<   2018年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

和空間のラテアート

f0119179_3282461.jpgこのところ三条づいてるモモ母、御所南での仕事を終えた後にも御池を超えて三条から新京極へ。お買い物をした後、お茶をしようと思いながら久々に木屋町を通り、そうだ、magさんに行こう!と思って路地を進んで店内へ。三条と四条の間、木屋町と先斗町の間の路地奥というロケーション。1階に数名お客さんがおられたので、2階へ上がりました。靴を脱いで座敷席に。
メニューに「エスプレッソとほぼ同量のミルクで割っていてラテやカプチーノではコーヒー感が物足りない方にオススメと書かれていた「マッキャート」(450円)に興味が湧いたんですが、小さめサイズでラテアートもなしということで、たっぷり飲める「カフェラテ」(600円)にしました。ハロウィンシーズンとあって可愛いお化けが描かれていました。ちなみに初回はウサギ、2度目は雪だるま、3回目は??? いずれもラテよりミルクがふんわりしているというカプチーノで、今回はメニューにカプチーノはなかったけどラテでも十f0119179_3464895.jpg分コーヒーの苦さとミルクのふんわりは味わえました。お茶碗で出てくるのが和空間にマッチしていて良いんですよね。静かな2階を独占して、ゆっくりラテを味わいながら、「シズコさん」を読了しました。良い時間でした。
★mag
木屋町通四条上ル
075-746-4871
11時~20時 
火休
https://www.facebook.com/magcoffeemag/
[PR]
by mmcmp | 2018-10-31 03:49 | 京都のカフェ | Comments(0)

「シズコさん」

f0119179_23452667.jpg佐野洋子の「シズコさん」を読みました。佐野さんのエッセイは4年ぶり。歯に衣着せぬ文体と視点は相変わらず魅力的ながら、出来ればもっと前に読みたかった。親の老いを経験した者にはリアル過ぎてちょっと苦い。母親のシズコさんがずっと嫌いで、老人ホームに入れてお金で母を捨てた罪悪感を抱いていた洋子さん。認知症になった母にベッドで添い寝しながら「ごめんね、母さん」と号泣する場面は身につまされます。
強烈な出来事はいくつになっても忘れられない。幼い頃に母親と手を繋ごうとしたら手を振り払われた衝撃、帰りたいとぐずる弟のタダシに腹を立てて手をひっぱった2日後にタダシが急死、今も小さな手の感触を覚えていて、取り返しのつかないことをしたと悔いる洋子さん。来客があったから母親に「外で食べて来て」と言って来客と中華を食べに出かけたら、蕎麦屋から出てきた母と会ってしまう。あの時の一人ぼっちの母の姿を思い出すと泣くという。誰にも似たような心に刺さる家族との記憶がある。いや、ない人もあるかな、そういう人は幸せだと思う。「人生って気がついた時はいつも間に合わない」と洋子さん。4歳で死んだタダシや生後すぐに亡くなった赤ん坊、位牌の人物の生身を知っているのは今では洋子さんだけ。歴史に出てくる以外の無数の人はこうして消えていく、子孫を残した人はお墓の中でご先祖様になるけど、子孫を生まなかった子供はただただ消えていく。「私だけは覚えているからね」といった洋子さんも今はいないけど、それでも家族の記憶は作品として残ったよね。解説で内田春菊は「私も母と仲直りが出来る日が来るのか? この本を読んだどれだけの人がそう思ったことだろう」と書いています。親との確執がある人はリアルさが辛くなる前にこれを読めば「気がついた時は間に合わない」を回避出来るかも知れません。
[PR]
by mmcmp | 2018-10-30 01:48 | カフェ読書 | Comments(0)

