾の「卵熱」を観ました。山海塾の中でも一番好きな作品。1986年宇都宮の大谷石地下採掘場跡で初演された時のNHKの映像に魅せられ、DVDも購入、96年の大阪公演も観たけど、リ・クリエーション版として再演される今回は関西での上演がなさそうなことから、三茶で観ることに。
闇に浮かび上がる彫刻のような肉体、舞台上の水面に広がる波形が背景に映し出され、その美しさに魅了されます。上手には天井から音を立てて落ちる水滴、下手には音もなく降り注ぐ砂、命の誕生と終焉、そして再生を暗示させながら繰り広げられる卵との対話。卵に当たった水がしぶきをあげる様は生命の賛歌、うずくまる人に容赦なく積もる砂は役割を終えた者へのレクイエムのように映ります。音楽を含め最も好きなのが、水の中で倒れては起き上がることを繰り返すカレワラ。ソロパートは今回新たな舞踏手に引き継がれたけれど、どうしても天児牛大のそれを思い浮かべてしまいます。天児さんは唯一無二の存在であると改めて思い知らされる反面、山海塾の今後を思うとリ・クリエーションは不可避で、受け継ぐ者の決意と共に観る側も覚悟を迫られている気がしました。そうした重要な岐路に立ち会えて良かったと思います。5日、6日は「金柑少年」のリ・クリエーションが上演されます。
https://setagaya-pt.jp/performances/201806-50139sankaijuku.html
[PR]
by mmcmp | 2018-06-04 23:56 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「喫茶イレブン」

f0119179_23225275.jpg築地本願寺境内にある築地ブディストホールで3日まで上演された劇団大富豪第11回公演「喫茶イレブン」を観ました。大富豪は宮原弘和が声優仲間と立ち上げた劇団。モモ母が子どもの頃からファンの田中亮一はじめコナンの阿笠博士の緒方賢一やドラえもんの水田わさびなども客演していて、ゴスロリの女子など若いお客さんたちでキャンセル待ちが出るほどの大盛況でした。
緒方さん演じる賢さんに母ちゃんとママの2人の妻がいたり、泥棒の娘が刑事とつきあていたり、複雑な人間関係で展開する新しい家族のカタチ。若手のハイテンションの演技がちょっと力入り過ぎかなとは思うけど、どの役者も全力で演じる素直さが伝わって好感持てるし、それをベテランが良い味出して支えてるし、幅広い年齢のキャストとスタッフがそれこそ家族のように一体となった素敵なカンパニーでした。ダジャレが多くて観客の反応も良かった。最近のアニメは見ないから年代的についていけないネタもあったけど、亮一さんの「あれは誰だ、誰だ!」の歌や携帯を操作しながらの「ポ、ポ、ポ、ポポンS」はウケました。後半は役者も客席も泣いて、ラストの意外なセリフにえっ!? となったり、充実の2時間でした。父娘を演じた孫崎純ちゃんのTwitterや劇団ブログのこんな記事こんな記事など、稽古の様子を見るのも楽しかった。ホントにみんな仲良さそう。また亮一さんの大富豪への客演があると良いな~。
http://gekidan-daifugo.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-06-03 23:50 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

幻想と日常の間~西谷祥子・おおやちき・波津彬子~

f0119179_23331718.jpg「幻想と日常の間」を観ようと最終日に京都国際マンガミュージアムに行って来ました。マンガミュージアムを訪れるのは2回目です。日曜は混むだろうと思って閉館30分前に行ったけど、まだ結構賑わってました。京都清華大学学長の竹宮恵子が中心になって進める原画’(ダッシュ)と呼ばれる精巧な複製原画の展示シリーズで、西谷祥子・おおやちき・波津彬子の3人と竹宮恵子の作品が展示されていました。西谷祥子は好きじゃなかったし、波津彬子は知らない、専らおおやちきがお目当てです。と言っても、特別ファンだった訳ではないんですが、大好きだった内田喜美と似た細密で幻想的な作風、同じく一条ゆかりのアシスタントをしていた共通性もあって、観てみたいなと思ったのでした。
漫画家時代は「大矢ちき」の名前で作品を発表、代表作「回転木馬」など、細川俊之みたいな?耽美な男性キャラは他の漫画家にない大人の雰囲気を漂わせてると子供の目には映ったんですよね。大人になって見ても、完成度が高いと思う。「トリスタンとイゾルデ」と「絵独楽」の表紙イラストのポストカードを買って帰りました。絵独楽はビアズレーの影響を受けてることがよくわかる。一条ゆかりの「デザイナー」の登場人物、柾はちきさんが描いていたとのこと。漫画家としての活動は5年ほどらしいけど、強烈に印象に残る作風でした。西谷祥子はセブンティーンのイメージが強い。今、見るとものすごい目がキラキラで大きい。こんな目の人がいたら怖いです。波津彬子は金沢出身らしく泉鏡花関連の作品があって興味深かったのと、「雨柳堂夢咄」の蓮が羽生結弦に見えた。羽生選手の人気の理由が判った気がしました。
https://www.kyotomm.jp/event/exh_between-illusion-and-reality/
[PR]
by mmcmp | 2018-05-28 00:13 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「琳派展20 抱一の花・其一の鳥」