お外でのんびり

f0119179_22253129.jpg南座の再開場を前に土曜は歌舞伎役者たちのお練りがあったんですね。京都でのお練りは初めてとか。今年の顔見世、メジャーな演目ばかりで贅沢だなぁ。
さて、「ショコラトリーヒサシ」のソフトクリームを食べた後、岡崎公園のフリマなどをチラッと見てから「ドットS」を訪れました。観光シーズンの週末の午後だったせいか、今までで一番混んでました。奥の大きめのテーブルは空席があって、一旦座ったけど、他のお客さんがいたこともあって、外の席に移動しました。庭は外国人観光客を意識してか、庭石を多用して狭いながらも日本庭園っぽさを出してました。庭を眺めながら味わうカフェラテ(450円)もなかなか良い感じ。心地よい苦味といい、キレイなラテアートといい、やっぱり「ドットS」のラテは京都でここ数年急激に増えたラテやカプチーノの店の中でもかなりクオリティが高いと思う。北山にも出f0119179_23465177.jpgしてくれないかなぁ・・・。そうそう、ドットSと並ぶモモ母にとってのお気に入りラテ、大西バリスタのラテアートの店の3号店も是非行かねばです。この前、鞍馬口店に寄ったら洛西口店オープンで臨時休業されてたんで、余計に洛西口店が気になります。
★dot.S
左京区岡崎南御所町
075-754-5100
8時~18時
https://www.smartcenter-kyoto.jp/cafe/
[PR]
by mmcmp | 2018-10-27 23:49 | 京都のカフェ | Comments(0)

冬が来る前に

f0119179_0564021.jpg朝晩はかなり気温が下がって来ましたね。暑いのが苦手なモモ母は嬉しいけど、ココナッツオイルが固まって出にくくなって来たのが面倒です。更に寒くなる前に先週末、岡崎の「ショコラトリーヒサシ」のチョコソフトを食べに行きました。「クラブハリエ」出身の小野林シェフはアメリカ「WPTC2012」でチーム優勝、フランス「ワールドチョコレートマスターズ2015」で準優勝というチョコレートのスペシャリスとか。チョコ好きとしては興味津々。イートインもあったけど、賑わってたので外で食べることにしました。
オリジナルチョコレートGAIAを使ったというチョコソフトはとっても濃厚。ただしチョコというよりミルク味が濃厚な感じ。甘くないのが良いですね、こういうリッチなソフトクリームを頂くと観光地なんかによく売ってるチョコソフトは食べられなくなります。欲を言えばコーンもチョコ味にしてほしい。その意味ではコーンもショコラでクリームのビターチョコ感が強かったベルアメールのソフトの方が好みですが、こちらも満足度は十分高い。さらにプラス100円でボンボンショコラをつけることが出来ます。念願のソフトクリf0119179_1483544.jpgームを冬が来る前に食べられて良かったです。
★Chocolaterie HISASHI
東山区夷町
744-0310
11時~18時
月・第1第3火休
https://www.chocolaterie-hisashi-kyoto.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-10-25 01:49 | 京都でお買い物 | Comments(0)

時の響2018

f0119179_015699.jpg19~21日に日本とフランスの文化交流をテーマにした「時の響」が北山の京都コンサートホールで行われました。京響や京フィル、辻仁成の等のコンサートもあったけど、モモ母の興味は同時開催された「五感を満たす京のフレンチフェア」。京都のフレンチレストランが多数出店とのことでしたが、モモ母が行った2時過ぎにはお目当ての店はおろか大半が完売。でもせっかくなので、500円チケットが2枚綴りになった当日チケットを買うことにしました。
買ったのは滝本シェフの店「ラ・ビオグラフィ」のフォアグラと鴨とお肉のバテ、じゃがいものパンケーキ添え。そしてミシュラン5年連続1つ星獲得という「レーヌデプレ」の野菜スープ。パテは紙のお皿にその場で盛り付けて下さるので、手順を見るのが興味深かった。でも野外なので食べる時には風でリーフがパテの上から落ちてしまいましたが・・・。バテは鴨のせいか時間が経ってるせいなのか、フォアグラが入ってる割には硬めでちょっと残念。野菜スープは見た目シンプルだけど、星のパスタ入りで、底からすくうとこぼれるような星がキレイで、味も良かった。その後、コンサートホールのホワイエへ。19世紀パリ万博の写真やジャポニズム作品が展示されていて、ロートレックがポスターに「ル・ディヴァン・ジャポネ(日本の長椅子)」というタイトルを付けていたり、広重の浮世絵とゴッホf0119179_0574878.jpgが模写をした『花咲く梅の木』が並んで展示され、油絵の質感と浮世絵の違いが面白い。モネの「ラ・ジャポネーズ」やマネが肖像画の中に歌川国明の絵を描いた「エミール・ゾラの肖像」も興味深い。来年はアークのカレンダーを買おうと思ってたのに19世紀パリ万博会場情景カレンダー(500円)がなかなか良かったので衝動買いしちゃいました。
https://kyo-asobi.kyoto/tokinohibiki2018/index.html
[PR]
by mmcmp | 2018-10-22 01:02 | 京都でお買い物 | Comments(0)

噂のハンバーグ

f0119179_22291775.jpg今、六角堂って「CHANEL MATSURI」で赤くなってるんですね。最近よく三条界隈に行くけど、そんなことになってるとは知りませんでした。
シャネルイベントが始まる前に三条通りの「とくら」に行きました。桂にある行列の出来るハンバーグ店で、新堀川に次ぐ3店目は初の街なか。日曜だから混むだろうと遅め1時半に行ったのに、まだ店の前に行列が出来ていて入店できたのは2時頃でした。待ってる間にメニューを見て先に注文。事務所のS君が注文したビールはいつお持ちしましょうかと聞かれて、「すぐにお願いします。今でも良いです」と言ったら、ホントに席に案内された時に着席する前にビールを持って来られました。店内は意外と広い。肉汁がすごいとの噂通り、ナイフを入れた途端ジュワーっと肉汁。上から押さえてへこむほど柔らかいハンバーグって初めてかも。ただ、モモ母はかたくて肉々しいのも好きです。モモ母はさっぱりのおろしポン酢、ヒメママさんは赤ワインを使った酸味あるオリジナルハンバーグの180グラム、S君はハンバーグ(オリジナル)250グラムとエビフライ。味見させてもらったエビフライがプリプリで美味しい。ハンバーグはねぎみそや明太子マヨネーズなどいろんなソースがあるので、他のも試してみようかな。11時台だf0119179_23302867.jpgと比較的空いてるそうです。
★とくら京都三条店
中京区桝屋町57 京都三条ビル
075-744-0777
11時~15時 17時~22時
土日祝11時~21時30分
水休
[PR]
by mmcmp | 2018-10-20 23:31 | 京都でごはんたべ | Comments(0)

進化するダリK

f0119179_2259799.jpg元公務員Hさんから手土産を頂きました。「ダリK」の袋に入っていたので、LINEでやりとりしてる時に「さっきはチョコを有難う」と送ったんですが、開封してみたらチョコというよりクッキーでした。抹茶チョコをラングドシャ生地ではさんだもの。こんな新商品を出してたんですね。抹茶のチョコもさることながら、ダークチョコレート味の生地が味といい、食感といい、さすが原料からチョコにこだわるダリKさんという感じ。京都土産にもよさそうです。商品名は「Dari Kプレミアムチョコレート抹茶」。
そう言えば今年は夏にフラッペを飲まなかったなぁ、と思っていたら、水曜に大宮商店街を通った時にダリK本店の店舗がリニューアルされてました。外から眺めると売り場が狭くなって、工房を充実させた様子。商品作りに力を入れる体制ですね。そして京都駅にポルタに続いて南北自由通路にも店をオープン。グランヴィアの「ル・タン」にもチョコを置いてるらしく、祇園も含めて観光客向けに果敢に店舗展開されてるんですね。南北自由通路の新店は「ジ・オブローマ 990」という新業態でチョコドリンクなどが飲めるみたい。これは京都駅に行った時に寄らねば。プレミアムチョコレートはジ・オブローマ 990でも扱ってるみたいです。どんどん進化するダリケーさんだけど、新大宮商店街にある本店のご近所感も好きだったりします。
http://www.dari-k.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-10-18 23:30 | いただきもの | Comments(0)