f0119179_2346188.jpg岡崎の細見美術館で15日まで行われている「抱一の花・其一の鳥」を観ました。江戸琳派の花鳥画を集めたもので、細見コレクションでは江戸琳派のほぼすべての画家を網羅しているそうで、「抱一の花・其一の鳥」と言いながら、2人以外の画家の作品が結構多かった。
昔、「日曜美術館」で玉三郎が酒井抱一を語っていて、歌舞伎の台詞にも抱一の名が登場し、それで興味を持って以来、自身で抱一の絵を持つほどのファンになったのだとか。玉三郎を惹きつける抱一の絵をきちんと観たことがなかったので、とても楽しみにしていたモモ母としては、ちょっと少なくて残念。でもさすが江戸琳派の代表格という感じでした。桜の枝にオオルリがとまった「桜に小禽図」の洗練された美しさは群を抜いてました。京都の琳派とは違う江戸らしい粋さ、京都の画家だとこんなにごちゃごちゃと描かないよねという感じだけど、ちゃんと様になっているのが見事でした。鈴木其一は相変わらずモダンでアグレッシブ。「桜花返咲図扇面」の虫にくわれたわくらばの朱の鮮やかさは、大量の朝顔を描いた「朝顔図屏風」に通じる怪しさがあって素敵。かと思えば今でいうスケッチブックみたいなものに猫柳やほおずき等を描いた「月次花鳥画帖」は正統派な感じ。両者とも鳥がひときわ見事でした。最終日間近でしたが、行けて良かったです。
http://www.emuseum.or.jp/
[PR]
by mmcmp | 2018-04-14 00:24 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「近松心中物語」

f0119179_18402910.jpg長らく更新出来てなくてスミマセンでした。東京・初台の新国立劇場中劇場で10日から始まった「近松心中物語」を観て来ました。蜷川幸雄の演出で知られる作品をいのうえひでのりの演出、堤真一、宮沢りえの出演で挑む話題作。蜷川演出を観てないから違いはわからないけど、往来を何人もの役者が行き交ったり、大勢を効果的に配置して物語世界を表現したり、とっても「いのうえひでのり」してました。江戸時代の人はそんなに早く歩かないでしょとか、音楽と拍子木のタイミングがずれたよねとか、気になる点もあったけど、それを上回る圧倒的なパワーを感じる舞台で、楽しめました。
堤・りえちゃんの忠兵衛・梅川ペアの様式美としての心中と池田成志、小池栄子の与兵衛・お亀の格好良くない心中の対比が良いですね。忠兵衛と梅川が出会ったと思ったら、もう心中したくなるほど恋仲だったりするけど、りえちゃんの美しさや健気さを観ると納得(でも、太地喜和子の肉感的な梅川も観たかったと思う)だし、美男美女の心中場面は絵になる。でも、実際はそんなに美しくいかないし、与兵衛・お亀の方がリアルで、コミカルさが切ない。池田成志はまさに適役。小池栄子は以前観た地味な女性と打って変わっておきゃんな(死語?)嫁っぷりが可愛い。休憩中、トイレ待ちの後ろにいたお客さんたちが「小池栄子って気がつかなかったけど、うまいね」と話してるのが聞こえてましたが、モモ母は前から気づいてました。彼女は舞台で観たいと思う女優さん。堤真一ファンのモモ母は舞台が彼の力を最も発揮出来る場だと思っていて、今回もそれを強く感じました。エンディングテーマに石川さゆりを使ったり、本当に贅沢な公演でした。
https://www.chikamatsu-stage.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-01-13 19:32 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)

「長谷川純子 作品展 The Second」

f0119179_23125528.jpg更新が滞って申し訳ありません。水曜夜、報ステで天皇皇后両陛下が私的旅行で高麗神社を参拝されたニュースを見て、お2人の行動力に脱帽しました。政治的発言が出来ない中で私的と断って、この時期に最大限のメッセージを伝える勇気と品性。多くの人に意図は伝わった様ですが、この旅行の決定は小池知事の朝鮮人虐殺犠牲者への追悼文見合わせを表明した直後に発表されたと中沢けいさんに教えてもらい、更に敬服。金曜になって「世に倦む日々」さんが記事にされてましたが、このツイートにはモモ母も同意。今の右派にとって天皇は反日極左だそうです。
さて、高校の友人、長谷川純子さんの個展が、三条河原町の「ギャラリー北野」で25日まで行われています。2014年2月に続いて2回目。今回は師である洋画家の久山雅史氏が考案したC・フュマージュの技法で描いた作品がメインで、水彩絵の具で彩色してから蝋燭で煤を付けた後、水で絵を描く様に煤を流しとるそうで、同じ下絵でも絵の具や煤の具合で異なる印象になるなど、予想外の仕上がりになる面白さがある様です。確かに残った煤の濃淡が独特な深みを出していて、彼女ってこんな世界を創り出せる人だったのかと感心しました。中でも好きだったのが「青い顔 クレー風に」。青が一際美しく、裸婦から顔になったというモチーフも面白かったのに、撮らせてもらった写真は反対側の作品が写りこんでしまった様で、f0119179_0293384.jpg下に掲載したものの、良さがいまひとつ伝わらず残念。興味のある方は25日まで行われているので、是非、ギャラリーに足を運んで、実物を見て頂きたいと思います。
http://www.gallery-kitano.com/exhibition.aspx
[PR]
by mmcmp | 2017-09-22 23:57 | 観劇・鑑賞 | Comments(0)