秋のこむぎ

f0119179_236345.jpg「風が強く吹いている」のアニメ第2話、GyaOで見たのに、結局月曜深夜というか火曜午前3時過ぎのテレビ放映も見てしまいました。GyaOの方も木曜の配信終了までにまた見るかも・・・。
さて、10月も半ばを過ぎて、夜はかなり気温が下がって来ました。夏の間は隣の床の間で寝てることが多かったむぎちゃんも最近はたいていモモ母の布団の上にいます。夏はモモ母が寝ようとすると、布団から起き上がって床の間の方に行くので「一緒に寝るのが嫌なんかいっ!」と思ってましたが、今は傍らにいたり、足元にいることが多いです。夏は床の間の方がひんやりして快適だったから、別々に寝てたみたい。で、今は逆に冷えるかなと思って床の間にクッションを置いてやったんですが、奇妙なものが置かれていると警戒したみたいで、床の間に上がらなくなりました。いやいや、それ、前から使ってるクッションなのになぁ。仕方がないのでクッションをどけてやると、安心したのか、床の間の定位置に。クッションはモモ母の布団の横に置いておいておきました。すると、あるf0119179_23254718.jpg時、クッションに興味を示し始め、上に乗って座り心地を確かめた後、腰を下ろしました。おおっ! 座った!!と思わずその様子を撮影。そんな何気ないことが、とても愛おしかったりします。
[PR]
by mmcmp | 2018-10-16 23:30 | こむぎ(むぎこ) | Comments(0)

パンの耳

f0119179_232239.jpg北8に乗って修学院に行った目的は、大好きな「カフェウチ」さんを訪れたかったのともうひとつ、「いかりライクス修学院店」をのぞいてみたかったのでした。先月、15年以上ぶりに常盤のスーパー「ライクス」に行ったら、以前から芦屋の高級スーパー「いかり」の商品を扱ってたけど、店名が「いかりライクス」になってて店舗も少し移転して大きくなってました。いかりオリジナルの商品が豊富で、パンも充実してたんですが、角食や山型の食パンの耳が束ねて売られたので味見を兼ねて買ってみたら、これが大ヒット。常盤までは遠いから修学院にもないか見に行ったのでした。
修学院店にもありました「食パンの耳」。耳といっても分厚いものばかり6枚入ったものもあって、トーストして普通に朝食になります。薄いのはパン粉やクルトンなどに使ったり、小腹が空いた時にも重宝するし、これで70円は断然お得。しかもお得なだけでなく、味も美味しくてさすが「いかり」だと思える出来栄え。かなりハマっています。ライクスの頃から置いてたのかも知れませんが、今まで全くノーマークでした。これからはカフェウチさんの後でいかりライクスに寄る機会が断然増えそうです。
★いかりライクス修学院店
左京区山端川原町
075-702-0066
10時~21時
https://www.ikarisuper.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-10-15 23:51 | 京都でお買い物 | Comments(2)

ブラジルとタンザニア★

f0119179_22331192.jpgさっきテレビで健康寿命を伸ばすには運動や食事より読書が効果的かもと言ってました。興味深いです。他には子供と同居するより一人暮らしの方が健康寿命が長いとか、治安の良いエリアが健康寿命を伸ばすとも。経済格差が大きいエリアほど治安が悪く、富裕層も含めて寿命が短いとのこと。
さて、先週、北8に乗って修学院駅近くの「カフェウチ」さんに行きました。今回は一番奥の席へ。奥の席は初めて訪れた時以来ですが、落ち着くし、店全体が見渡せて良い感じ。まぁ静かなのでどこの席に座っても落ち着くんですけどね。この日はブレンドコーヒーをお願いしました。深煎りと浅煎りのバランスがよく良質な豆らしい美味しさのある珈琲です。自家焙煎されてるとのことでしたが、ブレンド用に使用する豆は一定ではなく、その時々で出来の良いものを選んでおられるとのこと。今年の豆はブラジルとタンザニア。実は会計時に教えて頂いたんですが、メモってなかったので、ブラジルと何だっけ・・・とうろ覚f0119179_2352473.jpgえ。13日の平安楽市に出店されてた時にご店主に再確認したのでした。この日の読書も楽しく、ゆっくり時間をかけて「家守綺譚」を読了しました。運動や食事より読書が健康長寿に良いらしいので、また文庫本持参で伺います。
cafe Uchi
山端森本町
11時~18時
木・第1.3.5水休
http://kyotocafeuchi.blog.fc2.com/
[PR]
by mmcmp | 2018-10-13 23:57 | 京都のカフェ | Comments(0)